E9wiaghgil8kdc9haqbo

シャンプー

CATEGORY | シャンプー

白髪ぼかしと白髪染めの違いは?かかる時間・費用・方法も比較!

2019.12.10

ムースを使った白髪ぼかしやハイライトの白髪染めなど白髪の染め方に種類があることを知っていますか?本記事ではシャンプーの方法やかかる時間、ムースは何を使えばいいのか、ハイライトとは何なのかという方に向けて白髪染めと白髪ぼかしの違いをご紹介します。

  1. 「白髪染め」と「白髪ぼかし」の違いを解説!
  2. 「基礎知識」白髪染めと白髪ぼかしの違いとは?
  3. 白髪ぼかしは「CIELOのムース」できれいに仕上がる!
  4. 白髪染めは「ハイライト」でおしゃれに染まる!
  5. 「白髪染め」にはどんなメリット&デメリットがある?
  6. 「白髪ぼかし」のメリット&デメリットとは?
  7. 白髪染めと白髪ぼかしの違い1「料金の相場は?」
  8. 白髪染めと白髪ぼかしの違い2「かかる時間は?」
  9. 白髪染めと白髪ぼかしの違い3「具体的な方法」
  10. 「まとめ」白髪染めと白髪ぼかしは仕上がりに差がある!
白髪染めと白髪ぼかしは似ているようで「髪を染める色」や「染めた後の仕上がり」に違いがあります。本記事では白髪ぼかしと白髪染めのそれぞれのメリットとデメリット、かかる費用や時間、具体的な方法について解説します。

そもそも白髪染めとはなに?ハイライトが有効?

自分で「白髪染めカラー」や「白髪染めシャンプー」など市販品で染める場合と「美容院」でシャンプー&カラーを頼む場合があります。「白髪を黒く染めること」を表していることが多く、またこの後に触れていきますがハイライトという染め方にすることで仕上がりがきれいになります。

白髪ぼかしは白髪染めと何が違う?

自分で「泡タイプのムース」など市販品で染めるか「理容院」でシャンプー&カラーを頼む場合があります。白髪ぼかしは町の床屋など理容院のメニューにあることが多く、白髪染めと比べて「白髪を染めたことが目立たない」仕上がりになります。また白髪染めは黒に染めますが、白髪ぼかしは灰色系の「グレーに染める」といった違いがあります。

シエロのムースはどんな特徴がある?

シエロのムースには「ワンプッシュでムースが出てくるため片手で手軽に白髪ぼかしができる」や「15種類以上のカラーバリエーションがある」といった特徴があります。また白髪染め特有の香りを抑えた商品があります。

シエロのムースの成分は?

シエロのムースの成分は、毛髪を保護する「グレープシールドオイル」や「ユーカリオイル」またうるおいキープやケア成分の「海洋コラーゲン」や「アロエエキス」が含まれています。白髪染めは髪が傷みやすい傾向がありますので、保護成分やうるおいが保てる成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

ムースタイプ以外の白髪ぼかしは?

白髪ぼかしにはムースの泡タイプ以外にも「液状タイプの白髪ぼかし」や「クリームタイプの白髪ぼかし」があります。シエロのムースは、初心者でも自分で染めやすいように液垂れしにくいことやボタンを押すだけで泡が出てきます。

白髪染めのハイライトとは?

白髪染めのハイライトとは、メッシュのように髪の一部を明るいトーンにすることで「明暗があるトーンになり髪の毛の流れで白髪が目立たない」や「黒一色で染めたときより髪が伸びたときのケアが楽になる」といった効果があるテクニックになります。

ハイライトは白髪染めで自然な仕上がりになる!

ハイライトにすることで白髪染めした後の「色のムラが目立たない」自然な仕上がりになります。また髪が伸びてきたときに、普通の白髪染めだと「黒と白で白髪が目立つこと」がありますが、ハイライトにすると髪色のトーンと合わさり白髪が目立たない特徴があります。

ハイライトの入れ方は?

白髪染めをハイライトにする場合は「普段よりも明るめのカラーにすること」や「メッシュのように間隔は細めにハイライトを入れていくこと」がポイントになります。全体の髪色のトーンが明るくなることで白髪が目立たないヘアスタイルになります。

白髪染めのメリットとは?ハイライトの価格はいくら?

白髪染めのメリットは、染毛力が高いため髪が染まりやすいことや自分で染める場合は料金が安いことが挙げられます。またハイライトは、明るめのトーンのカラーリング剤を複数つかうことで値段が高くなることがあります。

白髪染めのデメリットを紹介!ハイライトの注意点はある?

髪の毛が伸びることで白髪が目立つようになるため「1カ月ごと」など定期的に白髪染めする必要があります。美容院で白髪染めをすると料金がある程度かかるデメリットがあり、またハイライトは「全体的に白髪が多いときは効果が期待できない」といった注意点があります。

白髪ぼかしのメリットとは?ムースがおすすめ?

白髪ぼかしのメリットは、グレー系に染めることで黒髪となじみやすく白髪が目立たないことや比較的に料金が安くなることがあります。またムースタイプは泡で出てくるため液が垂れづらいことや全体になじみやすいメリットがあります。

白髪ぼかしのデメリットを紹介!ムースの仕上がりは?

料金は低価格ですが、濃いめの色合いにすることができないことや定着力がやや低いことがデメリットになります。またムースは髪にやさしい成分を配合しており自然な仕上がりになりますが、ヘアカラーをした後に、より明るい髪色にすることができないデメリットがあります。

白髪染めにかかる料金の相場は?

白髪染めにかかる料金は自分で染める場合は、カラーリング剤の料金ですので「1,000円以下」が相場になり、美容院でシャンプー&カラーを頼む場合は「2,000円から5,000円」が相場になります。カット料金込みの場合があるため自分で染めた方が安く済みます。

白髪ぼかしにはいくら料金がかかる?ムース代の価格は?

白髪ぼかしにかかる料金は自分で染めるなら「1,000円ほど」が相場になり、理容院でシャンプー&カラーを頼む場合は「1,500円から3,000円」が相場になります。白髪染めに比べてやや安い傾向があり、またムース本体の価格は「1,000円以下から2,000円」ほどが相場になります。

白髪染めは短時間でできる?ハイライトの場合は?

白髪染めにかかる時間は「30分」ほどですが、美容院で頼む場合や自分で染めるのに慣れている場合は15分ほどで済みます。またシャンプー&カラーに乾燥させる時間を含めると1時間ほどになります。ハイライトなどの方法にするとカラーに+15分ほどかかることがあります。

白髪ぼかしにかかる時間は?

白髪ぼかしにかかる時間は「30分」ほどになり白髪染めとほぼ変わらないことが一般的です。シャンプー&カラーに乾燥を含めると1時間ほどになり、理容院では白髪ぼかしの乾燥時間にヒゲソリがセットになっている場合があります。

白髪染めの方法を紹介!

白髪染めのカラーの方法は、まずは生え際や前髪、後ろ髪や耳周り、後頭部など髪の部分ごとにブラシで染めていきます。染め終わったら乾燥させて、しっかりすすいでからシャンプーをして、最後に仕上がりを確認して完了になります。白髪染めの液がハネて汚れないように床などに新聞紙を敷いておくなど「染める前の準備」が必要です。

白髪ぼかしの方法とは?ムースを使う?

白髪ぼかしのカラー&シャンプーの方法は、白髪染めと同じ要領で染めていくことになり、美容院よりも理容院で行っていることが多くあります。自分で染める場合はムースを使うか「白髪染めシャンプー」を日用使いにすることで徐々に髪が染まっていき、定期的に染めるのが面倒な方におすすめになります。
白髪ぼかしと白髪染めの違いについて、価格や時間、具体的な方法などをご紹介しました。白髪染めと白髪ぼかしには仕上がりに差がありますので、自分が求める染め方に合わせた方法を選ぶようにしましょう。