Fknupemimvces4kpmcex

CATEGORY | 車

ドライブレコーダー(360度ドラレコ)おすすめ9選【2019年最新版】

2019.11.27

ニュースなどでドライブレコーダーの映像をよく見かけるようになり、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。最近は360度タイプのものが人気になっています。ここでは、360度ドライブレコーダーのメリットや選び方、おすすめ9選までご紹介していきます。

  1. ドライブレコーダーとは
  2. 360度カメラドライブレコーダーのメリット
  3. 360度カメラドライブレコーダーのメリット①どの状況にも対応できる
  4. 360度カメラドライブレコーダーのメリット②自己防衛できる
  5. 360度カメラドライブレコーダーのメリット③安全運転の意識
  6. 360度カメラドライブレコーダーのメリット④前後左右確認できる
  7. 360度ドライブレコーダーを何の目的で使うか
  8. 360度ドライブレコーダーを選ぶポイント
  9. 360度ドライブレコーダーを選ぶポイント①操作
  10. 360度ドライブレコーダーを選ぶポイント②画質
  11. 360度ドライブレコーダーを選ぶポイント③機能
  12. 360度ドライブレコーダーおすすめ9選
  13. 360度ドライブレコーダーおすすめ①CARMATE(カーメイト) d’Action 360
  14. 360度ドライブレコーダーおすすめ②SEIWA(セイワ) PIXYDA PDR600SV
  15. 360度ドライブレコーダーおすすめ③Yupiteru(ユピテル) Q-01
  16. 360度ドライブレコーダーおすすめ④SaiEL International(サイエルインターナショナル)SLI-ALV360
  17. 360度ドライブレコーダーおすすめ⑤Yupiteru(ユピテル) marumie Q-02c
  18. 360度ドライブレコーダーおすすめ⑥THANKO(サンコー) CARDVR36
  19. 360度ドライブレコーダーおすすめ⑦Speeder(スピーダー) S360
  20. 360度ドライブレコーダーおすすめ⑧KYPLAZA(ケーワイプラザ) K6000
  21. 360度ドライブレコーダーおすすめ⑨Broadwatch(ブロードウォッチ) CAR360-TF-SB
  22. 360度カメラドライブレコーダーは目的に合わせて選ぼう
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2016/07/61GPMIMrXtL._SL1000_.jpg
ドライブレコーダーは、自動車に搭載して、走行中の状況や車内を映像で記録するための製品です。TVなどでよく、事故の検証にもよく使われているのを見ますよね。
ドライブレコーダーは、ここ最近徐々に普及してきた製品でもあります。でも、まだ装着している車の方が圧倒的に少ないでしょう。
引用: https://i.ytimg.com/vi/vEj7bHB8uj0/maxresdefault.jpg
ドライブレコーダーの中でも特に人気なのは、360度撮影できるタイプのものです。また、製品によっては様々な使い方ができたりします。
まずは、360度カメラドライブレコーダーにどのようなメリットがあるのかを見てみましょう。ドライブレコーダーを検討中の方はぜひ確認してください。
Gfgd4z4enndxzddgtoow
引用: https://www.instagram.com/p/B5VQiJQFsnb/
360度カメラドライブレコーダーを搭載することにより、主に4つのメリットがあります。
引用: https://cache.ymall.jp/webcom/item/multiimage/300/1231881017_002.jpg
ドライブレコーダーは、もともと事故の様子を記録するという目的のみで使われていた製品です。事故の衝撃を感知して、事故直後からその後数秒の撮影が可能です。
ですが、最近では様々な用途に使えるドライブレコーダーも多く、そのため360度タイプが人気なんですね。
引用: https://www.yupiteru.co.jp/products/biz_dr/q-01/img/idx_c06.png?1485260206
製品によっては、ドライブ中はもちろんですが、駐車場での撮影も可能なものもあります。また、アクションカメラ搭載で、車外だけでなく車内撮影もできるものも便利。
さらに、車に衝撃があったとき、瞬時に感知して周囲360度を撮影できるものは人気ですね。
引用: http://i1.wp.com/kabu-lab.com/wp-content/uploads/2016/04/car_drive_recorder.png?resize=776%2C776
誰にでも、思いもよらない事故や災難にあう可能性はあります。そんなときのために、時刻や音声、加速度、ウインカー操作、ブレーキ操作の記録が全てできるのが、360度カメラのドライブレコーダーですね。
また、当て逃げや車上荒らしの際の現場証拠撮影にも大いに役立ちます。当て逃げのときは、車種やナンバー、カラー、速度も確認できます。
引用: https://rpr.c.yimg.jp/im_sigg2e3PZjBLtqBjks2QQPznCw---x800-n1/amd/20171026-00077373-roupeiro-000-20-view.jpg
そして、当たり屋に遭遇したときの証拠提示にも便利です。警察に被害届を提出する際、映像も一緒に提出することでこちらが有利になるのです。
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2016/11/8f779e52cabe8dac4815cb77f8ccc13d_t.jpeg
360度ドライブレコーダーは、エンジンかけてから停止まで、常時撮影を続けることが可能です。
先述でも解説の通り、加速度、ウインカー操作、ブレーキ操作も記録するため、これら映像をあとから見ることもできます。そのため、安全運転の意識にも役立つでしょう。
引用: https://www.j-cast.com/trend/assets_c/2017/02/trend_20170206143918-thumb-645xauto-104961.jpg
通常のドライブレコーダーを設置したとしても、運が悪いと車の死角に入り撮影できないこともあります。そんなときにでも対応できるのが360度カメラタイプのドライブレコーダー。
前後左右の確認が可能ですので、車外はもちろん車内の様子も撮影できます。また、電源や配線も1台分で設置可能です。
引用: http://ascii.jp/elem/000/001/156/1156265/001_R_588x.jpg
360度ドライブレコーダーを選ぶ際、何の目的で使うかでも選ぶと良いでしょう。

360度ドライブレコーダーを使う目的①駐車管理

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/richcontents/DP_Aplus_Images/B06X42N791_3_170531172035._SX300_.jpg
走行中の記録だけでなく、駐車しているときの車上荒らしや当て逃げ対策として使いたい人は、常時撮影できるものが良いです。
また、スマホからもリアルタイムで確認できるものであればなお良いですね。

360度ドライブレコーダーを使う目的②思い出を残す

引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/auto/1000/contents-commerce/form/article/2017/12/27/5a433b411e0a8.jpeg
家族や友達との旅行やらドライブ中の思い出を残す人にも360度ドライブレコーダーはおすすめです。アクションカメラで車内をパノラマ撮影できる製品がぴったりですね。その場合は、画素数にこだわるのも良いでしょう。

360度ドライブレコーダーを使う目的③事故のときの証拠

Jcutpqulmtyhqmkbhlvj
引用: https://www.instagram.com/p/B5T9FUXAHmJ/
もともとドライブレコーダーは事故の様子を記録するためのものですので、当然の目的と言えますね。
誰でも事故に遭遇する可能性はあります。自分は安全運転していたなら、そんな事態にも遭遇しても有利にすすめるため、証拠として記録しておきましょう。

360度ドライブレコーダーを使う目的④趣味で撮影

引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2016/07/17ceca4583e717c293b2d33128474b08.jpg
最近では、趣味で車内の様子を撮影する人もいるようです。もともとカメラなどの撮影が好きな人も趣味で撮影しています。YouTubeなどの映像でよくアップされていたりしますよね。
引用: https://dressup-navi.net/wp-content/uploads/2018/03/SW1801_P186_01.jpg
ここからは、360度ドライブレコーダーを選ぶ際のポイントを4つまとめました。
引用: https://giga-images-makeshop-jp.akamaized.net/thankothanko/shopimages/72/27/1_000000002772.jpg?1515979034
特にドライブレコーダー初心者にとって重要なのが、操作のしやすさですよね。最近では、スマホのようにタッチパネル式の製品が多くあります。分かりやすく手軽に操作できるので、選ぶ際どのような操作方法かも見ておきましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41joR5%2B6LxL._SX466_.jpg
ドライブレコーダーの画質は、解像度の高さに左右されます。解像度とは、映像の鮮明さです。理想は200万画素以上の画素数でフルHD対応のものですね。
しかし、360度カメラタイプのドライブレコーダーであれば、画素数が理想基準に達していないものも多数あります。その中でも、やはり解像度は高ければ高いほど良いでしょう。
引用: https://dime.jp/genre/files/2018/01/003-2.jpg
また、逆光による白飛びや、夜間の黒潰れを抑えるHDR/WDR対応がおすすめです。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/008/461/768/8461768/p1.jpg?ct=d184d39401b0
やはり、360度ドライブレコーダーであればどのような機能を搭載しているかも重視しましょう。ただし、性能の良いものほど価格に反映されるので、どれくらいの価格までなら大丈夫か決めておくと良いですね。
駐車しているときまで録画できるものであれば、走行中だけでない事故にも対応できます。 また、事故などのときの証拠映像として残したいなら、「Gセンサー」のような防犯機能搭載のものが良いでしょう。Gセンサーは、車体が受けた衝撃を検知して、すぐ録画を開始します。
F7pyam4qysznvegxfxo8
引用: https://www.instagram.com/p/B5SmgBgFGRY/
また、無線LANやGPSがあれば、パソコン、スマホからも操作できます。その場合は、専用アプリをから行うものが多いですね。その際は、スマホから遠隔で設定の変更や、録画した映像の再生も行えます。もちろん、リアルタイムで映像を確認できるので便利です。
サイドからの追い抜き、または幅寄せの確認もできるものであれば、垂直画角60度以上、水平画角100度以上の360度ドライブレコーダーが重宝します。
引用: http://dorarekohikaku.com/wp-content/uploads/2015/05/6e39e664c52fe0f0a99770dc063cf703.jpg
また、LED信号対策がされているかの確認もしましょう。この機能は、信号機が赤と青どちらだったかを確認できます。交通事故での過失の割合を決める際には重要です。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/tsutsumikiyoaki/imgs/9/8/984a9c0d.jpg
次に、360度ドライブレコーダーのおすすめ9選を口コミや価格と合わせて詳しくご紹介いたします。
引用: https://daction.carmate.jp/img/mv_img_02.png
360度ドライブレコーダーおすすめ1つ目が、カーメイトの「d’Action 360」です。これは、1つのカメラで撮影できます。また、ドライブレコーダー、駐車監視カメラ、アクションカメラによるパノラマ写真撮影も可能。駐車監視の際は、前後を撮影できます。しかし、上の方はあまり映らないのが難点です。また、価格はやや高めとなっています。
360°全方向に総画素数を割り当てるので一方向のみの画像を切り取るとどうしても画像が粗くなってしまいます。 丁度、スマホやガラケーのカメラを一杯にズームしたときと同じ感じです。 したがってドライブレコーダとして使う場合、ナンバープレートまで確認できることを求める方には向きません。しかし、事故などがどういった状況で起こったのかの確認くらいは出来るクオリティーはあります。

カーメイト ドライブレコーダー 360度(前後左右)撮影 ダクション360 超広角SONYセンサー使用 駐車監視 アクションカメラ 4K相当 DC3000
価格 ¥ 44,000
引用: http://www.seiwa-c.co.jp/img/products/PDR600SV.jpg
360度ドライブレコーダーおすすめ2つ目が、セイワの「PIXYDA PDR600SV」です。タッチパネル式の液晶モニター搭載。全方位映像を、高度な画像処理技術の前後左右4分割画面で確認できます。本体にはバッテリー内臓で、エンジン停止後でも記録可能。価格は高すぎるというほどではありません。
通常のドライブレコーダーは、広角でも170°なので、側方からの飛び出し(自転車など)が写らない。 でも本機なら、1周ぐるっと写せます。 マイナス点 ・動画ファイルは、MOV形式ではなく、MP4形式で記録されます。 ・動画は天球状視野で撮影され、本機以外で動画再生するにはパソコン(Win7以上)が必要です。 ・水平合わせが難しい。 ・50Hz/60Hzが切替式です。

360EYEドライブレコーダー PDR600SV
価格 ¥ 28,900
引用: http://www.drive-recorder.xyz/img/integrate-type-model/yupiteru-q1.jpg
360度ドライブレコーダーおすすめ3つ目が、ユピテルの「Q-01」です。こちらは2つのレンズが前後についているタイプで、それぞれが分担して撮影をします。全方位を720度にわたり撮影可能。1つだけのレンズに比べると、上の方まで映るのがメリットです。こちらも最初の商品同様、やや高めの価格設定になっています。
思ったより画像が悪い。基盤故障で一年たたずに保証で交換。 720°とあるが、実際には前後カメラ二台の合成だが前後カメラの継ぎ目で二重に見え真横はほぼ見えないが(タイヤが移る位置に車を横に止めるとタイヤが2つ並んで移る。)点検に出した結果正常の範囲とされた。取り付けには注意が必要である。

ユピテル 720°(360度+360度)全天球日本製ドライブレコーダー 前後上下左右記録 GPS 衝撃センサー 3年保証 200万画素 電源直結モデル Q-01
価格 ¥ 49,680
引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/K0001007279.jpg
360度ドライブレコーダーおすすめ4つ目が、サイエルインターナショナルの「SLI-ALV360」です。こちらはミラーに取り付け可能なので、取付け工事が不要です。液晶でタッチパネル操作可能。また、リアカメラに接続すると後方部も同時撮影できます。また、比較的手の出しやすい価格となっています。
イエローハットで隠蔽配線でルームミラー下部の360°カメラ+リアウィンドウ内側のバックカメラを取付けしてもらいました。タッチパネル操作が簡単なのと2つのカメラで前後左右死角なく録画できるのは良かったのですが、360°カメラの300万画素では、ナンバープレートの文字が少しぼやけているため、確実な証拠映像としては微妙かもしれません。どこかのレビューで300万画素あればナンバープレートまで読み取れると書いてあったのですが…。車種や車から降りて寄ってきた相手を判別する程度かと思います。バックカメラについては取付けの説明書のみで品番も記載ないため画素数が不明で、こちらの方がよりナンバープレートの文字を読み取るのが難しい画質です。買って間もないですが、より高画質なドライブレコーダーを検討中です。

SaiEL 360°カメラ搭載ミラー型ドライブレコーダー+リアカメラセット
価格 ¥ 15,800
引用: https://www.yupiteru.co.jp/products/drive_recorder/q-02c/img/slide/slide_v01.png
360度ドライブレコーダーおすすめ5つ目が、ユピテルの「marumie Q-02c」です。全方位720°(前後、左右、上下)の映像を同時撮影可能。シガープラグコードで工事いらずです。また、別売りオプションで駐車中も撮影もできます。
ユピテルの全天球ドライブレコーダーQ-02cです。 以前のモデルより、画質も向上されているようですので思い切って導入してみました。 ユピテルの新製品優待販売でポイントも余っており、使い道もなかったため、丁度良いタイミングでした。 S10も良かったのですが、後方映像にケラレがあるため、より確実に記録してくれることを期待しています。 先月末には手に入れていましたが、ようやく取り付けできました。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51u%2BCvlmUVL._SY355_.jpg
360度ドライブレコーダーおすすめ6つ目が、サンコーの「 CARDVR36」です。液晶ディスプレイタイプのため、タッチパネル操作可能。サイズは薄くコンパクトで、車内に設置しても邪魔になりません。価格も比較的お手頃です。
360度全方位を録画するにしては画素数が少ないので、ナンバープレート等は鮮明に録画できません。 加えて後部は距離が遠くなるので、かなり小さく映ります。 後方もしっかり撮影したい場合は前後を別カメラで撮影するドライブレコーダーを購入した方が良いかもしれません。 私の場合は左右も撮影したかったので、範囲としては満足しています。

サンコー ミラー型 360度 全方位 ドライブレコーダー CARDVR36
価格 ¥ 17,415
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Ey2V2RSYL._AC_.jpg
360度ドライブレコーダーおすすめ7つ目が、スピーダーの「S360」です。安心の国産ソニーレンズ使用で、5インチの液晶が見やすいです。タッチパネルにて操作でき、価格もコストパフォーマンスに優れています。
バックも同時に録画できる優れものです。紹介動画も参考になりました。

ドライブレコーダー 360度 日本製ソニーレンズ使用 全方位 360° 同時録画を実現! 5インチ液晶 G-センサー搭載 タッチパネル操作 ループ録画 (S360) S360
価格 ¥ 16,800
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Er8TaO9JL._SY355_.jpg
360度ドライブレコーダーおすすめ8つ目が、ケーワイプラザの「 K6000」です。ソニーのセンサーを搭載で、4,5インチ液晶で見やすいです。また、こちらもタッチパネル操作式で、バックカメラ撮影可能となっています。今回紹介している商品の中で、こちらはずば抜けて価格が安くなっています。
安かろう悪かろうとあまり期待はしてなかったのだが、予想外にもちゃんと動いている。録画ファイルはパソコンで確認すると高画質ではないがそれなりに見える。対向車のナンバープレートは見えにくいが、いざ事故の時は状況確認をするためであれば充分と思える。また、この時期は駐車時は車内がかなり暑くなっているが、特に問題ないようだ。

フルHD対応 ドライブレコーダー Gセンサー搭載 HDMI出力 動体感知 自動録画対応 防犯カメラ K6000
価格 ¥ 3,780
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71cQQD3L%2BsL._SL1500_.jpg
360度ドライブレコーダーおすすめ9つ目は、ブロードウォッチの「CAR360-TF-SB」です。こちらは、魚眼レンズ搭載で360度撮影です。さらに、バックカメラで後方もしっかり撮影可能。画質がきれいで暗闇でも撮影できます。価格も1万円台なので、お手頃といえるでしょう。
防犯カメラ等の製造、開発などしている企業なので、映りが良いだろうと感じ購入。取説に記載されていたので起動前に本体の充電後、起動し、そこそこの映りなので良かったです。操作性は良いです。バックカメラも良好です。

【Broadwatch】【360度撮影ドライブレコーダ】スタンド型(バックカメラ付き)
価格
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61LT9XaGiXL._SX355_.jpg
360度カメラドライブレコーダーのメリットから選び方、おすすめ360度ドライブレコーダーの価格や口コミなどをご紹介してきました。どのような目的で使いたいかによって選ぶ製品、価格帯も変わってきます。製品によっては価格が高額になったりしますので、自分がどこまでの価格なら出せるかを確認したうえで決めましょう。価格が安いものであっても十分にニーズを満たせる商品もあるので、よく吟味しておくといいかもしれません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://dressup-navi.net/wp-content/uploads/2017/02/DrnvNavi_1704_1.jpg