Okdbhnnslus6cqzbyiiu

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

ma-1のおすすめコーデとブランドを徹底解説!ma-1の着こなしの解説付き!

2020.06.30

流行が続いているma-1。最近ではおしゃれの定番コーデとしておすすめされることも多く、春・秋・冬の着こなしに一役買うようになりました。定番化している今だからこそ、ma-1のおすすめブランドを、着こなしのポイントを押さえながら検証したいと思います。

  1. ma-1って知ってる? そもそもma-1って何?
  2. ma-1って知ってる? 最初にma-1が流行ったきっかけは?
  3. ma-1って知ってる? ma-1の着こなしおすすめポイントは、サイズ感
  4. ma-1って知ってる? ドレッシーなアイテムとの相性がコーデのおすすめポイント
  5. ma-1好き必見 本物志向派におすすめのブランド①「ALPHA アルファ」
  6. ma-1好き必見 本物志向派におすすめのブランド②「AVIREX アビレックス」
  7. レザー好きに「SCHOおすすめ TT ショット」
  8. ma-1のおすすめコーデ! ma-1のタウンユースコーデにおすすめ「URBAN RESEARCH」
  9. ma-1のおすすめコーデ! ma-1のストリートな着こなしにおすすめ「STUSSY ストゥーシー」
  10. ma-1のおすすめコーデ! ma-1の細身でワイルドなコーデにおすすめ「VANQUISH」
  11. 番外編①ma-1の前進、B-15ジャケット
  12. 番外編②トップガンで着られていたG-1ジャケット
  13. 番外編③なぜG-1ではなく、ma-1が流行ったのか
  14. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/a1/83/d4/a183d4af0518bca7fa4b315cc7cd78ef.jpg
もう流行もひと回りしたけど、結局ma-1って何なの?という方も多いのではないでしょうか。なんとなく流行っているもの、人によっては、昔は工事のおじさんが来てたっけ?という印象があると思います。ですが、本来ma-1とは歴史のあるカッコいいフライトジャケットなんです。ちなみに読み方は「エムエーワン」です。「エムエーイチ」等ではありませんので、ご注意ください。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/169/22618169/22618169_8_D_500.jpg

パイロットの為に作られた軍ものジャケット

ma-1の歴史は、1950年代にさかのぼります。当時の主流だった革製のパイロットジャケットが寒いところでは高い高度の飛行で氷結しやすいなど不便であったことから、ナイロン製のma-1ジャケットが誕生しました。別名ボマージャケットとしてもファンに親しまれています。
" "

シンプルなma-1のシルエットは操縦の邪魔をしない為

短い着丈は、座った時にダボつかずお尻と座席の隙間にひっかからないよう。シュッとしぼれた手首のリブは、ハンドル周りでものに引っかからないよう、機能性を重視する観点からデザインされました。現在ではそれがシンプルなスタイルとして受け入れられたんですね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5d/89/ea/5d89ea145839ae6c5d82bdbd97b788d5.jpg

裏地の鮮やかなオレンジ色の意味は?

裏地が鮮やかなオレンジ色なのはエマージェンシーカラーと呼ばれ、実際にパイロットが飛行機から脱出した際、救出隊に発見されやすくする為に用いられています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/25/21/3e2521ff0bbcb939d8520cf8b25ba0dc.jpg

使いやすいハンドウォーマーやポケット

斜めにカットされたハンドウォーマーや、腕についたシガーポケット、ペンホルダーなど、シンプルながら使いやすさを設計してあるデザインが特徴です。デザインのひとつひとつに理由がある為に、質実な雰囲気が漂うアイテムなんですね。特にハンドウォーマーはしっくりくる位置にないと不便なもの。朝歩いているときに、ポケットが良い位置にないとげゲンナリしてしまう人は多いと思います。些細なところ故に、しっかり考えられてデザインされていることがつたわってきます。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/398/26555398/26555398B_54_D_500.jpg
ここ数年に流行するよりも前、1986年にトム・クルーズが主演した映画『トップガン』で主人公マーベリック役としてフライトジャケット(革製のG-1ジャケット)を着用していたことから、ma-1を含めたフライトジャケットが流行しました。これが第一次ma-1ブームと考えられます。現在の流行は第2次ブームなんですね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/db/b8/e1/dbb8e15cb699abb35f85ae07b44809c6.jpg
ma-1を着こなすポイントはサイズ感です。シンプルゆえにごまかしがききませんので、「サイズが合わないけど買ってみるか」はNG。特に【袖まわり】と【着丈】が、長すぎたり短すぎないかが着こなしの最重要事項です。肩まわりと身幅は、上記2つがあえばある程度とあってくるもの。普段から変則的な服装の方は、意図的に短い着丈でスタイリッシュさを演出したりすることも出来ますが、あまり自信のない方はよりシンプルなデザインのものがおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/78/a0/0b/78a00b0661dfe10ec41dfcd167996678.jpg
フライトジャケット、ミリタリーアイテムであるma-1はとってもカジュアルなアイテム。着こなしに大切なのは「ドレス」と「カジュアル」のバランスですから、ma-1を着るときは他のアイテム、ズボンや靴をドレッシーなアイテムにすることがポイントになります。ゆるっとしたデニムでは単純にだらしのない印象になってしまいがちです。お気に入りのma-1だからこそ、合わせるアイテムを考えてコーデの参考にしてみてはいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5c/96/40/5c9640ff079f24570bcf8758d597a29f.jpg
軍用ジャケットの元祖とでもいうべきアルファ。実際に米軍の服をデザイン製造を手掛けてきた実績があり、機能性に優れた老舗ブランドです。アルファのma-1はクラシックをベースにしながら時代にあったデザインを求めて改良され続けており、服好きでも一目置く存在です。アルファのma-1といえば、シガーポケットについた赤タグ。ひとめで分かりますね。タグには「Remove Before Flight(飛ぶ前に外せ)」と書いてあります。点検確認後、飛ぶ前に外すという安全の為の習慣になぞらえたものだそうです。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/704/28916704/28916704B_8_D_500.jpg
こちらも古くから米軍衣料を手掛けてきた本格ブランド。映画「トップガン」でトム・クルーズが着用したジャケットさながらのアイテムが揃っています。無骨でノスタルジックなテイストながら無駄のない仕様が特徴で、本格コーデからカジュアルダウンしたコーデまで幅広く着こなせます。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/474/3755474/3755474B_233_D_500.jpg
ナイロンやジャージー素材などが多く、意外と数少ないのがレザーのma-1ジャケット。レザー製品をメインに手掛けるSHOTTのma-1は、他と被ることも少ないうえに、ガンガン着て自分の色に染めることが出来るアイテムです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41S9sWLSHDL.jpg
近年の流行のきっかけになったのは、ma-1のタウンユースにあります。アーバンリサーチは、本場アルファのma-1に別注をかけることで、本物志向でありながら現代のデザインに洗練されたアイテムです。リバーシブル&ルーズフィットなど、コーデの幅が広がります。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/658/25859658/25859658B_22_D_500.jpg
ブラックカラーがあるなどカッコいい印象のSTUSSYのma-1。実は防風対策のWIND-STOPPERが採用されるなど機能面でも優秀なアイテムです
引用: https://static-buyma-com.akamaized.net/imgdata/item/161124/0024822587/org_2.jpg
いわゆるお兄系とも呼ばれる細身でワイルドな印象のVANQUISH。大人な雰囲気のコーデに合わせ、少しセクシーな印象を与えることが出来るma-1です。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/642/25781642/25781642B_8_D_500.jpg
フライトジャケットはもともと、A-1という革製のジャケットが登場したことから歴史が始まりました。そして革製の資源不足や氷結の問題もあり、1943年に布製のB-10ジャケットが誕生し、さらに翌年、改良版のB-15ジャケットが作られました。その後、流れを汲んで誕生したのがma-1ジャケットなんだそうです。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/984/25295984/25295984B_8_D_500.jpg
映画『トップガン』でトム・クルーズが着ていたのがG-1ジャケット。数多くのメーカーからレプリカが出ていますが、精巧なものをつくるメーカーは「ザ・リアルマッコイズ」「バズリクソンズ」「アビレックス」などが有名です。お好きな方は探してみてはいかがでしょうか。
実は革製で作られたもの。本物の革製品は高価でなかなか手に入りにくいものでした。そこで流行ったのが、同じフライトジャケットの仲間のma-1dだったと考えられます。ナイロン製品で比較的安価であり、シンプルでカッコいいデザインが良かったのではないかと言われています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/59/f0/fa/59f0fa93b0a8cdebc83b4b92e8e0c18f.jpg
おすすめのブランド以外にも数多くのブランドから出ているma-1。本物は-10度の極寒な環境下でも耐えうるように作られた本格的なミリタリーアイテムですが、実は、ドレッシーなアイテムとの相性が良いものです。シンプルながらひとつひとつのデザインに込められた意味や歴史は濃いーもの。しっかりと知識を身につけてカッコいい着こなしをしてくださいね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/95/8a/4a/958a4af3dc9b29d1d3c02b2b2b67cb10.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/9e/02/89/9e028917fdb9ad36f8de43b477c211cc.jpg