H8yzotoesnf0jfrmaljs

パソコン

CATEGORY | カテゴリー

WiFiのアクセスポイントとは?基本をわかりやすく解説!

2018.06.20

自宅でスマホなどWiFi通信を使ってインターネットを楽しみたいとき、アクセスポイントというものを設置しなければなりません。「アクセスポイント」とはいったい何なのでしょうか?今回は、WiFiに不可欠なアクセスポイントやルーター、アクセスポイント設定を解説します。

目次

  1. WiFiのアクセスポイントとは?
  2. アクセスポイントの種類
  3. アクセスポイントを利用できる機器
  4. アクセスポイントの設定方法
  5. まとめ
Lk8bo3krbyuyyf6ljum8

アクセスポイントとは、スマホやPC、家庭用テレビゲーム機や携帯ゲーム機のような無線機能付き機器を接続する無線機のこと。アクセスポイントに接続することで、その無線子機はWiFiを使ってインターネット接続できます。

WiFi通信に必要不可欠なのがアクセスポイントです。もしあなたが自宅でインターネットを使いたいなら、何らかの方法で自宅にアクセスポイントを接地する必要があります。

Hboojaswjtqmtvamvqin

アクセスポイントとなるものには様々な種類があります。利用する場所やタイプによって3種類に分けました。まずはそれらを紹介します。

自宅のWiFiアクセスポイント

T6kshnoquhzruzgithdd

各家庭でWiFi通信を使ってインターネットを楽しむ際に使われるアクセスポイントです。WiFiルーターのアクセスポイント機能を用いて無線LAN親機とするのが一般的です。ルーターは、光回線などの外部のネットワークとの接続を助けてくれる機械です。WiFi通信によって子機とルーターを接続し、ルーターが外部インターネットと接続してくれます。

公共のWiFiアクセスポイント

Cwvdoxa3mvevkhbfm5ej

公共の場や人の多く集まる場所に接地されていることがあるアクセスポイントです。利用には登録が必要なものが一般的ですが、登録不要なアクセスポイントもあります。外出先で利用することが出来、モバイルデータ通信の使用量を節約するためによく使われるアクセスポイントです。

携帯できるWiFiアクセスポイント

L9jvgbdfhhw4qqjfmqo0

ポケットに入れて持ち運べるサイズで、外出先に持ち込んで使うタイプのアクセスポイントです。ポケットWiFiやWiMAX、スマホのテザリング機能などがこれに当てはまります。公共のWiFiアクセスポイントがない場所でインターネットを使いたいときに重宝します。WiFi通信で子機と接続し、4G/LTEといった携帯電話用の電波と接続します。

1/3