Tlwiok0jcsgkxiljd1vt

生活家電

CATEGORY | 生活家電

【プリンター】ランニングコストのランキング!おすすめの機種比較!【2019】

2019.09.25

皆さんが普段使っているプリンターのランニングコストはご存知ですか?やはりランニングコストは家庭用のプリンターであれば他と比較して安いものがいいですよね。今回はそんなランニングコストが比較的安いものをランキング的にご紹介したいと思います。是非参考にしてください!

この記事に登場する専門家

O6pdaoe7cichx6bdgvmg

elife専属ライター

キュー助

毎日筋トレ!プロテインは親友!

  1. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | ランニングコストとは
  2. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | 見るべきポイント
  3. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | ポイント ①インクカートリッジの種類を確認する
  4. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | ポイント ②プリンター毎の印刷代を比較する
  5. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | ポイント ③レーザープリンターについて考える
  6. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめプリンターのご紹介
  7. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ① EPSON EW-M670FT
  8. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ② EPSON PX-S160T
  9. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ③ ブラザー プリビオ DCP-J983N
  10. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ④ EPSON EP-M570T
  11. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ⑤ EPSON EW-M770T
  12. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ⑥ EPSON EW-M660FT
  13. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ⑦ ブラザー プリビオ ワークス MFC-J6995CDW
  14. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ⑧ EPSON EW-M571T
  15. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ⑨ ブラザー プリビオ DCP-J973N
  16. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ⑩ CANON SELPHY CP1200
  17. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | おすすめ ⑪ ブラザー プリビオ DCP-J567N
  18. 【家庭用プリンター】ランニングコストランキング!~比較的安いおすすめプリンター~ | インクは純正を使うべきか
  19. 注意点
  20. 最後に
Dkeqwp9hz7kckxbnan2m

皆さんはランニングコストという言葉を聞いたことがあるでしょうか。特にプリンターに関してはランニングコストが大切になってきます。ランニングコストというのは使っていく上でかかってくるコストのことです。例えば印刷するたびインクは減っていきますが、そのインクもなくなれば交換しなければなりません。印刷をするたびに電気代がかかります。これらすべてのコストを合わせたものがランニングコストというものです。

特に、プリンターはジレットモデルというビジネスモデルなので、インク代が高いことで有名です。いかにインクを無駄なく利用していくか、安く購入するかなどが大切になっていきます。さらに、インクジェット以外にレーザープリンターもあり、そこでのコストも性質が異なります。これらを踏まえて、最適なランニングコストプランとそのプリンターを選ばなければいけないということなのです。

K03vplverdycmsu701fq
引用: https-//images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81xvuru0c8L._SL1500_.jpg
Zv60tdubjyqihwiong1y
引用: https-//www.silhouette-illust.com/wp-content/uploads/2016/12/20835-300x300.jpg

ではここで、ランニングコストを考える上で、見なければいけないポイントについてご紹介したいと思います。基本的に前項で書いたようなことなのですが、それを踏まえてより具体的なポイントをいくつかご紹介します。是非皆さんも確認して、実際に購入する時などの参考にしてみてください。

Rznjv1g06hnhpvlyfspd
引用: https-//images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/710kC6a5pqL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81W2im0z4zL._SX355_.jpg

まず最初に見るべきポイントは「インクカートリッジの種類を確認する」というものです。プリンターは先程言ったように「ジレットモデル」という、インクの交換にかかる費用が主な収入源なので、そこに関してはなかなか厄介です。特に、インクが多色一体型になってしまっているものの場合、1色でも切れるとすべてを交換しなければいけない場合が出てきます。

もちろん、分かれていても1色でも切れれば「交換してくれ」というメッセージが出てきて、強行することはできますが、印刷の出来にムラができてしまったりしてしまいます。そして一番ネックなのはメーカーインクは非常に高価であるということです。まずはインクカートリッジの種類について確認しましょう。

Qvencwnqgvrwawfnlwfa
引用: https-//images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81xvuru0c8L._SL1500_.jpg
Jgzv5lnnsgoe4e7cjd2x
引用: http-//www.e-ots.jp/blog/wp-content/uploads/2016/03/hikaku_board_man.png

続いて見るべきポイントは「プリンター毎の印刷代を比較する」というものです。プリンターの印刷代、つまり「1枚印刷するにあたってかかる費用」というのは、プリンター毎に変わってきます。これはインクの使い方や電気代の食い方など、いろいろなもので左右するので、ひとえに「いくら」と断言することができないんですね。しかし、大体はメーカーが1枚あたりいくらという風に明記している場合が多いので、是非確認してみてほしいと思います。

インクジェットの中でも異なりますし、レーザープリンターでももちろん異なります。1枚あたりの値段が安いとしても、紙の値段や電気代など、他にも見るべきコストはあります。それらをすべて見なければいけませんし、コピーを普段から行う人なのかどうかによっても変わってきます。是非そのへんも見てあげる必要があるのです。

Zbe2ozdomxs6kbu5xpsh
引用: http-//i.gzn.jp/img/2012/10/19/canon-pixus-mg6330/00.jpg
Q0hvjx0piaoncflphppo
引用: https-//image.biccamera.com/img/00000003008859_A01.jpg?sr.dw=600&sr.jqh=60&sr.dh=600&sr.mat=1.jpg

最後にご紹介するのは「レーザープリンターについて考える」というものです。プリンターには大きく「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」の2種類があります。これらは見た目は結構似ていますが、印刷の仕組みに関して大きく異なる点が存在します。

仕組みが違えばコストがかかるところも異なってくるわけです。インクジェットはその名の通り、インクを使いますが、レーザープリンターではインクを使いません。どこにコストがかかるかと言ったらやはり「電気代」なんですね。レーザーを出すための電気が多い・・・。是非こちらのレーザープリンターに関しても検討してみてほしいと思います。

Qlo47uv0ylf4ydniixco
引用: http-//39mac.com/_src/sc3173/CanonPIXUS_MG5230.jpg
Yikqeq1onhewtynokzws
引用: http-//frame-illust.com/fi/wp-content/uploads/2015/02/cd4ba726aef59a43ec35a31a31204343.png

ではここから、ランニングコストが比較的安いプリンターをご紹介したいと思います。是非こちらのプリンターをご自分でも見ていただき、気に入ったら購入も検討してみてほしいと思います。

U0jk0vblvipl5ywjcc1p
引用: https-//www.oa-9.com/wp/wp-content/uploads/2016/01/thumb_400_01_px400.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4115xO%2B1A0L.jpg

まず最初にご紹介するプリンターは「EPSON EW-M670FT」というものです。こちらのプリンターの特徴はなんと言っても「印刷コストが最も安い」という点です。印刷コストというのは上記で説明した通りですが、非常に安いということで、購入した全員がそこに関しては太鼓判を押しています。

印刷のクオリティは下がってしまうようですが、印刷コストは非常に安く抑えることができるそうです。初期投資として50000円ほど本体にかかってしまいますが、長い目で見れば全然安いのではないかと思います。是非こちらのプリンターも検討してみてほしいと思います。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41hSHmln18L.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21j2p4SlCTL.jpg

続いてご紹介するプリンターは「EPSON PX-S160T」というものです。こちらのプリンターの特徴もなんと言っても安い「印刷コスト」です。こちらも購入した全員が印刷コストが安いと太鼓判を押すプリンターになっています。

さらに特徴的なのが本体価格が20000円ほどで、前項商品と比べると初期投資も非常に安いということです。ランニングコストも安く、本体も安いなんてもう鬼に金棒だと思います。是非こちらの商品も検討してみてほしいと思います。

Vfnd39s0e5gnnt5n9ecv
引用: https-//i1.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/586b312a89823-500x280.jpg?ssl=1.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81QnC85AMJL._SL1500_.jpg

続いてご紹介するプリンターは「ブラザー プリビオ DCP-J983N」というものです。こちらのプリンターの特徴も安い印刷コストとなっています。非常に安く、他の製品と比べても圧倒的だというコメントが多数ありました。

しかし、その分ということか印刷のクオリティは下がってしまうようです。印刷のクオリティにこだわるのであれば、こちらのプリンターではなくて、もう少しその点を強調しているプリンターが良いとのことです。是非そういった点を押さえて、検討してみてほしいと思います。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71WBiBZWB2L._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61lrW8C3s9L._SL1300_.jpg

続いてご紹介するプリンターは「EPSON EP-M570T」というプリンターです。こちらのプリンターも印刷コストが安いということで非常に評価が高いです。しかし、前項のプリンターもそうでしたが、印刷コストが安い分、他の部分がいま一つになってしまうことがあるようです。

こちらのプリンターでは「機能」がそれにあたってしまうようです。基本的な機能に関しては普通ですが、それ以上ではないということで、そこに関する評価は結構低いです。是非そういったことも理解して、こちらのプリンターの購入は検討してみてほしいと思います。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61tWxdWWlrL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/419UgHaessL.jpg

続いてご紹介するプリンターは「EPSON EW-M770T」というものです。こちらのプリンターも印刷コストが非常に安いということで、評価が高いプリンターです。前項までのものを見るとやはりランニングコストが低いと、印刷のクオリティなどが下がってしまう傾向にありました。

こちらのプリンターも一般利用で、なおかつライトユーザーには満足の行くプリンターだそうです。やはりヘビーユーザー、特に使用頻度とクオリティ重視の方には不十分なプリンターかと思います。是非このへんのことを理解して、購入を検討してみてほしいと思います。

K0lmudilz00mp9uaxgqu
引用: https-//windows-sousa.com/wp-content/uploads/2017/02/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IHkT2spHL.jpg

続いてご紹介するプリンターは「EPSON EW-M660FT」というものです。こちらのプリンターの特徴もやはり印刷コストが安いということです。こちらも印刷コストの面で言うと非常に評価が高いのですが、機能面で言うとやはり下がってしまう傾向にあります。

しかし、こちらのプリンターは特に、初期投資が40000円ほどで、安いとは感じないかもしれませんが、プリンターの中では比較的安い方に入るのではないかと思います。是非こちらもそのような点を理解して、購入を検討してみてほしいと思います。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Iz3yw3qSL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61OzXxUQ4GL._SL1349_.jpg

続いてご紹介するプリンターは「ブラザー プリビオ ワークス MFC-J6995CDW」というものです。こちらのプリンターの特徴も印刷コストが安いということですが、こちらのプリンターはそこまで印刷コストに特化したものではありません。特に、静かな点や機能面でも非常に評価が高いのがこちらのプリンターの特徴です。

印刷コストはいまいちなのかというと、そうではなく、平均から考えると安いという具合です。是非こちらに関してもここを理解して、購入を検討してみてほしいと思います。

R4ycsao62psdsaegvm7q
引用: https-//images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41IifQ%2BXY4L._SX355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41apEcbV6kL.jpg

続いてご紹介するプリンターは「EPSON EW-M571T」というものです。こちらのプリンターの特徴は結構滝に渡っていて、前項までの印刷コストはもちろん、サイズやドライバなどの点でも同じように評価が高いことが特徴として挙げられます。

本体価格も3万円台と非常に安い部類に入り、初期投資ともに安いプリンターであると言えるでしょう。是非こちらもそのような点に注意して、購入を検討してみてほしいと思います。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41c-3ltWVkL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518jht6D3nL.jpg

続いてご紹介するプリンターは「ブラザー プリビオ DCP-J973N」というものです。こちらのプリンターの特徴はやはり印刷コストが安いという点です。前項のプリンターはそれ以外の店でも評価が高いものがあったのですが、こちらのプリンターは相対的に見て印刷コストが安いという結果になっています。

ですが、総合的に見ると非常に良いプリンターなのではないかとも思います。初期費用としてかかるのは1万円台ですし、長い目でみれば非常に安価でお財布に優しいプリンターといえると思います。是非こちらのプリンターの購入も検討してみてほしいと思います。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61wi1KX54wL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41wG0YAulHL.jpg

続いてご紹介するプリンターは「CANON SELPHY CP1200」というものです。こちらのプリンターの特徴はまず、印刷コストが比較的安いということと、それに加えて他の部分でも比較的評価が高いという点です。デザインや印刷速度、静音性などの評価も比較的高いと言えます。

さらに、大きな特徴としては「本体価格が非常に安い」という点です。本体価格が1万円台と非常に安く、初期投資も非常に安く済ませることができます。是非こちらのプリンターを選ぶ際も他のものとよく比較していただき、検討してみてほしいと思います。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5182SddNJHL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61G%2BXcfjWWL._SL1500_.jpg

最後にご紹介するプリンターは「ブラザー プリビオ DCP-J567N」というものです。こちらのプリンターの特徴は印刷コストが安いという点と、付属のソフトが良いということです。付属のソフトですが、中には全く使えないものもある中、評価が高いというのが非常に素晴らしいことだと思います。

また、本体価格が安いというのもメリットとして挙げられます。1万円台前半というのは非常に安いと思います。是非こちらのプリンターも、他のプリンターとよく比較して購入してみてほしいと思います。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81DYAal2ekL._SL1500_.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/ink48/cabinet/ink/img60521209.jpg

最後に「インクは純正のものも使うべきなのか」ということに関してまとめたいと思います。Amazonなどでプリンターのインクを購入しようとすると、純正のものが5000円ほどするのに対し、2パックついて2000円など非常に安いインクを見つけることがあると思います。

使っているプリンターの機種などを見ても同じで、口コミなどを見ても使えているという人が多数・・・。非常に悩んでしまうと思います。結論から言うとやはり、正規のインクを使うべきです。万が一、故障してしまったり、印刷するところの目に詰まってしまったりしたらどうしようもありません。

ですが、使用することができるのも事実です。すべて自己責任で行うようにしましょう。

Al6sw74j00a8p0bqmize
引用: https-//images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71FuTs5ZqNL._SL1500_.jpg
P1hj7z7w2bgguhejfgbu
引用: https-//3.bp.blogspot.com/-wf5p8ilIxOQ/U00KH4pCHPI/AAAAAAAAfOk/CcOEZqgGMKY/s800/mark_chuui.png

注意点としては、しっかり他の製品とも比較することでしょう。今の時代、本当に多くのプリンターが存在しますし、しっかり比較しないとなかなか満足のいく商品を購入することができません。是非上記でご紹介したプリンター以外にも検討していただき、自分にぴったりの製品を購入してほしいと思います。

J7mb6difdrpnb27r8yau
引用: https-//images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71pYteQnAeL._SL1500_.jpg
Dpln6w1awpomit4l6df4
引用: http-//www.brother.co.jp/-/media/cojp/product/printer/inkjet/img/mfcj6710cdw/mfc-j6710cdw_side.ashx?h=500&la=ja-JP&w=620.jpg

いかがだったでしょうか?今回は「ランニングコストが安いプリンターのご紹介」ということで、ポイントとなるところや具体的なプリンターをご紹介させていただきました。気になったプリンターや気に入ったプリンターはあったでしょうか。是非今回ご紹介したプリンターをもとに、いろいろと検討してみてほしいと思います。

Qjisbb9o85erwg0hgazz
引用: https-//wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0405/users/72fd185326e1851336821bdadceb19522bdc6719/i-img1000x466-1527238496my1dqg592339.jpg&dc=1&sr.fs=20000.jpeg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https-//askul.c.yimg.jp/img/product/3L1/2897629_3L1.jpg