// FourM
Jwsldna5tos1jj8kwldl

生活家電

CATEGORY | 生活家電

【ドライヤー】コードがねじれてほどけない!収納方法・巻き方まとめ!

2018.05.31

髪を乾かしたりセットするために使うドライヤーですが、そのコードに注目してみましょう!ぐるぐるとコードがねじれていることに気付きませんか?今回はねじれやすいドライヤーのコードを、きれいに収納する方法についてご紹介していきます。

  1. ドライヤーのコードはねじれやすい
  2. ドライヤーのコード、ねじれたままは危険?
  3. 【ドライヤーのコード収納術】巻き方で工夫しよう!
  4. 【ドライヤーのコード収納術】巻かずに吊るしてみる
  5. 《まとめ》ドライヤーのコードはやさしく扱いましょう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/71/719d84c3097782b87ef9383d600c8ae6_t.jpeg
毎日使うドライヤーのコード、必要以上に注目する機会は少ないですが、たまにねじれてほどけなくなってしまうことはありませんか?早く使いたいのにも関わらずねじれが原因でほどけない・・・これではイライラもしてしまいますね。コードを無理に引っ張ったりするのは壊れる原因にもなるので、次から絡まないようにするためにドライヤーのコードがねじれない巻き方を実践していきましょう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ab/ab0a769450d54d3070870ca67ff7e601_t.jpeg
髪の長い女性は、ドライヤーを使用する時間も長くなるでしょう。手が疲れてしまうと反対の手に持ち替えたりするいことはありませんか?実はこのようにドライヤーの角度や向きを頻繁に変えるのも、コードがねじれてしまう原因です。ドライヤーを使い終わったあとはねじれていないか確認し、もしねじれが出来てしまったときは取り除いておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/24/24cc044ea8149bb4ba6ec73d466036f4_t.jpeg
もしドライヤーのコードのねじれが強く絡まりやすくなっている場合は、指で優しくコードをのばしていきましょう。のばしてもすぐに戻ってしまうこともありますが、無理にのばしたりせずに少しずつ作業していきます。それでも難しいときは余計なことをせず、それ以上ねじれが悪化しないように対策をしてください。
引用: http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/09/lfukuta_hairdryer_1.jpg
ドライヤーのコードのねじれ、面倒だからという理由でそのままにしていませんか?コードの中には配線が通っていますので、ねじれたままにしていると断線の恐れも・・・スイッチをつけて温風を出したらショートしてしまう可能性も考えられますし、いきなりスイッチが入らなくなってしまうのは避けたいですよね。突然のトラブルを予防するためにも、ねじれは早い段階で解消しておきましょう。
引用: http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/09/lfukuta_hairdryer_3.jpg
ドライヤーは電気で動くため、長時間使用しているとコードも熱をもってしまいます。熱で温かくなったコードは、柔らかくねじれのくせもつきやすくなります。つまりねじれ予防には使い終わったあとの巻き方が重要です。
引用: http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/09/lfukuta_hairdryer_2.jpg
よくドライヤー本体にコードを巻きつける方がいますが、これはコードがねじれる原因になります。コードにも強い負荷がかかってしまうので、今すぐやめましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/26/26a76cb062c62c2cf3dda094830e6349_t.jpeg
おすすめのコード収納術は、ゆるく束ねるという方法です。ゆるく束ねると、ほどけやすくコードが絡まってしまうのでは?と疑問に感じる方もいるでしょう。ですがコードの根元付近に余裕を持たせ、ゆるく束ねても取り出すときに注意すれば絡まることはありません。収納する場所も工夫して、コードが乱雑にならないようにケースに入れるといいでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/af/af601deafa07c08c1e4f3149ab71dfaf_t.jpeg
収納場所が限られていると、ドライヤーのコードも邪魔に感じるでしょう。だからといって無理に巻いたり束ねたりするのはおすすめできません。限られた空間で収納する際に役立つ、収納術をご紹介します!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f5/f5dc4745a4e848228333bbccc1c1a8a5_t.jpeg
巻き方を工夫するのも予防策になりますが、発想を転換してコードを束ねないという収納方法もあります。ドライヤー本体にはフックがついていますので、この部分を引っかけて吊るします。自然とコードは下に垂れ落ちることになりますので、床についてしまうときはコードの中間部分もひっかけておきましょう。これだけでコードが絡まる心配も無くなります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/03/031eb90fe2d97bcf969dba97ad857444_t.jpeg
コードの巻き方やドライヤーの収納術についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?いつも何気なくドライヤーの本体にコードを巻きつけている方も多いでしょう。ですが毎日使うものですから、安全に長く使い続けたいものですよね。ドライヤーを正しく使い続けるためにも、コードはねじれないように気をつけて使用しましょう。