2018年06月20日 UPDATE

WiFiのアクセスポイントとは?基本をわかりやすく解説!

自宅でスマホなどWiFi通信を使ってインターネットを楽しみたいとき、アクセスポイントというものを設置しなければなりません。「アクセスポイント」とはいったい何なのでしょうか?今回は、WiFiに不可欠なアクセスポイントやルーター、アクセスポイント設定を解説します。

目次

  1. WiFiのアクセスポイントとは?
  2. アクセスポイントの種類
  3. アクセスポイントを利用できる機器
  4. アクセスポイントの設定方法
  5. まとめ

WiFiのアクセスポイントとは?

Lk8bo3krbyuyyf6ljum8
アクセスポイントとは、スマホやPC、家庭用テレビゲーム機や携帯ゲーム機のような無線機能付き機器を接続する無線機のこと。アクセスポイントに接続することで、その無線子機はWiFiを使ってインターネット接続できます。
WiFi通信に必要不可欠なのがアクセスポイントです。もしあなたが自宅でインターネットを使いたいなら、何らかの方法で自宅にアクセスポイントを接地する必要があります。

アクセスポイントの種類

Hboojaswjtqmtvamvqin
アクセスポイントとなるものには様々な種類があります。利用する場所やタイプによって3種類に分けました。まずはそれらを紹介します。

自宅のWiFiアクセスポイント

T6kshnoquhzruzgithdd
各家庭でWiFi通信を使ってインターネットを楽しむ際に使われるアクセスポイントです。WiFiルーターのアクセスポイント機能を用いて無線LAN親機とするのが一般的です。ルーターは、光回線などの外部のネットワークとの接続を助けてくれる機械です。WiFi通信によって子機とルーターを接続し、ルーターが外部インターネットと接続してくれます。

公共のWiFiアクセスポイント

Cwvdoxa3mvevkhbfm5ej
公共の場や人の多く集まる場所に接地されていることがあるアクセスポイントです。利用には登録が必要なものが一般的ですが、登録不要なアクセスポイントもあります。外出先で利用することが出来、モバイルデータ通信の使用量を節約するためによく使われるアクセスポイントです。

携帯できるWiFiアクセスポイント

L9jvgbdfhhw4qqjfmqo0
ポケットに入れて持ち運べるサイズで、外出先に持ち込んで使うタイプのアクセスポイントです。ポケットWiFiやWiMAX、スマホのテザリング機能などがこれに当てはまります。公共のWiFiアクセスポイントがない場所でインターネットを使いたいときに重宝します。WiFi通信で子機と接続し、4G/LTEといった携帯電話用の電波と接続します。

アクセスポイントを利用できる機器

Riqqevdlp1c41hyjdd4d
無線LAN機能を備えている機器は、アクセスポイントに接続できます。具体的には、スマホ、PC、、タブレット、携帯用音楽プレイヤー、3DS、PSVita、Switch、PS4などはアクセスポイントに接続できます。
その他にも、プリンターをアクセスポイントに接続することで、家庭内のPCやスマホから操作して印刷することも出来ます。また、ビデオカメラやデジタルカメラを接続することで、撮影した写真や映像を家庭のPCやスマホに共有することも出来ます。
さらには、テレビで放送されている映像を別室のPCやスマホで見るということも出来ます。このように、インターネットを使うということ以外にもアクセスポイントを活用して生活を豊かにすることが出来ます。

アクセスポイントの設定方法

無線子機をアクセスポイントと接続するには設定が必要です。それぞれの機器の取扱説明書をご確認ください。ここでは、iPhoneなどのiOS機器をアクセスポイントと接続する設定方法を説明します。
Zyn5r0uagqqdzirdl3he
まず、設定アプリからWi-Fiを選択します。
Rptaqbujuihomggqtr47
「ネットワークを選択」の欄には接続できるアクセスポイント名が表示されます。接続したいアクセスポイント名を選択します。
Nqqbv3gioi0icjjtm5pe
それぞれのアクセスポイントに割り振られているパスワードを入力し「接続」をタップします。アクセスポイントのパスワードはルーター本体に記載されているか、付属のカードなどに記載されていることが多いです。

まとめ

Bimo9otvksl8jcg6hys9
いかがでしたか?アクセスポイントについて詳しくなれたのではないでしょうか。インターネット以外にも活用法があること、アクセスポイントに接続する方法を理解していただけたかと思います。より生活を豊かにする手助けが出来たのであれば幸いです。