Dvfdhfnwx3w29pojlbol

美容・健康

CATEGORY | 美容・健康

Ⅴライン脱毛で形はどうしたらいい?写真を用いて徹底解説!

2018.08.06

可愛い下着や水着を着るためには、vライン脱毛が欠かせません。しかし、vライン脱毛と言ってもどこまで形を整えればいいのか迷いますよね。そこで今回は、vライン脱毛にはどんな形があるのか写真を用いて解説し、おすすめの形と後悔しがちな形をご紹介します!

  1. vライン脱毛ってなに?
  2. vライン脱毛をするメリットとは?
  3. vライン脱毛にはどんな形があるの?
  4. vライン脱毛でおすすめの形は?
  5. vライン脱毛で後悔する形は?
  6. まとめ:vライン脱毛して形を整えよう!
F9vomqtszsjjjqaf3duc
vラインとは、デリケートゾーンの両サイドのことを指します。vラインのムダ毛は太く自己処理をすると肌荒れが起きやすいので、サロンやクリニックでvライン脱毛をする方が増えています。
Hpnwkkvedgqerngqrpnf
vラインは、サロンやクリニックによって脱毛できる範囲が異なります。サロンやクリニックを探す際は、どこまで脱毛ができるのか確認しましょう。
Oqdywnruzor7zyn5zfxu
vライン脱毛をするメリットは、「ムダ毛がはみ出る」という心配をせずに可愛い下着や水着を自由に選べることです。どんなに可愛い下着や水着を着ていても、ムダ毛がはみ出していたらかっこ悪いだけでなく恥ずかしい思いをしてしまいます。
Pddu82gjfpxgqozur8fz
vライン脱毛でムダ毛がはみ出ないようにしっかりと形を整えることで、今まで挑戦できなかったおしゃれな下着や水着を試すことができ、おしゃれの幅が広がります。また、自己処理だと肌荒れを起こして肌が汚く見えたり、剃った後が目立って黒っぽくなってしまったりすることがあるので、vラインのムダ毛ケアは脱毛がおすすめです。
引用: http://datumou-choice.com/wp-content/uploads/2018/03/V%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%BD%A210%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E9%80%8F%E3%81%8B%E3%81%97.jpg
写真のように、vライン脱毛の形にはさまざまなデザインがあります。写真の通り、デザインによって見た目の印象が大きく変わります。失敗がなく後悔がないように、どの形でどこまで脱毛したいのかイメージをしっかりとサロンやクリニックの方に伝えることが大切です。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/yutori/cabinet/04962531/04962533/imgrc0068357333.jpg
ナチュラルやトライアングルは最も一般的でシンプルなデザインです。オーバル扇型もシンプルに見え、選ぶ方が多いです。ローライズショーツが好きな方はトライアングルミニのほうが良いでしょう。スクエアやIラインは失敗すると「海苔」のように見えてしまうので注意。細長のIラインは欧米で人気の形ですが、日本では選ぶ方は少ないです。ハート型は作るのが難しく、おしゃれとして楽しむ方から人気のようです。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/yutori/cabinet/04962531/04962533/imgrc0068357334.jpg
vライン脱毛でおすすめの形は、「ナチュラル」「トライアングル」「トライアングルミニ」です。失敗がなく、ナチュラルやトライアングルは「脱毛しました感」があまり出ないので、脱毛していることを隠したい場合などにもおすすめです。自然に見えるデザインは男性からの人気も高いです。
Kylg382ztglnk3qcedej
どの形でもはじめから形を残すと不自然な感じになるので、はじめの数回はすべて脱毛して毛量や毛質を調整することが必要です。どこまで全体の毛量を減らすのか、サロンやクリニックの方と相談しながら決めると失敗は少ないでしょう。
引用: https://datsumo-labo.jp/knowledge/img/img_datsumo02.gif
写真のように「定番のデザイン」とありますが、一般的なデザインの中でも後悔することが多い形は、「細長のIライン型」や「ハイジニーナ(ブラジリアンスタイル)」です。特に医療脱毛は効果が高いので、1度脱毛すると生えてこない場合がほとんどです。ハイジニーナにした後にできた彼や旦那さんがハイジニーナスタイルが苦手だった場合、脱毛しなければ良かったと後悔する方が多いようです。
細長のIラインやハイジニーナに限らず、ナチュラルやトライアングル以外の形にして後悔をした方は少なからずいるようです。どの形にせよ、「今」ではなく「将来的」に後悔をしないかどうかよく考えてから形を決めるのが良いでしょう。
Onzaxnvan35kbb3qf0j4
今回は、vライン脱毛にはどんな形があるのか写真を用いて解説し、おすすめの形と後悔しがちな形をご紹介してきました。いかがでしたか?vライン脱毛の形は見た目の印象を大きく変えるので、本当にこの形でいいのか将来的に後悔しないかよく考えてから形を選ぶことが大切です。
現在は、vライン脱毛をして整えてほしいと考える男性が多くいるので、自分自身のためはもちろん、彼や旦那さんのためにもvライン脱毛をして形を整えませんか?おしゃれの幅が広がり、好感度もよりアップすること間違いなしです!