Aznmyjjlpen4gaspvr1m

健康

CATEGORY | カテゴリー

酒にもアレルギーが?知っておきたいアルコールアレルギー!

2018.06.18

アルコールを摂取したことで体の具合が悪くなったことがありますか?皮膚の異常や喘息の状態になった場合はアルコールアレルギーを起こしている事が考えられるそうです。そこで飲酒やお酒の成分の入った物によるアレルギー症状と原因、対策を調べてみました。

目次

  1. 1.お酒とアレルギーの関係
  2. 2.お酒によるアレルギーの症状の喘息とカブレ
  3. 3.アルコールアレルギーが起きる原因
  4. 4.お酒を飲んだ後の様子で判断できる
  5. 5.アルコールアレルギー検査
  6. 6.お酒との付き合い方
  7. 7.【まとめ】ご自分の体質とアルコールとの付き合い方を知っておくことが大切
St827xfeevpbskf1vdej
引用: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

アルコールの入った飲み物でアレルギーの症状が起きやすいのがアルコール喘息です。これはアルコールの入ったの飲み物を飲むと喘息が誘発されるという病気です。それを引き起こす遺伝子もわかっています。これはアルコールを分解する酵素を誘導する遺伝子の欠損のため起こる症状です。

アルコールと喘息の関係はアルコールを分解するアルデヒドデハイドロゲナーゼという酵素が不足している場合にアルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドという物質が体内で増加します。その薬理作用により喘息発作が出ることが知られています。日本人に多く、それらの人々の約半数にこのアルデヒドデハイドロゲナーゼ遺伝子が変異しているためにアルコールが完全に分解できないことが確認されています。 またこれらの遺伝子の変異は先天性の場合とある年齢から突然起こる場合があります。(出典:用賀アレルギークリニックHPより日本アレルギー学会 アレルギー疾患 診断・治療ガイドライン 2010年 20ページ)

アルコールアレルギーの症状でよく見られるのは喘息と皮膚のかぶれになります。皮膚のかぶれは注射をするときなどにアルコール綿で消毒をしますが、その部分が赤く腫れてしう症状です。また化粧品に日本酒やアルコール成分が含まれている物があり、その化粧品を塗った部分が赤く腫れたりかゆみが起こる症状です。この症状をアルコールかぶれと言います。

また他の症状としては頭痛・めまい・脱力感・鼻詰まり・鼻水・皮膚の発疹・かゆみなどの症状もあります。

Hez6c7idutandaiss5v3
引用: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja
Kene8xlodh9ayhkbbsvv
引用: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja
1/4

続きを読む