Eiioe2pv7e3lrg7lmtlo

健康

CATEGORY | 健康

歯ブラシの硬さの選び方は?あなたに合わせたおすすめの規格!

2018.09.23

皆さんは歯ブラシを選ぶ際に気にしていることはありますか?歯ブラシを選ぶ中でも迷うのがその硬さですよね。今回は、皆さんが使っている歯ブラシの硬さが本当に合っているか解説し、使い分け方や選び方、おすすめの規格、硬さをご紹介します。

  1. 歯ブラシはあなたの歯に合っていますか?
  2. 歯ブラシの硬さの選び方は好みでOK?
  3. 歯ブラシの硬さの特徴は?
  4. 歯ブラシは使い分けや併用をすると効果的
  5. まとめ
Fuqq2m7emkwxgbe2alpp
引用: http://news.doctor-trust.co.jp/?p=3740
皆さんが歯ブラシを買うときの基準は何ですか?デザイン?それとも機能?それぞれ自分の基準がある方もない方もいらっしゃるとは思いますが、自分の歯に合っていない歯ブラシを選んでしまうと、歯茎や歯を痛めることに繋がってしまいます。今回は、そんな歯ブラシを選ぶ基準の中でも、「歯ブラシの硬さ」についてご紹介します!
U2oqbkdb88k3eph4n3mu
引用: http://www.irasutoya.com/
市販されている歯ブラシの硬さは「やわらかい」「ふつう」「かたい」の三種類がありますが、基本的に好みで選んでも大丈夫なようです。それは、メーカーによって硬さの規格がまちまちなためです。例えばA社の歯ブラシの「かたい」を購入したとしても、B社の歯ブラシの「ふつう」を使ってみたらあんまり感触が変わらなかったりということがあります。
Pqil9nrvmexh0nw7ak7z
そのため、硬さを選び方は同じ会社の商品で規格を比較し、自分が心地よい感触の硬さに決めるのがいいでしょう。
Icyxlzkxstrjcuo7qyel
それでは硬さを選ぶにあたっての硬さの特徴をそれぞれ見ていきましょう。みなさんが今使っている歯ブラシは、果たして使用目的に合っているのか…是非一度皆さんが使っている歯ブラシが自分に合っているのか確かめてみてください。
Sgcoqemxhldv1g5nyj12
引用: http://www.honda.or.jp/breath/detail/02-9.html

「かたい」を使うのは歯茎が健康で強めにみがきたい人

No9vmkezdwlpqn9lo9jv
引用: https://allabout.co.jp/gm/gc/299608/3/
「硬い」歯ブラシを使うと歯のエナメル質を削ってしまったり、歯茎を傷つけて出血させてしまっりと、使用にはデメリットが伴います。そのためあまり使用するのはおすすめしません。しかし「ふつう」以下のみがき心地では物足りないという方であれば使うのもいいかと思います。しかし、歯茎の弱い方や、いつも強く磨きすぎているなんて人は硬さを落とした方がよいでしょう。

硬さ「やわらかい」は歯茎が強くない方向け

Nwsfbatwmzddhhsmbbdu
引用: https://allabout.co.jp/gm/gc/299608/3/
強い規格は歯茎を傷める可能性があるため、歯茎が心配な方は「やわらかい」を選ぶことをおすすめします。これなら毛先が硬くないため、普通に磨いていても歯茎を傷つける心配がないでしょう。しかし、この毛先では歯垢を完全に取り除けない可能性もあります。そのため健康な方は「ふつう」以上の硬さでしっかりと歯を磨くのがいいでしょう。

やっぱり歯ブラシの硬さは「ふつう」がおすすめ

Ngtzf3jtqo5ludv0lfr8
引用: https://www.amazon.co.jp/GUM-%E3%82%AC%E3%83%A0-%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7-%E8%B6%85%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%81%B5%E3%81%A4%E3%81%86-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/B001MJ05LM/ref=sr_1_8?s=beauty&ie=UTF8&qid=1521191324&sr=1-8&keywords=%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7
特別な事情などがない限り「ふつう」を使うのがやっぱりおすすめです。もし硬さに迷っている方がいらっしゃれば、適度に硬く、歯垢も落とせてかつ歯茎への負担も少ない「ふつう」を最初に使ってみるといいです。そこから自分に合わせて硬さを変化させていくと良いでしょう。
Azlous1bsmrhct8nzctt
引用: https://item.rakuten.co.jp/d-fit/2113/
ここまで硬さの特徴について解説してきましたが、歯ブラシの規格は使い分けることもできます。例えば歯茎が弱いけれど歯垢をしっかり落とせないという方であれば「やわらかい」歯ブラシでやさしくみがいた後に、歯間ブラシなどの補助器具で残りの汚れを落とすのもよいでしょう。
こういった使い分けを行うことによって、歯ブラシの硬さの長所を効率よく活かすことができます。そのため、もし現在の硬さに満足していないけれども、なかなか硬さを変えられないという方は、歯ブラシの併用という方法を用いてはいかがでしょうか?
Vydzdhysutyliiy6hk23
引用: http://www.nomotosika.com/chishiki/chishiki.html
今回は歯ブラシの選び方をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?歯磨きは毎日数回する重要なものであり、歯ブラシ選びは歯だけでなくあなたの健康全体に大きな影響を与えます。そのため歯ブラシは必ず自分に合ったものを使い分けるようにしましょう。今まで適当に選んでいて、気づいたら歯茎が荒れていた、なんてことにならないようにお気をつけください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://news.doctor-trust.co.jp/?p=3740