Tpgatpgakfnspyzoi1qq

対策

CATEGORY | カテゴリー

ヘアバンド使用!髪型・簡単アレンジ・後ろ髪が浮く!ずれる!の対策も!

2018.08.09

ヘアバンドを付けるときの簡単な髪型のアレンジ方法を知っていますか?ヘアバンドは後ろ髪が浮く、ずれるなど付け方が難しいものでもあり困っている方も多いのではないでしょうか。髪型の簡単なアレンジ法とお団子など落ちない付け方をご紹介します。

目次

  1. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジを紹介
  2. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ対策法①:後ろ髪が浮く時
  3. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ対策法②:ずれる時
  4. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ対策法③:落ちない付け方
  5. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ
  6. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ①:ダウンスタイル
  7. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ②:ポニーテール
  8. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ③:三つ編み
  9. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ④:お団子
  10. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ⑤:くるりんぱ
  11. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ⑥:まとめ髪
  12. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ⑦:ハーフアップ
  13. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ⑧:ギブソンタック
  14. ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ⑨:フィッシュボーンアレンジ
  15. まとめ

雑貨屋さんなどで販売されている「ヘアバンド」は、頭に付けるだけでより一層かわいくなれる、ヘアアクセサリーとして人気が高まっています。しかし、ヘアバンドはかわいい反面、後ろ髪が浮く、ずれるといった問題が起こることも多く、使い方が難しいアイテムでもあります。

かわいさに惹かれて買ったのは良いけど、使い方が分からないという方は必見の、ヘアバンドの簡単な髪型アレンジ方法、後ろ髪が浮く、ずれる時の対策法や落ちない付け方をご紹介していきます。

付けるだけでかわいくなれるアイテムのヘアバンドですが、いざ付けてみると後ろ髪が浮く感じがして、フィット感がないと感じる方も多いのではないでしょうか。ショートやボブといった短いヘアスタイルの場合は特に、ヘアバンドを使うと後ろ髪が浮く傾向にあります。

せっかく買ったかわいいヘアバンドを使いこなすには、後ろ髪が浮くという違和感をなくす必要があります。ヘアバンドを付けて後ろ髪が浮くと感じた時の、対策方法を見ていきましょう。

完全に髪の毛を通さない

まとまりのない髪の毛を綺麗にまとめたり、顔周りの髪の毛がすっきりとするヘアバンドは、首まで通しきり髪をアップするという方法が一般的ですが、この方法でやると後ろ髪が浮くという問題が発生します。

後ろ髪が浮くのを避ける対策方法として、完全に髪の毛をヘアバンドの中に通さないということが重要です。特に短い髪の毛の方は、ヘアバンドに髪の毛を全て通してしまうと、ふわふわと後ろ髪が浮くことがあります。しかし、通すのではなく、被るようにするとトップ部分もすっきりとなるためおすすめです。

1/8

続きを読む