Wa6mskzkbeog8zsg77ng

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

ロードバイクも電動!アシストで楽々なおすすめ製品8選!【2019】

2018.07.06

最近の自転車界のトレンドの一つは電動化。日本ではママチャリなどの電動化が主流ですが、海外ではロードバイクなどのスポーツバイクにも電動化の波が来ています。今回はアシストで楽々なおすすめの電動ロードバイク2019最新製品を紹介!

  1. おすすめの電動ロードバイク【2019】1 YAMAHA YPJ-ER
  2. おすすめの電動ロードバイク【2019】2 BESV(ベスビー) JR1
  3. おすすめの電動ロードバイク【2019】3 XROSS B1h
  4. おすすめの電動ロードバイク【2019】4 Bianchi CAMALEONTE-E
  5. おすすめの電動ロードバイク【2019】5 Panasonic JETTER
  6. おすすめの電動ロードバイク【2019】6 TRANS MOBILLY URTRA LIGHT E-BIKE
  7. おすすめの電動ロードバイク【2019】7Tern Vektron S10
  8. おすすめの電動ロードバイク【2019】8 Xiaomi QiCYCLE
  9. まとめ
ヤマハは日本の自転車メーカーの中でも、電動ロードバイクをいち早く制作した先進のメーカーでもあります。ヤマハとしてはクロスオーバーロードバイクという位置づけになっています。大容量のバッテリーによって、どんなときでの乗り手を力強くアシストしてくれます。長距離走行でもずっとアシストしてくれるので安心ですね。日本製のヤマハなのでおすすめです。     
こちらは中国のメーカーのベスビーが制作している電動ロードバイクです。一見するとカーボンフレームにも見えるようなでざいんがかっこいいですね。電動アシストの画面も見えやすいです。日本製ならヤマハですが、海外の中国ではベスビーというメーカーがあります。中国製なので若干の不安もあります。
こちらは宇都宮のライフサイズモビリティ社が開発したブランドです。こちらのモデルは市販されている電動ロードバイクの中では、最軽量になっています。電動ロードバイクは重たくなる印象がありますがその中でも、軽量化にこだわりを見せているのは好印象ですね。
ビアンキが販売している海外の電動バイクです。人気のチェレステカラーが魅力的ですね。電動ロードバイクのごちゃごちゃした感じが全くない、すっきりとしたデザインが魅力的ですね。
パナソニックが開発している電動バイクです。電動アシストがついているだけではなく、ディスクブレーキを搭載していることによって、制動力は抜群になっています。毎日の自転車利用にもってこいの電動バイクということができますね。
とにかくコスパがいいことで有名な自転車ブランドでもある会社が制作している電動バイクです。電動バイクにもかかわらず、重量が約12㎏という軽さが魅力的です。バッテリーが超軽量となっているので、見た目のデザインもすっきりしていますね。さすが、電動バイクが盛んに開発されている海外のブランドといえるでしょう。
スタイリッシュな自転車を数多く販売しているターンというブランドの電動バイクです。ドイツの自動車部品メーカーボッシュと組んで日本でも販売されています。スタイリッシュな見た目は自転車としてはかなり美しいといえますね。デザインだけではなく走行性能も抜群にいいので、非常におすすめです。
中国のベンチャー企業が開発した電動バイクです。10万円を切るリーズナブルな価格が魅力的な自転車で、スタイリッシュな見た目が特徴的です。一度充電すれば45㎞ほど走ることができます。待ちのりには最適ですね。安い中国製ということで、若干の不安はありますが、安い電動バイクが欲しい人にはおすすめの電動バイクですね。
電動バイクは今後の自転車界の主流になっていく流れになっていきます。現在日本では規制の関係で流通量が 少ないという現状はありますが、今後、日本の法律に対応した電動バイクが日本に上陸していくことが考えられます。最新の自転車を楽しんでみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BGke75GP2j0/?hl=ja&tagged=%E9%9B%BB%E5%8B%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF