Lq7iousyykgwq1pt5gim

アイデア

CATEGORY | アイデア

狭い玄関の収納アイデアをご紹介!広く見せる実例を画像解説!

2018.08.16

マンションが急増する現代において、ほとんどの家庭が傘立てや下駄箱により「狭い玄関」となってしまっている状況が見受けられます。では、どうすれば「狭い玄関」を広く見せることが出来るのか。今回は狭い玄関の収納アイデア&広く見せる実例を画像とともにまとめています。

  1. 狭い玄関を広く見せる方法とは?アイデアを紹介!
  2. 狭い玄関を広く見せる収納アイデア1:物を置かない
  3. 狭い玄関を広く見せる収納アイデア2:クローゼット
  4. 狭い玄関を広く見せる収納アイデア3:傘立て
  5. 狭い玄関を広く見せる収納アイデア4:便利グッズ
  6. 基本的にはスペースを作るように収納を工夫する!
住居にとって入り口である玄関はおしゃれに片づけたいと考えている方が多いです。実際に玄関は来客時にも全ての人が通る場所なので印象は重要です。仮に玄関自体が狭くても工夫次第で広く見せることが可能です。ここからは狭い玄関を広く見せる収納アイデアなどを紹介していきます。

物を置かないのが基本

狭い玄関を広く見せる収納アイデア1つ目は「物を置かない」です。狭い玄関を広く見せる基本的な考え方は、当たり前ですが物を置かないことです。例えば靴も出しっ放しにするのではなく全て靴棚に仕舞うことが大切です。このように意識することでまずスペースを有効活用することができます。

玄関のものを減らすコツ

基本的に玄関に置くものは靴以外に必要なものはあまりありません。つまり靴の収納問題が解決すれば狭い玄関を広く見せることが可能です。また靴棚が足りない場合は追加しますが、なるべく靴を横向きではなく縦に多く置ける工夫をするのがおすすめです。

基本はクローゼットに仕舞う

狭い玄関を広く見せる収納アイデア2つ目は「クローゼット」です。基本的には玄関に置いているものはクローゼットに収納するようにします。どうしても玄関に物を置きたい場合でも基本的に靴棚以外に使わない方が良いです。スペースを活かすという点で言えば、付属の靴棚の上にはスペースが空いていることが多いです。

クローゼットを自作してみる

このとき靴棚の上のスペースはインテリアを置くスペースとして使われることが多いですが、靴棚と同じようなカラーの収納グッズを置くだけで非常にスペースができます。靴棚の上部に靴を置くことができ靴棚の中を分解することができれば折りたたみの自転車やサッカーボールくらいなら収納できます。

インテリアの傘立てを用意する

狭い玄関を広く見せる収納アイデア3つ目は「傘立て」です。玄関を広く見せたいときに課題となるのが傘立てです。玄関の外における場合もありますが盗まれる危険性があったりマンションなどであれば置くことができないケースもあります。基本的にはインテリアとして使うことができる傘立てを利用するのがおすすめです。

傘立てを使わない方法

また手間かもしれませんが、傘立てを綺麗にしてクローゼットに仕舞うという実例もあります。このときに傘をドライヤーで乾かすようにすれば清潔に撥水性を保つことができます。

便利グッズで有効活用

狭い玄関を広く見せる収納アイデア4つ目は「便利グッズ」です。玄関には靴以外にもサングラスや帽子などの小物を置くことが多いです。先程の実例のように靴棚の上に収納スペースを作るのもおすすめですが、玄関のスペースを便利グッズを使って有効活用することができます。

ワイヤーネットが活躍

便利グッズとしておすすめなのがワイヤーネットとアイアンバーです。ワイヤーネットがあれば帽子なども壁かけしやすくなりますし、アイアンバーがあればおしゃれに小物を掛けることができます。玄関は人が通る場所なので小物をこだわるだけでも広くおしゃれになります。
今回は狭い玄関を広く見せる収納アイデア・実例などを紹介してきました。ここまでの方法以外にも、例えば玄関の壁紙を青空模様などにすることで広く感じるようにすることもできます。多くの玄関では死んでいるスペースがあったり無駄になっている空間があるので、基本的にはスペースを作る考え方で収納を工夫することが大切です。