Mmkrw5dwzzexfc3y8mpl

CATEGORY | 服

【メンズ編】最新版 pコート定番ブランドランキング15選!!

2018.09.21

冬場にはメンズ定番のpコートが活躍する機会が増えていきます。アウターとしてブランドもののpコートを着ると更にランクアップした男になれますね。今回の記事ではpコートのブランドランキングを皆様にご紹介していきたいと思います。

  1. pコートのサイズを選ぶ際のポイント
  2. pコートのオススメブランド、メンズランキング!
  3. 【オススメpコートブランド】ランキング・第15位!ブラックバレット・バイ・ニール・バレット
  4. 【オススメpコートブランド】ランキング・第14位!United arrows
  5. 【オススメpコートブランド】ランキング・第13位!カルバンクライン
  6. 【オススメpコートブランド】ランキング・第12位!FIDELITY
  7. 【オススメpコートブランド】ランキング・第11位!Schott
  8. 【オススメpコートブランド】ランキング・第10位!ナイジェルケーボン
  9. 【オススメpコートブランド】ランキング・第9位!MACKINTOSH
  10. 【オススメpコートブランド】ランキング・第8位!BEAMS
  11. 【オススメpコートブランド】ランキング・第7位!Paul Smith
  12. 【オススメpコートブランド】ランキング・第6位!MONCLER
  13. 【オススメpコートブランド】ランキング・第5位!ポロラルフローレン
  14. 【オススメpコートブランド】ランキング・第4位!VANQUISH
  15. 【オススメpコートブランド】ランキング・第3位!glamb
  16. 【オススメpコートブランド】ランキング・第2位!eight
  17. 【オススメpコートブランド】ランキング・第1位!BURBERRY
  18. pコートのオススメコーデ・その1!pコート×スキニーパンツ×白スニーカー
  19. pコートのオススメコーデ・その2!pコート×カラーニット帽×ニットインナー
  20. pコートのオススメコーデ・その3!pコート×白ニット×ベージュパンツ
  21. pコートのオススメコーデ・その4!pコート×チェックパンツ
  22. まとめ:pコートはスマートに着こなす
引用: https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2017/11/61pSpGX922L._UL1300_-750x640.jpg
メンズのpコートの選びで最も重要なのがサイズ感であり、これの選び方で全体のフォルム感やスタイルなどが大きく変わります。通常であれば腰より上か着丈くらいでしょう。スタンダードデザインであればボタンが6つのタイプが定番であり、着丈が長くなれば8個のものが定番でしょう。通常のものでもサイズ感としては問題ありませんが、近年ではショートタイプのpコートがメンズの中でも定番化してきています。それ以外にもポイントがありますので、ご紹介していきます。

pコートはジャストサイズか1ランクしたのサイズがベスト

引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/rockymonroe/y1/y4707-2.jpg
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20131013/19/j-fabled/a4/27/j/o0550073312714791881.jpg
pコートの場合、それ自体で防寒着として充分な温かさがあるので、メンズの場合はインナーは薄めに着こなすのが基本です。ですので、pコートを購入する際はサイズをジャストサイズか1ランク下のサイズを選ぶようにしましょう。インナーを着こなすことを前提に、大きめのサイズを購入してしまうと、上と下のバランスが崩れてしまい、アンバランスなコーデになってしまう場合があります。インナーは軽めに、pコートは着丈くらいのもので、サイズ感を間違えないようにしましょう。また、筋肉質なメンズの場合は1ランク上のサイズでも問題ないでしょう。

素材や色にこだわろう

引用: http://www.neqwsnet-japan.info/wp/wp-content/uploads/2015/11/9198855_B_05_500-250x300.jpg
pコートの定番の素材はメルトン生地という密度が濃いウール素材を使用しているものがほとんどです。生地の密度が濃いため、風を通しにくく、防寒着としての機能を高めています。このウール素材の中にナイロンなどが組みこまれているものと、100%ウールで作られているものでは風通しが全然違います。この違いの見分け方として、襟元の厚さを触れば分かると言われています。したがって、この点はしっかりと確認しておきましょう。色に関してですが、定番カラーではネイビー・キャメル・ブラック・グレーなどがやはり人気として高い評判を得ているほか、メンズのpコートランキングでも上位によくあるカラーです。定番ではありますが、攻めすぎないのも大人のメンズのオシャレと言えるでしょう。
引用: https://www.trefac.jp/img/img_db/3010004766595055/2017110718163105501.jpg
Ggsgurzj7ml4nrmi8u9w
引用: https://image.vector-park.jp/images/item/original2/114/2017/11/03/114-201711031133_1.jpg?t=20171103170132
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0310/users/5/8/3/6/a_n2_v-img750x750-1507759729y3vjn028970.jpg
引用: https://www.trefac.jp/img/img_db/3016003526376352/201701271437361.jpg
では実際のpコートのブランドをご紹介していきたいと思います。ランキング形式で発表していきますが、実際に優劣があるというわけではないので、コーデを参考にしながら皆様のオシャレの参考にしていただければと思います。名の知れた定番ブランドから実は有名だったブランドなど、たくさんのブランドとpコートをご紹介していきますので、ぜひご覧になってください。

関連記事

ランキング15位のブラックバレット・バイ・ニール・バレットのpコートからご紹介していきます。こちらの製品はウール素材ではなく、コーデュロイ生地の襟元がポイントとなっています。ウール素材ではないため、襟元の厚みがやや薄めですが、その分軽さがでており、綺麗なV字ラインが描かれています。ネクタイやシャツがより綺麗に見えるので、スタイリッシュに決めたい時のオススメコーデです。
引用: https://i0.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/58788c3605324-500x650.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/529/2790529/2790529_2_D_500.jpg
今では日本を代表するセレクトショップのUnited arrowsからのpコートです。生地の質もしっかりしており、ウール素材を100%使用している商品もあります。お値段も1~3万円代と比較的リーズナブルな価格で販売されており、メンズのpコートの中では比較的安価でコスパにあった定番のpコートです。ランキングでは14位ですが、非常に上質な作りなので、オススメな一品です。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/117/3823117/3823117B_14_D_215.jpg
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%81%8237.jpg

関連記事

カルバンクラインはアメリカ発のブランドであり、長い歴史を持つファッションブランドです。確固たる地位を築き、今では超有名なブランドにまで上り詰めています。ファッションの傾向としてスーツなどに合わせやすいスタイルになっていますが、カジュアルな商品もあります。着丈が少し長いものは、定番のpコートよりもファーマルな感じがでており、防寒としてもお腹周りを温めてくれます。
引用: https://i0.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/5878910a46c8c-500x618.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/296/5877296/5877296_10300_D_500.jpg
FIDELITYは海軍に製品を提供しているブランドで、アメリカでは人気のあるブランドです。上質なメルトン生地のウール素材を使用した製品が特徴で、着丈はやや長めのものが多いです。生地がしっかりとしているため、防寒着としては優れもので、インナーを薄くしても寒さをあまり感じません。ですので、スタイリッシュに決めたい時に定番になるのがFIDELITYです。
引用: https://image.t-fashion.jp/greenlabelrelaxing/images/goods/1610-32254992195/z-1610-32254992195_79-11.jpg
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%81%8234.jpg
SchottのpコートはアメリカのライダースJKT製造で有名となったブランドで、タイト目のショート丈が特徴的なpコートが多いのがこのブランドです。全体のフォルムをスマートに演出し、全体のシルエットをまとめたい時の定番の一品です。袖や肩、ポケットなどにパイピングが施されており、高級感のあるメンズ製品になっています。ウール素材にプラスしてナイロンが組み込まれていますが、裏地にポリエステルが100%なので、比較的風通しは防げます。
Sjttpwgarymg6nb9rkc3
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/waiper_schott-re-pp
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%81%8235.jpg

関連記事

ナイジェルケーボンのブランドは、イギリスと日本で展開しているブランドであり、デザイナーの名前がそのままブランド名に使用されています。このナイジェルケーボンはヴィンテージ物のコレクターでもあり、そのデザインが商品にも表れている場合があります。袖のレザーやベルトがそれをどことなく表現しており、ボタンも光沢のある素材を使用しているため、高級感溢れる製品です。カルバンクライン同様、ミリタリー要素が強いため、フォーマルなスーツにも合わせやすく、pコートのメンズブランドでも高い人気を博しています。
引用: https://i1.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/5880592a61adf.jpg
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/golden-state/cabinet/shohin16/t22101514m.jpg
マッキントッシュのブランドはイギリスで最もコートで有名なブランドであり、ビジネスマン向けの製品が多く作られている傾向にあります。マッキントッシュクロスという生地の間に天然ゴムを塗ったものを開発していらい、完全防水を成し遂げた生地を完成させています。また、素材はウールとカシミアが使用されており、温かさに軽量化が施されていて、動きやすいコートが実現しています。スーツを着ながら働くビジネスマンにオススメな一品です。
引用: http://www.bronline.jp/blog/guji/images/imgrc00617090661.jpg
引用: http://image.rakuten.co.jp/mb/cabinet/img253/gm-059f_l.jpg
知る人ぞ知る超有名なブランドのBEAMSからでているpコートは、メルトン生地が使われた定番のコートです。BEAMS自体は日本発祥のセレクトショップであり、今では日本全体に展開するブランドになりました。BEAMSのpコートはお値段がUnited arrowsと同じく1~3万円前後で購入できるリーズナブルな価格帯で長く使えるメンズのコーデでも定番のブランドになります。
引用: https://i2.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/5878887499b6f-500x667.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/044/3771044/3771044B_171_D_500.jpg
Paul Smithはイギリス発祥のブランドであり、コート以外にも財布やバックなど様々な商品を手掛けている有名なブランドです。このブランドのpコートは素材も本来のメルトン生地にウール素材を使用したものが多く、また、イタリアや日本の裁縫技術をしっかりと取り入れて作られているため、抜群の機能性を誇るpコートが数多くあります。モダンなデザインに高級感溢れるPaul Smithのpコートはメンズブランドの中でも憧れの定番ブランド間違いなしでしょう。
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%81%8236.jpg
Rz5ju8ssecc1wp7m3vca
引用: https://img.fril.jp/img/107775509/l/304401726.jpg?1509863614
MONCLERはフランス発祥のブランドでダウンジャケットなどのアウターをメインとした商品を多く取り扱っているブランドです。pコートのカラーバリエーションも豊富で比較的カジュアルなものが多いのが特徴です。コットン素材の生地を使用しているため、定番のpコートよりも軽く、ジャケット感覚で着ることができます。ウール素材の物は風を通さない分、羽織った時の重さ感がありますがMONCLERのpコートは手軽なアウターとして着れるため、ちょっとしたおでかけの時に便利です。メンズのpコートブランドでも高い人気を博しています。
引用: https://static-buyma-com.akamaized.net/imgdata/item/171014/0031860283/124242257/210.jpg
Jtlpwtnkwyk0xtjglafm
引用: https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/13946136.b577d511.13946137.d1158560/?me_id=1239401&item_id=10023251&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fm-sakazen%2Fcabinet%2Fip%2F13q1%2F2090103759.jpg%3F_ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fm-sakazen%2Fcabinet%2Fip%2F13q1%2F2090103759.jpg%3F_ex%3D240x240&s=240x240&t=picttext
世界的に有名なブランド、ラルフローレンのpコートはウール素材のメルトン生地を100%使用しており、上質な製品であり、体のラインに沿ったフィット感が抜群的です。生地の素材から着心地もよく1日着ていても疲れないのが、ラルフローレンのpコートです。スーツのアウターとしても合う他、防寒着としても充分な機能を果たしているためビジネスマンの方にもオススメです。お値段はも3万円前後で購入できるものもあるため、比較的リーズナブルな価格で上質なpコートを買うことができます。
引用: https://static-buyma-com.akamaized.net/imgdata/item/141031/0014634868/210_1.jpg
V3klri7hl2fi2cuqcic5
引用: https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/12e0825d.7e13d3d8.12e0825e.836c8250/?me_id=1247853&item_id=10003911&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fabjnuts%2Fcabinet%2F01226702%2F01423514%2F03813295%2F01014371.jpg%3F_ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fabjnuts%2Fcabinet%2F01226702%2F01423514%2F03813295%2F01014371.jpg%3F_ex%3D240x240&s=240x240&t=picttext
VANQUISHブランドは知る人ぞ知る有名ブランドであり、元々は渋谷の109やお兄さん系のファッションとして有名になりましたが、現在では世界に進出するほどのブランドまでになりました。生地はウールにナイロンを合成した素材で作られているため、防寒機能は多少は落ちますが着心地の良さやスタイリッシュさは他のブランドのpコートにも負けずと劣りません。リーズナブルな価格で購入できるところからメンズからの人気は高めです。
引用: https://monde.jp/blog/image/corde/2017.10.18/7.jpg
引用: https://image.rakuten.co.jp/ceno/cabinet/58/1101531081003-9501.jpg
2003年ころに日本の中目黒で始まったブランドであり、刺激のあるデザインが特徴的なブランドです。定番のpコートとは違い、カラーバリエーションも豊富でボタンの付け位置のデザイン性もオシャレにこだわった作りになっています。この刺激的なデザインが若者から注目を浴びており、今では20~30代のメンズたちから人気を博しています。ストリート系のスタイルを多く取り扱っており、他のブランドとは違った味のpコートが見つかるかと思います。
引用: https://monde.jp/blog/image/corde/2017.10.18/17.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/042/2583042/2583042_19_D_500.jpg
こちらもストリートファッションを日本で展開しているブランドです。とにかく価格が他のどのブランドよりもリーズナブルで平均で1万円未満でコートを購入することができます。通常であれば2万前後が平均のpコートの値段であり、物によれば5万超えするものもありますが、価格が安いので学生の方に絶大な人気を博しています。価格重視でpコートを選びたい方にはおススメブランドになります。それだけでなく、カラーデザインも豊富なので様々なバリエーションを集めたい時にもうってつけです。
引用: https://monde.jp/blog/image/corde/2017.10.18/9.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/976/25471976/25471976B_8_D_500.jpg
堂々の第1位はBURBERRYでした。こちらのブランドはイギリス発祥で1856年に設立されました。品質・価格全てにおいてpコートの中ではトップクラスであり定番ブランドとして君臨しています。プライベートでカジュアルに着こなすもよし、ビジネスシーンで着るもよしとまさに万能なブランドです。特徴として、ショート丈のものがやや多めではありますが、しっかりとした素材に着る人のフィット感は抜群でスタイリッシュに着こなしたい場合はBURBERRYがオススメです。また、BURBERRYというブランド名から高級感溢れること間違いなしなので、クールな大人の印象も与えることができるでしょう。
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%81%8238.jpg
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%81%8234.jpg
pコートのオススメコーデですが、まずはカジュアルスタイルからご紹介していきます。ロング丈のpコートにスキニーパンツを組み合わせるといった定番のコーデになります。全体のフォルムとしてはダークトーンで抑えていますが、白いスニーカーを採用することで足元にアクセントがつきます。スニーカーにするだけでカジュアル感がでますので、ラフに着こなしたい時のオススメスタイルです。インナーに差し色を加えるにも有りですが、モノトーン感をだしたいのであれば、白がいいでしょう。
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%81%8239.jpg
pコート自体はややロング丈気味のグレーのコートを採用し、インナーは柄物のニットを採用したスタイルです。また、中のニットに合わせて帽子もニットの物を採用したコーデになります。ニット帽をボルドー色にすることによりワンポイントアクセントとなっています。カジュアル且つ、遊び心が交じったコーディネートはスマート且つ柔らかい印象を与えやすいのでポイントは高めです。パンツはスキニーでも良いですが、1ランク大きめのサイズでも全体のフォルムは崩れないので、状況に応じて使い分けましょう。
引用: https://i1.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/587c37e0ed3ad-500x667.jpg
こちらは女子受けを狙ったコーディネートで、ポイントはネイビーのロング丈pコートにインナーを白いニットを採用しているところになります。定番のコーデですが、パンツに差し色としてベージュのパンツを組み合わせることにより、全体のバランスが良くなり、オシャレコーデとして申し分ないフォルムに仕上がっています。茶色のダークトーンの革靴もパンツと同系統の色合いなので、足を長く見せられるのもポイントの1つです。まさに大人のオシャレと言わんばかりのコーデです。
引用: https://i1.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/587c39e2d5c96-500x667.jpg
こちらも比較的女子受け狙いのコーディネートになります。キャメルのpコートは王道カラーですが、万人受けする色であり、pコートなら尚更と言えるでしょう。インナーに黒を組み合わせ、パンツと靴も黒にすることにより、よりpコートが目立つようなコーディネートになっています。チェック柄のパンツが全体のアクセントになっており、フォルムをスタイリッシュに見せてくれます。インナーにはボルドーのタートルネックでも合うでしょう。ダークトーンで落ち着いたファッションになりますので、女子受け間違いなしのコーディネートです。
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%81%8240.jpg
ここまでで様々なpコートのブランドをご紹介してきましたが、ブランドによってショート丈のものであったりロング丈のものが多かったりと、各ブランドに特徴があり、また、デザインもブランドによって違うため、どのようなコーディネートにしたいのか事前に考えてから選ぶのが良いでしょう。pコートのコーデもいくつかご紹介したので、コーデが決まっていないという方はご参考いただくと、自分が欲しいコートのイメージがわきやすいかと思います。価格などの問題もあるため、欲しいものの中で、自分に合ったコートが見つかるといいですね。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.vector-park.jp/images/item/original2/081/3017/09/05/081-301709050065_1.jpg?t=20170911150136