Qfsqlsaaqtofnuhffjqx

住宅

CATEGORY | 住宅

ホテル住まいのすすめ!必要なものとポイント・メリットを紹介!

2018.06.07

ホテル住まい、憧れたことはないですか?イメージとして高級なきらびやか空間が浮かび、とても無理と諦めがちですが、現実としてちゃんと手の届くホテルが存在します。究極の断捨離にもつながるメリットあるホテル住まいは、あなたの自由なライフスタイルを広げますよ。

  1. ホテル住まいで費用削減のメリット!?有名人もやっている年間契約住まいも!:【その①】1ヶ月〜中長期も可能、憧れのホテルライフ
  2. ホテル住まいで費用削減のメリット!?有名人もやっている年間契約住まいも!:【その②】宿泊費用分に生活雑費も含まれる
  3. ホテル住まいで費用削減のメリット!?有名人もやっている年間契約住まいも!:【その③】セキュリティがとにかく安心
  4. ホテル住まいで費用削減のメリット!?有名人もやっている年間契約住まいも!:【その④】細々したデメリットも
  5. ホテル住まいで費用削減のメリット!?有名人もやっている年間契約住まいも!:【まとめ】
H9pr5wlcwnfih3lytq92
引用: https://www.pinterest.fr/
ホテルやサービスアパートメントで、1ヶ月から中長期単位で暮らすライフスタイルの考え方がじわじわと、マチュア世代の間に浸透してきています。ずっと同じ場所に住むのも素敵ですが、たとえば季節によって住まいを変える暮らしも悪くはありません。家具がついた部屋に、トランクひとつで出かけて行くのです。少し落ち着きたいならば1~2年ほどからの年間契約ができるホテルもありますし、または気が変われば別の気に入った立地のホテルへ移動、ということもできます。
Tkyomcfkdfylbke099dv
引用: https://www.pinterest.fr/
メリットはこのようにフットワークが軽くなること。毎日ホテル暮らしなんて贅沢すぎるし、自分の家がないというのも疲れるのでは?と思うかもしれません。経済的余裕がある有名人しかできないかというと、そんなことはないのです。そういうひとほど、持ちものは非常にシンプル。トランク幾つか分だけで、気分によってホテルを変えて住んでいます。断捨離上手、とも言いかえることができるのです。
Fqii8rjhidmbhf29r5jo
引用: https://www.pinterest.fr/
Fbkqvrjjjotuoxtvmsz1
引用: https://www.pinterest.fr/
筆者が住むパリでも、実は結構ホテル住まいの人がいるのです。年配の1人暮らしの方など、そう高くはないホテルに住まっているケースが多いのです。また若い人でも出張が多く飛び回るような方。メリットはと聞くと、賃貸のための余計な書類手続きもなく、光熱費にネット通信費、水道費も宿泊代に含まれる上に、掃除など家に住んでいたら自分がするべきことを全てキーピングのスタッフがやってくれるので煩いがないというところ。
Pepzgzl9n7t9wcprhhbs
引用: https://www.pinterest.fr/
考えようによって、そして選ぶホテルによっては、普通に部屋を借りるのと出費がほぼ同じか、もしくは安くなるケースもあるのです。
U9rygshsj5p1s0yruqqz
引用: https://www.pinterest.fr/
Likwpcqagzwhibmjcupx
引用: https://www.pinterest.fr/
女性の1人暮らしならばなおのこと、不審者が住んでいる近辺に出没したというニュースが出れば、夜帰宅することが怖いこともあるでしょう。泥棒や空き巣も女性の1人暮らしをリサーチするケースが多いと聞きます。その点、ホテルならば24時間スタッフが常駐しており、ホテル内あちらこちらに防犯カメラもつけられていますし、ほぼ事件を防ぐことができます。
B74pqzkecjofyd4xou2z
引用: https://www.pinterest.fr/
深夜の帰宅でも、自宅マンションである場合はさすがにひと気がなく暗くなってしまいますよね。ホテルはこうこうと灯りがともされていますし、ひと気が絶えることはありません。気分が落ち込みがちな際でも暗い自宅へ帰るより、そのような状況が整ったホテルへ帰る方がホッとするのではないでしょうか。
Ershl92sdjh4ld0n77jf
引用: https://www.pinterest.fr/
ほぼ自由でいられることがかなうホテル住まいですが、細かいデメリットも存在します。まず洗濯ですが、ランドリーサービスがあっても、いつでも好きな時に洗えるということはできません。下着などはサービスにも出しづらいですし、手洗いということになります。
M3ybuwmfpyb830nfr5yu
引用: https://www.pinterest.fr/
いくら断捨離を極限までしても、収納スペースに限りがあるのでトランク数個で収まればいいですが、捨てきれないそうでないもの、さらに簡単に持ち運びができないものは貸し倉庫的なストレージサービスを利用することになります。例えば趣味のスキー用具やゴルフ用品などは、必要な際に取りに行く面倒が発生する、ということです。
少々のデメリットがあってもやはりホテル住まいは魅惑的。究極の断捨離は自由を得られる、ということの象徴ですよね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pinterest.fr/