Vydhxkdup3xe3rp4yqsr

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

指先が赤いのはなぜ?痛い赤みの原因とおすすめの治す方法をご紹介!

2018.08.16

ふと気づけば、指先が赤いということありませんか?ただ指先が赤いだけでなく、かゆいとか痛いという症状が出る人もいます。なぜ指先に赤みが起こるのか、今回は指先が赤い原因を解説して、原因からおすすめの治す方法をご紹介します。治す方法で、赤みを改善させましょう。

  1. 指先が赤い原因【生理的な要因】
  2. 指先が赤い原因【病気が要因】
  3. 指先が赤いのを治すおすすめの方法【生理的な要因の場合】
  4. 指先が赤いのを治すおすすめの方法【病気が原因の場合】
  5. まとめ:指先が赤い原因を知ってしっかり治しましょう

原因①肌荒れ

指先が赤い原因の一つ目は、肌荒れによるものです。指先だけでなく、手に赤みを帯びたり、かゆい症状が出たり、皮膚が荒れると痛いこともあります。肌荒れと言えば、乾燥や水仕事などで起こるのが代表的ですが、実は最近、それ以外にも指先の肌荒れを起こる原因があります。
それは、スマホによる指先の肌荒れです。タッチパネルを頻繁に操作していると、摩擦が起こり、肌荒れの原因になったり、端末の熱によって、指先に小さな傷を与えてしまうことで起こります。重症化すると、かゆいだけでなく、指先に水ぶくれができて、痛いということになります。

原因②うっ血によるもの

うっ血状態になると、指先だけでなく、手のひらが赤い状態になります。一時的にうっ血することもあれば、慢性的に血行不良があり、うっ血を起こすこともあります。なぜ、うっ血で赤い指先になるかというと、血行不良によって、指先のような末梢の血管が圧迫されると、異常に静脈の血が溜まった状態になるためです。
色々な原因があり、うっ血が起こりますが、代表的なものは血行不良です。冷え性などで血行不良になり、うっ血が続けば、赤みだけでなく、圧迫によりしびれが起こり、痛い症状が現れることもあります。

原因③更年期障害(ホルモンバランス)

Oajefgfvlf1zoivehtng
閉経前後に、ホルモンバランスの乱れによって起こる様々な症状を、更年期障害と呼んでいますが、有名なめまいやほてりなどの症状のほかに、指先が赤くなることもあります。なぜ、そのような症状が現われるかというと、自律神経や代謝システムに異常をきたすためだと言われています。
また、更年期の女性だけでなく、女性ホルモンのエストロゲンが適切に排除されなくなることでも、末梢血管の拡張が起こり、指先が赤くなることがあります。ホルモンバランスは、ストレスに影響を受けやすいので、更年期以外の世代の女性であっても、ホルモンバランスの乱れを招くこともあります。

原因①肝臓に障害がある

Xf7im7rqgeazuxikvjpn
手が赤いと、肝臓の病気を疑われると言われるほど、手の赤みと肝臓の不調は、関係性が深いものです。代謝や解毒を担う肝機能に障害があると、体の毒素となるものや老廃物を排出できなくなり、体に悪影響を及ぼします。前述のように、不必要なエストロゲンなどが体に溜まると、血管拡張により、指先や手の赤みにつながるのです。
肝機能障害は、アルコールの過剰摂取やウィルス感染などが原因にあり、自分自身では判断できず、医師の判断が必要なものです。体がだるいなど、指先以外に症状がある場合は、肝臓に異常をきたしている可能性があります。
1 / 3