Nivjnwq2qm5qyozbw27h

健康・美容家電

CATEGORY | 健康・美容家電

脱毛器|ソイエvsトリアの口コミ比較!ケノンのレビュー・口コミもご紹介!

2018.07.06

ソイエもトリアも脱毛器の中では、人気があって、口コミも多く寄せられているようです。ソイエかトリアのどちらを選ぶべきか迷っているなら、やはり実使用者の口コミを参考にしない手はありません。そこで、人気脱毛器ケノンも含め、2つの脱毛器の口コミ比較をまとめました!

  1. 脱毛器ソイエとトリアどっちがいいの?
  2. ソイエvsトリア比較【脱毛器の違い】
  3. ソイエvsトリア比較【脱毛器のメリット】
  4. ソイエvsトリア比較【脱毛器のデメリット】
  5. ソイエvsトリア比較【脱毛器の機能・性能】
  6. ソイエvsトリア 口コミ比較【脱毛器の値段】
  7. ソイエvsトリア 口コミ比較【脱毛器のコスパ】
  8. ソイエvsトリア 口コミ比較【脱毛器の使いやすさ】
  9. ソイエvsトリア 口コミ比較【脱毛器の痛み】
  10. ソイエvsトリア 口コミ比較【脱毛器の効果】
  11. ソイエvsトリア比較【脱毛器の保証】
  12. ソイエvsトリア結局どっちの脱毛器がおすすめ?
  13. 脱毛器はソイエ・トリア以外にもある
  14. 脱毛器ケノンも人気が高い
  15. ケノンはソイエやトリアより効果がある?
  16. 脱毛器ケノン、ソイエ・トリアとの比較【値段】
  17. 脱毛器ケノン、ソイエ・トリアとの比較【機能】
  18. 脱毛器ケノンの口コミ【効果】
  19. 脱毛器ケノンの口コミ【使いやすさ】
  20. まとめ:ソイエvsトリア口コミ比較を参考に脱毛器を選ぼう!
Slsqemsjq4jbitlqvzkq
脱毛器は、見た目だけでは、どれがいいのか分かりませんよね。不動の人気があるソイエがいいのか、評判になっているトリアがいいのか、迷っている人がいるかもしれません。口コミや宣伝を見ても、良いことが書かれていることが多くて、正直どっちを選ぶべきか決められないのが本音ではないでしょうか。そんなときは、2つの脱毛器を徹底的に比較してみましょう。
Jsjuujtnarpfdh55dbdz
ソイエとトリアを比較すると、一番の大きな違いは、脱毛方式です。脱毛方式が違えば、効果をはじめ、色々なところに違いが生まれます。

ソイエは毛抜き方式脱毛器

ソイエの脱毛方式は、毛抜き方式です。いわゆる昔からある、毛を引き抜くことで脱毛する方法です。初めて脱毛器を使用する人にも、使いやすく、手早く脱毛ができます。

トリアはレーザー方式脱毛器

トリアの脱毛方式は、レーザー方式です。単一の波長で集中的に熱を集めることで、脱毛します。特定の色にのみ反応する特性を生かして、メラニン色素や毛根にダメージを与えます。医療機関で使用するレーザー脱毛器より、出力が弱いものの、永久脱毛に近い効果が得られるのが特徴です。
Xsgysxd4ugzefvranuao

ソイエのメリット

Cqrnp7kzun8sqxq9egm1
ソイエのメリットは、簡単に使用できるところです。また、シェーバーと毛抜きの両用で、必要に応じて使い分けできるのが便利で、お手入れしたいときに、すぐにできる手軽さもメリットの一つです。さらに、泡脱毛ができるので、お風呂でお手入れができるのも、メリットと言えます。

トリアのメリット

K3xlcwbs2nqfgvpauaob
トリアの最大のメリットは、脱毛器の使用を続けることで、制毛できるところです。つまり、使い続けるうちに、サロン同様、毛の生えるスピードが遅くなり、脱毛の手間がなくなるというわけです。
L5kv8jxajzq33tpehzxc

ソイエのデメリット

Ypzoau9iq60ccsf6tcxt
ソイエのデメリットは、ただ単に毛を抜いているだけなので、またすぐに毛が生えてくるということです。そして、無理な力を加えて抜くので、痛みがあるほか、肌表面を傷つけるリスクもあり、肌のくすみや毛穴の黒ずみが現れる可能性があります。

トリアのデメリット

U9btv67yhc1qlhi7q43t
照射して脱毛する、トリアのデメリットは、毛が長いままでは処理できないため、お手入れ前に予めシェーバーなどで処理しておく必要があることです。そして、一度に多くの範囲に照射できないため、全身を脱毛するのは、時間もかかり難しいことです。さらに、照射後には冷却など、あとのお手入れに手間がかかることも、デメリットとなります。
Cvzw35f79kiecnlkmxeb

ソイエの機能・性能

Vz86smzwqc5ofqhjsqhe
ソイエには、前述したように、脱毛機能とシェーバー機能があります。また、ソイエの脱毛機種によっては、角質ケアできるものもあり、脱毛と同時に角質を落として、きれいな肌に導くことがことができます。

トリアの機能・性能

A2gerepwm16ejtdfifrq
トリアは、照射レベルが5段階あり、必要に応じて出力を変えて、脱毛することができます。レーザー方式でるトリアは、ソイエに比べて肌を傷めることなく、脱毛ができます。
Kb1vvn8o8xunwswcm91h
実際に脱毛器を購入するとなると、気になるのは値段ですね。ソイエとトリア、それぞれの値段について、口コミを含め、比較してみましょう。

ソイエの値段

ソイエは、毛抜き方式の脱毛器なので、比較的値段は安く、色々なシリーズがありますが、6000円ぐらいからから販売されています。シンプルな設計で、他の方式の脱毛器に比べて、安く購入できます。
パナソニック 脱毛器 ソイエ ボディ用 ピンク ES-WS33-P
価格 ¥ 6,335

ソイエの値段の口コミ

トリアの値段

トリアは、レーザー脱毛器で、ソイエに比べると値段が高くなっています。定価が54000円ですが、amazonなどでは40000円ぐらいで販売されています。どんなに安くても、ソイエと比べると6倍ぐらい高いようです。
トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4x (グリーン)
価格 ¥ 39,800

トリアの値段の口コミ

値段は高いけど、効果はあるのでエステや医療脱毛より安いし、気が向いた時に出来るし、良い買い物をしたと思います。

お値段的には、こういう脱毛器具の中では安いと思います。

Pi0dwqylxsebmyhh1jfo
販売価格は、ソイエが断然安いですが、使い続けることを考えると、コスパも考慮しなければなりません。ソイエとトリアでは、どちらがコスパがいいのでしょうか。

ソイエのコスパ

ソイエは、ヘッド部分など、使い続けることで損傷することがあり、買い替える必要が生じる可能性があります。ただ、カートリッジなどの買い替えは必要なく、壊れるまで使用ができます。しかし、毛抜き方式の脱毛器であるため、ずっと脱毛器を使用しつづける必要があります。その点を考えると、時間も手間がかかり、コスパがいいとは言い切れません。

ソイエのコスパの口コミ

長年使っていたソイエが壊れ、最近話題のお品など試して見ましたが、やっぱりこれです。 痛みもあまり無く、ツルツルになります。少しお値段は高いですが、満足しています。

数年前に購入したソイエが故障してしまい、新しくこちらを購入しました。 購入金額は先代とあまり変わらないように思いますが、かなり改良された印象です。

トリアのコスパ

トリアは、レーザー方式の脱毛器ではありますが、カートリッジの交換はありません。そういう意味では、ソイエと同じく、壊れるまで使用ができることになります。ただ、内臓バッテリーは消耗品なので、交換が必要です。コスパの面で考えると、トリアは使用回数を重ねることで、毛が生えるスピードも遅くなり、永久脱毛に近い効果が得られるので、何度も脱毛しなくてもいい分、コスパがいいと言えます。

トリアのコスパの口コミ

脱毛機器としての性能としてもトリアは女性にはおすすめできません コスパが悪すぎます。 尚、フラッシュ系のカートリッジタイプのコストと比較しても格段に フラッシュ系のほうが安いです。

脱毛器のなかだったら安い方。 太い毛にききやすい。

Ecuxovdeyjjgfdkgxuz7

ソイエの使いやすさ

ソイエは、昔からあるタイプの脱毛器なので、操作はシンプルです。電源を入れれば、そのまま使用できるので、難しいことは何もありません。操作といえば、ヘッド部分を交換することぐらいなので、使いやすさは、トリアを比べると簡単で、使いやすいです。

ソイエの使いやすさの口コミ

以前のものは水洗い出来ず、ウエットティッシュなどで必死にお手入れしていましたが、やはり水洗い出来ると清潔でいいですね。

トリアの使いやすさ

ハンディタイプなので、手に収まり、持ちやすい形状をしています。若干重さがあるようなので、長時間の使用には向いていないかもしれません。レーザー脱毛なので、ソイエと比べると、冷却などの手間がかかるため、使いにくさを感じる可能性があります。

トリアの使いやすさの口コミ

584gで、ちょっと重いかなぁと思いましたが、脱毛中疲れる程ではなかったです。 口周りからひざ下まで、あらゆる部分に使えるので、重宝します。

バッテリーの持ちが悪いのと、保管に場所を取るのが面倒に感じてしまいます。 最初は、勢いで買って使っていたんですが、何か時間はかかるし、機械が重いし、使いにくいなと思って、だんだんと使わなくなってきてしまいました。 もうちょっと軽量にして欲しいかも。

J1fzofancdpioz5qom0e

ソイエの痛み

脱毛器を使用するときに、気になるのが、痛みの有無ですね。ソイエは、毛を抜くタイプの脱毛器なので、やはり痛みはあります。ヘッドが改良されて、肌を抑えながら脱毛するシステムになっていますが、それでも抜くときには、多少なりとも痛みを伴います。

ソイエの痛みの口コミ

毛抜きで抜くようなチクッとした痛みはありますが、我慢できないほどではないです。

毛を抜く時の最初の痛みは、ちょっとびっくりしました。 脱毛器を使うのが初めてで不慣れな事もあり、一面全部綺麗にするにはコツが必要だと感じました。

トリアの痛み

レーザー脱毛は、痛みを伴うことが多く、医療機関では、出力が強いこともあり、麻酔クリームを塗って施術を行うところもあります。家庭用は、そこまで出力が高くありませんが、それでも痛みは残るようです。痛みに関しては、個人差があるので、我慢できるという人もいれば、受け入れられないという人もいます。

トリアの痛みの口コミ

度もやらないといけず時間がかかったのと、痛みが辛かったです。

照射はレベル2を試してみました。レベル3は痛いかなー。慣れてきたらレベル3くらいで照射したいです。

Pq3xmifz24fkfi8rg2cv

ソイエの効果

ソイエは、生えている毛を抜くため、毛をしっかり根元から抜くことができれば、脱毛効果が得られます。ただし、毛自体にはダメージがないため、新しい毛がすぐに生えてきてしまいます。成長期の毛が抜ければ、次の毛が生えるまで時間がかかるので、長持ちさせることができます。

ソイエの効果の口コミ

便利すぎて体中に使っています。 使用後の自分の肌が綺麗になるのが癖になっています

トリアの効果

トリアは、毛根にダメージを与える脱毛方法なので、使用するごとに毛の生えるスピードが遅くなり、毛も生えなくなっていくため、うまくいけば数ヶ月で、自己処理が不要になるぐらいまで、効果を感じることができます。もちろん、個人差があるため、数ヶ月脱毛しても、変化がないということもあります。

トリアの効果の口コミ

指示通り2週間ごと3か月続けてみた結果です。 すねは7割方が生えてるかどうかわからないくらいになりました。3割の部分をチマチマ継続しようと思います。トリアを使用するまで週一で剃っていましたが現在は剃る必要がないです。 腕は毛が細いので反応が悪く半分以上生えてきます。毛が濃い方が効果があがります。

Bsjup0zjzcgzzjwomuyb

ソイエの保証

引用: https://panasonic.jp/p-db/content?c=SiteContent_C&cid=1428110109722&attrName=vImageFileL
ソイエは、一般的な家電製品と同じく、メーカー保証がついていますが、ほとんど1年間のみです。オプションで長期保証をつけることができる販売店もあります。保証がない場合は、壊れてしまったら、実費修理代などが必要になると思っておいたほうがいいでしょう。

トリアの保証

引用: http://www.triabeauty.co.jp/medias/sys_master/root/h59/h6e/8822572580894/lhr-carousel3.jpg
トリアは、保証が充実していて、初回の購入は、30日以内であれば返金保証の対象になります。返金保証があれば、高い金額を払っても安心して使用が始められますね。また、自然故障の場合は、2年無償サポートがついているので、万が一ときにも安心です。
Mvvxvc7uyjwirxbt4e5f
ソイエにもトリアにも、メリット・デメリットがあり、結局どちらを選べばいいのか迷うかもしれません。今まで解説したことをまとめると、徹底的に値段にこだわりたい人には、ソイエがおすすめです。逆に、初期費用が多少かかっても、脱毛の効果をより実感したいなら、トリアを選ぶのがおすすです。
Mritg0nqfwzhbyb97plh

光方式脱毛器

ソイエは毛抜き方式、トリアはレーザー方式ですが、脱毛器にはもう一つ、光方式の脱毛器があります。熱を集めるレーザーに対して、光方式は、複数の波長の光を広範囲に当てることで、脱毛を行います。大手脱毛サロンで使用されているのも、光方式脱毛器で、家庭でもサロン級の脱毛ができると評判の脱毛方法です。
ケノンは、家庭用脱毛器の中でも、人気が高い脱毛器です。ケノンは、光方式の脱毛器で、効率よく脱毛ができると評判になっています。何より、光脱毛は、脱毛時の痛みが少なく、肌を傷つけることなく脱毛ができるので、使用面においても、多くの支持を得ています。
Csgahdxn1vic7ehnuhna
効果に関しては、個人差があるため、一概には言えません。ただし、ソイエは毛を抜いているだけなのに対し、ケノンやソイエは毛根にダメージを与えているため、効果がより顕著に現れます。では、ケノンとトリアは、どちらが効果があるのかというと、家庭用の出力で考えると、さほど効果は変わらないのではないでしょうか。あとは、脱毛を行うタイミングによっても、効果の出方には差があります。
Jm2xovytq9nuaviknixy

ケノンの値段

ケノンは、定価が73800円と結構な価格設定になっています。ソイエやトリアと比べると、値段は高いです。購入時の価格は、ケノンが一番高く、躊躇してしまいますが、コスパを考えると、結果的にケノンは安いかもしれません。トリアは、照射面積が小さく、一度に脱毛できる範囲も狭いので、脱毛できる部位も限られています。それに比べ、ケノンは広範囲の脱毛が可能で、時間も短縮できます。
さらに、カートリッジは交感できますが、購入時に入っているカートリッジで132,000回照射できると言われているので、交換せずに気になる部位の脱毛ができる可能性もあります。そうなると、ケノンはソイエやトリアよりも、コスパがいい脱毛器と言えます。
ケノン (ke-non) 脱毛器 日本製 パールホワイト 最大100万発プレミアムカートリッジ付属 まゆ毛脱毛器付 家庭用 フラッシュ式
価格 ¥ 69,800

ケノンには美顔機能がある

Ynrjwsvck0onixbnzb9q
ソイエやトリアにはありませんが、ケノンには美顔機能があります。光脱毛は、エステの美顔器と同じ原理なことから、カートリッジを変えることで、美顔器として使用することができるのです。しかも、ケノンは脱毛した肌も美肌になると高評です。脱毛と美肌の両方が手に入るなら、少々高くても価値があるかもしれませんね。
2週間に1度がいいらしいですが1週間に1度の使用でやりました。 両脇、両腕、スネ、Vラインを。 はじめの2週目で脇の毛が生えにくくなりました。

肌のターンオーバーに伴い埋没も消えていってとぅるとぅるすべすべに…小学校から膝下毛深くてなやんでて、1年くらい使い続ける覚悟だったのに、こんなにあっさり効果が…まだ分割金1回しか払ってないよ…。

3ヶ月くらい続けたのですが正直これといって効果を感じませんでした。やはり家庭用にパワーを求めてはいけないんでしょうかね。高かったので残念です。

ケノンの効果に関しての口コミですが、賛否両論あるようですね。もちろん、光脱毛であっても1回で脱毛効果が得られるわけではありませんし、毛周期が脱毛には大きくかかわっているため、すぐに効果が感じられる人ばかりであありません。ただし、こうkが得られる人では、早い段階で効果を感じているようです。
意外とコンパクト。 操作もタッチパネルを△▽で選択していくだけなので、初心者の人でも大丈夫です!

ケノンは通電ジェルがいらないのでストレスフリー♪ 拭き取りもいらないし、照射後のスキンケアも楽です。

まだ5回ほどの使用ですが、、めんどくさい。 お金をかけたら頑張れるかな?と思ったものの、ほんとめんどくさい。。 冷やさなくちゃいけないとこ、ショットの出力待ちがゲンナリしちゃいました。

使いやすさに関しては、操作自体はタッチパネルで、液晶に慣れている人なら、問題なく使用できるレベルのようです。でも、脱毛器自体の使い方ではなく、光脱毛の方法自体に面倒さを感じる人はいるようです。
Qxlimnmjcrqdc8cwvdcs
ソイエとトリアの口コミを比較しました。脱毛器は、それぞれに特徴があり、いい点も悪い点もあります。選ぶ際のポイントは、何を重要視するかです。自分が気になるところを口コミでチェックして、使いやすい脱毛器を選びましょう。