Wegahmqrnnhxxrn01vcq

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

唇が切れるのはなぜ?原因とおすすめの対処法・予防法をご紹介!

2018.07.26

唇が切れる原因は何だろう?頻繁に唇が切れる場合は何かとストレスになります。きちんとケアしないといけないと分かっていいても、時間が無くてあまりケアできていない人もいるはずです。そこで今回は、唇が切れる原因とおすすめの対処法や予防法も合わせて紹介していきます。

  1. 唇が切れるといつも痛みと向き合う必要が出てくる
  2. 唇が切れると潤った唇を手に入れるのは難しいと不安になることも
  3. 唇が切れる原因は何?
  4. 唇が切れる原因①:乾燥
  5. 唇が切れる原因②:食生活に問題がある
  6. 唇が切れる原因③:紫外線によるもの
  7. 唇が切れる原因④:ウイルスに感染している
  8. 唇が切れる原因⑤:入れ歯によるもの
  9. 唇が切れる!おすすめの対処法は?
  10. 唇が切れる!おすすめの対処法①:原因が乾燥の場合
  11. 唇が切れる!おすすめの対処法②:原因が食生活である場合
  12. 唇が切れる!おすすめの対処法③:原因が紫外線によるものの場合
  13. 唇が切れる!おすすめの対処法④:原因がウイルスに感染している場合
  14. 唇が切れる!おすすめの対処法⑤:原因が入れ歯によるものの場合
  15. 唇が切れるのを防ぐおすすめの予防法は?
  16. 唇が切れるのを防ぐおすすめの予防法①:オリーブオイルを使ってクレンジングする
  17. 唇が切れるのを防ぐおすすめの予防法②:リップパックをする
  18. 唇が切れるのを防ぐおすすめの予防法③:眠る時はマスクをする
  19. 唇が切れるのを防ぐおすすめの予防法④:唇や周辺を舐めないようにする
  20. 唇の保湿を助けるおすすめのリップクリームを紹介!
  21. 唇の保湿を助けるおすすめのリップクリーム①:エテュセ リップエッセンスa
  22. 唇の保湿を助けるおすすめのリップクリーム②:ユニリーバ ヴァセリン ペトロリュームジェリー リップA レギュラー10g
  23. 唇の保湿を助けるおすすめのリップクリーム③:ロゴナ リップクリーム&キャレンデュラ
  24. 唇の保湿を助けるおすすめのリップクリーム④:M・A・C プレップ プライム リップ
  25. 唇の保湿を助けるおすすめのリップクリーム⑤:花王 キュレル リップケアクリーム
  26. 原因を知って対処法や予防法を実践しよう
引用: https://publicdomainq.net/images/201609/09s/publicdomainq-0000443ivz.jpg
唇が切れると口を開けるだけでも痛いという状態になります。飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりするだけで痛みを感じることも珍しくありません。日常的に痛みと向き合うとなると、それがストレスになる可能性も十分あります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/41/41c9a2e134dc4917bbcc644ddba02a19_t.jpeg
実際に唇が切れてしまうと、原因を知りたい気持ちの前に対処法を知りたいという気持ちが強くなります。今の時点で唇が切れていて悩んでいるという人は、対処法からチェックしてみるのもいいでしょう。口を開ける度に痛みやヒリヒリした感覚を味わうのはうんざりという人は特にチェックしておきましょう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_2867286.jpg
定期的に唇が切れていると、自分には潤った唇を手に入れることは難しいんだと諦めてしまいがちです。しかし、予防法に徹底的に取り組むことで徐々に唇に潤いを取り戻すことは可能です。今回は唇が切れることに対する原因だけでなく、対処法や予防法についても紹介します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2a/2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3_t.jpeg
潤いのある唇を手に入れるのは無理かもと思っている人は、チェックしてみましょう。気軽に取り組むことができる予防法もたくさんあります。自分にぴったりな予防法を見つけて、唇が切れないようにするためのケアに取り組んでみましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9b/9b8f21ca04feb65d22d5263dd463e5ea_t.jpeg
唇は切れると痛みがあったり、ヒリヒリしたりと何かと悩みの種になるものです。まずは、唇が切れる原因は何なのかを簡単に紹介していきます。今回紹介する原因のほとんどが、自分で日常生活を送る上で注意すれば避けることができます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/61/61d95eefc1872adcbbf6f0c148d74440_t.jpeg
ただ、唇が切れる原因をチェックするのではなく、自分の生活をどう改善すべきかも考えてみましょう。そうすることで、慢性的に悩まされている唇が切れることへの悩みも随分軽くなるはずです。これが原因かもと思うことがあれば、今後はそれを避けるようにする努力をするようにしましょう。
引用: http://gahag.net/img/201604/26s/gahag-0080212898-1.jpg
唇が切れる原因として最もメジャーなのが、乾燥によるものです。唇がカサカサするなと思ったらまずは過ごしている環境を改善することが大切です。唇は、もともと皮膚が薄いので保湿を維持することは難しい部分になります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7d/7de03a8b5d3fa9a673e3429449e26c6d_t.jpeg
そのため、水分不足による乾燥はもちろんですが室内の温度調節の仕方にも大きく関係します。暑い夏は冷房の中に一日居るという人や、寒い冬は暖房の中に一日居るという人は要注意です。唇の乾燥の原因は、過ごす環境にもあるということを認識しましょう。
乾燥がひどくなると、唇のあらゆる部分が切れます。また、皮が剥けてくることもあるので注意しましょう。時には、唇の端が切れることもあります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/38/38c80c991b9ae168c19f9782b48a07b0_t.jpeg
唇が切れる原因は、食生活にも大きく関わっています。特に、ビタミン不足になると唇は切れやすくなります。具体的には、ビタミンB2やB6が不足すると皮膚の再生を促したりする役割が少なくなってしまいます。それに伴い、唇が切れやすい状態を作ってしまうということになります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/86/86a8b1084c86410f7bc1206abe931d59_t.jpeg
食生活が偏りやすい食事や無理なダイエットが原因で、唇がきれやすくなることもあります。十分に注意しておきましょう。サプリでビタミンを補っているという人も最近は多いですが、不十分なことがほとんどです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/70/7020b2be709e19b92578b7363e2cd0c6_t.jpeg
唇が切れる原因には、紫外線も大きく関係しています。唇も実は日焼けをします。そのため、紫外線が強い日に唇に何の日焼け対策もしないで外に出るのはおすすめできません。紫外線を浴びた唇は、ガサガサして荒れてしまいます。そして、結果的に唇が切れる原因の一つになるという訳です。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-_A6aKYIGbf8/UOJXnVPCmQI/AAAAAAAAKH0/CHFd0OPz0Hk/s1600/virus_character.png
唇がウイルスに感染している場合も、唇が切れる原因になります。具体的には、カンジダというウイルスに唇が感染することで切れやすくなります。もともと、唇を舐める癖がある人は特に唇が常に湿っている状態を維持しやすくなります。それが結果的に、ウイルスが増えやすい環境を作ってしまいます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b4/b4315b4839f52b7157b4eb28e296ac05_t.jpeg
唇がよく切れるなと思ったら、入れ歯を使っている人は入れ歯を疑ってみましょう。入れ歯が原因の可能性があるのと驚く人もいるでしょう。実は、入れ歯が自分の口にぴったりと合っていない場合は、唇が切れやすくなるということが分かっています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/32/32a66951f3d357985bedf49fb429a23a_t.jpeg
目安としては、入れ歯を使い始めてから1年くらいを振り返ってみて下さい。その間、唇が切れることが続いているという場合は、入れ歯が原因の可能性が高いです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/41/41ec6160c880736d81b259ddba1b9f87_t.jpeg
ここからは、唇が切れることに悩んでいる人に対しておすすめの対処法を紹介していきます。原因別におすすめの対処法は紹介していくので、しっかりとチェックしましょう。難しい対処法は一つもありません。原因をきちんと理解できてさえいれば、紹介する対処法も実践できるはずです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/0b/0bc885a341f70704d5da8a237b67301e_t.jpeg
唇が切れる原因が乾燥の場合は、日頃から唇の保湿を意識する生活をするようにしましょう。空調を使っている環境で過ごす時点で、あれこれと自分で工夫をすることが大切です。一番簡単なのは、保湿性の高いリップクリームをいつも持ち歩いて保湿するという対処法です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/86/8614bc0d6d9bef47113bb514ce19c06b_t.jpeg
仕事の関係上、一日中室内で過ごすという人も多いでしょう。そうなると、こまめに唇を乾燥から守る対処法は限られてきます。ドラッグストアに行けば、保湿性の高いリップクリームはたくさんあります。これだと思うものがあれば、早速使ってみるといいでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ca/ca401077e292b1c083cad08472ff2f88_t.jpeg
毎日の食生活を振り返ってみましょう。外食の比率が多かったり、ファストフードや惣菜ばかり食べている場合はビタミンが不足している可能性が高いです。また、日頃から野菜をあまり摂取していないという人はできるだけサラダを食べるようにしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a1/a12bc86e48d67547c493f3a5c37acb16_t.jpeg
唇が切れやすくならないためには、ビタミンB2やビタミンB6を補うことが大切です。これらのビタミンはヨーグルトや豚肉、レバーなどに多く含まれています。唇が少しでも切れにくいようにするための対処法を食事から実践したいという人は、積極的に取り組みましょう。
引用: https://i1.wp.com/lh3.googleusercontent.com/-5DuVXeygEVE/V3YBOkb8tzI/AAAAAAAAJe0/XVtmCdALuAIvXuf2LObfcwjsPG1IkMPmgCHM/w700-o/DSC00663.JPG?ssl=1
唇が切れる原因が紫外線にある場合、日焼け対策が一番の対処法です。唇にワセリンを塗ったりするのもおすすめです。また、紫外線が強い日にはできるだけ帽子を被ったり日焼けしにくい服装をしたりしながら対処法を実践しましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/41/4190992daab245eba7def11d800b6ff3_t.jpeg
ワセリンは、ドラッグストアに行けばすぐに購入することができます。また、値段もそれ程高くないのでお財布にも優しいと言えるでしょう。唇が日焼けすると、唇が切れるだけでなく皮も剥がれてしまいます。それを自分で剥くというのは止めましょう。
引用: https://i0.wp.com/sozaikoujou.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/01/th_maru_baikin_fine.png?resize=600%2C600&ssl=1
先ほど紹介したように、カンジタのウイルスに感染している場合はまずは唇の乾燥を避けましょう。そして、ウイルスが繁殖するのを防ぐために唇や肌の保湿をするようにしましょう。唇がウイルスに感染するのを避けるには、乾燥を避ける対処法をすることがおすすめです。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-vMYBHL8119U/U2srmL8GAzI/AAAAAAAAf0c/ayDYooS9yI8/s800/ireba_ojiisan.png
自分に合った入れ歯を使用する、これが一番の対処法になります。自分にぴったりの入れ歯を選ぶには、入れ歯の高さも選ぶ基準の一つにしましょう。高さがどうしても低い入れ歯は、唇が切れやすい環境を作ってしまいます。高さが低い入れ歯は選ばないようにするということも、対処法として覚えておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/99/99fca4eed59f82116898bd1821c82c0d_t.jpeg
ここからは、唇が切れるのを防ぐための予防法について紹介します。原因や対処法については、ザックリと把握することができたはずです。あとは、唇が切れるのを予防する方法について知っておけばある程度のことは対応できるでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/007KZ1868_TP_V.jpg
簡単にチャレンジできるものばかりなので、これいいなと思ったものがあればトライしてみましょう。小さな心がけが、唇が切れることを予防するという大きな予防につながります。どうせなら、楽しみながら唇が切れにくい予防をした方が長続きします。
これまで唇が切れるのを防ぐ予防をあまりしたことが無いという人も、お試し感覚でチャレンジしてみるといいでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3c/3cb62f0dcc213d0098dbd6b99b43972e_t.jpeg
唇が切れるのを予防したいという人は、化粧を落とす方法から変えていきましょう。オリーブオイルを使って唇も含めたクレンジングをすることで、保湿効果を期待することができます。化粧をする日はほとんどの人が、唇にも口紅やリップグロスなどを使ってメイクをするはずです。
引用: https://illustration.jp.net/wp-app/wp-content/uploads/2015/07/03_04_23-300x300.jpg
いつもは、市販のクレンジング剤でメイクオフしているという人も唇のことを考えて予防法を実践してみましょう。方法はとても簡単です。まず、オリーブオイルとコットンを用意しましょう。そして、コットンにオリーブオイルを染み込ませてクレンジングします。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/34/34b5a9a8d14dfac29f852abdf5319f2e_t.jpeg
これだけで、唇の保湿効果が期待できる予防法を一つ実践したことになります。他にも、オリーブオイルとハチミツを使ったリップケアも存在します。気になる人はチェックしてみるといいでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/78/784c8717e33ceadb2b5774407ba742f9_t.jpeg
これは毎日でもできる唇の切れを防ぐ予防法です。リップパックは、準備すべき材料も少ないのでおすすめです。まず、唇の保湿効果を高めるためのハチミツとワセリンを準備します。そして、それぞれの割合が丁度半々になるように調節します。
引用: https://everygenki.com/wp-content/uploads/2017/06/566da2edeca9108207d5f34f114425c3.jpg
混ぜ合わせたものを今度は唇にそのまま塗っていきます。唇全体に塗り終わったら、唇のサイズに合わせて切ったラップを貼って5分程度そのままにします。それが終われば、リップパックでの予防法は終了です。そこまで時間がかかる予防法でもないので、隙間時間を見つけて気軽に取り組むことができると言えます。
引用: http://gahag.net/img/201510/26s/gahag-0018786172-1.jpg
唇が切れやすい環境づくりをするのを避けたい人は、就寝時にマスクをするようにしましょう。特に、寝ている時に無意識に口で呼吸しているかもという人は、マスクをすると乾燥から唇を守ることができます。
引用: https://pictkan.com/uploads/cache/1145320191/cat-323262-225x150-MM-100.jpg
これは基本的なことにはなりますが、唇や唇の周りを舐める癖がある人はそれを辞める努力をしましょう。そうすることで、唇が乾燥していてもすぐに切れるということもなくなります。どうしても、ぼーっとしている時は無意識に唇を舐めてしまうという人は日頃からガムを噛んだり飴を舐めたりしましょう。
引用: https://publicdomainq.net/images/201707/16s/publicdomainq-0011183vhf.jpg
ここからは、唇の保湿を助けるのにおすすめのリップクリームを紹介します。水分不足になりがちな唇の保湿を保つためにも、おすすめのリップクリームを積極的に活用してみましょう。日頃から、こまめにケアしておくことで唇が切れることも少なくなるはずです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31VuVWmS1%2BL._SY355_.jpg
値段は1500円以下とプチプラではありますが、保湿性も高く伸びも良いので使い慣れていない人にもおすすめです。また、保湿ケアの目的でこちらのリップを使用する場合は同時にプルプルな唇も手に入れることができます。また、リップによってはベタベタするものもありますが、こちらはそんなこともありません。
飲み物を飲む時や食べ物を食べる時にもベタつかないので、ストレスフリーで日常生活を送ることもできます。普通のリップクリームに比べると見た目もおしゃれです。いつもと違う雰囲気で唇のケアを楽しみたいという人にもおすすめの商品です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/419UB9VrzDL._SY355_.jpg
高い保湿性をリップクリームの求めている場合におすすめなのが、こちらの商品です。ベタつかず、サッと唇に塗るだけで自然と保湿性たっぷりの唇に仕上げてくれます。忙しい朝に、丁寧に唇のケアをする時間がないという人にも嬉しい、塗るだけで自然な仕上がりに近づきます。
唇が乾燥しがちな時や、日差しが強い時の日焼け予防として使用するのもいいでしょう。こちらのリップクリームはワセリンが主成分なので、安心して使用することができます。値段も500円以下とかなりプチプラなアイテムであると言えるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71rDHbTAyXL._SY450_.jpg
リップクリームはオーガニックなものを使いたいという人におすすめなのが、こちらです。唇に刺激となる成分は含まれておらず、天然成分のみで作られているので安心して使用することができます。値段も1000円以下とお手頃なので、オーガニック志向な人は一度使用してみるといいでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21gUA7-me5L._SY355_.jpg
メイクをする時にすぐに取り掛かれるタイプのリップクリームを探している人には、こちらがおすすめです。口紅を塗る時の下地として使用することができるので、バッチリメイクしたいという時も安心です。口紅の下地として塗っておくだけで、乾燥知らずの唇を手に入れることができます。
値段は1本2000円程度と少し高いですが、かなり優秀なコスメなので一度使用してみることをおすすめします。特に、口紅を使う頻度が高いという人にはおすすめできるアイテムです。これとは別に、日常で使用するリップを使うことで完璧な保湿ケアをすることができると言えるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/719oNx0ZAPL._SY450_.jpg
フェイスケアなどで有名なキュレルのリップクリームも保湿性があるので、おすすめです。スキンケアは全てキュレルで揃えているという人は、リップクリームも揃えてみるのもいいでしょう。唇が荒れやすいという人も、予防の意味で日常的に使用してみるといいでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711DtgFaTVL._SY450_.jpg
また、こちらのリップクリームにはホホバオイルが配合されているので唇の奥深くまでしっかり浸透しやすいです。リップクリームは香りが付いているものは苦手という人にも安心で、こちらは無香料です。男性女性問わず、利用しやすいデザインのリップクリームです。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-24EA977-y4w/UZ2VCrbgcOI/AAAAAAAATtE/4GTMWl09XVk/s800/kuchibiru1.png
今回は唇が切れる原因や対処法、そして予防法について紹介しました。これまで、唇が切れやすいことに悩んでいたという人は早速予防法を実践するようにしましょう。また、食事も出来れば栄養バランスを考えて摂取するようにしましょう。日頃から、コツコツ唇が切れないように努力をすることで快適な生活が出来る可能性も高まります。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://01.gatag.net/img/201504/05l/gatag-00000431.jpg