2018年06月28日 UPDATE

オペレーターカクテルの作り方を紹介!簡単レシピで美味しく作ろう!

オペレーターというカクテルをご存知ですか。夏にもおすすめですし、パーティーでもきっと華やかな雰囲気のカクテルとして人気となるでしょう。オペレーターは、白ワインとジンジャーエールとレモンがあれば簡単に作れるカクテルです。度数やレシピをご紹介します!

目次

  1. 「オペレーター」という名のカクテル
  2. カクテル「オペレーター」の簡単レシピ
  3. カクテル「オペレーター」のアルコール度数
  4. どんな時にカクテル「オペレーター」を作るべきか?
  5. カクテル「オペレーター」はホットでもOK
  6. カクテル「オペレーター」を作る時のおすすめグラス
  7. 「オペレーター」は甘くてという人には「スプリッツァー」
  8. 「オペレーター」の赤ワインバージョンカクテル「キティ」
  9. カクテル「オペレーター」に合う料理レシピ
  10. カクテル「オペレーター」におすすめのアボカド料理
  11. カクテル「オペレーター」におすすめのチーズ料理
  12. カクテル「オペレーター」におすすめのアヒージョ
  13. カクテル「オペレーター」におすすめのピザ
  14. オペレーターカクテルの作り方を紹介!まとめ

「オペレーター」という名のカクテル

日本では、ワインが結構好きという人が多いですが、その飲み方も多様性が根付いてきました。その中で、ワインベースのカクテルはいろいろありますが。今回注目なのは、「オペレーター」という名前のカクテルです。白ワインとジンジャエール、そしてレモンがあれば作れるとても簡単なカクテルなので、おすすめです。

「オペレーター」の名前の由来は、飛行機のパイロットの間ではやったというストーリーです。フライト中に飲んでいないといいのですが。ただ、この説は有力ではありますが、今では実際にはどのような経歴でそう呼ばれるようになったかわかりません。

カクテル「オペレーター」の簡単レシピ

「オペレーター」のレシピは簡単です。罪障をグラスに注いで少しかき混ぜるだけで出来上がります。基本的なレシピは、白ワインが90ml、レモンジュースが小さじ1杯、ジンジャーエールが適量、飾り用のレモンスライスが1枚です。これを、グラスに注いだら出来上がりなので、とても簡単です。

シェイカーもいりませんし、特に凝った道具もいりません。グラスさえあれば簡単にできてしまいます。レモンは、果実のものでもいいですし、市販されているレモン汁の製品を使ってもいいでしょう。一人で楽しむなら、特に飾りのレモンも不要かもしれません。

カクテル「オペレーター」のアルコール度数

「オペレーター」のアルコール濃度は、ジンジャエールの量によって変えることが可能です。白ワインのアルコール度数は15%前後ですから、一般的なビールと同程度にするには3倍にする必要がありますし、それよりも弱くしたければ4倍以上にするといいでしょう。ですから、アルコールに弱い人は作り方を工夫するといいですね。

また、少し酸味が強いほうがいいという人は、レモンジュースを多めにしてもいいかもしれません。クエン酸は疲れをとるのにもいいですし、フレッシュなレモンジュースならビタミンも取れるので、おすすめです。作り方によって、アルコール度数を変えて、独自のレシピを作ってもいいですね。

どんな時にカクテル「オペレーター」を作るべきか?

ワインが好きな人なら、おおよその味はそのワインの原料の品種の種類から予測することができるでしょう。でも、自分の口に合わない場合もあり得ます。他人からもらったワインなども、自分の好みではないケースだってありますよね。そんな時は、味を甘く、もしくは酸味を聞かせた「オペレーター」を作るといいでしょう。

また、パーティーなどで少し酔ってしまった場合も、飲みすぎないようにアルコール度数の低い「オペレーター」を作るのはおすすめです。作り方が簡単なので、その場でも作ることが可能ですね。おいしくて軽く飲めるのが、「オペレーター」の最もいいところでしょう。

カクテル「オペレーター」はホットでもOK

「オペレーター」は、暑い日にキンキンに冷やして飲むのがおすすめですが、冬の寒い日にホットワインのように熱くして飲むのもおすすめですね。白ワインというと冷やして飲むというイメージが強いですが、その常識をくずがエス楽しみ方ですが、未経験の人には新しいテイストの経験が得られるでしょう。

ワインをホットにすると、若干アルコールが揮発して鼻に影響を与えるため、やや飲みにくいときは火をつけて燃やしてしまっても構いません。感覚としては、日本酒の燗と同じようなものですね。飲みやすく工夫をしてみるといいでしょう。

カクテル「オペレーター」を作る時のおすすめグラス

作り方簡単で飲みやすいカクテル「オペレーター」ですが、どのようなグラスで作るのが理想化といわれると「コリンズグラス」が定番といわれています。「コリンズグラス」はタンブラーグラスよりも細いグラスで、ジンベースの「トム・コリンズ」というカクテルを作るのに用いられることからその名がつけられました。細いグラスを上る気泡の姿がとても美しいのでぴったりのグラスですね。

「オペレーター」は甘くてという人には「スプリッツァー」

甘くて飲みやすい「オペレーター」ですが、逆に甘いのが苦手という人には「スプリッツァー」がおすすめです。レシピは「オペレーター」とほぼ同じなのですが、ジンジャエールの代わりに炭酸水を使います。作り方が一緒で材料もほぼ変わらないので、すっきりした味わいを求める人にピタtりです。

「オペレーター」の赤ワインバージョンカクテル「キティ」

白ワインをジンジャーエールで割るのが「オペレーター」なら、赤ワインを割るのはなんというでしょうか。それが「キティ」です。名前の由来は、グラスの中ではじける泡の様子が落ち着きのない子猫のようだということで名づけられたといいます。また、英語圏でキャサリンという女性の愛称が「キティ」というのがその由来といわれてもいます。

レシピは「オペレーター」と全く一緒で作り方は簡単ですが、おすすめなのはジンジャエールを甘口にすることです。もちろん辛口のジンジャエールでもいいのですが、カクテルは甘めのほうがいいという人が多いので。アルコール度数も低いので、口当たりのいい飲みやすいカクテルなので「キティ」は「オペレーター」同様おすすめです。

カクテル「オペレーター」に合う料理レシピ

いいお酒には、それに合った料理が必要ですよね。飲みやすくておいしいカクテル「オペレーター」には、それに合ったテイストが必要です。甘くて飲みやすいカクテルに向いているのが、こってりした味覚です。食べた後に、さらに飲みたくなるような料理が理想ですね。

カクテル「オペレーター」におすすめのアボカド料理

アボカドは脂質が多く、森のバターといわれているのは知られていますね。このアボカドのこってりしたテイストが、「オペレーター」によく合います。アボカドの料理は、作り方が簡単なサラダ以外にも焼いたり、ディップにしてもいいですし、様々なバリエーションが楽しめます。

カクテル「オペレーター」におすすめのチーズ料理

「オペレーター」には、チーズ料理もおすすめです。昔からアルコール度数のあるワインにはチーズのようなお酒の友がとされてきました。チーズは、アルコール度数の高いお酒から胃を守るといわれています。特に「オペレーター」にはこってりしたクリームチーズやモッツァレラチーズを使った料理がおすすめですね。

カクテル「オペレーター」におすすめのアヒージョ

ガーリックを利かせたオリーブオイルで煮る料理、アヒージョも「オペレーター」と合わせるのにおすすめの料理です。中に入れる具も蛇やキノコ類など、様々なものをチョイスすることができます。具とともにオリーブオイルに浸したバケットをかじりながら「オペレーター」を飲むのは、最高のひと時でしょう。

カクテル「オペレーター」におすすめのピザ

アツアツのピザには、炭酸系の飲み物がよく合うのは多くの人が知っています。もちろん「オペレーター」も焼き立てのピザによく合うのです。ピザのトッピングはいろいろバリエーションがあって楽しいですし、パーティーでも自宅でも気軽に食べられるこってりした人気料理なので、ジンジャエールで割った白ワインのさっぱりした味によく合います。

オペレーターカクテルの作り方を紹介!まとめ

オペレーターカクテルの作り方を紹介!まとめはいかがだったでしょうか。暑い季節に、また、熱々の料理にとても合う軽い口当たりの「オペレーター」というカクテルは、作り方が簡単で白ワインのアルコール度数を低くすることができるので、ワインが苦手な人にも飲みやすいのではないかと思います。ぜひ、お試しください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bj10brNgwLN/?tagged=%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB