Ltbp6gfmyhjuqul8f6br

CATEGORY | 服

Tシャツは着丈でキメろ!サイズ選びや測る方法とおすすめコーデとは?

2020.06.30

誰もが持っているTシャツ、着丈の長さを気にしたことはありますか?長すぎてずるずるした感じだとかっこ悪いし、短すぎてピタピタなのは時代遅れでダサい印象になってしまいます。ここではちょうどよい着丈のTシャツの測定方法と、かっこいいコーデを紹介します。

  1. Tシャツの着丈とは
  2. 通販でTシャツを買うのは不安?着丈を数値化しよう
  3. お気に入りのTシャツの着丈を測る方法
  4. 【Tシャツ選びのポイントその1】肩幅や身幅、袖丈も大事
  5. 【Tシャツ選びのポイントその2】全体のバランスが大事
  6. 【着丈でキメたTシャツコーデその1】Tシャツ1枚で勝負!
  7. 【着丈でキメたTシャツコーデその2】Tシャツの重ね着
  8. 【着丈でキメたTシャツコーデその3】敢えてのロング着丈Tシャツ
  9. 【着丈でキメたTシャツコーデその4】敢えてのショート着丈Tシャツ
  10. 【まとめ】Tシャツの着丈とバランスが重要!
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/984/17251984/17251984B_8_D_215.jpg
Tシャツはどこでも安くて手に入りやすい定番のアイテムです。Tシャツを制する者はファッションを制することができるといっても過言ではありません。Tシャツで大事な着丈。「着丈」と言われて、何となくの意味でわかった気になっている方は多いでしょうが、正確にはどこの丈を指すのでしょうか。
引用: https://www.rakuten.ne.jp/gold/ceno/size/images/tshirts.jpg
着丈とは襟の付け根から裾先端まで直線で測る長さです。この長さがコーディネート全体のバランスを決める肝になります。短いと足長効果がありますがコーデによっては尻切れトンボ感が出てしまいます。長いと今度は胴が長く見えてしまいます。では自分に合った着丈の長さはどのくらいなのでしょうか?
忙しくて買い物に行く暇がなかったり、近所に欲しい服がなかったり…そんな人には通販サイトで買い物することもあると思います。しかし、デザインだけで選んでも自分に似合ったサイズでないものが届いたら、テンションがた落ちですよね。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yuseiIMGL2379_TP_V1.jpg
そんなときに便利な機能があります。通販サイトでは自分のサイズを入力できる機能があることをご存知ですか?これを使えば、自分のサイズにジャストフィットするTシャツが検索できます。そのためには、そもそも自分の着丈を知っていないといけませんよね。それでは、自分に合った着丈の測定方法をご紹介します。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/09/11/52/t-shirts-2731768__340.jpg
着丈の計算方法には公式があります。
身長×0.24-10=着丈の最小値
身長×0.24-5=着丈の最大値
最小値と最大値にある程度の幅がありますが、あとはどんな風に服を着こなしたいかということで決めます。タイト目に着たいのか、ゆったり着たいのか。自分の好みを明確にして、自分に似合った「これだ」と思うサイズを出しましょう。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/10/21/10/measure-2737004__340.jpg
お気に入りで自分にジャストフィットしたTシャツの長さなら信頼できます。そういったTシャツがある場合、その着丈の長さを測ってしまいましょう。Tシャツの後ろで、襟元から裾までの長さを測りましょう。平らな面にシワなく伸ばして置いて、定規やメジャーを使って測ります。
こちらの動画では、着丈を測る方法が分かりやすく紹介されています。動画で見ると非常に分かりやすいです。襟付きの場合は襟元の付け根部分から測るのが正しい測定方法です。
引用: https://www.rakuten.ne.jp/gold/ceno/size/images/tshirts.jpg
肩幅が大きすぎると、肩が落ちてだらしなく見えてしまいます。同時に襟ぐりも大きくなるので、胸元が空きすぎてしまいます。そして身幅が太すぎると寸胴に見えてしまいます。袖丈は好みの問題もありますが、袖丈が緩やかに自分の腕のラインに沿っていないと、袖幅が広がるので違和感が出てしまいます。同様にすべてのサイズが小さすぎても、ピチピチになってしまって明らかに違和感が出てしまいます。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/06/15/19/50/jeans-2406521__340.jpg
自分に合わない身幅の服を着丈だけお直ししても、そもそものサイズが合ってないので裾が広がり過ぎる原因になります。購入時には、自分に合ったサイズの服を選びたいものです。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/02/26/13/57/clothing-650370__340.jpg
ファッションにおいて大事なのは全体のバランスです。できることなら実際にお店に出向いて試着してみるのが一番いいのは間違いありません。着丈はベルトが隠れるくらいがいいです。チャック部分まで隠れてしまうと胴が長く見えてしまいます。後ろから見た場合は、ズボンのポケットが少し隠れるくらいが理想です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/abjmb7/20170717211932177/20170717211932177_276.jpg
短いTシャツに短パンを合わせた場合、足の短い人だと短さが際立ってしまいますよね。足が長い人でさえも、体全体の比率を考えると露出部分多くなって、ちぐはぐな印象になってしまいます。コーディネートを考えるときは全身が映る鏡を見て、バランスに違和感がないかをチェックすることが大事になってきます。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/492/22150492/22150492B_18_D_215.jpg
スエット地のTシャツなら一枚でかなりサマになります!このスエットはあえて肩幅を落としてラフな印象を演出しています。裾のリブが裾広がりを抑えてくれて、落ち着きがいいです。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/pyshux/20160826081524715/20160826081524715_276.jpg
着丈と全体のバランスに気をつければ、Tシャツ1枚でかなりサマになります。このコーディネートでは、トップスのTシャツをジャストフィットにした代わりに、ボトムをボリューミーにしてきれいなAラインを作っています。白シャツに対して濃いめの紺色で締まって見えるので、メリハリのある印象です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/pyshux/20170806123703454/20170806123703454_276.jpg
こちらはやや長めの丈のTシャツに、スッキリ細めのボトムのコーディネートです。長めの丈のTシャツでも身幅が身体に合っているので、細身のパンツを合わせればダボっとし過ぎずに、きれい目にまとめることができます。

Tシャツにインナーシャツを重ねる

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/36u6j1/20170808171348152/20170808171348152_276.jpg
Tシャツの下にインナーをチラ見せさせるコーディネートです。このコーデは、「Tシャツの着丈が少し短めで、1枚では着づらいな……」と思ってるTシャツでも、インナーの長さでカバーできるので、違和感のないIラインを作ることができます。

Tシャツにブルゾンを重ねる

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/3ed3hs/20170901105505859/20170901105505859_276.jpg
Tシャツにブルゾンとワイド目のジャージを合わせたスポーティーなコーディネートです。全体的にオーバーサイズな小慣れ感がうかがえます。Tシャツの着丈は絶妙に思えます。これ以上長ければ足が短く、短ければダサい印象になるところをうまくクリアしています。

Tシャツにカーディガンを重ねる

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/835/25196835/25196835B_9_D_215.jpg
カーディガンを羽織ると柔らかく優しい印象になります。このコーデはカーディガンのサイズも難しいですが、Tシャツの着丈よりやや短いけれどもゆったりとしたものをえらんでいて、相性よくまとまっています。色の統一感もきれいです。

Tシャツにボタンダウンのシャツを重ねる

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/795/28651795/28651795B_1_D_215.jpg
これや定番で失敗しにくいと思います。Tシャツに柄が入っていたら、ボタンダウンのシャツは無地が無難でしょう。注意したいのが着丈のバランスです。中に着るTシャツと羽織るシャツの着丈に差があり過ぎると、ちぐはぐな印象になってしまいます。このコーディネートのように、着丈をそろえるとすっきりして見えます。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/430/20748430/20748430B_1_D_215.jpg
ビックシルエットシャツはかなりの上級者向けに思えますが、着こなせたら素晴らしいです!Tシャツはシンプルな無地の柄にしておいて、小物でアクセントを入れるとよいでしょう。大きめの腕時計も存在感があります。ペンダントもモチーフが大きめの存在感があるものを。着られてる感が出ないのは、頭にポイントを持ってきているからです。パーマヘアーでボリュームを出しています。ハットなどをかぶるのもいいでしょう。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/7zfb05/20170708102959380/20170708102959380_276.jpg
こちらもかなりのファッション上級者です。着丈が長い濃い色のTシャツに、派手な色遣いの短パンを合わせたコーディネート。下半身はスッキリ見えます。挑戦的な色遣いで着る人を選びますが、小物の使い方といい、彼にはとっても似合っています。こちらもキャップとサングラスで上にポイントを持ってくることで、目線を上にしてスタイルがよく見えるように計算されています。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/953/22136953/22136953B_156_D_500.jpg
ショート丈Tシャツをパンツにインするのも上級者向け。さわやかで清潔感が満載です。ジャストサイズのものを選べば足長効果もあります。お腹回りに目線が行くので、スタイルに自信がある方にはぜひ挑戦してほしいです。
今回は着丈の計算方法と測定方法を紹介しました。通販でお買い物をする際にはぜひ利用してみてくださいね。ただし、大事なことは全体のバランスです。着丈が合わないなと思っても、コーディネート次第ではそのTシャツを生かすこともできます。コーディネートの際には、着丈の長さを意識しつつ全体のバランスを考えてみてはいかかでしょうか。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/mnsqig/20170705082556114/20170705082556114_276.jpg