Yskqgig11n398d4baw8a

ホビー・アウトドア

CATEGORY | ホビー・アウトドア

自転車ハンドルの高さの調整方法!適正な目安と延長用工具をご紹介!

2019.12.09

自転車を利用していて、自転車のハンドルの高さに違和感を感じたことはありませんか?自転車のハンドルの高さをいたって簡単に調節することが可能です。疲れにくくなったり、より速く進めるようになったりします。それでは、簡単にわかりやすく解説していきます。

  1. 自転車ハンドルの高さで何が変わるのか?
  2. [自転車ハンドルの高さの調整方法]自転車を平坦なところに止めよう
  3. [自転車ハンドルの高さの調整方法]ハンドル中央部分のボルトを探そう
  4. [自転車ハンドルの高さの調整方法]ハンドルの高さを自分好みに調節しよう
  5. [自転車ハンドルの高さの調整方法]ハンドルが正常な位置になるように向きを調整
  6. [自転車ハンドルの高さの調整方法]ハンドルを固定し、最終確認!
  7. [自転車ハンドルの高さの調整方法]注意点
  8. 今回使用した延長用工具[アーレンキー]
  9. [ハンドル調整メリット]普段よりも疲れにくくなる
  10. [ハンドル調整メリット]普段よりも少し速く走れるようになる
  11. [まとめ]自転車のハンドルの高さを自分に合わせよう!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KENTAsdihwad_TP_V1.jpg
みなさんは普段の日常の中で、自転車を運転していてハンドルの高さに違和感を感じたことがありませんか?少し腕が疲れやすかったり、漕ぎにくく感じたりすることがあるでしょう。しかし、10分ほどとたった一つの工具で、自転車のハンドルの高さの調節を適正にすることも可能です。自分にあったハンドルの高さに調節することで、疲れやすさが激減します。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KENTA873_youtubercc_TP_V1.jpg
なので、具体的な自転車のハンドル調節方法や適正位置、使う工具や調節する目安についてわかりやすく解説していきます。そのほかにも、ハンドルの調節を行うときにとても大事な注意点もご紹介していくので、安心して作業を行うことが可能です。
Tc9odqjhofbgq2cjdeei
引用: https://www.instagram.com/p/B5z8OiBFNCB/
まずは自転車を用意しよう。できれば平坦である場所で調節を行う方がより適正の位置に近づけることが可能です。工具に関しては100円ショップなどで販売している「六角レンチ」で適正調節することが可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK_kouyou0I9A4180_TP_V1.jpg
年式が立っている自転車ほど、ボルトの部分が硬くしまっている可能性があります。ですので、工具が太いまたは、長い方が力を入れやすいので、そのような工具を準備するのもおすすめです。一般的にはアーレンキーと呼ばれる工具、または六角レンチという工具で調節を行うことが可能です。
Vnftfskruxawmrvlpp0k
引用: https://www.instagram.com/p/BxW5b4oh3FM/
上記の写真を見るととてもわかりやすいですが、自転車のハンドル中央部分にボルトがあります。このボルトが自転車のハンドルを適正な位置にとどめているパーツです。非常に重要で部分でもあるので、無理やりな作業は控えるようにしよう。しようする工具は先ほど申し上げたように六角レンチまたは、アーレンキーと呼ばれる工具を使用することで、簡単に作業を行うことが可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA0I9A8798_TP_V1.jpg
そして、工具を使ってハンドル中央部分のボルトを反時計周りに回します。一回程度回すだけで調節することがほとんど可能です。焦らずに緩めていって、緩んだら手で回すと良いでしょう。
Jxpczgg9etaqkwbtq6nh
引用: https://www.instagram.com/p/B3ZdqYBpdSy/

緩め過ぎてしまうとパーツが落ちてしまい厄介なことになりかねません。ですので、反時計周りに一度回したら、ハンドル部分を手で持ち、上下可能ならそのまま調節に進もう。この作業は少しずつ緩めていくことで、簡単に手軽に緩めることが可能です。

Ujenumwpzb8ud4uso7xi
引用: https://www.instagram.com/p/Bw_eGmtnF8h/
次にハンドルの高さを実際に適正に調節していきますが。適正位置というのは、実際に自転車に乗って見て、一番フィットする位置のことです。適正ラインというものがありまして、別名「限界ライン」とも言います。上記の写真のように限界ラインがわかりやすく印字されているので、その部分が隠れるように調節しよう。目安としては限界ラインよりも2cm程度上にあることが推奨されています。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SDS_tedejesucya-surudansei_TP_V1.jpg
なぜ、限界ラインが存在するかというと、ハンドルを十分な強度で支えるための限界ラインだからです。もし、限界ラインよりも延長して使用すると、走行中にすっぽりとハンドルが抜けてしまう恐れがあります。事故の原因にもなりかねないので、この部分だけは注意しよう。目安としては限界ラインよりも1cmから2cm程度隠れた状態が目安であり、延長するギリギリのラインと言えます。
Zj2f84ro7mgzvji6b9tq
引用: https://www.instagram.com/p/B4UIRp5AN98/
自転車のハンドルの位置を自分にあった高さに調節できたあとは、ハンドルの向きの微調整を行います。この作業も水平な場所で行う方がより適正に近い調整が可能です。自転車にまたがりハンドルを見ます。
前輪の中心あたりにナットが左右見えてくるので、その部分とハンドルが平行になるように合わせるのがおおよその目安となります。ある程度延長した場合はこの調整を行う必要があるので覚えておこう。限界ラインよりも少しあげた程度であれば、ほとんど気にする必要もありません。
V1dcfosgkcyqy5gmej0n
引用: https://www.instagram.com/p/BgGpbtZj7e9/
ハンドルの高さを延長し、目安程度にハンドルを調節できれば、六角レンチまたはアーレンキーにて緩めたボルトをしっかり固定しよう。時計回りに締めていくことで、硬くなっていくのである程度強めに取り付けておこう。あまりにも緩いとハンドルが動いてしまう恐れもあるので気をつけよう。
最終確認として、自転車に実際に乗り込み、運転をしてもハンドルが妙に動かないかを確認しよう。延長した場合は特に入念に確認することが大切です。限界ラインよりも延長するとハンドルに負担がかかるようになるので、よくボルトがしまっているかも確認しよう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA862_megane15205354_TP_V1.jpg
注意点としては、自転車の中でもハンドルはとても重要な部分です。実際に走行する前にハンドルだけが動かないかをしっかりと確認するようにしよう。もし、違和感を感じたり、うまく調節ができない場合は最寄りの自転車屋さんに行って、安全かを確認してもらうことをお勧めします。
引用: http://blog.worldcycle.co.jp/wp-content/uploads/2013/05/giza.jpg
こちらの製品が今回自転車のハンドルの延長に使用したアーレンキーです。別名は六角レンチともいい、100円ショップでも購入が可能です。自転車によってはサイズが違いので、購入前にボルトのサイズを測ってから購入しよう。多くのアーレンキーは多くのサイズが一つにして販売しているのでほとんど適合可能です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA863_ok15185909_TP_V1.jpg
古い自転車であれば、錆びたりしてボルトが緩まないこともこともあります。この場合はホームセンターなどに行って、長いアーレンキーを使ってボルトを緩めよう。必要な工具はこの一点のみとなるので、ハードルが低く、誰でも簡単に作業が行えます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0I9A5312ISUMI_TP_V1.jpg
自転車のハンドルの高さなどを調節することによって得られるメリットは、普段の走行している時よりも疲れにくくなることです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0I9A5323ISUMI_TP_V1.jpg
ハンドルの高さが変化することによって、姿勢も変化しますので人によってはとても漕ぎやすくなることもあります。ほとんどの場合に得られるメリットとして、長時間走行しても疲れにくくなるメリットがあります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMG_2010ISUMI_TP_V1.jpg
もう一点メリットがありまして、普段の走行よりも少し速く走れるようになることです。ハンドルの位置が適正になることによって、姿勢が変化して、自転車のペダルを効率よく漕ぐようになります。この結果、普段よりも速く自転車を前に進めることが容易になります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSU893_saisoku_TP_V1.jpg
普段に自転車を利用していて、漕ぎにくいと感じたり、疲れやすいと感じるのは、自分にあっていない可能性が考えられます。ですので、自転車のハンドルを調節することによって、より速く、より疲れにくくなるので、ぜひ調節を行ってみよう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KENTA863_rakusyasonosaki_TP_V1.jpg
今回は、自転車のハンドルの調節方法や必衰工具の紹介をしてきましたが、これらの調節を行うことよって、普段の自転車が見違えるほどに変化します。それは漕ぐ力を適切にすることでもありますので、効率よく自転車を前に進めることができるようになります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KENTA_932fhatubai_TP_V1.jpg
余裕のある走行が可能にもなりますし、姿勢も楽になるので、より速くより疲れにくくすることが可能です。注意点がひとつあって限界ラインを目安として、調節するようにしましょう。誰でも簡単に行える作業ですので、一度やってみてはいかがですか!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KENTAsdihwad_TP_V1.jpg