Ncldzwpgcq8wwmnumpib

グルメ

CATEGORY | グルメ

スタバのカップを大きさ別に比較!量や料金から見たおすすめは?

2019.12.06

スタバのカップの大きさは「Sサイズ」「Mサイズ」のような一般的な表記ではありません。今回はスタバの独自の大きさの呼び方や、それぞれのカップの量・料金を紹介していきます。それらと一緒に、シチュエーション別のおすすめのカップのサイズも紹介していきます。

  1. スタバのカップの大きさの種類①:ショート
  2. スタバのカップの大きさの種類②:トール
  3. スタバのカップの大きさの種類③:グランデ
  4. スタバのカップの大きさの種類④:ベンティ
  5. スタバのカップの大きさの種類⑤:トレンタ
  6. スタバのカップの大きさの種類⑥:アイスドリンクのショートサイズは300ml
  7. スタバのシチュエーション別おすすめのカップの大きさ①:さっと飲んで帰る場合はショート
  8. スタバのシチュエーション別おすすめのカップの大きさ②:30分~1時間ほど滞在するならトールかグランデ
  9. スタバのシチュエーション別おすすめのカップの大きさ③:長時間滞在するならベンティ
  10. スタバのシチュエーション別おすすめのカップの大きさ④:話す時間が長いならベンティ
  11. スタバで大きいカップを選ぶ際の注意点
  12. まとめ:スタバを利用する目的に合わせて注文しよう
引用: http://www.starbucks.co.jp/howto/store/images/index-img-short.jpg
ショートカップはスタバが提供しているサイズの中で最も小さいカップであり、容量は240mlです。量が少ないので料金を抑えてさくっと飲みたい方におすすめのサイズです。容量のイメージは、自動販売機で販売されている缶コーヒーをイメージするといいでしょう.。
引用: http://art51.photozou.jp/pub/971/1251971/photo/92976999_624.jpg
そのため、缶コーヒーサイズで十分という方は、ショートがおすすめです。 料金はオーダーによって多少異なりますが、ショートサイズのコーヒーの場合はだいたい280円ぐらいです。
ちなみにドリンクの種類によってはショートサイズが存在せず、トールサイズ以上もしくはトールサイズしかないドリンクもあります。これについてはスタバの公式アプリで調べることができるので、気になる方はスタバ公式アプリをインストールして、ドリンクの種類や対応しているサイズを確認してみると良いでしょう。
引用: http://www.starbucks.co.jp/howto/store/images/index-img-tall.jpg
次はトールサイズです。トールサイズに容量は350mlで、スタバの中では最も一般的な容量となっています。こちらはスーパーの自販機で売っている缶ジュースをイメージするといいでしょう。少ないわけでもなく多くもないカップサイズであるため、サイズに困ったらトールという選び方もアリでしょう。
引用: https://i.gzn.jp/img/2016/12/01/starbucks-baked-apple/P4030335.jpg
実際に、スタバ利用者の中で一番注文されるカップサイズがトールであり、悩んだらトールでも問題ありません。料金も高くはないので気軽に注文することができます。トールサイズもオーダーによって多少料金は変わりますが、 コーヒーの場合はだいたい320円程度です。
引用: http://www.starbucks.co.jp/howto/store/images/index-img-grande.jpg
次はグランデサイズです。グランデサイズはトールサイズよりも大きく容量470mlです。実にショートサイズの2倍の容量であり、容量的にはコンビニやスーパーで売られているペットボトルの飲み物をイメージするといいでしょう。
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/1314/1314153.jpg
一般的なジュースであれば全く問題ないようですが、コーヒーやエスプレッソを基準にすると結構な量になるため、短時間では飲みきれない可能性も高いです。ただし、長時間滞在する場合はグランデもおすすめのサイズです。ちなみにグランデサイズはコーヒーだとだいたい360円程度であり、ショートサイズを使って注文するよりも約200円程度お得になります。
引用: http://www.starbucks.co.jp/howto/store/images/index-img-venti.jpg
最後は一番大きいベンティサイズです。ベンティサイズは500mlペットボトルよりも量が多い590mlです。 ベンティサイズは注文したことがある人はご存知だと思いますが、想像するよりもはるかにインパクトがあります。
引用: https://i.ytimg.com/vi/yV919oKQwzA/maxresdefault.jpg
一般的な「S サイズ」「M サイズ」のような呼称で置き換えると、ベンティサイズはLLサイズと同等の容量です。ベンティサイズはオーダーの内容によって多少変化しますが、コーヒーの場合の料金はだいたい400円です。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140423%2F49%2F4521559%2F11%2F400x300x0c89b0bc5d61fbaec25bda11.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
先ほどベンティで最後と言いましたが、日本にあるスタバではベンティが最大サイズです。ですが、アメリカではベンティよりも大きなトレンタサイズが用意されており、その量は驚きの910mlです。
引用: https://walttraveler.com/wp-content/uploads/2016/06/starbucks_coffee_cups.jpg
もしアメリカに行く機会があるのであれば、トレンタサイズを見てみてもいいかもしれません。ただし量が量なので、飲みきるのはかなり大変なことは間違いないありません。注文する際は覚悟するようにしましょう。
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/38748/640x640_rect_38748739.jpg
ちなみにショートサイズは240mlと言いましたが、アイスドリンクのみショートサイズの容量が異なっており、300mlとなっています 。少しお得に感じるかもしれませんが、ドリンクと一緒に入れられる氷もその量も含まれているため、そのことを考慮した容量と思わわれます。
引用: https://walttraveler.com/wp-content/uploads/2017/06/coffee-1281842_1920.jpg
ちょっとした休憩でスタバに立ち寄ってすぐに帰る場合は、料金も安く量も少ないショートサイズを注文すると良いでしょう。一番安いのでお財布にも優しいですし、缶コーヒーサイズなのですぐに飲みきれます。喉がカラカラなので少し多めに飲みたいという時はトールサイズにするなど、喉の乾き具合に合わせてサイズを変更するといいでしょう。
Tb3ubsavqliq7lwla4j3
引用: https://www.instagram.com/p/B5tnLpdgtmT/
1時間近く滞在するのであれば、ショートよりも大きいサイズのグランデを選ぶといいでしょう。1時間近く滞在する時にショートでは足りないという方は、初めから容量の多いサイズを選択することをおすすめします。
引用: https://static-buyma-com.akamaized.net/imgdata/item/130427/0009786904/428_1.jpg
特にグランデの場合、ショートサイズの2倍の容量であるにも関わらず、コーヒーだとショートを2回注文するよりも200円近くお得になるため、ショートじゃ間違いなく足りないという場合はトール以上にするといいでしょう。1時間程度であれば、ベンティは少々大きすぎるかもしれません。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/mshimada14/imgs/c/7/c709cfca.jpg
何かノマドワークをする方や、夜行バスで旅行しに行ってきた際に時間を潰すときには、量の多いベンティがおすすめです。
引用: http://3.bp.blogspot.com/-x8cW2yKHa1s/Vel0d9m0XeI/AAAAAAAAKXo/qPfy7jbyFVQ/s1600/IMG_9176.JPG
長時間滞在だと、どうしてもグランデであっても足りないという可能性が出てくるため、2時間や3時間、それ以上滞在する場合は、初めからベンティを選んだ方がおすすめです。 あまり水分を取らない人でも、1時間あたり200mlを基準で計算してサイズを選ぶといいでしょう。
引用: http://starbucker.up.seesaa.net/image/IMG_0006_2.jpg
一人ではなく友達など複数人で行っておしゃべりをする場合は、どうしても喉が渇いてしまうので、話す時間が長い場合はベンティサイズがおすすめです。 話をするとどうしても喉が乾燥してくるため、飲み物を飲む機会が多くなり、結果的にグランデですら足りないという状況も考えられます。
Heaz4ibeks1tsaekrrte
引用: https://www.instagram.com/p/B5tmGySF7SG/
少し喋る程度であればトールでも十分かもしれませんが、暇つぶしにスタバに来て長い時間おしゃべりをする場合は、ベンティも選択肢の一つとして考えるといいでしょう。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140423%2F49%2F4521559%2F12%2F500x264xcc1bd9252cbd2b14df85f727.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
スタバに限った話ではありませんが、容量が多いドリンクにすればするほど、飲みきるまでに時間がかかります。 ホットコーヒーなどの熱い飲み物を注文した場合、早く飲みきらないとぬるくなってしまい、熱々のまま飲みたい人にとっては、あまり飲みたくない飲み物になってしまいます。
引用: https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/05/fshort1.jpg?w=640
アイスドリンクはあまり影響がないと思う方がいるかもしれませんが、アイスドリンクの場合は氷が入っているので、時間が経つと氷が溶けて、味が薄くなってしまいます。そのため、最後まで美味しく味わいたい場合は、無理のない量のドリンクを注文することも大切です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Cn4b1elUsAAkHXH.jpg
いかがだったでしょうか。スタバを利用すると言っても、ただの時間つぶしであったりお仕事をする場合、友達とお喋りする場合など、シチュエーションが全く異なります。シチュエーションによってどれくらいのサイズの飲み物があればいいか異なってくるので、「とりあえずトール」と注文を出す前に、一度考えてみると良いでしょう。
引用: https://i1.wp.com/miya-universe.com/blog/wp-content/uploads/2017/05/IMG_7759-e1494216254664.jpg?ssl=1
サイズが一つ変わると100ml以上も容量が変化しますが、料金は少ししか変化せず、コーヒーの場合は40円程度しか変わらないため、あらかじめ飲む量が分かっていれば、追加の注文をすることなくスタバを満喫できます。これらのサイズの事を参考にしてスタバを満喫してきてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://girls-hapiness.club/wp-content/uploads/2014/10/1125.jpg