A0mhcypsg1g6xve69wdq

美容・健康

CATEGORY | 美容・健康

洗顔で泡立てする意味とは?その効果とやり方を詳しく解説!

2018.05.13

「洗顔を泡立てることは大切」とよく聞きますが、洗顔料を泡立てる意味をご存知でしょうか?洗顔では、泡立てることによって肌に嬉しい効果がたくさんあります。今回は、洗顔で泡立てする意味や効果、泡立てのやり方など、洗顔の泡立てについて詳しく解説していきます!

  1. 洗顔で泡立てする意味とは?
  2. 洗顔で泡立てするとどんな効果があるの?
  3. 洗顔の泡立ての方法は?
  4. 正しい洗顔方法は?
  5. 洗顔の泡立てのアイテムの種類は?
  6. 洗顔の泡立てのおすすめのアイテムは?
  7. 【洗顔泡立ておすすめアイテム①】マイクロバブルフォーマー awahour あわわ
  8. 【洗顔泡立ておすすめアイテム②】小久保工業所 ホイップ洗顔
  9. 【洗顔泡立ておすすめアイテム③】資生堂 クレンジング マッサージブラシ
  10. まとめ:洗顔は泡立てることで肌の負担が減る!
U24hbmvqbry2xhu9c7oh
洗顔で泡立てする意味は、「肌に負担をかけず優しく洗うこと」が挙げられます。泡立てずにゴシゴシと洗ってしまうと、肌への刺激が強くなり、必要以上に皮脂や水分を落としてしまいます。すると肌が乾燥し、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となります。洗顔をしっかりと泡立てすることで、肌への負担を減らし優しく洗い上げることができます。
Ufslb0mnayc5t0mtgzmb
洗顔で泡立てすると、「汚れがしっかり落ちる」「肌への摩擦を軽減する」効果が得られます。しっかりと泡立てた洗顔料は吸着力がよく、肌表面の汚れやホコリ、落としきれなかったクレンジングなどをしっかり洗い流すことができ、肌を清潔に保つことができます。
Syvggshpm1qlateahf3r
また、毛穴の汚れが詰まっていると、化粧水や美容液などの浸透が悪くなり、その効果が十分に得られないことがあります。洗顔で肌の汚れをしっかりと落とすことによって、化粧水や美容液などの浸透が良くなるので、洗顔を泡立てて使用することはスキンケアの中でとても大切なことです。
生クリームのような濃密でキメ細かい泡で洗顔すると、肌への摩擦が軽減します。少ない泡でゴシゴシと洗ってしまうと、肌にダメージを与え、キメが粗くなったり、乾燥や赤みを引き起こしやすくなってしまいます。弾力のある泡で優しく洗い上げることで、肌への摩擦が軽減し、肌の負担を減らす効果が得られます。
Imcsyimqdt7fcb1iylba
洗顔を正しく泡立てることができれば、さまざまなアイテムを使用しなくても、手だけでキメの細かい泡を作ることが可能です。泡立てアイテムを使用したほうが簡単に作ることができますが、手元にアイテムがない場合などは手だけでもこもこの泡を作ってみましょう。今回は手だけで泡立てる方法をご紹介します。

泡立て方法①手を洗う

泡立てをする前に必ず手を洗い、清潔にしましょう。手についた雑菌や汚れ、クレンジングなどのような他の石けんを落としてからでないと、泡立ちが悪くなるのでしっかり洗い流しましょう。

泡立て方法②洗顔料を手に取り、泡立てる

手のひらに洗顔料を取り、水を足し、空気を含ませるように指先で泡立てていきます。洗顔料を取った手のひらは、「くの字」にして泡立てやすいようにすることがポイントです。

泡立て方法③水を足してさらに泡立てる

少量ずつ水を加え、キメの細かい泡を作っていきます。水の量が少ないと十分に泡立ちませんが、水を足し過ぎると泡のキメが粗くなるので注意です。水を足して泡立てる作業を数回繰り返してしっかりと泡立たせます。
Ih86jalfpw5vj3hf1nr3
正しい洗顔方法をすると、肌のキメが整う効果や化粧ノリがよくなる効果が得られます。また、シワやたるみの防止にもなります。スキンケアの中でとても重要な洗顔は必ず正しい方法で行いましょう。それでは、正しい洗顔方法を見ていきましょう。
Sdewabl7p9ju1bwb1dkn

正しい洗顔方法①手を清潔にする

手に雑菌がついたまま顔を洗ってしまうと、顔に雑菌がついてしまい、肌荒れの原因となるので洗顔をする前には必ず手を洗い清潔にしましょう。

正しい洗顔方法②洗顔料を泡立てる

洗顔料はキメ細かく弾力のある泡になるように泡立てましょう。手で上手く泡立てられない場合は、洗顔の泡立てアイテムを使用しましょう。

正しい洗顔方法③順番に顔にのせていく

好きな部分から洗うのではなく、皮脂の多いTゾーンからのせて、頬、Uゾーンの順番にのせて泡で撫でるように洗っていきます。目元や口元は皮膚が薄く、デリケートなので泡をのせて軽く馴染ませるだけで十分です。

正しい洗顔方法④ぬるま湯でよく洗い流す

洗い流すお湯は、熱くても冷たくてもNGです。お湯の温度は33℃~35℃くらいがベストです。最低20回はよくすすぎ、洗顔料が残らないようによく洗い流しましょう。

正しい洗顔方法⑤清潔なタオルでふき取る

洗顔料を洗い流したら、清潔なタオルで水分をふき取ります。ふき取る際はゴシゴシとふき取らず、優しくタオルをあてるようにしてふき取りましょう。ふき取り終えたら、すぐに保湿を行い、乾燥を防ぎましょう。
引用: https://ec-force.s3.amazonaws.com/bulk/uploads/img/pc/product/bubblenet/how_step1.jpg
洗顔の泡立てのアイテムの種類は主に、「泡立てネット」「洗顔泡立て器」「洗顔ブラシ」などがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

泡立てネット

引用: https://ec-force.s3.amazonaws.com/bulk/uploads/img/pc/product/bubblenet/dissolve3.jpg
泡立てネットは、洗顔料と一緒にもみ込むことで簡単に素早く泡立てることができます。商品によってネットの多さや網目の細かさに違いがあります。ネットが1重でも網目が細かいものであればキメ細かい泡を作ることができますが、より泡のキメ細かさを重視したい場合には、ネットが2重や3重など多いものを選ぶのがおすすめです。
泡立てネットで上手く泡を作るコツは、泡立てネットの水気をよく切ることです。水が多いと泡が粗くなり、消えやすい泡になってしまいます。使用した後は、水分をよく切ってしっかり乾燥させましょう。湿気で雑菌がつきやすく、雑菌がついたまま使用すると肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

洗顔泡立て器

引用: http://www.fuji-trade.co.jp/item/up_img/1403758192-966741_2.jpg?r=1374644892
洗顔泡立て器は、容器に水またはお湯を入れ、洗顔料をつけ、手動で泡立てていくアイテムです。商品によって価格に差があり、100均でも購入できます。多少手間はかかりますが、濃密泡を簡単に作れると人気を集めています。

洗顔ブラシ

引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20170904/SHOHIN_PL_C1_669401_L.jpg
洗顔ブラシは、細かいブラシの毛によって泡だけでは落としにくい古い角質や毛穴の汚れを落としやすく、ムラなく洗顔しやすいのが特徴です。洗顔ブラシには電動のものと手動のものがあります。
引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20140924/SHOHIN_PL_C4_669401_L.jpg
手と洗顔ブラシを濡らし、手のひらに洗顔料をのせ、洗顔ブラシをくるくると回すようにかき混ぜて泡立てていきます。泡を顔にのせて滑らせるように洗顔ブラシで洗っていきます。強く押し当てたり、長時間洗顔しないように注意しましょう。
Evpjgozm7jh6mq56ntkt
洗顔の泡立てのアイテムは、色々なメーカーからたくさんの種類の商品が販売されています。その中からおすすめの3選をご紹介します。洗顔の泡立てのアイテムを選ぶ際の参考にしてください。
引用: https://shop.r10s.jp/at-life/cabinet/zz/4944109308567.jpg
マイクロバブルフォーマーawahourあわわは、約20秒ほどでメレンゲのような弾力のある濃密泡が作れます。泡立てネットの約7倍もキメ細かい泡を作ることが可能とされています。より濃密な泡で洗顔したい方におすすめしたいアイテムです。
引用: http://kokubo.co.jp/wp/wp-content/uploads/c-701-img1.jpg
小久保工業所ホイップ洗顔は、その名の通りホイップクリームのようなふわっとしたクリーミーな泡を作ることができます。洗顔料が少なくても泡立ちやすく、コスパが良いのでとても人気です。泡立てネット派の方にぜひおすすめしたい商品です。
引用: http://kokubo.co.jp/wp/wp-content/uploads/c-701-img3.jpg
引用: http://www.shiseido.co.jp/resources/sw/products/img/20170904/SHOHIN_PL_C5_669401_L.jpg
資生堂クレンジングマッサージブラシは、洗顔料の泡立ちを高め、指や泡では届きにくい汚れまでしっかり落とすことができるアイテムです。洗顔料を手のひらでくるくるとこするだけで、弾力のあるクリーミーな泡が作れます。テカリや皮脂、毛穴の黒ずみや肌のくすみに悩んでいる方におすすめの商品です。
U8ilt6u16iocz6dceplm
洗顔はしっかりと泡立てることによって肌に嬉しい効果がたくさんありました。洗顔料を泡立てずに使用すると、洗顔で肌をキレイにするどころか、肌に負担をかけて肌荒れの原因になるので気をつけましょう。また、正しい洗顔方法で洗うことも大切です。化粧水や美容液などの効果を高めるためにも、洗顔は正しく行いましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31XuSFaMKcL.jpg