Rufje77j61drjlsvfu6b

ビジネス

CATEGORY | ビジネス

仕事でミスばかりなのは病気?新人にもADHDにもおすすめな改善法!

2018.06.27

「2年目なのに仕事でミスばかり繰り返していてつらい!」「もしかしたら病気かもしれない」と悩んでいる新人は多いものです。仕事でミスばかりしてしまうのには原因があります。発達障害の一種であるADHDについても触れながら、改善法を紹介していきます。

  1. 仕事でミスばかり繰り返してしまう原因や改善方法は?
  2. あなたの”ミスばかり”は病気かも?仕事にも影響する病気「ADHD」とは
  3. ADHDの症状
  4. 仕事の”ミスばかり”を改善する方法を紹介!
  5. 新人・ADHDにも!仕事の”ミスばかり”を改善する方法①手帳を使って予定を管理する
  6. 新人・ADHDにも!仕事の”ミスばかり”を改善する方法②メモに残す
  7. 新人・ADHDにも!仕事の”ミスばかり”を改善する方法③優先順位をつける
  8. 新人・ADHDにも!仕事の”ミスばかり”を改善する方法④見直し・確認を怠らない
  9. 新人・ADHDにも!仕事の”ミスばかり”を改善する方法⑤定位置管理を行う
  10. 新人・ADHDにも!仕事の”ミスばかり”を改善する方法⑥ストレスを発散する
  11. 新人・ADHDにも!仕事の”ミスばかり”を改善する方法⑦評価ばかりを気にしない
  12. ちょっとしたコツを意識すれば、仕事の”ミスばかり”は防げる!
Zvwwjlzmos2jawc1tk4v
「まだ入社して2年目なのに、仕事を辞めたい」と悩んでいませんか?仕事のモチベーションを保つのって、とても難しいですよね。とくにミスばかりが続いたときには、「どうしてできないんだ」と自己嫌悪に陥ってしまう人も多いのではないでしょうか。もしかしたら、あなたが仕事でミスばかりしているのは発達障害が原因かもしれません。
Yi137xa5t5f0zr0sa8tz
今回は、発達障害の一種であるADHDという病気についてや、新人・ADHDにもおすすめのミスを減らす方法をご紹介します。「入社2年目なのにいまだにミスばかり繰り返す」「もしかして自分は病気かも」と悩んでいる人は、参考にしてください。
Byhh8smyxvrebel9wv7p
「ミスばかり繰り返したくないのに、どうしてもなおらない」「悪気はないのに、なぜか周囲の人と上手にコミュニケーションが取れない」それはもしかしたら、発達障害の一種であるADHDという病気かもしれません。ADHDは、「多動性」「衝動性」「不注意」の3つを代表的な症状とする発達障害です。実例を挙げると以下のような症状が出ます。
Qrcgai4tox0govurczv9
・集中力が続かず、気が散りやすい
・人の話をさえぎってしまう
・勘違いや聞き間違いをよくする
・ケアレスミスが多い
・仕事の時間配分や、順序立てて進めることが苦手
・仕事に必要な書類を無くしてしまう
・大切な会議や約束事、電話の折り返しを忘れてしまう
など、上記はあくまで一例ですが、「自分にあてはまる」と感じた人はADHDのセルフチェックの実践や、病院の受診を考えてみるのもよいかもしれません。ADHDの症状が、ミスばかりを繰り返して社会生活を送りにくくなったり、社内のコミュニケーションを上手く取れずに悩んだりする原因となっている可能性もあります。病気だった場合はカウンセリングや薬物療法などの治療が必要になりますので、不安であれば一度専門家を訪ねてみましょう。
S7f4bli7xf8xk4fy7ymu
発達障害だからといって、仕事ができないというわけではありません。病気をきちんと理解し、仕事をするうえでのちょっとしたコツに気をつければ、確実にミスを減らせます。そしてそれは、病気でなくても同じこと。ここからは、入社2年目の新人やADHDを抱える人におすすめの、「仕事の”ミスばかり”を改善する方法」をご紹介します。
P0wipkkb80m3qczj8mlw
仕事の”ミスばかり”を改善する1つめの方法は「手帳やカレンダーアプリを利用して予定を管理すること」です。期限つきの仕事や参加しなければいけない会議の予定は、手帳に記入して管理する癖をつけましょう。あとからやろうと思うと忘れてしまうので、会議の日時が決まったときや、新しく仕事を任されたタイミングで行っておくと安心です。
Gopnza2cr6glxlvwkvw1
「手帳だと忘れてしまいそう」という人には、スマホのカレンダーアプリがおすすめ。日時・期限の登録時に通知やアラームを設定しておけば、当日しっかりと予定を知らせてくれます。
U4rxp0ouo4tegq9panli
仕事の”ミスばかり”を改善する2つめの方法は「メモに残すこと」です。新人の頃はよくメモしていたけど、2年目に入ってからつい記憶を頼りにしてしまう……なんてことはありませんか?1度指示されたことは、改めて聞きにくいもの。かといって、そのまま自己判断で進めてしまうとミスする原因になります。
Fohiqk4nouwujewx1ykr
「うっかり忘れてしまい、困った!」なんてことにならないように、業務内容に関わる大切なことや不安なことはメモに残しておきましょう。
Ykucxbsfrgllbicy3tbs
仕事の”ミスばかり”を改善する3つめの方法は「仕事に優先順位をつけること」です。終わらせなければいけない仕事がたくさんあるときは、あれもこれもやろうとするとかえって混乱してしまいます。全部を一気にやろうとするのではなく、1つずつ順番に終わらせていきましょう。優先順位を決めるときは、頭の中で考えるだけでなく、やるべきことを書き出して「TODOリスト」をつくるのがおすすめ。色んなことをまとめてやろうとするよりも、ずっとスムーズに仕事を進められますよ。
ミドリ メモ やることリスト 雑貨柄
価格 ¥ 295
Bfegho2rd0vqr0vxgsun
仕事の”ミスばかり”を改善する4つめの方法は「見直し・確認を怠らないこと」です。入社2年目ともなると、慣れている仕事に関して「大丈夫だろう」と気が緩んでしまうこともありますよね。その油断がミスを引き起こすのす。場合によっては1つのミスが大きな損害や怪我に繋がる可能性もありますから、たとえ慣れている仕事でもしっかりと見直しや確認作業を行うよう意識しましょう。
Ylw790hymljwdksximmo
仕事の”ミスばかり”を改善する5つめの方法は「定位置管理を行う」ことです。定位置管理とはその名の通り、物の置き場所の定位置を決めること。基本的なことではありますが、これがとても大切です。
Bq3iwaxm4wz4grpht4a6
デスクの上がごちゃごちゃしているとそれだけで仕事がしにくいですし、「必要なときに必要なものが取り出せない」「重要な書類が無くなってしまった」なんてことも起こりかねません。文房具の置き場所を決めたり、書類のファイル分けをしたりなど、定期的にデスクの上を整頓する習慣をつけましょう。
H0pd4bkbdruvbwokzoqf
仕事の”ミスばかり”を改善する6つめの方法は「ストレスを発散すること」です。入社2年目では、1年目と比べて業務量が増えたり、仕事に対する責任が大きくなったりします。その分当然疲れやすくなりますし、心や体が感じるストレスも増えます。
Vljsqsplduy5qcsxzhxl
疲れやストレスが溜まって余裕がなくなると、いつまでもだるさが残ったりイライラしやすくなったりなど、あまりよいことがありません。発達障害の一種であるADHDを発症している場合も、ストレスをため込まないことが大切になります。しっかりと発散できるよう工夫をしましょう。
M39wf1in3clogp9ymbce
仕事の”ミスばかり”を改善する7つめの方法は「評価ばかりを気にしない」ことです。勤め先の仕事も2年目に突入してそれなりに任されることが増え、上司や先輩からの自分への評価が気になるという人も多いでしょう。ですが、そればかりを気にしていると、目の前の仕事がおろそかになりミスを生んでしまいます。
Ost2yc9yswgkzljshdkk
また、評価を上げたい一心で「ミスしないように」と慎重なりすぎたことが原因で、かえって失敗してしまうケースも。人からの評価が気になる気持ちはわかりますが、あまり意識しすぎないようにしましょう。
Ycvqlcdsvhxx8d9vmtpo
いかがでしたか?仕事のミスは、ちょっとしたコツを意識するだけで防げます。入社2年目の新人でもベテラン社員でも、発達障害を抱えていてもそうでなくても、ミスは誰もがするものです。「自分はミスばかりしている」と落ち込むだけではなく、改善法を実践しするなど「ミスを減らすための工夫」をしていきませんか?
Lry5hiu4fdwjyxux7jny
努力をしてミスを減らせば、自分に自信がついてくるはずです。もしも「自分は発達障害かも」と感じているのなら、無理せず専門家を訪ねてみてくださいね。