Cbb1eljkxzaihwvbf4jq

掃除

CATEGORY | 掃除

耳垢にタイプがある?特徴と原因、正しいお掃除方法をご紹介!

2018.08.07

耳垢には人によりタイプや特徴があります。湿っていたりカサカサと乾燥している、またはとてもでかい耳垢などさまざまですが耳垢が溜まる原因を知って正しい方法で掃除を行うことが重要です。耳垢のタイプを知り正しい掃除を行えば、病気になる原因も避けることができます。

  1. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う
  2. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/耳垢が溜まる原因
  3. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/耳垢の役割とは
  4. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/耳垢のタイプの違いとは
  5. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/湿っているタイプの掃除方法
  6. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/カサカサしているタイプの掃除方法
  7. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/でかい耳垢の場合
  8. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/小さな耳垢の場合
  9. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/正しい掃除を行わなければ
  10. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/外耳炎になってしまうと
  11. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/耳垢の掃除の頻度
  12. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/なぜ耳掃除をしたくなるのか
  13. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/耳掃除を怠ると
  14. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/耳掃除を行うことのリスク
  15. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/耳垢の掃除の誤解
  16. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/子供の耳垢を取る場合には
  17. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/痛みを感じた場合にはすぐに医師に相談をする
  18. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/習慣としている場合には要注意
  19. 耳垢にはタイプや特徴があるので原因を知り正しい掃除を行う/耳掃除はしなくても問題はない
  20. まとめ
引用: https://bemore.jp/wp-content/uploads/2018/02/318190559.jpg
耳掃除を綺麗に行い、いつも清潔に保っているという人は、とても多いでしょう。確かに耳垢は見た目が悪く、実際に耳垢を取るととてもすっきりとした気持ちにさせてくれます。しかし、耳垢は本当に頻繁に取るべき物なのでしょうか。そもそも耳垢にはタイプがあり、湿っているような耳垢からカサカサと乾燥しているタイプなど、同じ耳垢とは思えないほどの違いがあります。
こうしたタイプ別の耳垢の掃除方法も覚えて、耳垢の掃除頻度までも考慮して掃除を行う必要があるのです。むやみな方法で耳掃除を行えば良い、ということでは決してありませんので注意が必要です。
引用: https://trendingstoryline.com/wp-content/uploads/2018/02/kaner3.jpg
引用: https://cdn.mamanoko.jp/attachments/d716cb15b1eccf8470b38fead1176c9dbde2b02b/store/limit/720/720/138e719e72bf6fb41a80aac37f737abb69b989d7434685d617a888570a43/image.jpeg
なぜ、耳垢は溜まってしまうのでしょうか。耳垢は正式にはじこうと呼びますが、この耳垢は外部から侵入して溜まるわけではなく、自らの体から生まれているものなのです。外気の汚れなどで溜まるわけではなく、あくまでも自分の体の中から生まれてくるものなので、完全に取り除くことは必要ないという考えもあります。
いずれにしても、もし取り除くときには安易な気持ちではなく、正しい取り除き方法を知り知識を持って行うことが重要です。
引用: https://cdn.clipkit.co/tenants/397/item_images/images/000/004/923/medium/6c502c99-c5ff-4923-9ee2-4af206b3fc4c.jpg?1519108833
引用: https://ouchimedical.com/wp-content/uploads/2016/11/499176-300x225.jpg
耳垢には役割があります。つまり、耳垢は余計なものというわけではなく、耳垢があることで体が守られているということもあるのです。耳はとてもデリケートな部分であり、雑菌が入り込んでしまえば外耳炎などの病気にかかってしまいやすくなります。
こうした雑菌が奥深くに入り込んでしまわないように、耳垢で蓋をしているのです。耳垢にはこうした機能があることも理解しておきましょう。こうした知識を備えていれば、自然とどういった掃除方法が適切かが分かってきます。
引用: https://i2.wp.com/all-space.net/wp-content/uploads/2014/08/138a676635c31bde1e2c8b2c62432936.jpg?resize=300%2C259&ssl=1
引用: https://chiebokkuri.com/wp-content/uploads/2017/03/368af1238335081b98c1a416297da8af_s.jpg
耳垢には大きく分けて、2種類のタイプがあります。その2つのタイプとは、ベトベトと湿っているタイプと、カサカサと乾燥しているタイプです。実は、日本人のおおよそ6割はカサカサと乾燥しているタイプなのです。そして、白人や黒人のほとんどは、ベトベトとした湿っているタイプなのです。
そのため、日本では当たり前のように売られている耳かき棒は、アメリカなどではほとんど見かけません。耳かき棒は、カサカサと乾燥している耳垢のタイプで活躍するアイテムなので、湿っているタイプの耳垢が多い欧州では必要ないのです。その代わりに、欧州では綿棒を扱うことがほとんどです。
こうした耳垢の違いも知っておけば、耳垢の正しい掃除方法も理解しやすくなるでしょう。まずは、自分がどっちのタイプなのかを理解しておくことも、耳掃除を行う方法を知る上では大切なことなのです。
引用: https://lattepic.s3.amazonaws.com/column_p2/uo/sa/is/nj/ii/32/26/vw/3w/6i/bk/24/mx/tm/pu_org.jpeg
引用: https://kenko-pita.com/wp-content/uploads/2018/04/20171212-mimiaka-shimetteiru-1080x720.jpg
自分の耳垢がカサカサではなく湿っているタイプの場合には、まずは綿棒を用意しましょう。そして、湿っている耳垢を拭き取るようにして掃除を行うのが正しい方法です。間違っても、ゴシゴシと耳の中を掃除することは避けるようにしましょう。
また、湿っている耳垢の場合には綿棒を使用しますが、綿棒はできるだけ新しい物に頻繁に変えながら掃除を行いましょう。一度、耳垢が付いてしまった綿棒を再び片方の耳に入れ込むようなことはできるだけ避け、常に新しい物に交換をしながら使用するように心がけましょう。
引用: https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/09/15/20170915med00m010001000p/9.jpg?1
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71DTWJfOmGL._SL1500_.jpg
カサカサと乾燥している耳垢の場合、湿っているタイプとは違い掃除をしにくいと感じるはずです。耳かき棒は自分では扱いにくく、また乾燥している場合には耳の端にこびり付いていることもありますので、少し力をかけて掃除をする必要が出てきます。
しかし、乾燥している耳垢の場合には、こうした無理なチカラを加えた掃除は不要です。あくまでも表面に出てきたカサカサした耳垢をかき出すほどの掃除レベルに留めておき、無理に奥まで耳かき棒を突っ込んでかき出すようなことは必ず避けましょう。
また、表面まで出てきた耳垢も無理にかき出すのではなく、テッシュペーパーなどを活用して、軽くはらうくらいに留めておきましょう。耳の奥まで綺麗にしたいという気持ちになってしまいますが、湿っている耳垢でも、カサカサと乾燥している耳垢でも、耳掃除はそのくらいのレベルで充分なのです。
引用: https://www.live-science.co.jp/store/data/item/photo_l/TO1826110.jpg
引用: https://ishicome-cdn.medpeer.jp/news/sites/default/files/2017-05/eyecatch_5.jpg
耳掃除をしていると、どうしてもでかい耳垢を取り除きたくなります。自分の耳にでかい耳垢があると分かっていればなおさら、そのでかい耳垢を取り除きたいという衝動になってしまいます。しかし、耳垢は無理に取り除かないのが鉄則です。
もし、どうしてもそのでかい耳垢を取り除きたいという場合には、耳に負担をかけないように、優しく取り除くようにしましょう。必要であれば、でかい耳垢を取り除く場合には耳に負担がかからないように綿棒を使用することをおすすめします。綿棒ででかい耳垢を小突いて、小さくして取り除く方法もおすすめです。
でかい耳垢ほど、取り除くときには耳に大きな負担がかかってしまうことを理解しておきましょう。また、でかい耳垢は自然と落ちてくることもあります。でかい耳垢ほど、自然と自ら落ちて着やすくなりますので、無理に取り除くことは必要ない場合もあります。自分がでかい耳垢だと感じている場合には、こうした知識も持っておきましょう。
引用: http://bihadawa.com/wp-content/uploads/2017/03/eff4ab1de983a4a755b60ebd167a5143.png
引用: http://kurashi-techo.com/wp-content/uploads/2015/10/4876613682_6439a87b99-e1509020483856.jpg
小さな耳垢の場合には、でかい耳垢とは違い取り除きやすいと感じることができます。しかし、小さな耳垢はでかい耳垢とは違い、耳に直接負担がかかってしまう可能性が大きくなります。とくに耳かき棒で小さな耳垢を取り除くときには、直接耳に耳かき棒が当たってしまう可能性が大きくなってしまいますので、慎重に取り除く必要があります。
本当に小さいと感じる耳垢の場合には、取り除くことなくそのままにしておくことも重要です。時間をかけて取り除いてしまえば、それだけ耳に大きな負担を与えてしまうことになりますので、無理に小さな耳垢を取り除こうとはせず、そのままにしておくことも耳にとっては良いことなのです。でかい耳垢よりは取り除きやすいと感じていまい、でかい耳垢よりも無理な力を入れてしまいやすくなりますので注意が必要です。
引用: https://moomii.jp/wordpress/wp-content/uploads/161102children-ear-cleaning08.jpg
引用: https://divingfan.net/wp-content/uploads/2015/11/a95f9a4027f31cc176139a760e42cdd0.jpg
正しい耳掃除の方法を習得することはとても大切なことですが、なぜ大切なことだと言えるのでしょうか。耳垢を無理に取り除こうとした場合には、耳を傷付けてしまうリスクが発生してしまいます。そして、傷付いてしまった耳に起こりやすくなるのが外耳炎なのです。
耳垢を取り除こうとはして、外耳炎になってしまったということは、実は決して珍しいことではなく、完治しないまま、ほおっておいてしまっているという人もいるのです。外耳炎はとくに幼児期にはとても危険な病気なので、できるだけこのリスクを避けるためにも、無理に耳垢は取り除かないようにすることが鉄則です。これは湿っている耳垢でも、カサカサの乾燥している耳垢でも同じことが言えますので注意が必要です。
引用: http://pairs.nyanta.jp/wp-content/uploads/2017/07/%E5%8C%BB%E8%80%85.jpg
引用: https://tamagoo.jp/wp-content/uploads/2018/06/anemia-of-after-giving-birth.jpg
耳垢を取り除いているときに起こる可能性のある外耳炎ですが、外耳炎とはどういったトラブルなのでしょうか。外耳炎はシャワーや入浴、さらにはプールに入っているときにも起こる可能性がある病気です。耳に細菌が侵入し、痛みやかゆみを引き起こします。それだけではなく、酷くなってしまうと発熱を伴う場合もあり、さらには聴力が低下してしまうことも珍しくありません。
こうしたさまざまなリスクのある外耳炎ですが、耳掃除をしているときに、耳に傷を付けてしまって感染を引き起こしてしまうこともあります。外耳炎を避けるためにも、必ず耳垢取りを行うときには、しっかり注意をすることが重要です。
引用: https://www.vessel-hotel.jp/sp/campana/okinawa/pool/images/img_pool01.jpg
引用: https://i2.wp.com/jouhou-world.net/wp-content/uploads/2018/03/67563b074ba1d7d1f29952c9e200c6cb_s.jpg?fit=400%2C266&ssl=1
では、耳垢を取り除く頻度は、どのくらいが適切なのでしょうか。耳垢は体の外から溜まった汚れではなく、自分の体から出された汚れです。そのため、耳垢が溜まる頻度は人によりそれほど違いはなく、耳垢を取り除く頻度はほとんど同じタイミングだと考えておけば良いでしょう。耳垢を取り除く頻度は、1ヶ月に一度で充分です。湿っている耳垢でも、カサカサの乾燥している耳垢でもこれくらいの頻度で十分です。
これを聞けば、ほとんどの人は少ないと考えるかもしれません。しかし、耳垢を取り除くときに起こるリスクを考えた場合には、このくらいの頻度で十分です。耳垢が極端に溜まってきたと感じるときに、表面を少し取り除く程度で十分です。頻繁に耳垢を取り除かないことだけは、頭に必ず入れておきましょう。
引用: https://byoinnavi.jp/medical_info/images/65/1.jpg
引用: http://biz-journal.jp/images/post_18202%20.jpg
しかし、人は頻繁に耳垢を取り除きたくなってしまいます。その理由は、やはり耳掃除をしていると気持ち良いと感じてしまうからでしょう。なかなか空気が当たらない場所を掃除すると、体だけではなく気持ちも良く感じてきます。こうした感情になってしまうので、頻繁に耳垢をしてしまうことになるのです。頻繁に耳垢を取り除くことを習慣付けることを避け、月に一度などの決まった頻度で掃除をしましょう。
引用: https://fyossii.com/wp-content/uploads/2015/05/habi.jpg
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20151208%2F18%2F1095748%2F2%2F507x338x1bf1aaf33a5bc02cff91d468.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
耳掃除を怠ることで、不衛生に感じている人も少なくありません。しかし、基本的には耳垢は外に押し出される部分の耳垢を助教授する程度で問題はないため、耳垢を怠ってもとくに問題はないのです。ただ、カサカサの耳垢は問題がありませんが、湿っているタイプの耳垢は出口にへばりついてしまうことがあります。
カサカサではなく湿っているタイプの場合には、なかなか外に出ていかないようになりますので、耳が耳垢により聞こえ辛くなることがあります。無理にへばりついている耳垢を取り除くことは避けるようにするべきですが、耳垢により耳が聞こえ辛くなることもあることは理解をしておきましょう。
引用: https://images.lifealth.com/uploads/2018/01/How-Can-One-Spot-A-Brain-Aneurysm-Before-It-Is-Too-Late-1.jpg
引用: https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com/contents/contents/theme/thum_4897_1480992397510.jpg
耳は多くの人が考えているよりも、とてもデリケートな部分です。また、入浴中やプールなどで耳に瑞が溜まってしまうリスクもある部分なので、ケア方法には最善の注意を払う必要があります。耳掃除のリスクは、外耳炎だけではありません。耳の中に傷が付いてしまうことで、なかなか傷が治らないということにもなるリスクもあります。
傷が治りかけても、耳の中は痒みが起こりやすいため、悪循環を繰り返してしまいますので、必ずリスクがあることを考慮して耳掃除を行なうように心がけましょう。こうしたリスクは湿っている耳垢でも、カサカサしている耳垢でも同じことが言えます。
引用: https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com/contents/category/104/main.jpg
引用: https://stoptaisyu.com/wp-content/uploads/2017/11/8d6e7d10c9962adef462ee48800d9484_s-e1509709408967.jpg
耳垢は決して汚いものではありません。耳を守ってくれる大切な機能を持っていますので、隅々まで綺麗に耳垢を取り除こうと言う考えから見直す必要があります。耳に細菌が発生して外耳炎などが起こってしまうのは、耳の周りにある細菌を耳掃除によりより奥に押し込めてしまうからです。
つまり、耳掃除をしてしまうことで外耳炎などにかかってしまうリスクが起こることになるのです。できるだけこうしたリスクを抑えるには、耳垢の掃除という根本的な考えから見直す必要があると言えます。多くの人は、さまざまな誤解を持っており、綺麗にさせることが最近などの感染を防げると思っています。こうした今まで当たり前に思ってきたことから考え直す必要があるのです。
引用: https://dime.jp/genre/files/2018/02/N934_sarari-mannishindanOK_TP_V.jpg
引用: https://ikumens.net/wp-content/uploads/2017/02/a9e550023b356276d21164864121696a_s.jpg
耳垢は大人でも子供でも同じように溜まっていきます。子供の耳垢取りは、親が手伝ってあげることになり、赤ちゃんの場合には当然、親が取ってあげることになるでしょう。子供や赤ちゃんの耳垢を取るときには、大人以上に慎重になる必要があります。
皮膚がまだ弱く、細菌にも感染しやすいので、耳の皮膚に傷が付けば外耳炎などにかかるリスクがかなり高まります。子供や赤ちゃんの耳垢を掃除するときには、表面のみに留めておき、さらに掃除をする頻度もかなり少なくても問題はありません。
引用: https://www.amazingworld.jp/mamacco/wp/wp-content/uploads/2017/08/kids-cleaning-ear-08225.jpg
引用: https://kireisea.com/wp-content/uploads/2017/12/5d7d168552a6bde9964c275f6497d421_m-1000x600.jpg
もし、耳垢を取っているいるときに痛みを感じた場合には、必ずすぐに掃除はやめましょう。続けてしまうことで、痛みを感じる部分から細菌が入り込んでしまう可能性があります。傷などになってしまった場合には、状況により数日かけて外耳炎になってしまうケースもあります。
耳にねつをもち、腫れなどが起こることもありますので、おかしいと感じた場合には、必ず自分自身で無理に判断をすることなく医師に相談をしましょう。早めの対応をすれば、悪化することなく完治させることができます。
引用: https://cdn.mamari.jp/item/500x0_amana_59ca0581-0944-4e9a-9182-1fb70a01009f.jpg.jpg
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2018/05/pixta_28469447_S-450x383.jpg
耳掃除は、多くの人が習慣になっているはずです。定期的に耳掃除をして綺麗な状態に保っておきたいと考えるかもしれませんが、この定期的な週間こそが耳の病気を引き起こしてしまう原因になってしまう可能性があるのです。習慣にしてしまうことで、耳へのダメージが起こる可能性が高くなってしまいますので、まずは習慣ではなく耳垢が溜まってきたと感じたときだけに耳掃除をするように心がけましょう。
ただ、それでは短期的に耳垢が溜まってきたと考えてしまうかもしれません。そうした考えを持たないためにも、期間を決めて、月に1度、または2ヵ月に1度という頻度で耳掃除を行うように習慣付けましょう。
引用: https://shukatsu-lib.com/wp-content/uploads/2017/04/batsu01.jpg
引用: https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2016/01/2016010829075-800x450-650x401.jpg
耳掃除の正しい方法を理解することは、とても重要なことです。しかし、極端な考えかもしれませんが、耳掃除をしなくても耳へのダメージはほとんどありません。多くの場合には、耳が塞がれて聞こえ辛くなってしまう前に、耳垢は自然と外に出るようになっているのです。
つまり、耳掃除をしなくても自然な状態で健康は保てるということになります。ただ、それでも見た目などを気にすることはありますので、過剰になることなく耳掃除を行うようにしておくようにしましょう。これは湿っている耳垢でも、カサカサの乾燥している耳垢でも同じことが言えます。
引用: http://exhale.fitness/wp-content/uploads/2015/01/thumbs-up-icon.png
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/6/6/6/8/5/201611301719/a_001.jpg
耳垢には、さまざまな特徴があります。自分の特徴をしっかりと踏まえた上で、正しい方法で掃除をしていくことが重要なのです。耳垢には特徴があり、湿っているようなタイプからカサカサの乾燥しているタイプまであります。また、耳掃除をするときにはでかい状態で出てくる人もいれば、小さな耳垢となって出てくる人もいます。
自分の特徴を踏まえて掃除を行えば、耳への極端な負担も避けることができるでしょう。また、耳掃除をし過ぎることで外耳炎などの病気になることもありますので、正しい方法だけではなく、過剰な耳掃除も行わないようにすることも大切です。
引用: https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20170323%2F96958A99889DE3E6E3E7E3EBE6E2E3E4E2E1E0E2E3E585E3E2E4E2E3-DSXZZO1434550022032017000000-PB1-3.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&crop=focalpoint&fit=crop&fp-x=0.5&fp-y=0.5&h=433&ixlib=php-1.1.0&w=650&s=b0ee94530d94bdf7061788718b5eda41
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://img.topics.smt.news.goo.ne.jp/picture/postseven/m_postseven-505139.jpg