S9cnfg9wzlxjqlrmmthx

調理家電

CATEGORY | 調理家電

スタンドミキサーおすすめ人気10選!選び方のポイントも解説!

2019.09.26

ハンバーグやケーキ、パン作りって材料をしっかりと混ぜ合わせるのが大変!と、敬遠している方も多いのでは?混ぜる・こねる・撹拌する作業が楽にできる!それがスタンドミキサーです。意外にも種類の多いスタンドミキサー。おすすめの人気商品10選と選び方のポイントをご紹介!

この記事に登場する専門家

Kcclqa46regx0m3mlioc

elife編集部

なっちママ

家族でおでかけ大好き。雨の日は近所のショッピングモールに朝から夕方まで入り浸ってます。

  1. スタンドミキサーとは?ハンドミキサーとの違い
  2. スタンドミキサーの選び方のポイントとは?
  3. スタンドミキサーおすすめ人気10選!①KitchenAid/スタンドミキサープロフェッショナル600シリーズ KP26M1PSL限定カラーシルバー
  4. スタンドミキサーおすすめ人気10選!②貝印/スタンドオートミキサー ホワイト DL7523
  5. スタンドミキサーおすすめ人気10選!③Hamilton Beach/ハンド・スタンドミキサー64650
  6. スタンドミキサーおすすめ人気10選!④貝印/ターボボール付きハンドミキサーDL-2392
  7. スタンドミキサーおすすめ人気10選!⑤ROOMMATE/2WAYパーフェクトミキサー EB-RM41D
  8. スタンドミキサーおすすめ人気10選!⑥KIPROSTER/業務用卓上型ミキサー PRO-MX7
  9. スタンドミキサーおすすめ人気10選!⑦KitchenAid /k45sswhクラシック275-watt4-1/2-quartスタンドミキサー-4.5 Quart Mixer K45SSWH
  10. スタンドミキサーおすすめ人気10選!⑧Huanyu/5.5Lスタンドミキサー3種フック付き
  11. スタンドミキサーおすすめ人気10選!⑨BOSCH/コンパクトキッチンマシンMUM4415JP
  12. スタンドミキサーおすすめ人気10選!⑩Hamilton Beach/6-speedスタンドミキサー63326 black/chrome
  13. まとめ:用途をよく考えて選び方のポイントを絞ろう
Nkpwo05i6ftub03zfh1p
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/194118?title=%E9%9B%BB%E5%8B%95%E6%B3%A1%E7%AB%8B%E3%81%A6%E5%99%A8%E3%81%A7%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%B7%B7%E3%81%9C%E3%82%8B

主に、メレンゲを泡立てる時などのお菓子作りに使用する「ハンドミキサー」をご存知の方は多いと思います。撹拌している間はボウルを押さえておかなければならず、他の材料を混ぜる時にはミキサーを止めておかなくてはいけません。

卓上ミキサーとも呼ばれるスタンドミキサーは、その名の通り支えておかなくても大丈夫!アタッチメントを変えることで、重たい生地や粘度の高いものでもこねる・混ぜる・撹拌するなどを自動で行ってくれます。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61O%2BE%2BRseNL._SL1500_.jpg

また、スタンドミキサーのほとんどは本体を設置台から取り外すことができるため、ハンドミキサーとして使うことも可能です。アタッチメントの種類次第で1台何役をもこなすスタンドミキサーは、調理の快適さと時間短縮をもたらし、料理の幅を増やしてくれたりと大活躍してくれるでしょう。

スタンドミキサーを購入する際には、どのようなことに気をつけて選べば良いのでしょうか?選び方のポイントを解説していきます。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/418FsF6tQdL._SY355_.jpg

機能と性能

スタンドミキサーの選び方の中でも、機能と性能は必ずチェックしておきたいところです。ハンバーグやパン、ケーキ作りといった粘度の高いものや大量の食材を混ぜる際、パワーがなければしっかりと混ぜ合わせることができません。撹拌の速度調節機能があるか、取り外しは可能かなど、自分にとって必要な機能と性能を兼ね備えているか確認しましょう。

アタッチメント

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FFYuqSvNL._SY355_.jpg

機能を高めたり、別の用途で使用するために取りつける付属品のことです。泡立てるためのウィスクやこねるためのフック、かき混ぜるためのビーターなどがあります。選び方としては、スタンドミキサーによってアタッチメントの種類が異なるため、必要な用途に合っているか確認して選びましょう。

使いやすさ・手入れのしやすさ

Olindgj90lk9sswmmvo9
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1060738?title=%E5%8C%85%E4%B8%81%E3%82%92%E6%B4%97%E3%81%86%E5%A5%B3%E6%80%A7

調理に使う道具は、使いやすさと手入れのしやすさで使用頻度が決まります。操作のしやすさやアタッチメントの付け替えのしやすさ、洗いやすい形状かどうかもしっかりとチェックしておきましょう。

価格とアフターサービス

Nwwhwaiotayew459c1xr
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1172927?title=%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

スタンドミキサーは5000円ほどの低価格のものから10万円以上もするもの、40万円以上もする業務用のものまで数多く販売されています。価格が上がるにつれ高機能・高性能となりますが、自分に必要な用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

Iht9dry3a0n9znvfwnlb
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1504347?title=%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90

また、スタンドミキサーには海外製のものと日本製のものがあります。海外製品を購入した後の故障の修理や部品交換など、自分で直接メーカーへの連絡が必要な場合や部品の取り寄せに1~2カ月もかかる場合もあります。販売店に確認しておくと良いでしょう。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81bk89YoPDL._SL1500_.jpg

アメリカで長年愛されるキッチンエイドはトップブランドとしても有名です。こちらの商品は、575Wのハイパワーで重たい生地や粘性の高い生地でもしっかりと撹拌することができます。10段階のスピード切り替えが可能。

プロ志向のスパイラル式ドゥフック、平面ビーター、ボウル付き(食洗器可)。ボウルが浮いているので、湯煎しながらの使用もできます。別売りのグラインダーを取りつけると塊肉からのひき肉を作ることも可能なため、自家製ハンバーグ作りやソーセージ作りなどの本格派の方におすすめです。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51tYe%2B5cpgL._SY355_.jpg

6段階のスピード調整機能付きで、混ぜる・空気を含ませる・練るなどの工程が可能です。パン生地粉量の最小量150g・最大量500g。フラットビーター・ウィスク・ニーダー、ボウル付き。ヘッドを上げると自動的に固定され、解除ボタンを押すと下がるように設計されているので安全です。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/916tfXI7NDL._SL1500_.jpg

ハミルトンビーチの6段階の速度調節機能を搭載したスタンドミキサーで、用途に合わせてベースから取り外すことでハンドミキサーとしても使用することのできる商品です。付属のアタッチメントはドゥフック・ウィスク・ビーターの3種類。プラグのサイズが合わない場合がありますのでAプラグの購入が必要です。(100均でも購入可能)

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31Yfw-1V1EL._SY355_.jpg

5段階のスピード調整ターボ機能とパワーアップボタンの組み合わせで、10段階ものスピード調整ができます。ねじり形状のビーターは、効率良く空気を混ぜ込むことができるため、従来のビーターと比較すると時間を半分に短縮することが可能に。また、ビーターが合計4本もついているため、使用の度に洗わなければいけないといった手間を省くことができるので便利です。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/611a1UjW0TL._SY355_.jpg

5段階のスピード調整機能がついたスタンドミキサーで、取り外すことでハンドミキサーとしての使用も可能です。アタッチメントはビーターとニーダーの2種類。素材や調理方法に合わせて混ぜる・こねる・泡立てることができます。コストパフォーマンスにも優れているため、初めてスタンドミキサーを使用する方にもおすすめです。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61zDxT%2BPhVL._SL1000_.jpg

業務用で大容量ながらもコンパクトサイズなので、一般家庭の台所でも邪魔になりません。速度は無段階変速で自在にコントロールが可能です。アタッチメントはホイッパー・ビーター・ドゥフックの3種類で、シャフト(回転軸)とツールがそれぞれ逆方向に回転するため、より短時間でムラなく、なめらかに混ぜ合わせることが可能です。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WFez3aoJL._SX355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xlRXrDeoL._SL1300_.jpg

アメリカの家電用品トップブランド、キッチンエイドのスタンドミキサー。容量ば約4.3Lと大容量なので、一般家庭で使う分には十分です。10段階のスピード調整機能がついています。付属品は、泡立て器・ドゥフック・ビーターの3種類。コンセントが3口のため、変換アダプタが必要になります。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/717r9BxIn%2BL._SL1500_.jpg

5.5Lの大容量で650Wの強力なパワー。6段階のスピード調整で泡立てる・混ぜる・こねるをしっかりと行うため、生クリームの泡立てやケーキの生地作り、パンやピザ、うどん、餃子作りなどに大活躍してくれます。安全カバー、こねフック、撹拌機、ホイッパー付きです。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71d81bSlmrL._SL1500_.jpg

本体重量2.9㎏とコンパクトサイズにも関わらず本格的なミキサーで、一人暮らしの方にもおすすめの商品です。BOSCH独自のボウル形状とアタッチメントが自転しながらボウルの内側に沿って回転するダブル回転構造で、混ぜムラ・混ぜ残しなく能力を発揮してくれます。アタッチメントのホイッパー・撹拌機・こねフックで泡立てる、混ぜる、こねるを自動で行うことができます。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81XUHU32k2L._SL1500_.jpg

6段階のスピード調節機能で3.3Lの容量まで使用することができます。ビーター、フック、泡立て器がついており、回転軸とツールがそれぞれ逆方向に回転します。付属のボウルは食洗器での洗浄が可能。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51z7S-VtVML.jpg

多くのスタンドミキサーをご紹介しましたが、気になる商品は見つかりましたか?選び方のポイントは、容量はどれくらい欲しいのか、速度段階はどれだけ必要なのかなど、自分の使用する目的や作る量などを考慮した上でそれに見合った商品を選ぶことが大切です。その上で、購入者の評価や口コミを参考にしてみるのも良いですね。調理工程を手際よく進めてくれるスタンドミキサー。お気に入りの一台が見つかると良いですね。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51D3ySDwEzL.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono88909694-140318-02.jpg