Nsjhhoikfph5sdxfkjmu

パソコン

CATEGORY | パソコン

ノートパソコンの寿命はどれくらい?PCを長持ちさせる方法を伝授!

2018.09.23

最近ノートパソコンの調子がおかしいけどそろそろ寿命かな?アナタのパソコンの使い方、間違っていませんか?今回はノートパソコンのHDD寿命を長持ちさせる対策をまとめてみました。知らないともったいないですよ!

  1. ノートパソコンの寿命が短くなる原因
  2. ノートパソコンのHDDの寿命を長持ちさせる対策その① 衝撃を与えない
  3. ノートパソコンのHDDの寿命を長持ちさせる対策その② 熱をためない
  4. ノートパソコンのHDDの寿命を長持ちさせる対策その③ 結露する環境下に置かない
  5. ノートパソコンのHDDの寿命を長持ちさせる対策その④ パソコン内部を掃除する
  6. ノートパソコンのHDDの寿命を長持ちさせる対策その⑤ 乾燥した湿度の使用に気を付ける
  7. ノートパソコンのHDDの寿命を長持ちさせる対策その⑥ 無駄に電源を付けて放置しない
  8. ノートパソコンのHDDの寿命を長持ちさせる対策その⑦ SSDを導入する
  9. ノートパソコンのHDDの寿命を長持ちさせる対策その⑧ タバコに注意する
  10. まとめ!ノートパソコンの寿命はどこまで伸ばせる?
Xq6nchogdde2fhnx5acx
ノートパソコンの寿命が短くなる原因としては以下のパーツの故障が原因であることが多いです。
・ハードディスク
・バッテリー
・ファン
・メモリ
・モニター
この中でもハードディスク(HDD)の故障が一番原因として多いようです。ハードディスクはメインの記憶容量として必要不可欠なパーツです。パソコンで行ったすべての作業を保存するのになくてはならないパーツなので使わないわけにもいきません。
ノートパソコンに関してはパーツ交換ができない機種も多いので壊れてしまったらノートパソコンごと取り換えるしかないようです。そのためハードディスクを労わるようなノートパソコンの使い方を心がけることで寿命を引き延ばすことができます。
Fstm2ttloaamuhepnuca
Oojilzeybfrff1vik9yh
ノートパソコンを外出先に持ち出している人は良く経験すると思いますが、故意でぶつけてしまったり誤ってノートパソコンを落としてしまったりする経験があると思います。結構気を使って衝撃が入らないように緩衝したとしても、実はノートパソコンはかなり衝撃に弱いのです。これがハードディスクが壊れる原因になります。
Pytqrqo9dadk6ue0cszk
ノートパソコンのハードディスクはデスクトップと比べて薄いためさらにデリケートで精密機械です。内部の磁気ヘッドとディスクの間の隙間は「100万分の1ミリメートル」という想像もできないくらいミクロの間隔です。そのため、ノートパソコンに衝撃を与えてしまうのはハードディスクに直接損傷を与えてしまうくらい深刻な問題です。
間違って落とした後に動作点検しても、外見上では問題なく動いたとしても内面のハードディスクには少なからずダメージが入ってる可能性が高いでしょう。対策としては極力外に持ちださない、持ち出すにしてもノートパソコンに緩衝対策をした後、必ずぶつけない、落とさないことを徹底しましょう。
Eigyhyrb5uaih4rc8tcl
ノートパソコンは薄く持ちやすく設計されている性質上、熱が大変こもりやすいです。その為、動画編集などCPUに高負荷のかかるような処理を長時間してしまうとすぐに熱くなってしまうことがあります。これもやはりハードディスクにダメージを与えてしまいます。
Xkk4a9xqnw3xtpqhyd0i
夏場に出張などでノートパソコンを持ち出した際に本体が天候で暖まってしまってもいけません。また、ベッドの上などでノートパソコンを使っていて暖まってしまってもいけません。ハードディスクは非常に熱に敏感です。ハードディスクは熱によってディスク書き込みをしているため、ファイルが壊れる原因にもなってしまいます。
対策としては炎天下の持ち出しはより一層気を付けること、ノートパソコンに高負荷の作業を長時間させないこと、ノートパソコンの通気口は常に気を付けて開放しましょう。
Uteefujvzppz5l8uxqtt
先ほどまでは衝撃に注意、暑さに注意など、紹介して来ましたが寒さにも注意したいところです。いかにノートパソコンが精密機械であるかを考えさせられます。雨の日などの結露にも注意しましょう。精密機械である以上、水分にも大変敏感でデリケートです。
Lmjfulwoqeoalsfh4fxf
結露の悪質なところは、電気系統のショートを誘発させる可能性があるためハードディスクの故障どころか他のパーツのダメージにも影響してきます。電気ショートがハードディスクにも届くとやはりダメージになります。雨の日や気温が寒い日には部屋を暖めてからノートパソコンを利用するようにしましょう。
Tvcwhockeqjcs1pqvnuy
ノートパソコンを使っているとやはりホコリがたまってきます。このホコリの除去をしないとこのホコリが静電気を誘発させます。ノートパソコンは長年使っていると知らず知らずにうちに静電気をため込みやすい環境になってしまいます。
Paesgtvla4zsmgdtssbw
対策としては、やはりノートパソコンの内部の掃除をこまめにすることでしょう。内部掃除はパソコンの寿命を飛躍的に伸ばすことができる解決法です。マニュアルなどにノートパソコンの成功方法などの手引きページがあるので確認してみてください。メーカーのカスタマーに聞いてみてもいいでしょう。
Dzd3ddv453970uwpltir
冬場の乾燥した湿度でパソコンを使うのも要注意です。ノートパソコンの保管環境としては問題ないのですが、人によっては静電気体質になりやすいため、そのような人がパソコンを使うと使用中の静電気でショートを起こす可能性があります。
Qdcv3ei7nkidnjyj5rhc
この場合は体質なので、自身がそういう体質なのを理解することでしょう。静電気を吸い取るリストバンドやアクセサリーなどがあるのでそのようなものを用意しておきましょう。または本体とは別のキーボードマウスを用意するのも手でしょう。
Fqgxpiq7kdgm1ftqp44z
パソコンユーザーならありがちだと思いますが、24時間パソコンをつけっぱなしにする人もいらっしゃるのではないでしょうか。使わない時間にもパソコンをつけっぱなしにするのもパソコンの寿命を縮める行為です。
Bkjtlotpecmfk5xifobc
常にノートパソコンの電源をつけっぱなしにすると、ハードディスクだけではなくCPUやメモリ、バッテリーなどのすべてのパーツの劣化消耗が早くなります。使わないオフタイムの時にはしっかり電源を落としてノートパソコンを休ませましょう。
Qwglqokbnlegwlmxl3rh
この方法はパーツ交換ができるノートパソコン限定の方法になります。現代ではハードディスクに代わる「SSD」という新しい記憶媒体がでています。それに変えてしまうことで劇的にノートパソコンの寿命が延びます。
Lpdn6gmoeksluwbpdr5r
「SSD」の品質はハードディスクと比べるとかなり向上していて、データの読出しや耐久性、寿命など、すべてにおいて上位互換となっています。費用はかかってしまいますが、寿命効果としては一番効果があると言えるでしょう。
E8ameh3xfnisdidzm4xx
あまり知られていませんが、ノートパソコンを使う際に近辺でのタバコの吸い過ぎにも注意しましょう。「え!?」と思われた方もいると思いますが、タバコの溜まったヤニがノートパソコンの内部に及ぼす被害は思っている以上に深刻です。
Rfrkt9cdiwiyspfnqaa0
ヤニだらけのノートパソコンの内部はひどいものです。ノートパソコン内部を開けて見てみればわかりますが、ファンは黒ずんでしまってヤニがベトついてしまってます。もしパソコンの電源を付けた際に変な異臭がしたならばこれが原因です。ほかにもこのようなヤニがマザーボードにびっしりついてしまっています。
これでは内部がショートしても文句は言えませんね。なるべくパソコンの前での喫煙は控え、外や喫煙室などで一服するよう心がけましょう。
Erhejupusps1dlujywdf
手入れに手入れを重ねた結果、ノートパソコンの寿命はどこまで使い切って伸ばせればよいのでしょうか。
パソコンの買い替えタイミングとしてはおおよそ3年ですが、ちゃんと使えている人は購入から5年程度買い替えずに使えているようです。ノートパソコンは買い替えるにも結構な費用になりますから、なるべく少しでも長く使いこなしたいですね!
Lb5ia2agmkajgaxv7je4
参考にしてください!それでは!

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.pasocomclub.co.jp/images/logo_note_os_daigamen.jpg