Zu9toox0tp3fvz01gj75

ピンク

CATEGORY | ピンク

タオルがカビ臭い!体への影響は?ピンクのカビなど徹底的に落とす方法!

2018.07.30

洗ったはずのタオルがカビ臭い…。そんなカビ臭いタオルが体に与える影響を知っていますか。実はそのタオルのカビの臭いは普段の使い方が原因かも。カビ臭いタオルの体への影響や、ピンクのカビなどを重曹、煮沸、漂白、キッチンハイターなどで徹底的に落とす方法をご紹介します。

  1. タオルにカビが生える原因と影響
  2. タオルのカビの臭いの落とし方①:煮洗い
  3. タオルのカビの臭いの落とし方②:キッチンハイターなどの漂泊剤を使う
  4. タオルのカビの臭いの落とし方④:影響の少ない重曹
  5. カビ臭いタオルの体への影響とは?
  6. カビ臭いタオルの影響と対策法まとめ
Kyactghosnwkacsiqxja
洗剤と柔軟剤を使ってしっかりと洗ってあるタオルを使う時に、色がピンク色になっていたり、カビ臭いと感じたことはありませんか?一体何が理由なのか分からない、そのピンク色やカビの臭いは、普段の生活習慣が原因となっている可能性が考えられます。

タオルにピンクカビが生える原因

Y51rhkykirz7tnkwqxvr
タオルがピンク色になったり、カビ臭いと感じた時にはタオルにカビが発生している可能性があり、その原因はいくつかあり、1つは使用後のタオルを洗濯するまで放置していることです。タオルで体などを拭いて水分を吸収したタオルは、カビの発生しやすい条件が整います。
他には、選択をする洗濯機にカビ菌が発生しており、タオルを洗濯機に入れることで、洗濯機のカビがタオルに移ってしまっている可能性が考えられます。カビの付着したタオルを使い続けると、身体に悪い影響を受ける場合があるため、気づいたらカビの対策をすることが重要です。
Cuy2hwpozdvtmvuv4p1a
カビの付着したタオルを使い続けるのは、臭く気持ち悪いだけでなく体に悪い影響が考えられるので、綺麗に落とすことがおすすめです。タオルのカビの臭い、ピンク色の落とし方に煮洗いという方法があります。この方法は煮沸するため効果的です。

タオルの煮洗い方法

タオルの煮洗いは、臭いやピンクカビが強く付着している場合に使う方法になります。使う物は、①アルミ製以外の大きな鍋、粉末洗剤大さじ2、酸素系漂白剤小さじ1、水1~2L、菜箸になります。
煮洗いの注意点として、煮沸することになるの弱い繊維などは、傷めてしまう場合があるので注意してください。煮沸する煮洗いの方法は①鍋に粉末洗剤、酸素系漂白剤を入れて溶かします。②沸騰後、弱火にしてタオルを入れ、約5分煮ます。
③5分後火を止めて、菜箸でかきまぜて冷めるまで放置します。④冷めたら40度ほどのぬるめのお湯で、入念に何度か水を変えてすすぎます。⑤手で水を絞って、天日干しをして完了です。この方法は、煮沸することでカビがタオルから取れるため、臭いや汚れが綺麗になります。
続いてご紹介するタオルのカビの臭いの落とし方は、キッチンハイターなどの漂泊剤を使う方法です。食器などの漂白や除菌ができる、市販されているキッチンハイターを使うと、タオルも漂白され嫌な臭いも落ちやすくなります。

キッチンハイターを使った落とし方

必要なものは、バケツ、計量カップ、キッチンハイター、ぬるま湯2L、水を通さない手袋になります。方法は①ぬるま湯1Lをバケツに入れます。②キャップ1/2のキッチンハイターを入れます。③残りのぬるま湯1Lを入れます。
④手袋をして、カビの臭いや色が気になるタオルを入れます。⑤30分放置して、手袋を再度してしっかりとぬるま湯で洗って絞って干して終了です。
最後にご紹介するタオルのカビの臭いの落とし方は、重曹を使って落とす方法です。重曹は比較的影響が少なく、おすすめの方法です。方法は洗濯機に重曹1カップを溶かして、30度ほどのぬるま湯で通常通りに洗濯を行います。この方法は重曹の働きにより、臭いが減少します。
Pozk0xr5n8vwrawf4imv
カビ臭いタオルが体へ与える影響に、肌荒れがあります。カビ臭いタオルには、細菌やカビ菌が付着していることが多く、そのタオルを使って肌を拭くことで、菌が肌に付着します。すると肌で炎症を起こして肌荒れになってい馬います。肌荒れを起こさないためにも、カビ臭いタオルで肌を拭かないように対策することが重要です。
Z7fo8eqj743mqd7lnhxe
タオルがカビ臭い時の体への影響は?ピンクのカビなど徹底的に落とす方法をご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?しっかりと洗ったのに、カビ臭くピンクになった場合は、カビが原因の可能性が高く、放置してしまうと肌荒れなど体への影響が考えられます。
肌荒れなどを起こさないためにも、カビの臭いやピンク色を落とす方法を、しっかりと商品の注意書きなどを読んだうえで、実践してカビを退治しましょう。ご紹介した情報が皆さんの参考になれば幸いです。