Fudvz1q9tp6b1xynryym

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

お風呂には何リットル入れるのがいい?半身浴の場合は半分なの?

2018.08.15

お風呂の浴槽にはお湯は何リットルほど入るのでしょうか。一人暮らしの場合や、一般家庭の場合など、一杯にお風呂の浴槽に入れた場合には何リットル入るのか量を知っておけば水道代の節約に繋がります。また半身浴の場合と一杯に入れたときの差も知っておきましょう。

  1. お風呂の浴槽にお湯を一杯に入れたときには何リットル入るのか
  2. お風呂の浴槽にお湯を一杯に入れたときには何リットル入るのか、半身浴の場合
  3. お風呂の浴槽にお湯を一杯に入れたときには何リットル入るのか、無理にいっぱい入れる必要はない
  4. お風呂の浴槽にお湯を一杯に入れたときには何リットル入るのか、半身浴の方が健康的
  5. まとめ
引用: https://taskle.jp/media/uploads/content/image/6089/494358525.jpg
お風呂へは、お湯をどこくらいいれるべきなのでしょうか。こういった疑問を感じている人は多いはずです。また、普段入れているお湯が何リットル入っているのかも気になるでしょう。例えば一人暮らしの場合には、一人暮らし用の浴槽が設置されているはずですが、その場合にはおよそ200リットルほどのお湯が入ります。
一人暮らしの場合ではこのくらいですが、一般家庭の場合には300リットルほどになります。一般家庭の場合でも一人暮らしのときでもこれだけ多い量の水を使用することになりますので、水道代はとても多くなることはイメージできるでしょう。
引用: https://ie-mania.net/wp-content/uploads/2017/07/d901a548dd4251842dcc84d819051b19_s.jpg
引用: http://150.60.174.193/kinokolabo/wp-content/uploads/2011/05/june_trend34.jpg
では、半身浴の場合にはどのくらいの量のお湯を使用しているのでしょうか。一人暮らしでも一般家庭でも、半身浴の場合のお湯はおおよそ半分ほどです。お湯の熱さなどによっては半分よりも少し少なめが半身浴に適しています。
一人暮らしの場合には100リットルを切るほどの量、そして一般家庭の場合には150リットルを切る量が最適です。当然、お湯は半分になりますので、水道代も半分にさせることができます。これからの入浴を半身浴に変えれば、水道代は半分にさせることができます。
引用: https://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2013/04/shutterstock_342003197.jpg
引用: https://www.interior-heart.com/wp-content/uploads/seven-color/fengshui/2932ddcb24620b0657f6f479eb5558ed_m-e1479708750651.jpg
しかし、ゆっくりお湯に浸かりたいときにも、いっぱいまでお湯を入れる必要があるのでしょうか。お湯に浸かれば当然、その分水位は上昇します。いつもいっぱいまでお湯を入れている人は、もしかすると浴槽からお湯がこぼれてしまっているかもしれません。これでは水道代がもったいないと感じるでしょう。お湯を浴槽に入れるときには、自分が入ってどこくらいまで水位が上昇するのかも考慮した上で入れるようにしましょう。
そうすることで、無駄なお湯を入れる必要がなくなってきます。意外に普段よりも少なめにお湯を入れても満足できる量になることもあります。多く入れれば入れるほど、当然水道代は多くかかってしまいますので、どこくらいが適正なのかを今一度しっかり考えてみましょう。
引用: https://www.avic-physio.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/d901a548dd4251842dcc84d819051b19_s.jpg
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20141118%2F55%2F5661065%2F5%2F517x584xcbd0086e42864dce60e815ba.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
お湯に肩まで浸かることは、とても気持ち良く感じますが、こうした時間が長くなることで体への負担も大きくなってくることをご存知ですか。水圧はイメージしているよりも大きく、肩まで浸かることで心臓に大きな水圧を受けてしまっているのです。入浴の時間が長ければ長いほど、心臓にかかる水圧も長くなります。そのため、こうした体への負担を少なくさせるには半身浴が最適なのです。
普段の入浴を半身浴に変えることで、健康的な体を手に入れることができるようになるかもしれません。また、半身浴は体がしっかり温まらないと感じている人がいますが、半身浴でも十分な保温効果が期待できます。半身浴を行ったことがない人は、ぜひ試してみましょう。
引用: http://ice.homemate.co.jp/isc/04/group/token-nas/useful/02bath/01efficacy/02suiatsu/img/01.jpg?w=240
引用: http://i1.wp.com/setuyaku.xyz/wp-content/uploads/2017/04/pixta_29796686_S.jpg?fit=640%2C425
普段、何気なく入っているお風呂には、どのくらいの量のお湯が入っているのか疑問に感じてみましょう。これがそのまま水道代に反映されていくのですから、気にすることは水道代の削減にも繋がります。一人暮らしの場合でも、一般家庭の場合でも、お湯の量を理解しておきお湯の量を上手に調整してみましょう。
意外に、普段入れている量よりも少ないお湯の量でも満足感を得ることができます。また、半分以下のお湯の量で行える半身浴を上手に活用することで、水道代は今までよりも半分以下にさせることも十分可能です。
引用: https://kw-note.com/wp-content/uploads/2017/12/150l-hirome-huro-yokusou.jpg