Wztzcyxx7gtcokuq9fsy

健康

CATEGORY | 健康

【ヨガマット】安い店を一挙解説!ドンキ・ニトリ・Amazonの徹底比較!

2019.12.11

ヨガを始めると、ヨガマットの購入を検討されると思います。最初はできるだけ安い店でおすすめのヨガマットを購入したいと考えていると思います。そこで今回は、ヨガマットのおすすめの安い店を紹介していきたいと思います。また、安い店での比較もしていきたいと思います。

  1. ヨガマットが必要な理由
  2. ヨガマットの選び方
  3. ヨガマットの種類
  4. ヨガマットのおすすめの安い店【ドンキ】
  5. ヨガマットのおすすめの安い店【ニトリ】
  6. ヨガマットのおすすめの安い店【カインズ】
  7. ヨガマットのおすすめの安い店【楽天】ピュアライズ
  8. ヨガマットのおすすめの安い店【楽天】NeverChange楽天市場店
  9. ヨガマットのおすすめの安い店【楽天】DABADAストア楽天市場店
  10. ヨガマットのおすすめの安い店【楽天】 GARAGE COLLECTION
  11. ヨガマットのおすすめの安い店【Amazon】Soomloom
  12. ヨガマットのおすすめの安い店【Amazon】Trideer
  13. ヨガマットのおすすめの安い店【Amazon】inFIT
  14. ヨガマットのおすすめの安い店【Amazon】GronG
  15. ヨガマットのおすすめの安い店【Amazon】Lucky West
  16. まとめ
引用: http://www.ai-land.co.jp/studio/wp-content/uploads/2016/10/6592c70aa8ee5e9269452c4c41baa73a.jpg
ヨガを始めたばかりの人や、これからヨガを始めようと思っている人は、ヨガマットの必要性がわからないかもしれません。まずは、ヨガマットの必要性について紹介していきたいと思います。

ヨガマットは体を守るために必要

引用: http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2015/08/20150813_suzanne_17.jpeg
フローロングや畳の上でヨガをすると、腰や関節を痛めやすくなります。ヨガというのは、トレーニングのように自分を追い込んだりするものではなく、心身をリラックスさせながら気持ち良くするものです。痛い思いをしながらするのではなく、快適にするものがヨガで、フローリングなどで体を痛めないためにも、ヨガマットは必要になってきます。

安定感を出す為に必要

引用: http://livedoor.blogimg.jp/clubworld/imgs/f/1/f1365aa8.jpg
ヨガは寝転がってするポーズだけでなく、立ったままするポーズもあります。このときにフローリングでは、安定感がなく汗をかいたときなどに滑りやすくなってしまいます。ヨガマットには種類にもよりますが、クッション性の高い物やグリップ力が強く滑りにくいものなどがあります。安心してヨガのポーズをするためにも、ヨガマットは必要になってきます。
引用: https://www.rakuten.ne.jp/gold/style-depot/images/pc_feature_02-1.jpg
次はヨガマットの選び方について紹介していきたいと思います。ヨガマットにはたくさんの種類があり、これからヨガを始めようと思っても、選び方がわかりません。

初心者は安い店で探してみる

これからヨガを始める人は、いつまで続けることができるかわかりません。そして、最初から色んなポーズを取ることもできません。ですので、最初はブランド物の高いヨガマットを選ぶよりも、後に紹介する【ドンキ】【ニトリ】【カインズ】のような安い店で購入したり、【Amazon】【楽天】などで安いヨガマットを探してみるのがいいでしょう。そして、ある程度ヨガに慣れて続けていけそうであれば、ブランド物など高性能なヨガマットを選ぶのがいいと思います。

1㎜~3㎜のヨガマット

引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/glv_mka-93
この厚みのヨガマットは、はっきり言ってペラペラです。ですが、折りたたむときには薄いのでかさばらないので、旅行先などでヨガをするのであれば便利です。ヨガに慣れてきて色んな場所でヨガをするときに、持ち運んでしたい人はこの厚みを選ぶといいでしょう。

3~6mmのヨガマット

引用: https://www.nitori-net.jp/wcsstore/ec/images/Image/catalog/8522203/200X310/8522203s.jpg
ヨガマットの中では最もオーソドックスな厚みで、ヨガ教室や自宅でヨガをするときには、クッション性もグリップ力もあるこの厚みが、おすすめです。また、選び方のわからない初心者であれば、この厚みを選択するのが、一番使い易いかもしれません。

6mm以上のヨガマット

引用: https://www.nitori-net.jp/wcsstore/ec/images/Image/catalog/8522207/646X1000/8522207s.jpg
この厚みになると持ち運びには不便なヨガマットです。ですが、厚みがある分クッション性やグリップ力は群を抜いています。マタニティヨガやピラティス目的でヨガを始めるのであれば、安定感のあるこの厚みを選択するのがおすすめです。
ヨガマットのサイズは極端な違いはありませんが、素材では製造しているブランドによって違ってきます。そして、ヨガの種類によってヨガマットの選び方も変わってきます。そこで、大まかにではありますが、ヨガマットの種類を紹介していきたいと思います。
引用: http://fukuokajoho.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/1.jpg
まずは激安の殿堂ドンキのヨガマットです。ドンキは激安の殿堂と言うぐらいですから、ヨガマットもドンキの物は相当安くなっていますドンキのヨガマットの価格は800円前後と非常に安くなっています。ただしドンキのヨガマットは1種類しかなく、大きさは173cm×61cmで厚みが6mmのものしかありません。厚みは初心者でも使い易い6mmなのはありがたいですが、性能としてはドンキのヨガマットはそこまでの性能ではありません。ですので、ドンキのヨガマットは選択肢がなく選び方もありませんが、初心者が使うのであれば安くて厚みも最低限ありますので、ドンキのヨガマットはおすすめです。
引用: http://stat.ameba.jp/user_images/20121118/10/inumiki0114/8b/e5/j/t02200293_0800106712291134754.jpg
次に紹介するのはニトリのヨガマットです。ニトリではヨガマットを安いものでは1000円前後で販売している他にも、ニトリには2000円前後のヨガマットもあります。ニトリで最安値のヨガマットは700円のものもありますが、厚みが4mmのものしかなく、1000円前後であれば6mmありますので、ニトリのヨガマットの選び方としては最安値も惹かれますが、厚みを考えると1000円前後のヨガマットが、初心者が使うヨガマットはニトリではおすすめです。ある程度ヨガに慣れてくると、2000円前後のヨガマットがニトリのヨガマットでは、性能がいいのでそちらにするのがいいかもしれません。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DHFdoFRUMAAMgLM.jpg
引用: https://i0.wp.com/xn--jvrv1w3s0coia.jp/wp-2/wp-content/uploads/2014/11/964e982a0aacd269aa94bb6bda8fdda8.jpg
次はカインズのヨガマットです。カインズも比較的安いヨガマットがあり、カインズのヨガマットは、ニトリやドンキと違い厚みが豊富で、4mm・6mm・10mm・15mmの4種類ありますので、選び方も自身のスタイルに合わせてヨガマットを選ぶことができます。また、価格も1000円前後と非常に安くなっています。また、カラーも豊富ですので好みのカラーを選択することができます。ただし、安いので仕方のない部分はありますが、半年ほどで買い換えるつもりでいるのがいいかもしれません。
引用: https://i1.wp.com/reinanne.com/wp-content/uploads/2015/12/c335cf934c942d0a9988b66d84008126_s.jpg?resize=640%2C480&ssl=1
引用: https://image.rakuten.co.jp/purerise/cabinet/exercise/yogam8-v5-0.jpg
次は楽天で購入できるピュアライズのヨガマットです。当然楽天ですので、楽天が製造販売しているものではなく、提携しているブランドにはなるのですが、ピュアライズのヨガマットは、サイズが173cm×61cmで厚みは、4mm・8mm・10mmの3種類で、4mmのヨガマットは折りたたみ式もあったりと、選び方の選択肢が多くあります。価格はサイズによって変わりますが、1500円前後で購入でき、素材には耐久性・耐水性に優れたポリ塩化ビニルを使っているので、性能としても安心できるレベルではないでしょうか。また、付属としてヨガマット専用ケースがついているのもうれしいですね。
引用: https://image.rakuten.co.jp/purerise/cabinet/exercise/yogam8/yogam8-v3-3.jpg
引用: https://www.rakuten.ne.jp/gold/yiprefer/header/logo.png
次に楽天から紹介するブランドは、NeverChange楽天市場店です。このブランドでは、厚みの分厚い10mmのヨガマットですが、価格が1450円と非常に安く、厚みがあるのでクッション性も抜群で、安心してヨガを楽しむことができます。また、断熱構造になっているのでフローリングなどの、床が冷たい場所でヨガをしていても、体を冷やすことがなく、快適にヨガを楽しむことができます。
引用: https://image.rakuten.co.jp/yiprefer/cabinet/item/yoga/tra003_01.jpg
引用: https://image.rakuten.co.jp/dabada/cabinet/top/imgrc0072527239.jpg
次に楽天から紹介するブランドは、DABADAストア楽天市場店です。このブランドのヨガマットは、厚み10mmのヨガマットを1600円で購入することができます。選び方も11色のカラーから好みのカラーを選ぶことができ、厚みが10mmありますので、クッション性に優れたヨガマットです。サイズも183cm×61mmとワイドサイズになっていますので、安心して寝転がってのヨガができます。また、持ち運びに便利な収納ケースが付属でついているのはありがたいですね。
引用: https://tshop.r10s.jp/dabada/cabinet/04904787/10mm/imgrc0072870027.jpg?downsize=200:*
引用: https://tshop.r10s.jp/weiwei/cabinet/shouhin-image02/yogam3.jpg?downsize=400:*
次に楽天から紹介するブランドは、 GARAGE COLLECTIONのヨガマットです。厚みが8mmのヨガマットで価格が1280円と非常に安く、付属としてヨガマットの収納ケースと結束バンドがついてきます。カラーも6色から選ぶことができ、サイズが180cm×60cmとワイドサイズなのも、ヨガマットを選択するうえでありがたいですね。厚みがありクッション性も高いので、初心者や妊婦さんにもおすすめのヨガマットです。
引用: https://image.rakuten.co.jp/weiwei/cabinet/shouhin-image2/yoga/yogam3-b5.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71itYhOp5-L._SL1427_.jpg
まずAmazonから紹介するブランドは、Soomloomのヨガマットです。サイズが183cm×61cmで厚みが10mmありますので、ワイドサイズで厚みがある分クッション性があり、グリップ力も強いので滑らないで安全にヨガを楽しむことができます。素材にニトリゴムを使うことで、ヨガをしたときにでた汗などを簡単にふき取ることができます。価格も1570円と安く、付属に収納パッドがついているのもうれしいですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71a8mF-9e3L._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61KZeAASXxL._SL1200_.jpg
次にAmazonから紹介するブランドは、Trideerのヨガマットです。サイズが180cm×61cmで厚みが4mmで、厚みが薄いのが少し不安ではありますが、厚みが薄い分持ち運びがしやすく、素材にNBRを使っているのでグリップ力が強く、衝撃吸収材も使用しているので、4mmの厚みにしてはクッション性と耐久性に優れています。選び方にはカラーは4色ありますが、サイズは1種類のみですので、選択肢はあまりないのかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81j7dj3OUjL._SL1200_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Y8vrdtRoL._SL1200_.jpg
次にAmazonから紹介するブランドは、inFITのヨガマットです。サイズが172cm×61cmで厚みが4mmで、カラーは4種類ありますが、サイズはワンサイズのみですのであまり選択肢はありません。厚みも薄く持ち運びには便利ですが、ヨガをする上では初心者には少し不安があるかもしれません。最大の特徴は、価格が990円と非常に安い点ではありますが、耐久性などには疑問が残りますので、ヨガに慣れるまでのお試し期間としてはちょうどいいのかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61oqZqRaW8L._SL1119_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51bsrv%2B7AWL._SL1000_.jpg
次にAmazonから紹介するブランドは、GronGのヨガマットです。サイズが180cm×60cmで厚みが8mmで、サイズがワイドサイズで厚みが十分あるので、安心してヨガを楽しむことができます。価格も1780円と手ごろな価格になっており、付属に収納に便利なゴムストラップと、メッシュケースがついてくるのはうれしいですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71lvwnpWWpL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KC-XT6KcL._SL1205_.jpg
次にAmazonから紹介するブランドは、Lucky Westのヨガマットです。サイズが173cm×61cmで厚みが4mmで、厚みが薄く初心者には少し不安かもしれません。ただし、表面には凹凸の加工がされているため滑りにくくはなっています。価格が860円と非常に安く、最初に購入するヨガマットとしてはいいかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61eEvT0MTnL._SL1205_.jpg
引用: http://t-konomi.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/photo_139.jpg
いかがでしたでしょうか。今回はヨガマットの選び方から、初心者でも購入しやすい安い店を紹介してきました。最初から上手な人はいませんし、長期間続けるかなんてやってみなければわかりません。最初からブランド物を買って自分を追い込む方法もありますが、無理に続けても効果はありません。そこで今回紹介したような、【ドンキ】【ニトリ】【カインズ】のような激安店での購入や、【楽天】【Amazon】などで安いブランドを見つけて、ある程度自身がついてから、自分に合ったブランドを選択するのがいいでしょう。そこで今回紹介した記事を参考にしていただき、安いお店でヨガマットを選んでみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://blog.park24.co.jp/resta/yoga.jpg