2018年06月24日 UPDATE

コーヒー豆の量の目安は?おすすめの測り方をわかりやすく解説!

コーヒーを飲む時のコーヒー豆の目安をご存知でしょうか?コーヒーを飲む時にはコーヒー豆の量が非常に重要で、量によって味が変わってしまいます。しかしちょうどいいコーヒー豆の量が分からない方も多いでしょう。そんな方のために、おすすめの測り方をわかりやすく解説します。

目次

  1. コーヒー豆の量の測り方をわかりやすく解説!
  2. コーヒー豆の量が重要
  3. コーヒー豆の量の目安は?
  4. コーヒー豆の量の応用
  5. コーヒー豆の量の測り方
  6. コーヒー豆の量の測り方①:コーヒー豆を購入
  7. コーヒー豆の量の測り方②:スプーンを用意
  8. コーヒー豆の量の測り方③:はかりを用意
  9. コーヒー豆の量の測り方④:飲みたいに応じて応用
  10. コーヒー豆の量の測り方まとめ

コーヒー豆の量の測り方をわかりやすく解説!

Zfwgtmdatu6d0w6dszz9

世界中で収穫されている豆の種類が多く、世界中から多くの豆が輸入されている日本では昔から人気のあるコーヒー。コーヒーの特徴といえば、コクや苦味、酸味、甘みなどが種類のよって大きく違い楽しみ方の多い大人の飲み物です。

コーヒーには、コーヒー豆をパウダー状にしてお湯を注ぎそのまま他のタイプや、砕かれたコーヒー豆を紙のフィルターに入れてお湯を注ぎ飲むタイプなどさまざまなタイプがありますが、コーヒー1杯に適したコーヒー豆の量をご存知ですか?

Deysbz1epjvihzxh4gdu

コーヒー1杯に適した豆は何グラムで何粒なのか、しかし実際にコーヒー豆の量はどのようにして測ればいいのかなどわからないことも多いでしょう。コーヒー豆の測り方をわかりやすく解説していきます。

コーヒー豆の量が重要

U4i2ihdlpptzmhkvu7nn

コーヒー豆は良い豆を使っているのにも関わらず薄すぎたり、濃くなりすぎたりすぎてしまい、美味しく感じなかったことはありませんか?また、美味しい時もあれば、美味しくない時があるなど味に統一感がないときなどは特に、コーヒー豆の量が適切ではない可能性があり得ます。

Qazc9nctzg77ajutb8eq

コーヒーを美味しく飲むためには、コーヒー豆の品質というのはもちろん重要ですが、使うコーヒー豆の量というものが非常に重要になります。コーヒーを美味しく味わうためのコーヒー豆の量の目安をご紹介していきます。

コーヒー豆の量の目安は?

Zsqy9zzvji5r8vhe1aln

コーヒーを美味しく味わうために重要なポイントである、コーヒー豆の量の目安はどのくらいの量かご存知でしょうか?コーヒーミルなどで砕かれた粉末状のコーヒーや1杯分ずつに分けられているコーヒーであれば、量をスプーンなどで量る必要はなく、お湯を注ぐだけですが、コーヒー豆の場合そうはいきません。

コーヒー豆の量は10粒で約1g

Etdx6hamepmr273vvgce

コーヒー豆の目安として、1杯を淹れる時に使うコーヒー豆の目安は、重さが約10gだと言われています。コーヒー豆の重さは約10粒で重さが約1gと言われています。そのためコーヒー1杯を淹れるための目安となるコーヒー豆の量は10gでコーヒー豆約100粒です。

コーヒー豆の量の応用

Snufzp40jmdmqwyrjaaw

1杯分のコーヒー豆の量の目安が、約10gでコーヒー豆100粒が必要であるとご紹介しましたが、100粒をわざわざ1粒ずつ量るのは大変ではないですか?そんな時におすすめのアイテムがメジャースプーンです。1杯分はメジャースプーン1杯強で計算でき、他の量にも応用が可能です。

コーヒー豆の量の応用

Fdsesiohzpboetdqhgzx

コーヒー豆の測り方はスプーンを使ってでき、コーヒー1杯分は約10gのコーヒー豆100粒ですが、2杯や3杯の場合はどのようになるのでしょうか?

2杯以上入れるときには少しずつ入れるように気を付けて、2杯の場合は1杯よりも少し多い約18g、3杯の場合は約24gを使うと美味しく仕上がります。1杯でも2杯でも、g数に注意してスプーンを活用することで応用することが可能です。

コーヒー豆の量の測り方

Uri4sxwixgkfvxngyufw

コーヒーをおいしく飲むために、重要なポイントとなるコーヒー豆の計量。コーヒー豆の量はしっかりと量ることで誰でも簡単に美味しいコーヒーが作れます。そのためにも、コーヒー豆の量の測り方を確認しておくことが重要です。

美味しいコーヒーを飲むために重要なコーヒー豆の量り方、コーヒー豆を量るために用意する必要のあるアイテムをご紹介していきます。

コーヒー豆の量の測り方①:コーヒー豆を購入

Knwsdmoigttzcq2zi99f

コーヒー豆の量の測り方として1番に行う工程が、コーヒー豆の購入です。自宅にあるコーヒー豆を使っていただいても問題はありません。コーヒー豆を選ぶポイントとして、コーヒーの苦みや甘み、酸味、コクや香りで決めることが多いですが、コーヒー豆の品種で決めることもおすすめです。

コーヒー豆の量の測り方②:スプーンを用意

Octysbrvsjtxhmkenlda

コーヒー豆を購入したら、次にコーヒー豆を量るためのスプーンを用意しましょう。コーヒー1杯分は約10gでコーヒー豆100粒でスプーン約1杯強ですが、スプーンは販売されているメーカーによって容量が違うため、1杯強であるからといっても10gとは限らないため注意が必要です。

スプーンの容量を把握

Wanrhljagcswljn50edc

コーヒースプーンはメーカーによって、容量が違うためコーヒー豆の量も変化します。そのため美味しいコーヒーを安定して飲み続けたい方はコーヒー豆を量ることが重要ですが、スプーンの容量には注意が必要です。

毎回同じ美味しい味で安定感を求める方が気にしなければいけないポイントが、容量の把握です。自分が使うスプーンが1杯で何gあるのか知っておくことで把握しておくことでおいしい安定したコーヒーにつながります。

1度把握すれば次回からカンタン

Fwpapsggasdf5picwbgz

1度スプーンの容量が何グラムか確認しておくと、次回からは容量が分かっているので簡単に安定した量をスプーンので量ることが可能です。スプーンの量を把握しておくと、1杯だけでなく、グラム数を増やした2杯や3杯など王王して量ることが可能になります。

コーヒー豆の量の測り方③:はかりを用意

Gnvzkxcahuqpmcpnzile

スプーンでコーヒー豆の容量は量ることができますが、実際の重さはスプーンを使ってもわからないことが多く、そんな時におすすめのアイテムが、キッチンスケールといわれる、はかりです。

はかりを使うことで、1グラム単位まで細かく量ることが可能になり、コーヒー豆を使う量が安定して美味しさの安定感にもつながります。

はかりを使った量り方

Tjcfwc4y1egzmufybrbr

量りを使うコーヒー豆の量り方は、①まずコーヒーを量るためのスプーンの重さをはかりで量ってマイナスしておきます。②次にコーヒー豆をスプーンに入れます。③1杯であれば10gをスプーンに入れます。④③をはかりで量って重さを確認して10gになれば1杯分が簡単にはかれます。

このようにスプーンが摺り切り1杯で10gであるという場合は、次回はそのまま摺り切り1杯入れることでコーヒーが1杯の目安になるため非常に簡単です。

コーヒー豆の量の測り方④:飲みたいに応じて応用

Ymsyyhfjg7b8hokuwoxd

コーヒー豆を用意して、量りでスプーンとコーヒー豆の重さを量ったら、あとは飲みたい量とコーヒー豆を計算するだけで簡単に適切な豆の量を使ったコーヒーを作ることが可能です。

応用方法

Nbdkaut9z7i7cyeeygmp

1杯であれば、10gの約100粒が平均的な適量ですが、2杯の時は2倍の20gという訳ではなく少し少ない18gがおすすめで、3杯の場合は同じく3倍の30gではなく少し少ない24gでやるようにしてください。しかし、このおすすめのグラム数はあくまで平均的なものです。

Wj7odoq0jetnk7ekaxlv

濃く贅沢なコーヒーが飲みたいという方は、適量の目安となる1杯10gから少し多い、12g~13gほどがおすすめで濃く贅沢なコーヒーが楽しめます。逆に薄めが好きな場合は1g~2gほど減らしても問題ありません。

コーヒー豆の量の測り方まとめ

Nlc5j2rlczyxa3bbjgd8

コーヒーをおいしく飲むためのコーヒー豆の適切な量の目安、簡単にはかることが可能なおすすめの測り方をわかりやすく解説していきましたが、いかがだったでしょうか?コーヒーをおいしく飲むためにはコーヒー豆の量が重要で、量は簡単に量ることができます。

Sm3qdkc3cjz3sldq1b4w

コーヒー豆の測り方のポイントとして、量る量は正確にし、少し薄いと感じれば次回豆の量を増やし、少し濃いと感じた場合は次回減らしていくような調整をすることがおすすめです。ご紹介した情報が皆さんの参考になれば幸いです。