Tvae8dwouwcicmfyiqhd

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

お風呂のカビに線香が効果的ってホント?おすすめの予防法も紹介!

2018.07.30

お風呂は天井や排水溝に汚れやカビが付きやすく、簡単に洗剤で落すことも難しい為予防法やおすすめの取り方は知っておきたいものです。線香がカビ取りにおすすめなのは本当なのか、片栗粉はお風呂掃除に使えるのか、などお風呂のカビの取り方や予防法についてまとめています。

  1. お風呂のカビに線香が効果的?おすすめの予防法を紹介
  2. お風呂掃除に片栗粉!その意外な効果とは?
  3. お風呂のカビや汚れ!どこに溜まりやすいのか
  4. カビ汚れに線香が効果的!その情報は本当か
  5. お風呂のカビの取り方!抑えておくべきポイントとは
  6. お風呂のカビの取り方1:漂白剤を使う
  7. お風呂のカビの取り方2:根気よくこする
  8. お風呂のカビの取り方3:カビ取り剤を使う
  9. お風呂掃除は大切!ポイントを抑え正しい方法で
  10. 豆知識として!クエン酸はカビに効果がある
  11. お風呂のカビを予防する!その対策とは?
  12. お風呂のカビの予防方法1:水分は極力残さない
  13. お風呂のカビの予防方法2:熱湯を使う
  14. お風呂のカビの予防方法3:換気扇を回す
  15. 予防法も把握しておこう!細かな注意で変えられる
  16. 綺麗に保ちリラックス!お風呂の掃除はマメに
お風呂は雑菌なども繁殖しやすくカビも発生しやすい場所になります。そのため日頃からマメに掃除をすることが大切ですが正しい方法で行うことが重要です。ここからはお風呂のカビに線香が効果的なのは本当なのか、そしておすすめの予防法や掃除方法を説明していきます。
Zmndc0u82wamn9gvchbr
引用: https://www.instagram.com/p/BbVHSo_AHEw/?hl=ja&tagged=%E3%81%8A%E9%A2%A8%E5%91%82%E3%81%A7%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

片栗粉は漂白剤と併せて使うことで効果を発揮

お風呂掃除はマメに行うことが大切ですが、豆知識として知っておきたい情報も実は多くあります。その一つに、片栗粉がお風呂の掃除に活用できるというものがありますが、片栗粉は漂白剤と併せて使うことでお風呂掃除に役立ちます。

ピンポイントでカビを狙えるため落としやすくなる

漂白剤を使ってカビを落とすのは有名な方法ですが、片栗粉と混ぜることである程度の塊になるためカビに対してピンポイントで長い時間漂白剤を浸透させることが可能です。カビの取り方としても効果的ですしおすすめの方法となりますので把握をしておくことで掃除もしやすくなります。

天井やエプロンはカビなど菌が発生しやすい

お風呂は雑菌やカビが多く発生する場所になりますので、マメに掃除をすることは大切ですが中でもカビが発生しやすい部分があります。それが天井やエプロンで、天井は水滴が残りやすくカビにとって快適な環境に自然となってしまいます。そしてエプロンとは浴槽部分のカバーのことですが、あまり掃除をする機会もないためカビは知らぬ間に繁殖を続けます。

繁殖しやすい天井などは重点的に掃除をしよう

排水溝もカビなど菌が発生して繁殖しやすい場所になりますので掃除はマメにしておくことでお風呂を清潔に保つことができます。この様なカビなど菌が増えやすい場所を知っておくこともお風呂掃除をする上では大切です。

お風呂のカビに線香が効果的なのは本当

お風呂のカビ掃除にはお風呂用の洗剤などを使うことが一般的です。よく耳にする情報として線香がカビの取り方として効果的というものがありますが、これは本当の情報になります。カビの取り方として実はいくつかのサイトでも紹介がされているものです。

天井や換気扇のカビに対して効果を発揮

お風呂のカビ掃除にはお風呂用の洗剤などを使うことが一般的です。よく耳にする情報として線香がカビの取り方として効果的というものがありますが、これは本当の情報になります。カビの取り方として実はいくつかのサイトでも紹介がされているものです。

正しい方法でのカビの取り方は知っておくべき

豆知識として線香を使うという簡単でおすすめなカビの取り方がありますが、やはり基本的な知識としてのカビの掃除方法は知っておくべきです。お風呂は正しい方法で掃除をしなければすぐにまたカビは繁殖をしてしまいます。

きちんと掃除ができる様に取り方は把握

ここからはお風呂のカビ掃除の基本となる取り方をいくつか挙げていきます。知っているのと知らないのとでは大きな差がありますので、きちんと理解をして掃除を行なえる様にしておくことが大切です。

漂白剤はカビ用のものを使うのがおすすめ

まずはじめになるお風呂のカビの取り方は、一番有名でもありますが漂白剤を使うということです。先ほどもあった様に片栗粉と混ぜあわせることでより効果を発揮しますし、カビの取り方として漂白剤の使用は当然のことです。

取り方として少しカビから離して吹きかけよう

カビ用の漂白剤を使うことがおすすめで、片栗粉を一緒に使えば粘り気が出てカビに対してピンポイントで付着させることができますのでカビ取りにはおすすめの技です。カビ用の洗剤をカビに吹きかける時は少し離して行うことが重要なポイントとなります。

取り方の基本で洗剤と片栗粉を混ぜたものをつけて時間をおく

そして根本的なことになりますが、カビを撮るには根気よくこするということも必要です。当たり前のことですが一番カビを除去する上では必要ですし体力も使う作業になります。この時には洗剤と片栗粉を併せたものを吹きかけてから時間をおくことがポイントです。

掃除用のブラシでも歯ブラシでもOK

少し時間をおくことでカビが浮いてきてくれますので取りやすくなります。そして使う道具としてはブラシがおすすめで、わざわざ購入をしなくても歯ブラシでもカビ取りには使えます。案外簡単にブラシでこすれば取れるカビもありますので、しつこいカビ汚れになる前に行うことも大切です。

カビ用洗剤を使うことはおすすめの取り方で簡単

そしてこちらも重要なポイントになり、お風呂のカビの取り方としてカビ取り剤を使うことで効率よく掃除をする事が可能になります。多くの人が使うものではカビキラーがおすすめで、簡単にカビを取ることができます。カビ用洗剤にも使い方にコツがあります。

おすすめ商品はカビキラーで多くの場で購入が可能

カビ用洗剤を使って掃除を行う場合には、カビにかけてから時間を置いてから流す様にします。そうすることでカビは落ちやすくなりますし、しつこいカビ汚れがある部分につけておきその間別の場所を掃除をするなどをすれば、効率よくお風呂の掃除ができるためおすすめの方法です。カビキラーはディスカウントストアや薬局でも売っています。

天井は線香を使いそれ以外はカビ用洗剤で除去

ここまでお風呂のカビを落とすおすすめの方法を挙げてきましたが、特に難しいことをする必要はなく簡単ですので誰でも行うことができます。天井は届きにくいこともありますので先ほど紹介をした線香を使った方法を使いカビを撃退します。それ以外の場所に関しては洗剤と片栗粉を混ぜたものを使って根気よくこすります。

おすすめで簡単な掃除法はネットにも多く掲載

いくら時間をかけていても正しい掃除方法が理解できていなければ効果は期待できませんので、しっかりと把握をしておくことは大切です。おすすめの方法はネット上にも掲載がされていることが多いので、色々と調べてみることも必要となります。

線香や片栗粉以外のカビの取り方の技

線香を使ったカビの除去方法や洗剤と片栗粉を混ぜたものなどおすすめの技はありましたが、実はクエン酸もカビには効果を発揮するものとして知られています。クエン酸は人体にも影響が少なく、カビの予防にも使える事でおすすめで、主に柑橘類に含まれている成分となります。

家にあるものではお酢を使うことがおすすめ

クエン酸にはカビの繁殖を抑える効果がありますし、使い方も簡単でカビ汚れの部分を擦った後に使うというだけです。家にあるもので簡単にクエン酸成分が入っているものとしてはお酢になり、できるだけ長い時間カビに対して付着をさせておくことが大切になります。カビ用の掃除アイテムでもクエン酸が配合されているものがありますので購入することもおすすめです。

取り方だけでなく予防法も知っておくべき

お風呂のカビはしつこい付着となればなかなか簡単には落とすことができないため、できるだけマメに掃除をすることは一つのポイントになります。そしてカビの取り方を知ることも必要ですが予防法を知っておくことも重要となります。いくら綺麗にしても予防ができていなければまたすぐにカビが繁殖してしまいます。

簡単に行えるカビの予防法を紹介

ここからは簡単にできるおすすめのカビの予防法をいくつか挙げていきます。せっかく綺麗にしたお風呂を、できるだけ状態を保つためにも知っておくべきですし知っておいて損はしない情報になります。

水分を拭き取るのは代表的なカビの予防法

まずはじめになるお風呂のカビの予防方法は水分は極力残さないということです。カビは水分がある場所に繁殖しやすいものなので、お風呂は環境的にもってこいの場所となっています。そのため入浴後には水分を拭き取ることでカビの発生や繁殖を防ぐのに効果的です。特に天井部分はしっかりと拭き取ります。

この方法の予防では天井に要注意

天井は拭き取る場所としても忘れがちになる部分ですし、なかなか掃除も行えない場所ですので特に意識が必要です。乾いたタオルでできるだけ水分を残さないようにしておくことは非常にカビの予防として効果があります。

お風呂場を出る時に行う予防法

そして続いての予防法としては熱湯を使うというものになります。熱湯もカビを予防する上では非常に効果的なもので、カビが好む温度は主に20度から30度となります。それ以上の温度にはカビは対応できないため死滅します。そのためお風呂場を出る時に高温のお湯でお風呂の壁や天井などをシャワーで濡らします。

熱湯でカビ菌を無くす効果絶大な予防法

そして乾いたタオルで最後に水分を拭き取るという流れである程度のカビは予防ができますが、拭き取る前にポイントとして冷水をかけることも大切です。湿気を下げる効果もありますし、カビにとって良くない環境づくりをすることが予防には非常に重要となります。

カビの予防法として湿気を下げることは重要

そして最後になるお風呂のカビの予防方法は換気扇を回すというものになります。換気をすることはカビを予防する上で非常に重要なことで、湿気のある場所にカビは繁殖するためお風呂には多くなりますので、湿度をさげるということが大切になります。

換気扇を回すか窓を開けるようにしておく

換気扇がないお風呂に関しては窓を開けることをおすすめします。お風呂に入っている時以外は極端な話し、換気扇はずっと回し続けておく方がカビの予防には効果があります。この予防方法はお風呂掃除のプロの業者も行うもので基本的な知識として知っておくべきものになります。

カビの取り方と同様に予防法も簡単

ここまでお風呂のカビの予防法をいくつか挙げてきましたが、取り方と同様に非常に簡単なものが多く、誰でも行えるものですし少しの気づきで変えれることがわかります。要はカビが住みづらい環境にすることが重要となります。

カビが住みにくい環境にすることが大事

いくら綺麗に掃除をしてもカビが繁殖をしやすい環境にしていては意味がないので、予防法を知っておくことは大事なことです。特に換気は重要になりますので必ずお風呂終わりには換気扇を回すか窓を開ける習慣を身につけておくことが大切です。
お風呂は毎日使うものですので当然汚れやすい場所ですが、一日の疲れを癒す空間ですし綺麗に保っておきたいものです。そのためにも正しい知識でカビの取り方や予防法を知っておくことが必要となります。忙しくしている中でもマメにお風呂掃除は行うべきです。