Sgmu9ujos9hm1lks3t3v

家事

CATEGORY | 家事

【乾燥機】時間の目安はどのくらい?平均・標準時間をご紹介!

2019.12.06

乾燥機は洗濯した後に干す手間が省けるので大変便利ですよね。しかし乾燥機によってどのくらいの時間がかかるかはかなり異なります。この記事では、乾燥機はどのくらいの時間で乾かすことができるか、平均でかかる時間などについてご紹介します。

  1. 家庭用乾燥機で洗濯物を乾かすのに必要な平均・標準時間はどのくらい?
  2. 家庭用乾燥機で乾かしたときの平均的な料金はどのくらい?
  3. 家庭用乾燥機で乾燥時間を短縮するためには?
  4. 乾燥時間が短い家庭用乾燥機はどんなものがある?
  5. 家庭用乾燥機で乾燥時間が思ったより長くなってしまうのはどうして?
  6. 家庭用乾燥機で乾燥時間を指定することはできる?
  7. コインランドリーの乾燥時間の目安はどれくらい?
  8. コインランドリーの乾燥機の料金の標準平均はどれくらい?
  9. コインランドリーの乾燥機を使うメリットは?
  10. コインランドリーで乾燥時間を指定することはできる?
  11. まとめ
家庭用乾燥機で洗濯物を乾かすのにはどれくらいの時間が必要なのか、乾燥機を購入する前にあらかじめ知りたいですよね。家庭用の乾燥機では、洗濯物を乾かすのに必要な平均時間目安は、だいたい6kgで2~3時間と言われています。また、毛布や布団など、大型のものだと、6kgで5~6時間ほどだと言われています。
家庭用乾燥機は電気を使って乾かしているため、コインランドリーなどガスを使って乾かすタイプよりも、時間がかかってしまうのが難点です。しかし最近は早く乾く商品も出ていますので、色々比べてみるのが良いでしょう。
家庭用乾燥機で乾かす時にどのくらいの料金がかかっているかについてもご紹介します。
家庭用乾燥機を一時間使った時にかかる料金の目安は、だいたい30円ほどと言われています。3時間ほど使うと70~90円となります。もし毎日3時間ずつ使っていたら、月に2500円前後の出費となりますね。
しかし、最近のヒートポンプ乾燥は、省エネである場合が多いので、一回選択する際に、10~20円ほど安くなる傾向があります。コインランドリーの方が時間が短く、多く洗えるので、経済的に見えますが、長い目で見れば家庭用乾燥機の方が割安となっています。
経済的な家庭用乾燥機ですが、乾かすのに時間がかかるのは少し難点ですよね。しかし、少し工夫するだけで、家庭用乾燥機でも乾燥時間を短縮することができるのです。ここでは、家庭用乾燥機で乾燥させることができる方法をいくつかご紹介します。

乾燥したタオルを乾燥機に入れる

家庭用乾燥機を使って、洗濯物を早く乾燥させる方法の一つ目としては、乾燥したバスタオルを入れるという方法があります。
タオルの水分の吸収力は大きく、またバスタオルはサイズも大きいため、水分が分散してより早く乾燥させることができます。乾燥機の種類にもよりますが、これだけで、30分は乾燥にかかる時間を短縮することができるようです。最も簡単で、効果的な方法ですね。

乾燥機に入れる洗濯物を少なくする

当然といえば当然ですが、乾燥時間を短縮するためには、乾燥機に入れる洗濯物の量を減らすことも大切です。一度に入れる洗濯物の量が多すぎると、時間がかかってしまい、洗濯物も十分に乾きません。
また、乾燥機に洗濯物をあまりにも入れすぎると、故障の原因となってしまいます。乾燥機に入れる洗濯物は、基準のラインを超えないようにし、できれば少なめに入れましょう。
基準は、多くても全容量の80パーセントくらいが良いでしょう。できれば50パーセントほどの量が望ましいです。

厚手のものと薄手のものを分ける

どうしても洗濯するものが多い場合は、厚手のものと薄手のものを分けるだけでも違います。薄手のものは時間が短くてもすぐ乾きますし、厚手のものは量を減らせば乾燥に時間がかかりすぎることもありません。
家庭用乾燥機には様々な種類があり、どれを使えばいいか迷いますよね。乾燥時間が短い家庭用乾燥機の特徴をいくつかご紹介します。

ドラム式家庭用乾燥機

洗濯機なら、縦型のものが人気ですが、乾燥機はドラム式のものが、最も乾きやすく、人気が高いです。
ドラム式乾燥機は、省エネ機能が高く、時間も節約されます。また、最近は、洗濯と乾燥が一緒になっているものも多いので、一度に乾燥まで済ませることができるのも嬉しいですよね。
家庭用乾燥機を使った際に、乾燥時間が思ったより長くなってしまうことがあると思います。
これは、室温が異常に高すぎると起こります。室温が高すぎると、動作保証温度が高くなりすぎてしまい、乾燥機が機能しなくなってしまいます。部屋の温度調整をして、乾燥機が正常に作動するようにしましょう。
家庭用乾燥機も、乾燥時間を指定することができます。一般的には、しっかりと洗濯物が乾燥するまで、目安時間より延長して乾燥機は動き続けますが、乾燥時間を指定することで、たとえ完全に乾燥していなくても終わらせることができます。
乾燥機で伸びやすい服は、乾燥機にかけすぎると傷んでしまうため、最後はハンガーにかけて自然乾燥させるのが良いでしょう。
コインランドリーの乾燥時間の目安は30分から1時間ほどです。洗濯するものや、一度に乾燥機に入れる量によって違うので、あくまでも平均的な目安としてご紹介します。
薄着の衣類なら、20~30分ほど、厚手なら30~50分ほどで乾燥させることができます。また、毛布一枚なら30分ほどで乾燥させられます。あくまでも標準的な目安ですが、家庭用乾燥機に比べたら早い方ではないでしょうか。
コインランドリーで乾燥機を使う際の、平均的な料金の目安はどうでしょう。コインランドリーにかかる料金の目安は、14キロタイプなら10分で100円、28キロタイプなら、8分で100円となっています。場所によって異なりますが、一般的にはこの時間と料金が目安となります。
一度乾燥機を使うことでかかる料金は、500円くらいが平均です。どのくらいの量を洗濯するかにもよりますが、乾燥機に少し余裕があるくらいの量を入れるようにしましょう。

コインランドリーの乾燥機は短時間で乾かすことができる

引用: http://img01.hamazo.tv/usr/l/a/u/laundromatcotton/P1220404k2k_2.JPG
コインランドリーの乾燥機は、家庭用乾燥機よりも乾燥時間が少し短いと言えます。標準的な乾燥機であれば、一度に使うことでかかる料金は高額ではないので、急いでいる場合にはかなり有用です。

ふんわりとした仕上がりになる

コインランドリーの乾燥機を使うと、かなりふんわりとした仕上がりになります。家庭用乾燥機よりも短時間で高温で乾燥させるため、仕上がりがよくなるのが特徴です。どのくらいの時間をかけて乾かすかは、指定することができるので、標準温度で、短時間の設定にすると良いでしょう。

ダニを駆除してくれる

温度が家庭用乾燥機よりも高く、乾燥機能も標準的な家庭乾燥機よりも高いため、ダニがかなり駆除されます。特にジメジメする梅雨などの季節は、ダニが繁殖してしまうため、ダニを駆除する必要がありますよね。コインランドリーならダニの駆除にももってこいです。
コインランドリーでは、10分ごとの使用料金がどのくらいか、あらかじめ指定されていることが多いので、乾燥時間を指定することができます。乾燥しすぎると、パサパサになってしまうことが多いので、まずは30分ほど乾燥させ、一度様子を見てから追加で數十分ほど乾燥させることが大切でしょう。
いかがでしたでしょうか。この記事では、コインランドリーや家庭用乾燥機での、乾燥にかかる平均時間やかかる平均費用についてご紹介しました。どのくらいの時間で乾燥させることができるかは、それぞれの乾燥機次第ですが、標準的な時間や料金を知っておけば、コスパよく洗濯ができますよね。是非とも日々の生活に役立ててください。最後までお読みいただきありがとうございました。