Gbljeysnlszwqxxc6ms3

レシピ

CATEGORY | カテゴリー

オペレーターカクテルの作り方を紹介!簡単レシピで美味しく作ろう!

2018.06.28

オペレーターというカクテルをご存知ですか。夏にもおすすめですし、パーティーでもきっと華やかな雰囲気のカクテルとして人気となるでしょう。オペレーターは、白ワインとジンジャーエールとレモンがあれば簡単に作れるカクテルです。度数やレシピをご紹介します!

目次

  1. 「オペレーター」という名のカクテル
  2. カクテル「オペレーター」の簡単レシピ
  3. カクテル「オペレーター」のアルコール度数
  4. どんな時にカクテル「オペレーター」を作るべきか?
  5. カクテル「オペレーター」はホットでもOK
  6. カクテル「オペレーター」を作る時のおすすめグラス
  7. 「オペレーター」は甘くてという人には「スプリッツァー」
  8. 「オペレーター」の赤ワインバージョンカクテル「キティ」
  9. カクテル「オペレーター」に合う料理レシピ
  10. カクテル「オペレーター」におすすめのアボカド料理
  11. カクテル「オペレーター」におすすめのチーズ料理
  12. カクテル「オペレーター」におすすめのアヒージョ
  13. カクテル「オペレーター」におすすめのピザ
  14. オペレーターカクテルの作り方を紹介!まとめ

日本では、ワインが結構好きという人が多いですが、その飲み方も多様性が根付いてきました。その中で、ワインベースのカクテルはいろいろありますが。今回注目なのは、「オペレーター」という名前のカクテルです。白ワインとジンジャエール、そしてレモンがあれば作れるとても簡単なカクテルなので、おすすめです。

「オペレーター」の名前の由来は、飛行機のパイロットの間ではやったというストーリーです。フライト中に飲んでいないといいのですが。ただ、この説は有力ではありますが、今では実際にはどのような経歴でそう呼ばれるようになったかわかりません。

「オペレーター」のレシピは簡単です。罪障をグラスに注いで少しかき混ぜるだけで出来上がります。基本的なレシピは、白ワインが90ml、レモンジュースが小さじ1杯、ジンジャーエールが適量、飾り用のレモンスライスが1枚です。これを、グラスに注いだら出来上がりなので、とても簡単です。

シェイカーもいりませんし、特に凝った道具もいりません。グラスさえあれば簡単にできてしまいます。レモンは、果実のものでもいいですし、市販されているレモン汁の製品を使ってもいいでしょう。一人で楽しむなら、特に飾りのレモンも不要かもしれません。

「オペレーター」のアルコール濃度は、ジンジャエールの量によって変えることが可能です。白ワインのアルコール度数は15%前後ですから、一般的なビールと同程度にするには3倍にする必要がありますし、それよりも弱くしたければ4倍以上にするといいでしょう。ですから、アルコールに弱い人は作り方を工夫するといいですね。

また、少し酸味が強いほうがいいという人は、レモンジュースを多めにしてもいいかもしれません。クエン酸は疲れをとるのにもいいですし、フレッシュなレモンジュースならビタミンも取れるので、おすすめです。作り方によって、アルコール度数を変えて、独自のレシピを作ってもいいですね。

ワインが好きな人なら、おおよその味はそのワインの原料の品種の種類から予測することができるでしょう。でも、自分の口に合わない場合もあり得ます。他人からもらったワインなども、自分の好みではないケースだってありますよね。そんな時は、味を甘く、もしくは酸味を聞かせた「オペレーター」を作るといいでしょう。

1 / 3