Pkoyscxg8jzxrzc3mdil

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

保湿マスクおすすめ厳選ランキング5!睡眠時にのどを守るために!

2018.07.24

のどや口周りの肌の保湿方法を真剣に考えるならば、睡眠時にしっかりマスクをして眠るのがおすすめです。健康効果のみならず美容対策にも使える保湿マスクを今回はランキングでご紹介!ランキングには繰り返し使用できる、おすすめのお得商品もありますよ!

  1. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!繰り返し使用可なものも?:マスクをすることでの効果!
  2. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!繰り返し使用可なものも?:保湿マスクはサイズが重要
  3. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!繰り返し使用可なものも?:柔らか素材をチョイス
  4. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!:睡眠用には紐なしがおすすめ
  5. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!:【第1位】洗って繰り返し使用可
  6. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!:【第2位】美肌作りにも!?
  7. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!:【第3位】外出先でも使いやすい
  8. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!:【第4位】香るアロマに癒されて
  9. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!:【第5位】機内も花粉も怖くない
  10. 保湿マスクおすすめ5ランキング!睡眠時にのど・肌を効果的に守るベスト方法!:【まとめ】
Uvjswlrjrfealif4xby3
引用: https://www.pinterest.fr/
乾燥の季節でなくとも意外に私たちの生活は、乾燥が著しい場所にいることが多いものです。冬場はもちろんですが、その対策としておすすめしたいのが睡眠時の保湿マスクの着用。日中乾燥で痛めつけられたのどや顔の肌、唇を、保湿マスクによってきちんと眠っているうちにリペアしようというわけです。粘膜系の器官は乾燥すると病原菌やウイルスが侵入しやすくなる上に、アレルギー物質にも炎症を起こしやすくなってしまうので、数種のアレルギーを持っていて年中症状に悩まされているという人は、せめて就寝時は毎日でも保湿マスクを着用した方が確実に改善されるでしょう。
Y8ivd6bwfxbxrcnwautb
引用: https://www.pinterest.fr/
睡眠中は自分では気づきませんが、リラックスした弛緩状態で口元が開き、口呼吸をしてしまって喉を痛めてしまうことも多いのです。マスクをすればそれが原因で朝、喉が痛くて声がガラガラ・・・ということもなくなり、顔の下半分の肌にもしっかり潤いが与えられているので、気になるシワやたるみが薄くなってきたり、荒れた唇も健康なハリを取り戻すことが可能になります。
Qhvdbuhpcrgx3qbwxp9m
引用: https://www.pinterest.fr/
M6a0wetuaedpcinofgdg
引用: https://www.pinterest.fr/
保湿マスクに限らず、身につけるものは自分サイズのものをセレクトすることは大事ですよね。マスク選びにおいては、顔とマスクの間に隙間ができているような状態であると、隙間からウイルスや花粉・ホコリなどアレルギー物質が侵入してしまいますし、保湿効果も逃げて行ってしまうので気をつけなければなりません。反対に小さすぎるとマスクがぴったりしすぎて、かけひもが突っ張りすぎて耳が痛くなってきたり、保湿効果があだとなって呼吸に必要な空気も通りにくくなり、息苦しくなってしまいます。
Bft2y5svgpahcubbxsqi
引用: https://www.pinterest.fr/
試着が難しいマスクの、自分に合ったサイズを知る目安ですが、耳の上の付け根から鼻の付け根までの長さがおよそ12センチから14センチであるならば、「ふつうサイズ」もしくは「レギュラーサイズ」と表記されているもので問題ないでしょう。この最小数値以下ならば小さめと表記されているマスクを、そして14センチより長ければ大きめサイズのマスクを選ぶと、自分に適したマスクになることでしょう。
Qeiyhcwo8jw62glirei8
引用: https://www.pinterest.fr/
保湿マスクは粘膜保護のために潤っているので、裏を返すと常にマスク内が湿った状態なので、雑菌が繁殖しやすい環境であると言えます。さらに硬い素材だと肌がこすれて吹き出物ができてしまったりするので、しっかり商品説明や評判を調べて刺激が少ないソフトなものを選びましょう。
K80khrlfm5bht4djd1yp
引用: https://www.pinterest.fr/
Ug01thjwkxfdiqfovoay
引用: https://www.pinterest.fr/
朝、起きて見たら、かけていたはずのマスクが口元になく、布団の中から丸まって出てきた、という経験はありませんか?フィットしすぎていたり、紐タイプだと硬さが耳に痛くなって無意識のうちに外してしまうからです。睡眠用にはゆったりフィットというものや、貼り付けて使用するタイプのものを選ぶのがおすすめですよ。
F2zfy6rd3gaq4socofrb
引用: https://www.pinterest.fr/

ぬれマスクン(三晴社)

J8gcyp0itv3ugsbpnbma
引用: https://www.pinterest.fr/
毎日使うならば、使い捨てはちょっとバカにならない費用になり、繰り返し使えるのがあれば経済的にも嬉しいですよね。この商品はフィルターを水で湿らせてマスクに仕込んで装着するタイプのため、洗って何度も繰り返し使用できるという優れもの。効果も湿度90パーセントの状態を8時間もキープしてくれますよ。2枚で最高10回まで繰り返し使えます!
Nibln7kw6vthdmzhmiap
引用: https://www.pinterest.fr/

購入用販売価格参考リンク先

980円前後から販売されています。

フィッティ うるおいマスク(玉川衛材)

Jgqt2fmhv3fvweipkdrk
引用: https://www.pinterest.fr/
美肌作りに欠かせないヒアルロン酸と、リピジュアという高い保水力を誇る成分が配合された保湿マスクです。風邪のときに鼻のかみすぎで鼻の下がガサガサで赤らんでしまう・・・などというトラブルもしっかりケアできます。乾燥でシワが目立ちやすい小鼻脇あたりも、これさえあればほうれい線しらずです。
Auwisboccloddwqma13g
引用: https://www.pinterest.fr/

購入用販売価格参考リンク先

350円前後から販売されています。

のどぬ~るぬれマスク 立体タイプ 無香料(小林製薬)

C6ub9hwnzqdxajj8qn71
引用: https://www.pinterest.fr/
のどケアに定評ある、のどぬーるの保湿マスクバージョン。ぬれフィルターという付属品を、マスクポケットに挿入するだけの手軽さです。かけ紐もゆったりして耳が痛くなりませんし、無香料なので敏感肌の人がかけても安心ですよ。
Nnha0sbbcmworbsci1qr
引用: https://www.pinterest.fr/

購入用販売価格参考リンク先

290円前後から販売されています。

加湿ぬれマスク のどスッキリ ハーバルジンジャー(サニーク)

Zok75mue1duafintiwah
引用: https://www.pinterest.fr/
ハーバルジンジャーの喉に良さそうな香りがつけられており、寝つきが悪い人にアロマで心地よい導眠効果も期待できる保湿マスクです。マスクにこもった臭いが嫌だという人にも、爽やかな香りで快適に長時間使用できるのでおすすめなマスクです。
Bl6oecnb5aehmbal2v0n
引用: https://www.pinterest.fr/

購入用販売価格参考リンク先

240円前後から販売されています。

機内用 新ハイテク保湿マスク(ゴーウェル)

Icgmudiag6fha4hthaft
引用: https://www.pinterest.fr/
メガネをかけている人には、マスクはどうしても漏れる空気でメガネが曇るという難点がありますが、このマスクならば、鼻にぴったりフィットするのでそのデメリットがクリアされています。超高性能特殊フィルターで花粉もウイルスもしっかりシャットアウトしてくれます。
Zgv1z4xfrakgxuou9yci
引用: https://www.pinterest.fr/

購入用販売価格参考リンク先

機内用 マスク 2枚セット
価格 ¥ 391
サイズ:173×87mm 重量:12g 材質:ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリエステル、ポリエチレン 生産国:日本
390円前後から販売されています。
Yqxxlvqxmm61qrhpsojt
引用: https://www.pinterest.fr/
私たちの生活は乾燥に気をつけなければならない冬場以外でも、実は結構乾燥の影響があるところにさらされていることが多いのです。飛行機、ホテル、空調の利いたオフィス・・・。睡眠中も気づきにくいですが口呼吸をしていることも多々あるので、のどを痛めたりしやすいもの。マスクは見た目から、ちょっと出先ではかけにくいという方は、せめて睡眠中はまめにかけておいたほうがよいでしょう。乾燥からのど・口周りの肌を守って、痛みと荒れ知らずの健康な毎日を!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pinterest.fr/