X7dezygcqcl22myjmhzh

ファッション

CATEGORY | ファッション

ガウンとは何のことを言う?ローブやバスローブとの違いを解説!

2018.03.25

ガウンとバスローブ、この2つってどう違うのかな?部屋で着るならどっちでもいいのでは?と、その違いが曖昧なままでよく分かっていないという方もいらっしゃるかと思います。そこでここではガウンとローブ、バスローブの違いを解説します。

  1. ガウンとローブ、バスローブの違い
  2. ガウンとは?
  3. ローブとは?
  4. バスローブとは?
  5. ガウンとローブ、バスローブ、それぞれの違いをまとめて解説
ガウン、ローブ、バスローブ、日本的にはどれも「風呂上がりに着るもの」というイメージがありますが、調べてみるとどうやらそれだけではないようです。
Ukbbthfs2atkqigiopb7
ガウン、ローブ、バスローブ…そもそもそれぞれどういうものなのか?を解説していきましょう。
ガウンというと、部屋着に使われる、ウエスト部分を紐で縛るタイプの長い上着のことを指すように思われますが、一般的にはベルトや帯を締めない、長くゆったりとした外衣、上着のことをガウンと言います。
引用: http://ecx.images-amazon.com/images/I/51-zyTmUmzL.jpg
他にもウェディングドレスやフォーマルドレスのような、華奢で豪華なドレスや、大学教授、聖職者や裁判官など、特殊な職務の人が儀式の際に着用する長い衣装のことも、ガウンと呼ぶことがあります。
Zepjr6yrcm6a7pqew4qv
At4vwdyoyl5aahwl63tt
卒業式などで見るこれは「アカデミックガウン」と呼ばれています。
ラテン語のgunna(ゆったりとした衣装という意味)がガウンの語源です。
日本では、パジャマの上などに着る、着丈が長く、ウエストを紐で縛る部屋着が一番馴染みのある「ガウン」だと思いますが、
最近では、着丈が長く、前ボタンのないコートやカーディガンを「ガウンコート」「ガウンカーディガン」と呼ぶのをよく耳にするようになりました。
本来は部屋着、外着に関わらず、着丈の長い、ゆったりとした外衣、上着のことを「ガウン」と言います。

関連記事

ローブとは、英語では「長い緩やかな外衣」の意味で、ワンピース型のドレスのことを指します。また、裁判官などが着る法服もローブと呼ばれます。
18世紀フランス宮廷を中心にヨーロッパの社交界で着用されたローブドレス
Wyzrhtm0zkualvtujnlh
引用: https://static.minne.com/productimages/26769640/large/1b2bc608eb49c05605278e1b7b33c09324bbb3cd.jpeg?1481854390
ハリー・ポッターに出てくるこんな上着も「ローブ」
引用: https://collection.rubies.co.jp/upload/save_image/12201150_5a39d00402e49.jpg
フランス語では「ロブ」と発音し、ドレスや衣類などの広い意味となります。ワードローブの「ローブ」は「衣服」という意味のローブであるというと分かりやすいでしょう。
ローブもガウンと同様、部屋着、外着に関わらず、長い緩やかな外衣であれば「ローブ」ということになります。

ローブとガウンの違い

このように、ガウンもローブも「着丈が長くゆったりとした服」という意味を持っており、どちらも大きな意味の違いはないようです。
Zmlu7qsxnwadldfgfazp
バスローブとは、「bath」(風呂)「robe」(衣類)とその名の通り、入浴後に着るゆったりとした長い上着のことを言います。吸水性の良い、厚手のタオル地で出来ているというのが大きな特徴です。
着用方法は、入浴後、バスタオルで体を拭かずに濡れたまま着用し、バスローブで水分をとります。
引用: https://bed-hotel.com/bathrobe/waffle-bath-2.jpg
十分に体の水分が取れたら、バスローブを脱衣し、パジャマや部屋着に着替えます。その後、パジャマの上に羽織るのが「ガウン」という流れです。

バスローブとガウンの違い

このように、バスローブとはあくまでもバスタオルの代用品であり、そのまま部屋着として着用するものではありません。衣類としての機能は入浴後一時的なものということになります。
ガウンはパジャマなどの上に着る部屋着、バスローブはバスタオルの代用品ということになります。
Go0d5oajuuy6g2hnbylz
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/outlet-f/cabinet/kago/kago1/02110.jpg?_ex=250x250&s=2&r=1
ガウンもローブも、一般的には部屋着、外着に関係なく、「丈の長い、ゆったりとした外衣」を指すもので、ドレスや法服なども「ガウン」「ローブ」と呼ばれます。
しかし、日本ではガウン、ローブといえば「部屋で着るもの」というイメージがまだまだ強いようです。
最近ではガウンコート、ローブコート、ガウンカーディガンなどという名前のアウターも良く耳にするようになりましたが、「部屋着のガウンのようなデザインのアウター」であることがほとんどです。
Ius147afja5tdtoocxpy
引用: https://im.belluna.jp/belluna/ph/O/2823/1005712823/DLARGE.JPG
部屋着としてのガウンとは、パジャマの上に羽織る上着、似たようなデザインでもバスローブはお風呂上がりにタオルの代わりとして、一時的に着用するものなので、用途を間違えないようにしたいものですね。