W7qfamysroqoumjrlknt

趣味

CATEGORY | 趣味

喉を開く方法とは?感覚をつかむ練習方法を分かりやすくご紹介!

2018.07.27

歌を歌うときは喉を開く方が良いということをよく聞きますよね。しかし、具体的にどんな方法で喉を開くことができるかはあまり知られていません。そこで今回は、喉を開く感覚をつかむ練習方法や、開くときのポイントについてわかりやすく紹介します。

  1. 喉を開くことを日頃意識しないのは当然!
  2. 歌を歌う時は喉を開くことを意識するようにしよう!
  3. 歌を歌う時の喉を開くポイント①:あくびをする感覚で軟口蓋を上げる
  4. 歌を歌う時の喉を開くポイント②:喉仏を下げてスペースを広くする
  5. 喉を開く感覚をつかむおすすめの練習方法を紹介!
  6. 喉を開く感覚をつかむおすすめの練習方法①:割りばしを使う
  7. 喉を開く感覚をつかむおすすめの練習方法②: ボイストレーニング器具Be-Vo【ビーボ】
  8. とにかく練習を重ねて喉を開く感覚をつかもう
引用: https://pictogram-free.com/material/461-pictogram-free.jpg
日頃、生活していく上で喉を開く方法にはどんなものがあるか考えたことがある人は少ないでしょう。そもそも、喉をどんな時に開く必要があるのと疑問に思う人もいるでしょう。日常生活の中では喉は閉じられている状態です。そこで今回は、歌を歌う時に限定して喉を開く時の必要性や練習方法について紹介します。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRz6BWHv90jfJSRyIroJeGtatwZT_POPbZKs3_KN3rW12GY-uTB
始めは本格的に歌を練習するつもりはなかったけど、喉の開き方を学ぶにつれてハマる可能性も高いです。ちょっとした趣味として、ボイトレを楽しむのもいいでしょう。とにかくチャレンジすることが大切です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/67/67f26379f4c1a594b2442ba57b26aa28_t.jpeg
歌を歌う時は少しでも、歌声に響きを持たせるために喉を開く必要があります。もちろん、喉を閉めたまま歌うことは可能ですが思うような響きを手に入れることは難しいです。本格的な歌手を目指すわけではなくても、歌を歌う時の喉の開き方については知っておくといいでしょう。
引用: https://peoples-free.com/material/182-peoples-free.jpg
仲間と一緒にカラオケに行った時に、綺麗な喉の開きができればその分歌も思い切って歌うことができます。また、音程を外してしまった場合も声の響きは抜群なのでそれなりに上手く聞こえます。喉を開くポイントをこれから紹介するのでチェックしておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/07/0746d311d53fa2f903779c020dc0c372_t.jpeg
軟口蓋を開くことが俗に言う喉を開くことに値します。軟口蓋は口の奥にあり、自分の目で確認するのは難しいです。しかし、喉を開く感覚としてはちょうどあくびをする時に感じる口が大きく上下に開く感覚を思い出すといいでしょう。
引用: http://farm4.static.flickr.com/3238/2918376129_7a331669ce.jpg
あまりにも喉を開くことを意識しすぎて、あくびをしてしまうと歌も上手に歌うことができません。あくまで、感覚としてあくびをイメージすることで綺麗に喉を開くことができます。ピンと来ない人は、あくびをしてみてどんな感覚なのかをつかむのもいいでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/11/11b5a8595c078fd9b68c374774bbde2c_t.jpeg
歌を歌う時は基本的に、喉仏は下げるということを覚えておきましょう。これは、喉仏を下げることで口の中に広いスペースができて高温も綺麗に出すことができるようになります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/48/48db2bd79c94a72e3ce38b9493dc6295_t.jpeg
ここからは、喉を開く感覚をつかむおすすめの練習方法を紹介していきます。少しでも歌を上手く歌えるようになりたいという人は、チェックしておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8c/8c888a27b1338ced22766de159da053d_t.jpeg
割りばしを使って喉の開き方をつかむ練習方法は、簡単でおすすめです。まず、割りばしを割って2本にします。そして、口を開けて両端に差し込みます。そのまま手で軽く押さえながら上を向いた状態で、喉を開く練習をしましょう。そうすることで、感覚的に喉の開き方をマスターしやすくなります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/414ELQBUY8L.jpg
割りばしを継続的に使うのはちょっと嫌という人は、こちらのグッズもおすすめです。このグッズを使用して喉の開き方をマスターすることで、歌を歌う時もバッチリの体制を作ることができます。繰り返し使用できるので、本格的に喉の開き方について練習したいという人にはおすすめです。
今回は歌を歌う時の喉の開き方について紹介しました。あくびをする感覚や喉仏を下げるということを忘れないようにすれば、あとは練習してコツを掴むまでです。ちょっと友達とカラオケに行った時に差をつけたいという人にもおすすめです。割り箸や今回紹介したグッズを活用して、確実に喉を開く方法をマスターするようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://4.bp.blogspot.com/-Gg6FxjuyvQE/UWLZnR2YG_I/AAAAAAAAPmY/01zslMqT8fw/s1600/uta_girl.jpg