Zmoogcfnqzivl5jwik1s

お酒

CATEGORY | お酒

ウイスキーの保存方法は知ってる?正しい保管でおいしく楽しもう!

2018.05.24

皆さんウイスキーの美味しさを維持する保存方法をご存知でしょうか?最高のウイスキーを購入したけど、少し残しておきたい。そんな時に美味しさや新鮮さを維持する保存方法を利用することによって、最高のウイスキーの美味しさを維持することが可能です。その方法をご紹介。

  1. ウイスキーとは?
  2. ウイスキーは酸化してしまう
  3. ウイスキーは紫外線や熱に弱い
  4. ウイスキーの賞味期限と保存について
  5. コルク瓶のウイスキーの保存には注意が必要
  6. 最高のウイスキーを美味しく頂くための保存方法
  7. 保存方法によってウイスキーが劣化する?
  8. ウイスキーの美味しさを維持する保存方法
  9. [ウイスキーの保存方法]ウイスキーは冷暗所に保管する
  10. [ウイスキーの保存方法]ウイスキーは箱に入れて保管する
  11. [ウイスキーの保存方法]ウイスキーを酸素から切り離す
  12. [ウイスキーの保存方法]ウイスキーはパラフィルムで密封する
  13. [ウイスキーの保存方法]ウイスキーの保管で気を付けるポイント
  14. [ウイスキーの保存方法]ウイスキー保管のコツ
  15. しっかりと保存して最高のウイスキーを楽しもう
  16. [まとめ]ウイスキーの保存方法で美味しさを維持できる
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/JSK542_uisukinomu_TP_V1.jpg
ウイスキーと言えば、とても香り高い風味と、深いコクであなたを誘惑する味わいが魅力的なお酒ですが、グラスに注いで琥珀色の輝きを楽しむのもまた余韻が伴います。大人のお酒といっても良いほど魅力がある。リーズナブルなものから高額なものまで価格も幅広い一品です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK15_saikindeaiganaina-_TP_V1.jpg
そんな大人の雰囲気を醸し出すウイスキーを残してしまった時に、「一番おすすめな保存方法はどんなものがあるのか」と疑問を抱く方もいるでしょう。主に賞味期限がありませんが、保存方法悪いと酸化を促進させてしまうので、風味や味わいが劣化してしまいます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTTwgRmnR5S3r5vKUa4lsveHcOmS8PUKtNRqLrEcumvjX9jHigm
せっかく購入した最高のウイスキーをゆっくりと楽しみたいという方も多いでしょう。そんな方は最適な保存方法を知って、より長持ちさせよう。そして、を長い期間楽しめるようにすることができれば、より味わいや風味と触れ合うことができるでしょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQmekBixtkwJFVXJYYAy6rscSZDpgsBPsRyAkDPbHQm3n-8eFlq0A
ウイスキーの大敵は酸化です。賞味期限がありませんが、開封してしまうと味わいや風味に影響が出ます。これは、酸素と触れることで酸化してしまうからです。こんな時に酸素に触れても影響しないお酒だったら良いのですが、ウイスキーは蒸留酒なので酸化してしまうのです。
引用: https://image.rakuten.co.jp/seijoishii/cabinet/100mai/05145379/imgrc0072550585.jpg
醸造酒と比べたりすると、開封しても劣化しにくいメリットがありますが、少なからず風味や味わいに変化をもたらします。アルコール度数が40度以上のウイスキーであっても酸化してしまうので、他のお酒よりは劣化しにくいですが、やっぱり保存方法を重視して、美味しい味わいを長持ちさせたいですよね。
引用: https://www.instagram.com/p/BEz_zevjljJ/media/?size=l
保存する上で気をつけたいポイントは、紫外線と熱に弱いことです。ウイスキーの入っている瓶はほとんど紫外線を受けて劣化してしまものが多いです。箱にしっかりと入れてあるものは、問題なく紫外線から身を守ることが可能ですが、通常は日光に当たらない暗い場所に保管することがとても大切です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA150701598457_TP_V1.jpg
ウイスキーは紫外線に弱いのですが、熱にもあまり強くありません。高温多湿の環境を嫌うお酒ですので、夏場は涼しくて暗い場所に保管することが一番長持ちさせるおすすめな場所です。冷蔵庫の中が良い環境なのですが、匂い移りの可能性があるので、ワインセラーのような小型の冷蔵庫があれば解決できるでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NAT85_uisuki-notaru_TP_V1.jpg
ウイスキーには正式な賞味期限が設定されておらず、封を開けていなければ長期間保存可能なお酒となっております。コルク型は一度開けてしまうと保存が難しいです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA150701038569_TP_V1.jpg
ただし、保管状態によっては温度や光の影響を受けて、風味や味わいに影響を及ぼす可能性もあるので、賢く保存したいところです。ウイスキーやワインなどのアルコール度数が高いものは、成分がとても安定しているために、賞味期限が表示されていないのです。ビールは例外であって、賞味期限が設定されております。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NKJ56_hohonitewonoseru_TP_V1.jpg
保存で気をつけたいポイントがコルク型のウイスキーです。アルコール度数が高いので、室温の状態で揮発してしまうのです。ですから、風味や味わいに大きな影響を受けます。一般的にはほとんど封ができるモデルが多いのですが、ビンテージものなどの中には、コルクを使用したものがあるので気をつけたいです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MIYA16021608DSC_2194_TP_V1.jpg
賞味期限が無いのですが、コルク型は注意が必要であり、室温が高い場所に保管していると、しっかりコルクを占めていても、劣化することがあります。これは、未開栓の状態でも言えて、少しずつ蒸発して行き、最後にはウイスキーの瓶が空っぽになってしまうこともあります。ですので、コルク型のウイスキーは、少しでも温度の低い場所で保管するようにしましょう。
引用: https://c-ippin.gnst.jp/photo/report/7b/78/9321/9321_report_3_1.jpg?1489235402
ポイントは、コルクをしっかりと閉めていても酸化を促進させてしまうので、室温の低い場所に保護しよう。これらは温度の高い場所であるほど酸化を促進させてしまいます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C789_akaisyanpanglass_TP_V1.jpg
ウイスキーに賞味期限が無いと聞いて、保存方法は適当でも大丈夫だろうと思っている方もおられるでしょう。しかし、ウイスキーなどの醸造酒は、空気を触れる回数によって劣化スピードが上昇します。ですから、栓を開けた時点から劣化が始まり、風味や味わいに影響をもたらすということです。
最高のウイスキーを手に入れたけど、一日に全て頂くのは勿体無いという方は、少しでも早くウイスキーの蓋を閉めよう。そして、これからご紹介していく方法を利用して、最高のウイスキーを長期間楽しもう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_kakuteruglasstomizu20130608_TP_V1.jpg
ウイスキーの保存方法を誤ってしまったり、保存方法の違いによってはとても飲めるようなものでは無いほど、変化してしまうこともあります。その中でも、ウイスキーは蒸留酒は非常にタフなお酒の分類にあたるのですが、長く美味しく楽しむには、保存方法に凝っている方が安心して保存できます。
保存方法のポイントとして大切ことは、紫外線と酸素を避けることです。紫外線は開封していないウイスキーであっても劣化させます。酸素については開封してから大敵となります。コルク型はより注意したいです。少しでも酸素と触れる時間を少なくすることで、ウイスキーの最高の美味しさを維持することが可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AKANE278122238_TP_V1.jpg
それでは、ウイスキーの具体的な保存方法について解説していきます。ウイスキーの大敵は紫外線と酸素となっており、これらを避けるのは一番大切なことです。ウイスキーの香り分子を変質しないように維持し、風味や味わいを変化させないようにするおすすめな保存方法をご紹介していきます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA072160011_TP_V1.jpg
一つ目の大切なポイントとして、ウイスキーは冷暗所にて保管することです。ここで注意したいポイントがあって、冷蔵庫などに保管することはなるべく避けた方がおすすめです。
これは、ウイスキーにニオイが移ってしまうことがありますので、ニオイ移りが対策できる場所がおすすめな保存場所です。そして、温度がなるべく低いことが前提です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/161103195058DSCF7129_TP_V1.jpg
こんなことに気づいたことがありませんか。ウイスキーが販売されている物の中で、ウイスキーの箱には光を遮断するように作られているのです。これは、ウイスキーは光にとても弱い傾向にあり、風味や味わいに影響を受けるからです。
自宅で保管する場合は、ウイスキーの瓶にアルミホイルを巻いておくなどの対策を打っておくことで、とても良い状態で保存することが可能です。そして、できれば箱の中に保存するなどの対策を打っておくと、さらに良い保管状況と言えます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMGL8009_TP_V1.jpg
ウイスキーの保存方法をより効率的なものにしてくれる専用の「プライベート・プリザーブ」を使用することで、酸素と切り離すことが可能です。瓶の中に含まれているウイスキーと酸素を簡単に切り離すことが可能なので、とても便利な商品です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61RSziiplVL._SY355_.jpg
そして、2回から3回程度シュッと吹き込むことで、ウイスキーの瓶の上の部分にガスの層が作られるので、酸素と触れ合うことが無くなります。これらによって、大幅にウイスキーの劣化を抑えることが可能です。最高のウイスキーをゲットしたけど、劣化するのが嫌だなと感じている方は「プライベート・プリザーブ」を購入してみよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61M6h5SduFL._SX466_.jpg
たくさんの有名なバーや、味わいに力を入れているお店で利用されている「パラフィルム」。この「パラフィルム」はウイスキーやワインの保存に使用されているものです。ウイスキーの栓に巻きつけて使用することによって、ウイスキーの密封性を向上させます。
引用: http://vidtec.net/wp-content/uploads/2009/05/332-2.jpg
長期保存を行う方は、このような商品を利用することによって、通常の栓を閉めるだけよりも段違いに劣化を抑えることができるので、長持ちさせたい方は絶対利用しよう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA0I9A8798_TP_V1.jpg
ウイスキーの保管で絶対気をつけたいポイントは4つあります。それは、温度と湿度と紫外線と酸素です。これらの保管状況を踏まえて、温度や湿度の低い、紫外線の当たらない場所であって、酸素に触れないことが一番ウイスキーを長持ちさせる方法です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HW20160708062615_TP_V1.jpg
ウイスキーを保管する上で、これらを覚えておけば問題なく、美味しい味わいと風味を逃すことなく、ウイスキー本来の旨味を残しながら長期間保存することができるでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA160312050I9A3455_TP_V1.jpg
ウイスキーの保存のコツとしては、開封後の保存時に気をつけることができるかであって、専用の保存製品を使用したり、栓を早くすることが一番のコツであり、一番シンプルなポイントとも言えます。他にも高価なウイスキーは、少しずつゆっくりと楽しめたいという方もいるかもしれませんが、できる限り早めに飲んでしまう方が良いでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AKANE072160555_TP_V1.jpg
開封後から酸化してしまうので、少しずつ味わいや風味が劣化していき、高価で最高の風格を持っているウイスキーの味わいも劣化していってしまいます。本来の味わいを楽しみたいなら早めに飲んで楽しんでしまうことをおすすめします。
引用: https://cookbiz.jp/soken/core/wp-content/uploads/2017/01/Fotolia_97233492_S.jpg
ウイスキーの保存方法をあらゆる視点でご紹介してきましたが、ウイスキーは開封した時点から酸化してしまうので、贅沢な風味や深い味わいが少しずつ時間と共に劣化していきます。これらを抑えるには酸素と触れ合わない環境を作ったり、紫外線を浴びない環境を作ったり、熱から避けることができる涼しい場所で保管することが大切です。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/77/ChampagneCorksLarge.jpg/300px-ChampagneCorksLarge.jpg
ウイスキーには賞味期限が無いので安心できますが、コルク型のものは高温の環境だと少しずつ空気と触れ合うことがあるために、賞味期限に関わらず最適な場所で保管することがとても重要です。コルク型には賞味期限ではなく、保管場所によって賞味期限を早めてしまうと覚えておく方が良いかもしれません。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA863_ok15185909_TP_V1.jpg
今回は、ウイスキーの保管方法について解説してきましたが、劣化させる要因は、紫外線と温度や湿度でありますので、これらから避けることができる場所に保管することで大きく劣化を抑えることが可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA862_megane15205354_TP_V1.jpg
一番おすすめな保管場所は暗くて温度調整の行える冷蔵庫ですが、匂い移りなどのリスクがあるので、専用のウイスキーのみが保管できる場所を作ることができれば、なお味わいを劣化させずに保存することができます。
引用: https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2017/08/170818whiskywater-w960.jpg
ウイスキーには賞味期限が設定されておりませんが、開封してしまうと酸素と触れてしまうので酸化が始まります。特に気をつけたいのがコルク型であり、これはしっかりと閉めていても酸素と触れ合う環境となるために、劣化を促進されます。賞味期限が設定されておりませんが、味わいや深い風味を失う要因となるので、しっかりと対策を打とう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NKJ52_kanpaisurudansei_TP_V1.jpg