U4y55cayqcjezweyd79a

健康

CATEGORY | 健康

体力がない人の特徴まとめ!原因や体力をつけるおすすめの方法をご紹介!

2018.12.03

あなたは、日常生活の中で体力がない・疲れやすいなどと感じていませんか?体力がないのには様々な原因があるようです。ここでは、体力のない原因と体力がない人の特徴、そして体力をつけるおすすめの方法を様々な観点から紹介していきます。

  1. 体力がないのはなぜ?
  2. 体力がないと思うのはどんなとき?
  3. 体力がない原因
  4. 体力がない原因①乱れた食生活
  5. 体力がない原因②運動不足
  6. 体力がない原因③睡眠不足
  7. 体力がない原因④眼精疲労
  8. 体力がない原因⑤病気によるもの
  9. 体力がない原因⑥加齢
  10. 体力がない原因⑦季節の変わり目
  11. 体力がない原因⑧肝機能の低下
  12. 体力がない人の特徴
  13. 体力がない人の特徴①タバコを吸っている
  14. 体力がない人の特徴②飲酒をしている
  15. 体力がない人の特徴③ジャンクフードが好き
  16. 体力がない人の特徴④満腹になるまで食べる
  17. 体力がない人の特徴⑤完璧主義
  18. 体力をつけるおすすめの方法
  19. 体力をつけるおすすめの方法【食事】
  20. 体力をつけるおすすめの方法【運動】
  21. 体力をつけるおすすめの方法【生活習慣】
  22. 体力がない人は生活習慣を見直そう
引用: https://i.pinimg.com/564x/1e/8e/ee/1e8eeeca107975ebaa7137f1657acae2.jpg
日常で体力がないと感じたことがありませんか?体力がないと体がだるいと感じてしまったり、仕事や作業が思った通りに進まなかったりして、周りに迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。
でも、体力がない人ばかりではなく、体力があってとても若々しい人も多くいます。職場にもそのような人が1人や2人いるかもしれません。では、体力がない人とある人の違いはなんなのでしょうか?まずは、皆さんが体力がないと思うのがどんなときなのか?そして、体力がないとされる原因も見ていきましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a8/7e/85/a87e85bf902de244501d9787a4eccff0.jpg
まず体力がないと自分で思ってしまうのは、どんなときなのでしょうか?それは大きく分けて2つありました。

体力がないと思うとき⑴疲れやすい

引用: https://i.pinimg.com/564x/65/38/7b/65387b71f64d641139f1c7e1496b61cd.jpg
体力がないと思うので1番多いのが「疲れやすい」ということです。毎日休む暇もなく働きづめで、さらに家事にも追われているのでは、疲れも取れにくくなりますよね。疲れが積み重なることにより、前まで出来ていたことが出来なくなったりします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c2/08/b3/c208b319c49e169a36cda2243cd44e46.jpg
さらには、少し運動したり動いただけで体がだるいと感じてしまうことも…。何をするにも体がだるくて、すぐ横になりたいと思っている人は疲れやすくなっている証拠です。また、動くのもだるくて休みの日はずっと寝ているという人も体力がなくなっている証拠です。

体力がないと思うとき⑵日中なのに眠い

引用: https://i.pinimg.com/564x/d1/05/6a/d1056a963512c2c05056cbed5a9c2e4e.jpg
最近の現代人は、睡眠時間が短いとされています。確かに日々仕事に追われていると、休養時間を削られるため、必然的に睡眠時間も減っていってしまいます。しかし人間の体は、休めるために睡眠をとろうと働くのです。
引用: https://i.pinimg.com/236x/36/12/65/3612656dec9eae89b54ec14e6a858d12.jpg
そのため、夜しっかり眠れていないと、日中に眠たくなるという現象が起きます。日中眠くなる原因が睡眠不足である事は多いですが、中にはまれに病気の可能性も秘めていますので、あまりにも眠くて日常に支障をきたす場合は、一度診察してみると良いですね。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/aa/31/13/aa3113549163d48c866fb5d1c6f6ffeb.jpg
ここからは、体力がない原因を8つに分けてご紹介していきます。原因をきちんと調べておけば、改善のために動けます。体力がないと感じている人の多くは必ず当てはまる項目があるかと思いますので、確認してみましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e7/0e/c6/e70ec623d47b7235b399b9dcf5473e1b.jpg
お菓子を食べてばかりいたり、ジャンクフードなどを好んで食べるなど、普段から栄養バランスが偏っていると、体を健康に保つための免疫力も低下していきます。また忙しいときは、食事の量や種類も偏りがちになります。そうなると、体に必要な栄養素が足りなくなるのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/93/0e/99/930e998af48a3eec125a209512307791.jpg
食事は、自分の体を作るためにとても欠かせないエネルギー源です。仕方なく食べるのではなく、生きていくために基本的な食事はしっかりと行わなければなりません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e1/a1/c4/e1a1c45cc6738f9132ef3e4271e1b3a1.jpg
よく運動不足の人で、体力がないから運動できないと言う人もいるようですが、実はその逆なんです。運動しないことによって、体のエネルギーも不足し、体力のない体になってしまっているのです。体の筋肉の多くは、自分で鍛えることによって筋力アップできるものです。反対に使わなければどんどん衰えていきます。
筋肉が衰えると、体を動かすことも億劫になるどころか、疲労感を溜めやすくなります。そのため、疲れやすい体を改善するための運動は不可欠です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/35/a8/bc/35a8bcb18f00789cf3000d0878df1dab.jpg
運動不足になることにより、基礎代謝も低下していきます。基礎代謝は、何もしていなくても消費されている体のエネルギーのことです。つまり生命を維持するために欠かせないエネルギーですね。この基礎代謝量が減ることにより免疫力も下がりますので、体力がもともとないのにさらに病気がちになってしまいます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/1e/80/341e80f093a71181027cd6edfc6a4ee3.jpg
体は、睡眠をしっかりと取れていないと、日中に十分活動ができなくなります。睡眠不足は体力だけでなく、仕事に必要な集中力や、健康保つ上で大切な免疫力まで低下させてしまうものです。そうなると仕事をこなすことが困難になったり、さらには病気がちで休んだり、迷惑をかけてしまいます。
人間は睡眠時に成長ホルモンを分泌しています。そのため、現代では思春期の睡眠不足が大変深刻なんですね。もちろん大人になっても、睡眠時に成長ホルモンを分泌し、体の免疫力を高めるために役立っているのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/e9/76/1ce976ad3801e971e9ee2d59cbbe5d54.jpg
体力がない原因の1つに、眼精疲労も関わっています。近年ではスマートフォンやパソコンを見ることで目を駆使する人が多くいます。そのため、この眼精疲労を訴える人が増えてきているのです。さらに目を駆使するほか、太陽の紫外線が入るだけで、目の血管に疲労物質が溜まり、疲れやすくなります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/53/96/a4/5396a428f6acf13ce4e909ab42e4ab36.jpg
体力がない原因の1つに、病気によるものの場合もあります。体力がなくなる症状は、様々な病気で起こり得るので一概にどの病気とは言えません。ほんの一例ですが、不眠症や過眠症なども、体力がないという症状が起こる病気です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/13/18/29/1318298c074587415e9b5d3b81b7eef4.jpg
これは生きていると避けては通れないことですが、加齢による体力の減少も1つの原因です。人間の体は、20代から少しずつ体力が落ちていきます。それは、体内のあらゆる機能が落ちるという事ですね。特に中年になってくると、体の至る所の不調や体力低下を実感する人が多いでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9d/37/93/9d3793aedeef9677542af5b3e3dabe63.jpg
ただし、加齢だからといって体力がないことを諦めてはいけません。歳をとっても、努力次第でいつまでも元気でいる高齢者も多くいます。加齢や病気以外の様々な体力がない原因は努力で対処していき、同年代よりも若々しく元気でいれるのですね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ff/b2/e8/ffb2e85b831ba3ef93b01c60882380c3.jpg
体力がない原因に、季節の変わり目ということも関係しているようです。特に春や秋、寒暖差が激しいこの時期は、体が適応しようと無理をしてしまうため、それだけで体力を消耗してしまうのです。また夏や冬であっても、エアコンや暖房などを使っていると、外との温度差で体が疲れやすくなります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/23/ff/97/23ff97849f9ebf4283889be47d35b473.jpg
肝機能が低下することにより、体全体に悪影響が出ます。簡単に言うと肝臓が疲れてしまうことにより、同時に体にも疲労感が出てくるのです。肝臓は内臓の中でも大切な臓器の1つで、生きていく上で重要な働きをしています。肝臓が疲れることにより、体内に溜まっている老廃物などの毒素をうまく排出できなくなります。
特に肝機能の低下は、飲酒によって起こる可能性が高いですので、普段よくお酒を飲むという人は注意が必要です。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/f7/09/e6f709fd0fda272cf4fc036f33415c42.jpg
ここでは体力がない人にありがちな特徴を5つご紹介していきます。これらの特徴に当てはまる場合は、普段ちょっとしたことで疲れやすいと感じていないかどうか、思い出してみてください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/0d/84/57/0d8457dcfcb46bedae16140eab9f0592.jpg
体力がない人の特徴1つ目が、タバコを吸っている人です。先ほど肝機能の低下が体力がなくなる原因だとしてあげてきましたが、まさにこの肝機能を低下させる習慣がタバコなんです。タバコのように、毒素が体内に入り込むと、それを肝臓が処理しようと頑張ります。
しかし、毒素の分解が十分に行われず、体の中に残ってしまうことも多くあります。体の中に溜まった毒素は、体に悪影響及ぼし、さらには体力の低下にもつながります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8e/fd/3a/8efd3a4dee5ae81db62345848f7fff87.jpg
体力がない人の特徴2つ目が飲酒をしている人です。先述の通り、飲酒をしている人も肝機能に悪影響与えてしまうため、注意が必要です。通常アルコールは肝臓で分解されますが、大量に飲酒をして肝臓に負担をかけすぎてしまうと、肝機能の低下につながり、結果的に体力がなくなってしまうのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/3c/b3/643cb338e597fd73243131afcf26c5a7.jpg
体力がない人の特徴3つ目が、ジャンクフードが好きな人です。普段ジャンクフードが好きでよく食べると言う人も、肝機能を低下させる原因になるので、控えるのがおすすめです。
肝臓はアルコールの分解やタバコの毒素、さらには「食品添加物などの化学物質」も毒素として分解しています。この食品添加物が多いのが、ジャンクフードなんですね。ファーストフードやコンビニ弁当、菓子パンなどを好んでよく食べている人は注意が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/81/5a/f1/815af1e9b7d39b7e8571f8d9d9a096dd.jpg
体力がない人の特徴4つ目が、満腹になるまで食べることです。毎回食事を満腹になるまで食べると、その分内臓に負担をかけてしまいます。多く食べる分、たくさんの食品を消化しなければならないので、内臓が疲れやすくなり、体も疲れやすくなるのです。そのため、食べるときはなるべく腹八分目を意識するのが良いです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/26/cf/d026cf8668364fd6d66fd220009b13b5.jpg
体力がない人の特徴5つ目が完璧主義な人です。これは性格的な問題ですが、常に理想の自分を抱いており、責任感が強く完璧主義の人は、疲れやすい傾向があるようです。それは、よく言えば真面目ですが、責任感が強い分ストレスが溜まりやすいのですね。
精神的なストレスは体にも悪影響を及ぼすため、体力が消耗していくのです。100%ではなく80%で良いと言う寛容な心を持つことが重要です。また、日ごろから自分を労わることも大事ですね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/16/1c/40/161c40aaa31ce93b5f7b414faef57b7b.jpg
ここからは体力をつけるおすすめの方法を、食事、運動、生活習慣のジャンルごとでご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/fa/6c/c5fa6ca163856aa87073fd84c25db6fb.jpg
体力をつけるおすすめの食事は、エネルギーの多い食品を摂取する事です。下記に、特にエネルギーの多い食材をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。
納豆・山芋・玉ねぎ・チーズ・小松菜・ほうれん草・肉・卵・大豆・レバー・ひじき
引用: https://i.pinimg.com/564x/ed/39/40/ed39407278b06985e8c9767fe3200123.jpg
どのぐらい運動をしたら体力がついたと実感できるのでしょうか?平均的で考えると、ジョギングを始めて体力がアップしたと実感できるのが、大体2ヶ月程度と言われています。筋トレだと、見た目が変わって実感できるまで3ヶ月になります。
この数値だけを見ると、長いと感じる人もいるかもしれません。しかし体内ではたった1回の運動でも良い影響が与えられているのです。例えば、「運動した直後に血糖値が下がり基礎代謝が上がる」、「痩せやすい身体になる」など、目には見えない良い変化が現れているのでご安心ください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f0/fd/36/f0fd3603dba931caa3cac2f9efb0aa8c.jpg
軽い運動であっても毎日続けるということがポイントです。これからご紹介する運動を、短時間でも毎日続けることにより、徐々に体力もアップしていきますよ。

体力をつけるおすすめの方法【運動】⑴ウォーキング

引用: https://i.pinimg.com/564x/aa/9f/7a/aa9f7a03ebd137e43da1d16fbb0bb4b4.jpg
ウォーキングは、最も手軽に有酸素運動ができる方法です。そして、体力をつけるのにも1番効果的な方法と言えるでしょう。さらには、肥満予防やダイエット効果、肩こりや腰痛の改善、自律神経を整える働きも。無理して行うのではなく、まずは自分のできる範囲から始めることも可能です。有酸素運動をすることで、心肺機能を高めたり、全身の筋肉をバランスよくつけることができます。
また、日頃お時間を取れない人であれば、朝早くを起きて一駅歩くなど、生活習慣の中で簡単に取り入れることができます。ちょっとした時間を有効的にウォーキングに使うのも良いですね。ウォーキングをすると、運動したという達成感も簡単に味わうことができますよ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/0d/70/c7/0d70c7958aa499a534404aaff7747d00.jpg
ウォーキングで気をつけるべきことは、歩くときの姿勢です。運動中は胸を張り、ややきついと感じる程度で行うのが目安です。まずは1回30分以上、週2日以上歩く習慣をつけるようにしましょう。

体力をつけるおすすめの方法【運動】⑵スクワット

引用: https://i.pinimg.com/564x/a3/54/e3/a354e3e3d6e1ac5cc3fea136305ce576.jpg
スクワットは足腰を鍛えられる無酸素運動として有名ですが、リズムよく回数をこなすことで有酸素運動にもなる万能な運動です。特に有酸素運動をすると、体全体をバランスよく引き締めることもできますので、どのような運動すれば良いか迷ったら、まずスクワットを試してみるのが良いでしょう。
また、スクワットは、ダンベルなどで負荷をかけることにより、下半身を行中心に鍛えることができるのがメリットです。体全体の筋肉は腰から太ももの体幹部分に多くあるため、そこを集中的に鍛えることができ、全身の筋肉量も効果的にアップするのです。

体力をつけるおすすめの方法【運動】⑶腹筋

引用: https://i.pinimg.com/564x/0a/85/7e/0a857e5e52ae9d7dad9243807963f785.jpg
お腹の筋肉を中心に負荷を与えて筋力をアップする方法が、皆さんもよくご存知の腹筋です。腹筋をすることにより、お腹周りの脂肪を落としてくれるのはもちろんのこと、慣れてくれば長時間体動かしても平気なくらい、体力がついてきます。

体力をつけるおすすめの方法【運動】⑷背筋

引用: https://i.pinimg.com/564x/be/ae/fc/beaefcf99f2480cee525dc37a48e8f9b.jpg
腹筋と同時にぜひ行っていただきたいのが、背筋です。背筋も脇腹から背中にかけての引き締めに大変効果的です。筋肉はバランスよくつけることで、より効果的に筋力アップができます。そのため、腹筋をするのであればせっかくなので背筋もバランスよく行いましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/68/b2/7f/68b27ff3177c4db804825a553b23c4b2.jpg
体力がない原因として、普段の生活習慣も大きく関わっていることが分かりましたね。では、ここでは生活習慣でできる、体力をつけるおすすめの方法を見ていきましょう。

体力をつけるおすすめの方法【生活習慣】⑴運動を1日10分

引用: https://i.pinimg.com/564x/0f/4d/95/0f4d957455a0b116b5833c8be07dff29.jpg
厚生労働省が推薦している健康のための運動時間が「1日1時間」とされています。日本人の平均活動時間が50分とされているので、平均的な人であればあと10分運動をすれば良いということになります。1時間と聞くと長く感じますが、1日10分なら毎日続けられそうですよね。
ただし、デスクワークなどで運動量が著しく少ない人であれば、その分、少し運動量を増やす必要があります。そこで最初は難しいかもしれませんが、運動を1日約1時間程度と決めて、習慣化させるのが1つの方法です。いきなりハードな運動をしようとすると、長続きしない上に筋肉を痛めてしまうことになるかもしれません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/98/62/0e/98620eb0a255e387fc13ffcbd4191175.jpg
そのため、無理をしすぎないちょっとした運動を習慣化させることが、まずは1つの目標です。筋力不足も、運動をこのぐらいすると決めておけば、徐々に回復していきますし、体の調子も整ってくるでしょう。上記でご紹介した運動を、できる範囲で少しずつ始めてみましょう。

体力をつけるおすすめの方法【生活習慣】⑵正しい食生活

引用: https://i.pinimg.com/564x/08/9f/20/089f20a89d2331e7dcaa510bc1b7234a.jpg
食事は体を作る上で欠かせない大事なものです。その食事を規則正しくバランスよくとるようにすることで、必要な栄養素を十分に吸収できますので、自然と体も元気になっていきます。また、食事の量も多すぎず少なすぎず、腹八分目を意識して、必ず1日3食しっかり食べるようにするのがおすすめです。
ただし、これまでの食生活を急激に変えるのは難しいかと思います。そのため、まずは1日3食を食べること。徐々に野菜を増やしていくなど、できる範囲で少しずつ食生活を改善していきましょう。ここで避けていただきたいのが、ジャンクフードなど、脂質や糖質が多い食事です。好きだからといって同じものばかり食べ続けるのも良くありません。

体力をつけるおすすめの方法【生活習慣】⑶質の良い睡眠

引用: https://i.pinimg.com/564x/bf/62/63/bf6263f1e29562a1d75ad86cf3cfc92d.jpg
先述の通り、質の悪い睡眠は成長ホルモンの分泌を抑えてしまい、体力のない体になってしまいます。特に成長ホルモンは、23時から夜中の2時の間に盛んに分泌されます。そのため、成長期の人はもちろんのこと、成人でもゴールデンタイムを逃さず、毎日十分な睡眠時間を確保することが大事です。
睡眠が不足することで体力だけでなく集中力も落ち、仕事にも悪影響を与えかねません。だからといって寝過ぎも体に良くありませんので、1日7時間程度の睡眠を取れるように意識してみましょう。また、寝る前にスマホやパソコンのブルーライトを見てしまうと、睡眠の質を下げてしまう原因になります。睡眠時間だけでなく、質を上げるためにも意識してみましょう。

体力をつけるおすすめの方法【生活習慣】⑷サプリを飲む

引用: https://i.pinimg.com/564x/3d/43/19/3d43199450171a0d67f3c4a078a6f7d4.jpg
体力をつけるために、食事だけでなくサプリメントの力を借りるのも1つの方法です。サプリメントには様々な種類があり、それぞれ栄養素を補ってくれるものがあります。なるべくは睡眠や食事運動だけで体力をつけるのが好ましいですが、例えばこの栄養素が著しく足りないという場合は、補助としてサプリメントの力を借りるのも良いでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/61/22/2e/61222e0afd0113ef6c890d9da95d84b7.jpg
体力がない人の特徴や、体力がなくなる原因、そして体力をつけるおすすめの方法を様々ご紹介してきました。まずは、自分が体力がない人の特徴・体力がなくなる原因に当てはまっているかを確認して、効果的に改善していきましょう。

関連記事