Oruxbrwktjolxz4ei4ge

CATEGORY | 服

ワイドパンツはベージュがおすすめ!おすすめナチュラルコーデ15選!

2018.06.03

近年男女共に人気のワイドパンツですが、中でもベージュが人気となっています。若者から年配の人までベージュのワイドパンツを使ったナチュラルコーデが流行っています。今回は、おすすめのベージュワイドパンツコーデをご紹介しますので、参考にしてください。

  1. ワイドパンツが人気の理由は?
  2. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ①ボーダー
  3. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ②カラートップス
  4. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ③Tシャツ
  5. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ④シャツ
  6. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑤ビスチェ
  7. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑥花柄トップス
  8. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑦ジレ
  9. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑧ニット
  10. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑨カーディガン
  11. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑩ロングカーディガン
  12. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑪コート
  13. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑫ロングコート
  14. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑬ジャケット
  15. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑭デニムジャケット
  16. ベージュワイドパンツナチュラルコーデ⑮ライダースジャケット
  17. 【まとめ】お気に入りワイドパンツコーデでお出かけしよう!
スキニーやストレートパンツがまだまだ流行っていますが、ワイドパンツもとても人気となっています。ワイドパンツが人気の1番の理由は、体型を気にしなくて良いということでしょう。
スキニーやストレートパンツは体にフィットするタイプなので、体型を気にしている人にはなかなか挑戦できないアイテムでした。しかしワイドパンツなら体型カバーになりますので、幅広い人に人気となっています。
特にベージュカラーはどんなアイテムにも合わせやすく、1番人気となっています。ワイドパンツにも色々な形や素材もあるので、たくさんのコーデを楽しむことができます。
ベージュワイドパンツはボーダーとの相性が抜群です。ボーダーの太さは細いものの方が、スッキリして見えるのでおすすめです。
ワイドパンツとボーダーを合わせると太って見えてしまいそうですが、Tシャツやキャミソールなど体にフィットするタイプを選ぶようにすると、スタイル良く見えます。
春や秋など気温が変わりやすい季節には、薄手のアウターがあると便利です。デニムシャツやカーディガンなどを羽織るのもおしゃれです。
ベージュワイドパンツはシンプルなので、トップスに明るめのカラーを持ってくるコーデがおすすめです。季節に合わせてトップスを変えるだけで雰囲気も変わります。
これから夏に向けてもワイドパンツはおすすめです。生地が肌にはついていないので、裾から風が入り見た目よりも涼しいのがワイドパンツの特徴です。
ベージュのワイドパンツは、どんなカラーのトップスを持ってきてもナチュラルコーデになります。ヒールにもスニーカーにもあわせやすいので、色々なコーデが楽しめます。
ベージュワイドパンツを簡単にナチュラルコーデにするには、Tシャツがおすすめです。ベージュの濃さも色々ありますが、Tシャツをシンプルなものにすることで、ナチュラルコーデになります。
ワイドパンツとホワイトカラーTシャツの組み合わせが人気となっています。Tシャツはスポーツロゴのものが特に人気となっています。モノトーンで全体を揃えるとナチュラルコーデになります。
Tシャツの上にジャケットを合わせればスタイリッシュコーデにもなります。寒い時期には長袖のTシャツにロングコートを合わせてもおしゃれです。
ベージュワイドパンツは大人の女性にとても人気のアイテムです。より大人っぽいナチュラルコーデにしたい場合は、シャツを合わせるのがおすすめです。
ワイドパンツは脚長効果が期待できるアイテムです。シャツを合わせるの場合はパンツの中にしまうコーデにしましょう。腰の位置が高くなり、スタイル良く見えます。
ナチュラルコーデなら、小物もカゴバックなどを合わせるのをおすすめします。ホワイト系やブラウン系アイテムを取り入れると、よりナチュラルになります。
流行りのビスチェを取り入れたワイドパンツコーデは若者に人気があります。ワイドパンツのダボっとした感じにビスチェを合わせることにより、バランスの取れたナチュラルコーデになります。
ベージュのワイドパンツに合わせて、シンプルな色合いのものを選ぶと良いでしょう。同系色のベージュを合わせた上級者コーデもおすすめです。
ビスチェは少し恥ずかしいという人は、アウターにジャケットやコートを合わせると落ち着いたナチュラルコーデに仕上がります。
ベージュのワイドパンツには花柄もぴったりです。小花柄や刺繍の花柄で女性らしさが出ます。パンツの面積が多いため、花柄は小さいものでたくさんある方がまとまりが出ます。
花柄は1色でも、たくさんの色を使っていても、ナチュラルコーデにぴったりですのでおすすめです。大人ナチュラルを目指すなら落ち着いたカラーを選ぶと良いでしょう。
アウターにジャケットを合わせるとより大人っぽくなります。裾が大きく広がったタイプのワイドパンツなら、エレガントコーデにも使えるので、1枚持っていると重宝します。
ベージュのワイドパンツにジレを合わせることにより、ナチュラルとエレガントが合わさったコーデになります。短いジレなら若々しくなります。
おすすめなのはロング丈のジレです。なかなかコーデに取り入れるのは難しいアイテムですが、アウターにトレンチコートを合わせるようにジレを合わせてみてください。
ジレの前を開けIラインを作ることで、ワイドパンツの裾が強調されよりおしゃれになります。アウターにジャケットやコートを使う場合も長めの丈のものを選ぶと良いでしょう。
ワイドパンツにニットのトップスを合わせるとナチュラルで可愛らしいコーデを作ることができます。カラーニットでも、編み目のデザインが個性的なものでも、ニットならナチュラルコーデにぴったりです。
カラーニットなら1枚で十分ワイドパンツも引き立ちます。体にフィットするタイプでも良いですが、少しフワッとしたタイプを選ぶのもおしゃれです。
ニットで甘くなりすぎないように、アウターにデニムジャケットやライダースジャケットなどを合わせると良いでしょう。可愛らしくしたい場合は、ダッフルコートがおすすめです。
ワイドパンツはどんなコーデにも合わせやすく、カーディガンとの相性も良いです。インナーはTシャツでも、キャミソールでも、カーディガンを1枚羽織ることで印象が変わります。
ナチュラルコーデならベージュにホワイトかブラウン系がおすすめですが、アンサンブルなど統一感のあるアイテムなら、明るめのカラーでもまとまりのあるコーデが作れます。
ロングカーディガンとワイドパンツを合わせたコーデはとても人気があります。ワイドパンツのダボっとした感じを、ロングカーディガンで少し落ち着かせる効果があります。
ベージュのワイドパンツなので、柄物のロングカーディガンでもお互いを引き立ててくれるのでおすすめです。パンツのカラーが、オレンジやブラウンに近い場合はベージュのカーディガンでナチュラルコーデが作れます。
アウターもロングのものを選ぶと良いでしょう。ロングカーディガンが隠れるような長さのコートなどを選ぶと良いでしょう。
ベージュワイドパンツに合わせるアウターのコートは、丈の長さを選びません。ショート丈のコートでも、ミディアムでもロングでもおしゃれに決まります。
ナチュラルコーデなら白のコートがおすすめです。個性を出したいなら明るめのイエロー系を選ぶとベージュとの相性が良いでしょう。
ワイドパンツとロング丈のアイテムを合わせるコーデは、おしゃれな女性に人気となっています。ワイドパンツのダボっとした印象がロングコートにより和らぎます。
しかしコートを脱いだ時にトップスを体にフィットするものにしておくと、スタイルが良く見えます。また、ハイウエストのワイドパンツなら、脚長効果も高まるのでおすすめです。
ワイドパンツには丈が短いものもあります。丈の短いワイドパンツはカジュアルになりがちなので、アウターにジャケットを合わせると引き締まったナチュラルコーデになります。
ベージュのワイドパンツにモノトーンのジャケットを合わせ、インナーに明るいカラーでアクセントをつけると、おしゃれコーデになります。
ベージュのワイドパンツとデニムのアイテムを合わせるのは、定番コーデといえます。ベージュとデニムの相性も抜群で、デニムジャケットは取り入れやすいアイテムでとえも人気です。
デニムシャツや、ロングのデニムジャケットを合わせても良いでしょう。デニムはカジュアルになりがちななので、インナーや小物はシンプルなものにするとナチュラルコーデになります。
ベージュのワイドパンツは女性らしさが出ますが、ライダースジャケットを合わせてカッコ良く決めるのもおすすめです。
ライダースジャケットでもたくさんのカラーのものがあります。定番のブラックは落ち着いた雰囲気になります。ホワイトライダースジャケットならナチュラルに優しい感じも出ておすすめです。
季節や年齢も問わないワイドパンツは、1枚持っていれば色々なコーデが楽しめます。カラーや幅の広さ、丈など種類もたくさんあります。お気に入り1枚を見つけて、おしゃれコーデでお出かけしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://instagram.com/p/BjXKPZkhIJg/