Ul4gdaymcfi0kcfqknfv

DIY・ハウツー

CATEGORY | DIY・ハウツー

キャンプのゴミ箱をおしゃれに自作100均DIY!【ダイソー・セリア】

2019.12.05

キャンプを楽しむときに最も大事なことの一つはゴミを散らかさないことです。そのためには、自作のゴミ箱を用意しておくと便利です。今回はキャンプ場で使えるおしゃれな自作ゴミ箱を紹介していきます。ゴミ箱もおしゃれなら思わず使いたくなりますよ。

  1. キャンプではゴミを遺さないことは最も重要です
  2. キャンプ場で使えるおしゃれなゴミ箱を自作してみよう!
  3. 世界にひとつだけのオリジナルの自作ゴミ箱を作ってみましょう
  4. キャンプ用ゴミ箱の自作は市販品のアレンジがおすすめです
  5. キャンプ用ゴミ箱の材料はダイソーやセリアがおすすめです
  6. 100均でもおしゃれな材料は充実しています
  7. キャンプ用のゴミ箱は折りたたみがおすすめです
  8. おしゃれなキャンプ用ゴミ箱を自作DIYする方法は?
  9. おしゃれなキャンプ用ゴミ箱の自作方法① マスキングテープを貼る
  10. おしゃれなキャンプ用ゴミ箱の自作方法② ダンボールの中にゴミ箱を収納する
  11. おしゃれなキャンプ用ゴミ箱の自作方法③ ランチョンマットを貼る
  12. おしゃれなキャンプ用ゴミ箱の自作方法④ すのこで一から自作する
  13. おしゃれなキャンプ用ゴミ箱の自作方法⑤ 塗装してシールを貼る
  14. キャンプに行かれるなら自作のゴミ箱を持って行きましょう
キャンプ場を利用するときのマナーの一つに、ゴミを散らかさないことがあります。「来たときよりも美しく」、キャンプ場を気持ちよく使い続けていくために、キャンパーたちが守らなければならない相言葉です。もちろんキャンプ場にゴミ箱が設置されていることもありますが、ときには利用者がゴミを持って帰るときもあります。そんなときには、ゴミ箱を用意しておくと非常に便利です。
また、ゴミが出るたびに、ゴミ捨て場に行くのも面倒ですよね。かといって何もない場所にまとめておくと、風で飛んで行ってしまうこともあります。そのため、自分でゴミ箱を用意しておくと非常に楽になります。市販のゴミ箱ももちろんありますが、アウトドア好きならDIYで作ってみるというのもアリですよね。
市販のゴミ箱を購入するのではなく、DIYで自作してみるのを考えている方は、ぜひチャレンジしてみましょう。ダイソーやセリアなどで材料を購入すれば、誰でも簡単にゴミ箱を自作することができます。中には、折りたたみでコンパクトにするものまで作ることができるので、荷物にもなりません。おしゃれなゴミ箱があると気分も乗ってきますよ。
DIYって敷居が高いなと思っているかもしれませんが、コツさえ掴んでしまえばだれでもできることです。ゴミ箱自体はそこまで作るのが難しいものではないので、キャンプをよくされる方は、ぜひ自作してみた方がいいでしょう。世界にひとつだけのゴミ箱を持っていると、なんだか楽しくなってきますし、作りがいもありますよ。 
1からゴミ箱を作るというのは、それでもかなり難しいでしょう。そこでおすすめなのが、市販されているゴミ箱にアレンジを加えるというDIY方法です。これなら、自作のゴミ箱だと心配な強度の面でも安心ですし、型はあらかじめできているので、そんなに労力も必要ありません。また、自分好みのオリジナルのゴミ箱を作ることができます。
キャンプ用のゴミ箱を自作するときに、気になるのは材料ですよね。市販のゴミ箱を使用するとなると、ゴミ箱代に加えて、材料費もかかることになるので、それなりにお金がかかってしまいます。そこでおすすめなのが、ダイソーやセリアといった100均ショップです。ダイソーやセリアなどで材料を購入すれば、ゴミ箱代+1000円ほどで自作ゴミ箱を作ることができます。
ダイソーやセリアで材料を購入すると、デザイン性が悪く、おしゃれなものが造れないんじゃないのと思ってしまうかもしれませんが、ダイソーやセリアなどの100均でもおしゃれな材料は揃っています。また、材料一つ一つが安いので、色々な種類のデザインを試しながら、自作することができますよ。なので、材料を購入するなら、ダイソーやセリアがおすすめです。
キャンプのときに使うゴミ箱のおすすめとしては、折りたたみの形式である方がいいでしょう。理由としては、荷物として運ぶときに、折りたたみの方が収納に便利です。なので、DIYでゴミ箱を作るときには、まず折りたたみのゴミ箱をそろえておきましょう。

ロゴスのダストボックスがおすすめ

ロゴス 洗えてたためるダストBOX 88230200
価格 ¥ 9,720
こちらのロゴスで販売されている折りたたみのゴミ箱は、折りたたみで小さく収納できることはもちろんのこと、口が3種類に分かれているので、分別してゴミを捨てることができます。それぞれのゴミ箱に袋を付けることもできるので、衛生面も安心。防水性も高いので、アウトドアにももってこいです。

ニトリのゴミ袋スタンドもおすすめ

ニトリで販売されている「分別ごみ袋スタンド」もおすすめの商品です。スタンドにゴミ袋を吊るすことができるので、分別も簡単です。また、折りたたみで、収納にも役に立ちます。シンプルなデザインなので、DIYでアレンジしやすいのも利点ですね。
ここからは、キャンプで使えるおしゃれな自作DIYゴミ箱の作り方を紹介してきます。これまで紹介してきたような市販のゴミ箱にアレンジを加えることによって、自分だけのおしゃれなゴミ箱を作ることができます。キャンプ前の準備で、思い切ってチャレンジしてみて欲しですね。
まずは、一番簡単なDIYです。100均で打っているようなマスキングテープを貼ることによって、見た目を一新することができます。どのような配置で、どのようなマスキングテープを貼るかが、デザインのポイントになりますので、作り手のセンス次第で、とてもおしゃれなゴミ箱をつくることができますよ。
100均などを利用した自作ゴミ箱作りの2つ目の方法は、段ボールを利用したものです。市販の場実箱を段ボールの中に収納して、そのままゴミ箱として使ってしまうというもので、フタなどがついていれば、そのまま使うことができますし、ダンボールによってはおしゃれな見た目をしているものもあるので、誰でも簡単に作ることができますよ。
マスキングテープでは、物足りないという人であれば、このようなランチョンマットを貼るという方法もおすすめです。ランチョンマットの方がデザイン性が高いものが多く、質感もいい感じなので、DIYにもってこいですよね。ランチョンマット一つで、ゴミ箱をクールにもキュートにもできるので、ぜひ使ってみて欲しいですね。
これまでは市販のゴミ箱にアレンジを加えるという比較的楽な方法を紹介してきましたが、こちらは100均で購入できるようなすのこをしようして、一からゴミ箱を作ってみるというものです。100均のすのこを使えば、とりあえず材料費を抑えることができます。作り方についても、すのこをばらして、接着剤でくっつけていくだけですので、非常に簡単ですよ。ちょっとDIYを本格的にやってみたいなと思ったら、こちらの方法がおすすめですね。
もともと市販されているゴミ箱に、ダイソーやセリアなどに売っている塗料を塗っていくという方法です。完全に自分好みのデザインにすることができるので、センスのある方はぜひ挑戦してみて欲しいですね。また、塗装をした後に、上からシールなどを貼ることによって、またデザイン性に優れたゴミ箱にすることができますよ。
キャンプ場をキレイに利用し続けていくために必要なゴミ箱ですが、今回ご紹介したように、誰でも簡単に自作することができるということがわかりました。材料も100均で購入できるものばかりですので、いいですよね。今度キャンプに行く予定がある方は、ぜひゴミ箱を自作して持って行ってみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BbqPQXcj4QJ/?hl=ja&tagged=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B4%E3%83%9F%E7%AE%B1