Syodyaynvpkw7exfa2qn

健康

CATEGORY | 健康

甘酒って未成年でも買えるの?ノンアルコールのお酒と違うって本当?

2019.12.03

甘酒は原料によってはアルコールを含んでいることもあります。未成年でも甘酒を買うことはできるのか気になるという人もいるでしょう。そこで今回は、ノンアルコールのお酒と甘酒の違い、そして、甘酒は未成年でも買えるのかについて紹介していきます。

  1. 甘酒は種類によってはアルコールが入ってるって本当?
  2. 甘酒は未成年でも買える?ポイントを押さえて紹介!
  3. 甘酒は未成年でも買えるかのポイント①:甘酒とノンアルコールのお酒の違いって何?
  4. 甘酒は未成年でも買えるかのポイント②:結局、アルコールが入っている甘酒は未成年でも買える?
  5. 甘酒は未成年でも買えるかのポイント③:甘酒は未成年が飲んでも問題なし
  6. 甘酒は飲みすぎには注意しましょう
甘酒には大きく分けて2つ種類があります。それは、酒粕入りの甘酒と米麹から作った甘酒です。どちらも、それぞれ人気でお店やネットで販売されています。アルコール分が含まれているのは、酒粕入りの甘酒です。アルコールが含まれていると言っても、どれくらい含まれているか気になるという人もいるでしょう。
酒粕入りの甘酒に含まれるアルコールは、1パーセント未満に抑えてあります。そのため、仮に酒粕入りの甘酒を飲んだからと言ってアルコールがグルグルと体に回るということはほぼないです。そんなに少ないものなのかと安心した人もいるでしょう。
さて、ここで気になるのが未成年でも酒粕入りの甘酒を買うことができるかどうかです。アルコールが1%と言ったって甘酒という名前だし、一応お酒なのという疑問を持つ人もいるでしょう。どうなのかをはっきり知らずに、未成年に甘酒を買ってきてというのは怖いという人もいるはずです。
そこで今回は、未成年でも甘酒を買うことができるのかをポイントを押さえながら紹介します。気になるポイントがあれば、重点的にチェックしてみるといいでしょう。家族に未成年の方がいるという場合は、隈なくチェックしておくとトラブル防止にもつながります。
まず気になるのが、甘酒とノンアルコールのお酒との違いです。甘酒と言っても、先ほどお伝えした酒粕入りの甘酒に限定した話です。これは、先に結論を言うと甘酒とノンアルコールのお酒は分類としてはどちらも清涼飲料水に該当します。
ノンアルコールのお酒は20歳以上が飲むものということを大前提にした商品です。そのため、未成年が飲むのはあまりおすすめできません。一方で、酒粕入りの甘酒は一般的な清涼飲料水ということで販売されているので特に飲むことに関して問題はありません。どの年齢を対象に作られているかが大きな違いと言えるでしょう。
結局、酒粕入りの甘酒は未成年でも問題なく買えます。一方で、ノンアルコールのお酒は未成年は基本的に購入することができません。法的にはもちろん未成年がノンアルコールのお酒飲むことは問題ありません。しかし、ノンアルコールのお酒を飲むことで、本物のお酒に興味を持つきっかけになる可能性はあります。
大手スーパーの場合も、アルコール入りの甘酒は特に問題なく購入できます。しかし、ノンアルコールのお酒は年齢確認をされることがほとんどです。これはなかなか、気になるようでなかなか知る機会がないという人もいるでしょう。知識として覚えておくといいでしょう。
酒粕入りの甘酒は未成年が飲んでも法的に問題ないのと心配する人もいるでしょう。しかし、先ほども紹介したように酒粕入りの甘酒は未成年が飲んでも特に問題ありません。
もちろん、甘酒の飲み過ぎは体にもよくないのでやめた方がいいでしょう。ちなみに、1日の甘酒の適量は200mlです。これを超えない量であれば特に問題ありません。
いかがでしたでしょうか?今回は未成年は甘酒を買えるのかについて紹介しました。アルコール入りの甘酒があるということ自体、初めて知ったという人もいるでしょう。また、ノンアルコールのお酒についてプラスの知識を得ることができたという人がいれば幸いです。甘酒は適量を守りながら、美味しく飲むことが一番です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRASrPf5W_0vvrO5wI-thzaVPd5XWKwHq-gxFqbMzMxAhLQCkQNtg