Tvmuqpv0arlp0xo3ipi9

美容・健康

CATEGORY | 美容・健康

Vラインの黒ずみを消すには?おすすめの市販クリームをご紹介!

2018.08.06

多くの女性が悩みを抱えているvラインの黒ずみ。vラインの黒ずみを消すにはどうしたらいいのでしょうか。薬局で買えるクリームや万能なニベアでも黒ずみに効果があるのか気になりますよね。そこで今回は、vラインの黒ずみについておすすめの市販クリームと併せてご紹介します!

  1. vラインの黒ずみの原因は?
  2. vラインの黒ずみを消すには?
  3. vラインの黒ずみを予防するには?
  4. vラインの黒ずみにニベアは効果あるの?
  5. vラインの黒ずみにおすすめの市販クリーム6選!
  6. 【vラインの黒ずみにおすすめの市販クリーム①】イビサクリーム
  7. 【vラインの黒ずみにおすすめの市販クリーム②】ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム
  8. 【vラインの黒ずみにおすすめの市販クリーム③】ピューレパール
  9. 【vラインの黒ずみにおすすめの市販クリーム④】ホワイトラグジュアリープレミアム
  10. 【vラインの黒ずみにおすすめの市販クリーム➄】ホスピピュア
  11. 【vラインの黒ずみにおすすめの市販クリーム⑥】アットベリー
  12. vラインの黒ずみに効果的なクリームは薬局でも買えるの?
  13. まとめ:おすすめのクリームを使用してvラインの黒ずみをケアしよう!
Px5fsenguyl0bobkdied
vラインの黒ずみの原因は、「メラニン」が関係しています。メラニンは、「摩擦」やカミソリやシェーバーなどによる「刺激」を受けたときにメラニンが発生しやすくなります。メラニンがたくさん発生してしまうと、メラニンが沈着して黒ずみになってしまいます。
Ljl1uqj0vpsns6hwgiri
女性は常に下着によって摩擦による刺激を受け、黒ずみがしやすい状態にあります。特にvラインは下着のゴムの部分によって圧迫され摩擦が起きやすいです。また、vラインを乾燥させてしまうのもよくありません。乾燥してしまうと、バリア機能が低下し、メラニン色素が発生しやすくなります。ターンオーバーが乱れると摩擦の影響を受けやすくなり、黒ずみが起きやすくなってしまいます。
Tfpo8po0z1tmtoz6o4jv
vラインの黒ずみを消すには、黒ずみを解消する効果のあるクリームを使用することです。保湿をしっかりと行い、デリケートゾーン専用の黒ずみ解消に特化した石鹸を使用すると効果的です。
Lyihxkzr2tghlxeonc8p
デリケートゾーン専用の石鹸であれば、黒ずみを消す効果が期待できるだけでなく、気になるニオイを防ぐことができるものもあります。普通の石鹸では刺激が強すぎてヒリヒリしてしまうことがあるので、デリケートゾーンは専用の石鹸を使用するようにしましょう。
Nvgarffdn6zhljbh05jn
vラインの黒ずみを予防するには、摩擦や刺激を受けないように注意する必要があります。黒ずみの大きな原因は下着による摩擦なので、下着やパンツなどのサイズの見直しをしましょう。ゴムで締め付けられるようなものは避け、ゆったりと穿けるものにしましょう。また、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維の素材は摩擦による肌の負担が大きいので、コットンなどの天然素材を使用するといいでしょう。
M3kqjayodoa4bic8t8eh
vラインの黒ずみを防ぎたい方は、自己処理ではなくサロンでの脱毛がおすすめです。カミソリやシェーバーでのムダ毛ケアの頻度を少なくしましょう。vラインを洗うときはゴシゴシと擦らずに、顔を洗うようにやさしく洗い上げましょう。
Hoyzwevy6ehnvdruu7ld
顔や腕などに塗って「肌が白くなった」との声をよく聞くニベアですが、ニベアにはメラニン色素に対する成分が含まれていないので、黒ずみを消す効果は期待できません。ニベアは、あくまでも保湿クリームなので、黒ずみケアではなく保湿ケアとしての使用なら効果を発揮するでしょう。
G1sk4rvm1mcnnwtqbzxj
ニベアは保湿効果があるので、乾燥を防ぐことができます。乾燥による摩擦を防ぐことから、ニベアは「黒ずみ予防」としてであれば、効果に期待ができるのではないでしょうか。
Gj3uyhwaqnudju24plro
vラインはとてもデリケートな部分です。ニベアはvライン専用のクリームではないので、敏感肌の方は肌に合わない場合があります。ニベアは薬局などでも購入できて手に入れやすいですが、敏感肌や肌の弱い方は避けたほうがいいでしょう。炎症やかぶれを引き起こす可能性があり、黒ずみの原因になってしまうので注意が必要です。
Ucx8tnltq2nvvwnzxvje
市販で購入できるvラインの黒ずみにおすすめの市販クリームを6選セレクトしました。黒ずみケアに特化したクリームは効果が高くとてもおすすめです。レーザー治療やケミカルピーリングではなく、簡単にケアができる市販のクリームで黒ずみを解消したい方必見です。
引用: https://shop.r10s.jp/ragunamaris/cabinet/others/imgrc0074177488.jpg
イビサクリームは、ブラジリアンワックス脱毛専門サロンが開発した美白ケアクリームです。美白に導くトラネキサム酸や肌を整えるグリチルリチン酸2Kを配合し、黒ずみケアに効果を発揮します。美白をサポートする成分や8種の潤い成分を配合しているので、保湿もしっかり行いたい方におすすめです。
引用: https://shop.r10s.jp/islandcosme/cabinet/others/imgrc0076273002.jpg
ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、数々の有名女性誌でも掲載された黒ずみ対策薬用美白クリームです。メラニン色素沈着抑制作用のある水溶性プラセンタエキスを配合し、4種の美白・潤い成分を配合しています。肌が敏感な方でも使用できる低刺激タイプなので安心して使用できます。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/at-tsuhan/cabinet/beauty4/imgrc0106151965.jpg
ピューレパールは、黒ずみ対策ができるエステ級美白ジェルです。ワキ用ではありますが、vラインの黒ずみにも効果的です。肌のダメージを整え、美白成分で透明感のある肌へ導き、3種の潤い成分でしっかりと保湿をします。デリケートな肌の方でも使用できるので安心です。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/healthpia/cabinet/i_1i_11519809011.jpg
ホワイトラグジュアリープレミアムは、メラニンの生成や増加を抑える効果が期待できる薬用クリームです。生・水溶性・油溶性の3種類のビタミンCを独自処方「スーパーVCT」を配合し黒ずみをケアします。乳首の黒ずみ用ではありますが、vラインの黒ずみにも効果的です。
引用: https://shop.r10s.jp/co-medi/cabinet/03716738co/hospipure/pkg.jpg
ホスピピュアは、湘南美容外科と共同開発された乳首の黒ずみを解消する美白専用クリームです。メラニンを予防するだけでなく、黒ずみ生成の開始を阻止する効果があります。保湿成分や天然由来成分にこだわり、敏感肌でも安心して使用できます。乳首用ではありますが、vラインにも使用できます。
引用: https://shop.r10s.jp/ragunamaris/cabinet/others/imgrc0074311919.jpg
アットベリーは、肌の黒ずみを改善させる効果が期待できるクリームです。「美ワキ」ケアとして人気ですが、もちろんvラインの黒ずみにも効果的です。厚い角質にも浸透し、内部と表面を集中的にケアすることができ、保湿力も抜群です。また、気になるニオイも同時にケアすることができます。
Xes0ihkd36ugjrylf5sb
vラインの黒ずみに効果的なクリームは薬局でも購入することができます。市販で購入できる黒ずみにおすすめのクリームは高価格なものがほとんどなので、継続して使用するのが難しいという方も多いでしょう。薬局に販売されているものはお手頃な価格で安心感もあるので、薬局で購入できるクリームから黒ずみケアを始めるのもおすすめです。
ただ、薬局で購入できるクリームは市販のおすすめクリームよりも効果が低いので、効果を実感するまでに時間がかかります。また、薬局にはメラニン対策に有効な美白ケアの化粧品がたくさんありますが、薬局で購入できるものは刺激が強いので、デリケートなvラインには向いていません。薬局でクリームを購入する際は、デリケートゾーン専用のものを選ぶか、肌への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。
Wqb3ptrq9gpscxoly5zy
今回は、vラインの黒ずみにおすすめの市販クリームやvラインの黒ずみについてご紹介してきました。いかがでしたか?vラインの黒ずみは、クリームで改善することができますが、日常的に予防することが大切です。下着などの衣類による締め付けや摩擦、炎症やかぶれが起きないように気をつけ、乾燥をさせないようにしっかりと保湿をしましょう。
vラインの黒ずみは相談しにくい悩みなので、クリームを使用してこっそり黒ずみケアをしていくのがおすすめです。クリーム選びに悩んだら、今回ご紹介したクリームを参考にしてみてください。黒ずみを改善して自信をつけましょう!