Sdgxfg1cpqyfisccpvtr

AV・情報家電

CATEGORY | AV・情報家電

スマホスタビライザーとは?自作方法からおすすめ商品まで一挙に紹介!

2018.05.26

スマホスタビライザーを使って動画を滑らかに撮影したい人は多いです。その一方で、スマホスタビライザーという単語を初めて知った人もいるでしょう。スタビライザーについて全く知らない人でも分かるように、分かりやすくスタビライザーとは何かを紹介します。

  1. スマホスタビライザーって何か知ってる?
  2. スマホスタビライザーについて知ろう!
  3. スマホスタビライザーは自作することも可能!
  4. スマホスタビライザーの自作方法動画①:とりあえず安い費用で作りたい方はこちら
  5. スマホスタビライザーの自作方法動画②:さらに500円という安い費用で作成したい方はこちら
  6. おすすめのスマホスタビライザーの商品を紹介!
  7. アプリと連携できるスマホスタビライザーが最近の注目商品に!
  8. おすすめのスマホスタビライザー①:DJI OSMO Mobile
  9. おすすめのスマホスタビライザー②:iCODIS PG1 スマホ用ジンバル スタビライザー セルカ棒 ハンドルグリップ 1軸 撮影安定 LED補助光
  10. おすすめのスマホスタビライザー③:AIbird Uoplay2 ブラシレス3軸手持ちジンバル アプリ付くブラック
  11. 自作するか商品を買うかはお財布と相談を
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/1a/1a46fcfe52fbfdf6b114dc726a6333dd_t.jpeg
スマホスタビライザーと聞いて、ピンと来る人は恐らく少ないでしょう。普段から趣味でスマホで動画を撮っているという人以外はなかなか知らないものです。そこで今回は、スマホスタビライザーとは何かを初心者にも分かりやすくお伝えします。
引用: http://social-trend.jp/stn/wp-content/uploads/2014/12/s-app_2_mika-610x406.jpg
また、今回はスマホスタビライザーについて分かりやすく解説をするのと同時におすすめの商品も紹介します。さらに、自作でスマホスタビライザーを作る人も増えているので、参考になる情報もいくつかお伝えします。気になる人はどんどんチェックしていきましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Mn3yqZ-wL._SY355_.jpg
スマホスタビライザーはこんな形のものです。イメージしていたものと少し違ったという人もいるでしょう。割とコンパクトで持ち運びもしやすい大きさのものがほとんどです。様々なニーズに応えるために、各メーカーがいろんな機能を搭載して販売しています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41FmueUTThL.jpg
日常的にスマホで動画を撮る頻度が高い人には大変助かるアイテムです。具体的には、スマホスタビライザーは、手ぶれを防ぎ滑らかな動画を撮影することができるという特徴が大きいです。スマホスタビライザーの商品のタイプにはいくつか種類があるので自分の希望に合ったものを選ぶといいです。
引用: https://job-images.com/material/163-occupation-illustration.jpg
スマホスタビライザーは、とても驚くことですが、自作することも可能です。少しでも安い費用でスマホスタビライザーを手に入れたいという人にとっては嬉しい限りです。自作する場合にかかる費用はピンキリで一番安い場合だと1000円程度で作ることが可能です。
引用: https://factory-illustration.com/material/116-factory-illustration.jpg
もともと何でも自作することが好きという人は、積極的にチャレンジしてみましょう。ネットで調べてみても、スマホスタビライザーを作る方法はたくさん見つけることができます。その中でも今回は、おすすめの自作方法を動画も含めて紹介していきます。
iphone専用にはなりますが、こちら1000円という安い費用でスマホスタビライザーを作ることができます。もちろん、デザインは1000円という安い費用でお金をかけずに作るのでシンプルです。とりあえず、動画撮影は初心者で安い費用でスマホスタビライザーとは何かを知りたいという人にはおすすめの動画です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/10/10db100a94578af64a630a3e9c5fc742_t.jpeg
安い費用で作るというだけあって、練習を重ねる必要もあります。長期的に自作のスマホスタビライザーを使いたいと思っている人は完成度を高くするために練習しましょう。問題なくスムーズにスマホスタビライザーをこの動画を見ながら作ることができるように、努力しましょう。
こちらも、500円というワンコインでスマホスタビライザーを作ることができる動画です。本格的なスマホスタビライザーを買うのはちょっとという人におすすめです。材料費が500円で本当に済むのと驚きの気持ちを隠せない人も多いでしょう。この動画を見ながら、しっかりと作り方をマスターしましょう。
引用: https://i.pinimg.com/originals/9c/2b/26/9c2b26ccc25446dee197113c7fcac9c8.jpg
ここからは、おすすめのスマホスタビライザーをいくつか紹介してきます。本格的にスマホスタビライザーを使って滑らかな動画撮影にチャレンジしたいという人は要チェックです。その前に、最新のスマホスタビライザーにはどんな機能が付いているのかを紹介していきます。最新のものが好きという人は参考にしましょう。
引用: https://publicdomainq.net/images/201708/20s/publicdomainq-0012418zud.jpg
最近のトレンドとしては、スマホスタビライザーがアプリと連携できるものが人気です。スマホで動画を撮る人にとっては有難い機能でしょう。アプリとアプリと連携できるスマホスタビライザーを使うことで、設定を変更することも可能になります。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20120515%2F99%2F931379%2F133%2F239x320x8409f65b735a235bafd77d2a.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
より、クオリティーの高い動画撮影を目指している場合はアプリと連携できるスマホスタビライザーを選ぶようにしましょう。また、トレンドに敏感という人もアプリと連携できるスマホスタビライザーを選ぶのがおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51dpIlUoxcL._SL1200_.jpg
アプリと連携させてスマホスタビライザーを使用したいという人は、こちらがおすすめです。こちらのスマホスタビライザーは動画の撮影は縦横どちらでも行うことができます。ある程度、動画にこだわりを持って撮影したいという人には特におすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Nf1OTPZOL._SL1200_.jpg
動画を撮影するのは好きだけど、いつも手ぶれが気になっていたという人にもおすすめの商品です。もちろん、アプリと連携されているので動画を撮影したら、すぐにシェアしたり編集したりすることもできます。SNSで動画を頻繁にアップしたいという人にも便利です。
引用: https://free-designer.net/design_img/1221123003.jpg
スマホとスマホスタビライザーの接続は、Bluetoothで行うのでスムーズに行うことができます。動画の撮影にはできるだけ待ち時間は発生させたくないという人にもおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51l4fTXuUrL._SL1000_.jpg
こちらのスマホスタビライザーは機能性抜群でおすすめです。普通に動画を撮影することはもちろんですが、自撮り棒として活用することもできます。また、棒は取り外し可能なので使用用途によって着脱することができます。デザインもおしゃれなので旅行などで持ち歩くにも最適です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a0/a0d51c5e9f051f3e27c537e320e8dfd5_t.jpeg
また、モバイルバッテリーにも早変わりすることができます。出先でちょっとスマホのバッテリーが無くなりそうという時も安心です。モバイルバッテリーを別に持参する必要がなく、スマホスタビライザー一台で役割を担ってくれるので荷物も少なくなります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/98/98207f8c71c0b0574861ffe1bdf9b66a_t.jpeg
友人と集まるホームパーティーでも大活躍することは間違いありません。本格的な動画撮影の雰囲気を出したくないという場合もこちらの商品はおすすめです。おしゃれなスマホスタビライザーという印象を相手に与えることを重視する場合は、こちらがいいでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71vu2pPGo0L._SL1500_.jpg
こちらのスマホスタビライザーは本格派の人におすすめです。アプリと連携できるのはもちろんですが、パノラマ撮影もできるのでとことん楽しみたい人に人気です。自分のオリジナルのタイムプラス動画を作りたいという人にもこちらのスマホスタビライザーはおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51dDWfEr7jL.jpg
もちろん、自撮り機能も楽しむことができます。ちょっと動画撮影の合間に自撮りも楽しみたいという人にはおすすめです。こちらのスマホスタビライザーには、収納袋も初めから付いているのでスマホスタビライザーを日常的に持ち運びたいという人にもおすすめです。
いかがでしたでしょうか?今回はスマホスタビライザーについて自作の方法やおすすめ商品を紹介しました。これまで、スマホスタビライザーについて疑問に思っていた人も多かったはずです。スマホスタビライザーの使用で、手ぶれを防ぎ滑らかな動画を楽しめるようになれば、動画撮影の楽しさの幅も広がります。費用を抑えたい場合は自作で、本格的にアプリと連動して楽しむ場合はメーカー商品を購入しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://1.bp.blogspot.com/-WU8_Td-FBwU/WUdYTYOASOI/AAAAAAABE6U/Cl9PJsn_xbwoOZRYH8d9OpxS_lqG7kGrACLcBGAs/s800/camera_stabilizer.png