S9tb7yge2woma3xrigym

健康

CATEGORY | 健康

座薬の期限はいつまで?種類や保管方法で違う?【ボルタレン】【ナウゼリン】

2018.05.27

座薬の期限はいつまでという疑問を持っている人もいるでしょう。また、種類や保管方法も分かりやすくお伝えしていきます。誰もが一度は経験したことのある座薬について今回は、基本的な情報をお伝えします。使用できる期限も、あまり座薬を知らない人でも分かるように紹介します。

  1. 座薬ってそもそもどんなもの?
  2. 座薬の種類は2つある
  3. 座薬の種類①:子どもの熱を下げる役割をするもの
  4. 座薬の種類①-1:子どもの体重によって処方される座薬の量は違う
  5. 座薬の種類②:大人が痔を治療する時に使用するもの
  6. 座薬に使用期限ってあるの?
  7. 種類によって座薬の使用期限は違う!
  8. 座薬であるボルタレンの使用期限は?
  9. 座薬であるナウゼリンの使用期限は?
  10. 座薬であるアンヒバの使用期限は?
  11. 座薬は基本的には使用期限内で使うのが一番
  12. 期限の他にも、座薬の保管の仕方にも気を付けよう
  13. 期限を守り安全に座薬を使おう
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e2/e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_t.jpeg
座薬って聞いたことがあるけど、どんなものか分からないという人も多いでしょう。今回は、座薬について使用期限や保管方法も含めながら紹介していきます。今後、子育てなどで使うこともあるかもしれないのでしっかりとチェックしておきましょう。
引用: http://sportsmedicalcoach.net/wp-content/uploads/2017/08/syringe_101c-300x228.png
座薬の知識は自分には必要ないと思っている人もいるでしょう。しかし、座薬を使う機会は子どもだけでなく大人にも十分あります。今後何かあった時のためにもしっかりとチェックしておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2a/2a0ef40a1968defc32c11fcdae38e6a6_t.jpeg
座薬の種類には大きく分けて二つあります。それぞれについて、これから紹介していきます。初めて知るという人は要チェックです。座薬の大まかな種類は基本的な知識として押さえておきたいものです。
引用: http://kanbe.info/wp-content/uploads/2014/11/sick_vaccine.png
座薬の種類なんか知ってて役立つのという人もいるでしょう。世の中、知識を持っていて損をすることはありません。大まかなことだけでも知っておけば、周りの人よりも理解力のある人になることができます。
引用: https://publicdomainq.net/images/201610/21s/publicdomainq-0001833xna.jpg
子どもが熱が出た時に、熱を下げる役割として用いられるのが座薬です。多くの人が座薬と聞くと、この使用用途を思い浮かべるはずです。高熱でどうしても、熱を下げないといけないという時に処方されます。この処方のされ方は、割とメジャーであると言えるでしょう。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-lKM074JWUHY/WMJLMOOSCLI/AAAAAAABCec/ZkK6lW4Z8XM58Z-6K2NsuFRury2k9QZmgCLcB/s800/medical_zayaku.png
これはあまり知られていませんが、子どもの体重によって処方される座薬の量は違います。そのため、使用期限が長いイメージの座薬は、子どもが熱を前に出した時に処方されてたと思って使うのは辞めましょう。よかれと思って使っても、正しい分量ではないので上手く効果を発揮しない可能性もあります。独断での座薬の使用は避けましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/06/0602c0cc7960eeb7142e93121c102f11_t.jpeg
一方で、大人が痔になった時などに座薬は用いられることもあります。痔になったことがある人は分かると思いますが、座薬を使っての治療もなかなか続けるのには勇気が必要です。子どもの高熱を下げるためだけでなく、大人の痔を治療する役割も痔にあることを覚えておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b0/b0387d8bc1a15741a48238406ce55d13_t.jpeg
座薬に使用期限はあるのと疑問に思っている人もいるでしょう。もちろん、座薬には使用期限があります。しかも、何年単位での使用期限があります。ただし、先ほどもお伝えしましたが以前処方された座薬が家にあるからと言って、診察を受けずに使うのはやめましょう。正しい分量の座薬を使って治療をするためにも、それは避けるようにしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c8/c8e6a23ee0f653016d15cb01564a4ca6_t.jpeg
座薬の種類によって、座薬の使用期限は違います。これからは、ボルタレンとナウゼリン、アンヒバという種類の座薬の使用期限について紹介していきます。参考までに知っておくと、役立つこともあるでしょう。ボルタレンとナウゼリン、アンヒバの全ての座薬の使用期限は同じだろうと思っている人は要注意です。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/r/ryouhei200611111/20180112/20180112082305.jpg
ボルタレンの座薬タイプがボルタレンサポです。こちらの使用方法も一般的な座薬と同じで肛門から入れるものになります。こちらの座薬は処方箋があって初めて提供されるものなので、ドラッグストアなどでは販売されていません。この座薬は、解熱剤としてはかなり効果が期待できるということで有名です。
引用: https://publicdomainq.net/images/201803/14s/publicdomainq-0019885.jpg
使用期限は、3年程度と考えておくといいでしょう。ただし、先ほども紹介したように適切な使用量は子どもの体重から割り出されます。そのため、3年前に処方されたものを使っても十分に効果を得ることは難しいかもしれません。使用する場合は、事前に医療機関に相談してみると良いでしょう。一般的には避けた方がいいです。
引用: https://hospital-illustration.com/material/512-hospital-illustration.jpg
ナウゼリンは一般的には吐き気止めの座薬として患者に処方されます。使用する量は子どもの体重によって違ってくるので、以前処方されたナウゼリンを使うということは避けましょう。そして、副作用としては下痢や痙攣や肝機能障害が代表的です。薬が処方された時の書類にも、副作用はしっかりと記載されています。見逃さないようにしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/36/36e75d7dfcc271f8301eaf6e32dc888e_t.jpeg
少しでも何か違うなと思ったら薬剤師や医師に連絡するようにしましょう。また、使用期限は1年とされています。もちろん、常温で保存したものは使用期限は1年よりもかなり短くなります。常温でも問題ないだろうと楽観的に考えていると、子どもを危険に晒す可能性もあるので注意しましょう。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-7qIF7ua5mdw/VZiOKjNLdHI/AAAAAAAAuwo/2OFdPJEAAIs/s800/yakkyoku_yakuzaishi.png
正しい保存方法で座薬は保存するようにしましょう。ナウゼリンの副作用で何か心配事がある場合は、薬剤師に処方される時に聞いてみるといいでしょう。そうすれば、初めて座薬を使う時も不安なままで使用する訳ではないので安心です。
引用: http://file.lifehacker.blog.shinobi.jp/Img/1287272098/
アンヒバは一般的には解熱剤や頭痛を軽減するために処方される座薬です。こちらの使用期限は3年とされています。副作用としては、アナフィラキシーショックや呼吸困難があるとされています。重症にならないためにも、何かおかしいなと思ったら薬剤師や医師に連絡を早めにするようにしましょう。
引用: http://hahakonobyouki.info/img/nomigusuri1.png
アンヒバは注意が必要な飲み合わせもいくつかあります。飲み合わせについては、薬剤師や医師もチェックしているので心配はありませんが知識として知っておくといいです。また、アンヒバは解熱剤としてもかなり有名な座薬なので安心して使用することができます。
引用: https://d2cvrwkxjx9tf8.cloudfront.net/uploads/thumbs/article_image/image_file_name/2204/6b770f46-ae3c-413e-9746-b3a4b3700e2b.png
ボルタレンとナウゼリン、アンヒバの3つの座薬について、使用期限を踏まえて紹介をしました。それぞれの特徴は何となく理解できたでしょうか。すべての座薬に共通して言えることですが、使用期限が長いからと言って保存しておかずに基本的には使用期限内に使い切るまはは処分しましょう。
引用: https://shimizu-seikotsuin.com/wp-content/uploads/2016/04/gf01a201410232000-e1461125211128.jpg
費用を節約したいからということで、処方されている座薬をまた使うとなるとそのリスクは高いです。それがかえって節約にならない可能性も高いです。子どもの安全を思うのであれば、家に保管しておいた座薬を使うよりかは病院に連れて行って新たに座薬を処方してもらうようにしましょう。
引用: http://illustrain.com/img/work/2013/illustrain01-cookie02.png
座薬の保管方法は基本的には、冷所保存が一番安心です。押し入れやクローゼットの薬箱の中に入れて保存しておくと確実です。お土産などでもらった缶の中に入れて保存するのも、暮らしのアイデアとしてはかなりおすすめです。座薬を長期間使用する場合は、保管方法もしっかりと考えながら使用するようにしましょう。
引用: https://photo-room.net/photos/pr00043.jpg
座薬を保存する考え方としては、ジャガイモなどを保存する感覚で保存場所を考えると良いでしょう。冷暗所というと、何か特別な場所に保存した方が良さそうな気がするという人もいるでしょう。もっと簡単に考えて、野菜などを保存する感覚で捉えると楽になります。
いかがでしたでしょうか?今回は座薬の使用期限について種類ごとに紹介しました。この知識はいつも使うものではありませんが、何も知らないよりかは知っていると役立つことは間違いありません。ボルタレンとナウゼリン、アンヒバという3種類の座薬について学ぶことで、基本的なことは理解したはずです。知り合いに以前処方された座薬を使用しようとしている人がいれば、教えてあげましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.sozai-library.com/wp-content/uploads/2015/04/4430-450x337.jpg