P7l9wghp1gkzwtul24te

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

痩せたい中学生必見!おすすめのダイエット法と注意点をご紹介!

2019.12.12

痩せたい中学生へ!成長期である今、大人と同じダイエット方法を実践するのは危険です。幾つかの注意点を守ることで、健康的でリバウンドなしのダイエットが可能になります。痩せたい中学生向けの成功しやすいダイエット方法&注意点をしっかり伝授します、お見逃しなく。

  1. 痩せたい中学生!ダイエットは必要?
  2. 痩せたい中学生は必見、ダイエットの注意点
  3. 痩せたい中学生は要注意、やってはいけないダイエット方法
  4. 痩せたい中学生におすすめのダイエット方法①ウォーキング
  5. 痩せたい中学生におすすめのダイエット方法②ピラティス
  6. 痩せたい中学生におすすめのダイエット方法③豆乳を生理前に飲む
  7. 痩せたい中学生におすすめのダイエット方法④半身浴
  8. 痩せたい中学生におすすめのダイエット方法⑤べジファースト
  9. 太もも!痩せたい中学生におすすめダイエット方法と注意点
  10. 太ももダイエット方法①カッサで足を細くする
  11. 太ももダイエット方法②スクワットで足を引き締める
  12. 太ももダイエット方法③本を挟む
  13. お腹周り!痩せたい中学生におすすめダイエット方法と注意点
  14. お腹ダイエット方法①座る姿勢を変える
  15. お腹ダイエット方法②ドローインで引き締める
  16. 筋肉太り!痩せたい中学生におすすめダイエット方法と注意点
  17. 痩せたい中学生は睡眠時間をしっかり取ろう
  18. 痩せたい中学生は間食をやめよう
  19. 中学生ダイエットが成功するコツと注意点
  20. 注意点をしっかり守って、綺麗にダイエットを成功させよう!
Kooiss09cfokadlf0bn6
現代の中学生はオシャレに敏感になり、化粧やファッションも大人同様に楽しむようになってきました。そうなると当然気になるのは「体系」ですよね。ダイエットをして綺麗になりたいと思うのは当然の事!しかし気を付けて置きたいのが大人と同じダイエット方法はNGであるという注意点です。また短期間で5kg~10kgと落とす大きなダイエットもNGです。
Ykahs5fvyqyob7hsavqh
10代の中学生は成長過程で必要な栄養素がたっぷりと必要な時期です。そんな時に食制限をして短期間で5kg~10kgと急激に体重を減らすのは危険です。栄養が不足する事で骨が弱くなったり、女性ホルモンの分泌が乱れ生理が止まったりしてしまいます。低体温の原因にもなり、結果太りやすい体質を生み出してしまうのです。
Z8keqqp9xsiv6etwe2gn
「本気で痩せたい」と思うならやってはいけないダイエット方法もしっかり把握しておきましょう。10代のダイエットは一歩間違えると健康を害するだけでなく、逆に太りやすい体質を生み出してしまうからです。特に短期間で痩せたいと思うと無理をしがちです。無理をする=リバウンド率が上がるという事をお忘れなく!

NGダイエット方法「食事制限」

Japbpjuxf6chtvgnhwia
引用: https://www.instagram.com/p/Bmj-f0xgS-d/?hl=ja&tagged=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88
ダイエットというと、真っ先に思い浮かぶのが「食事制限」ではないでしょうか?しかし、中学生で食制限は厳禁です。栄養不足によって体の機能が低下、脳の働きも弱くなり、低体温=基礎代謝が減り太りやすいという悪循環を生んでしまいます。食事よりは運動などで基礎代謝を上げていく方がいいでしょう。

NGダイエット方法「断食」

5kg、10kgを短期間で落とそうと「断食」をしてしまう人もいますが、これも厳禁です。実は断食ダイエットは大人でも難しく正しい補食事期間や栄養を計算して行わないと、リバウンドが起こりやすいダイエット方法です。さらに栄養が必要な時期に断食はおすすめ出来ません。
そして、10代での断食ダイエットは「過食症」「拒食症」の引き金になるケースが多く危険なダイエット方法と言えるでしょう。5kg~10kgという大きな単位でのダイエットを行いたい場合は長期のスケジュールを立てる必要がありますね。
Qrps8bfnxurycr6vpycu
有酸素運動の一つウォーキングは、簡単に取り入れる事が出来るダイエット方法です。とは言え、時間を取ってわざわざ歩くというのはなかなか出来る事ではないので、本気で痩せたい人は日常の生活の中に少しずつ取り入れていきましょう。一駅多く歩く、階段を利用するなど少しの積み重ねが結果を生んできます。

ウォーキングの注意点

ウォーキングを行う際は姿勢に気を付けましょう。背筋はまっすぐに胸を張り視線は全方、そして踵から地面につきます。外股や内股にならないように気をつけましょう。また短期間で効果を出したい場合は、歩幅を大きく早足で歩くと燃焼効果が高くなります。普段あまり運動しないがウォーキングを取り入れ10kgほどを1年で落としたという例もあります。

関連記事

Tzafwcjfrdo7l5nktley
ダイエットの運動でおすすめなのがピラティスです。ピラティスはヨガとは違い「筋トレ」の運動なので、筋肉量を上げて消費カロリーを増やすことが出来ますね。さらに見た目もキュッと引き締まります。筋トレといっても大きな筋肉ではなく遅筋を使用する運動なので細くしなやかな筋肉が付いてきます。

ピラティスの注意点

ピラティスは正しい方法で行う事が大切です。近年ではDVDや本などで簡単に説明されていますが、本気で痩せたい人は少なくとも1度はスタジオなどでインストラクターからのレクチャーを受けた方がいいでしょう。間違った方法を続けると、太い筋肉が外側についてしまう…という事も。
Lrchndrdtacv9kzydy94
生理前に過食になる人も多いのではないでしょうか?生理前は妊娠の為に体がため込む時期です。女性ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えるので過食になりやすいのです。ここで同じ女性ホルモンのエストロゲンに似た大豆イソフラボンを摂取する事で食欲が抑えられると言われています。

豆乳の注意点

豆乳は過剰に飲まないように気をつけましょう。目安は200ml~300ml程度。イソフラボンを過剰に摂取すると女性ホルモンが乱れてしまいます。またダイエット効果を上げるには生理が来た時点で、飲むのをやめるというのもポイントです。体が豆乳に対して慣れてしまうと次回の生理前に効果が半減してしまうのです。
Csvlhbm4ddoqfpdfgxgy
ダイエットに半身浴を取り入れている人もいるのではないでしょうか?半身浴は温めのお湯に15分~20分程つかり5分程休憩をいれ再びつかるという方法です。血行が良くなり新陳代謝が進みます。美肌にも効果があるのでモデル達も取り入れている短期間で効果が出やすいダイエット方法ですね。

半身浴の注意点

お風呂は食前に入ると食欲が抑えられるので効果的です。お風呂上りの食事に関しては30分から1時間ほど間をおいて食べるようにしましょう。胃腸が活動を弱めている状態で食事を摂ると消化が悪くなってしまいます。たくさん汗をかいたら水分補給もお忘れなく。その際の飲み物は常温の水がおすすめです。
Ewarcpg3hspknwjicqcc
食事制限のダイエットは厳禁であると述べましたが、食事の食べ方を変えるだけで太りにくくなるのを知っていますか?それは「べジファースト」野菜を先に食べる事で血糖値の上昇を抑えて、糖の吸収を鈍くする方法です。炭水化物は最後に食べるようにしましょう。この方法も比較的短期間で効果を実感出来るダイエット方法です。

べジファーストの注意点

あくまでも食べ方のダイエット方法です。食べない方法ではないという事をお忘れなく。また食事は30回ほど噛む癖をつけると満腹感が大きくなり消化も良くなるので過食を防ぐことにもつながります。べジファーストの食事を続ければ食事制限なしで5kgほどのダイエットが可能だと言われています。
Tbcyohovnymx0vwfmidc
部分痩せ(体重を減らす)は正直難しい!というのが本音ですが、脂肪を減らして引き締めるという方法なら簡単に細く出来るでしょう。
かっさプレートでマッサージをする事で老廃物が流れ、血流が良くなります。むくみ脚で太さが気になる人には特におすすめです。本気で脚を細くしたいと思うなら専門のサロンへ行くのもいいですが、自宅で簡単に出来るかっさプレートを利用しても効果は得られます。
注意点はやり過ぎると赤く跡が残ってしまうという点。短期間で効果を出そうと頑張り過ぎると真っ赤になってしまいます。時間がたてば元に戻りますが、見た目的に抵抗を感じる人は控えめに行いましょう。
スクワットは筋肉量が少ない人におすすめの脚痩せ方法です。毎日30回~スクワットを続けることで引き締まったお尻と脚が手に入るでしょう。腰を反らせすぎないように気を付けて行います。また運動部に入っているなどして筋肉太りが気になる人にスクワットは向いていないので注意しましょう。
内ももを引き締めたい!と願う人も多いのではないでしょうか?実は学習中でも内ももを引き締められる方法があります!浅く椅子に座り、内ももに本を挟むだけというお手軽な方法です。実際にやってみるとかなりの引き締め効果を感じるはず。毎日行えばスッと引き締まった太ももになるのではないでしょうか。

関連記事

Xqs30joopgbxx3ztqljs
お腹周りがシュッと引き締まっていると、どんな服装も似合いますよね。一番細くしたい箇所でもあります。
お腹周りのダイエットには、座り方が大きな影響を与えます。特に学生は座っている時間も長いですよね。本気のダイエットを目指すならまずは座る姿勢を変えてみましょう。猫背の人は要注意!お腹の筋肉が弱くなり脂肪がつきやすくなりますよ。
正しい座り方は、骨盤を真っすぐにするように仙骨(お尻にある三角の骨)を立てます。頭頂部を引っ張られるように背中を伸ばしましょう。さらに短期間で引締めたい!という人は両手を机に置き、両膝を持ち上げると腹筋運動にもなり、より高い効果を得る事が出来ます。
ドローインは場所を選ばずどこでも出来るダイエット方法です。お腹のポッコリが気になる人におすすめですね。口コミでは5kgほど体重が落ちたという人もいるほど効果的な方法です。
やり方は簡単。まず大きく息を吸いお腹も膨らませます、次に軽く息を止めお腹に力を入れたらお腹を極限まで凹ませながら息を吐き切ります。お腹が凹んだ状態で30秒キープします(この時息はしています)。これを繰り返すだけ!腹筋がつき、引きまったウエストラインになりますね。
Gn2vjyxfzshx14263ics
中学生は筋肉太りに悩む人も多いものです。そんな人はストレッチやマッサージを多く取り入れるといいでしょう。運動の後はしっかりストレッチを行い血行を促します。またマサージを取り入れる事で固まった筋肉をほぐし大きな筋肉が付くのを予防します。
筋肉太りの人がダイエット運動を取り入れる際は、負荷の少ない有酸素運動をおすすめします。またマッサージの際にスリミング効果のあるジェルやオイルを使用してもいいでしょう。
Fmkkmd6r4lfbfhgzrwnp
テストや宿題などで睡眠時間を削っていませんか?もちろん勉学は大切ですが、睡眠時間を削るという事は太りやすくなるので注意しましょう。睡眠中に分泌されるホルモンは美肌、成長を助ける物だけでなく痩せホルモンという代謝を助けるホルモンも存在します。
睡眠時間が十分に取れていないと体は疲れやすく、ため込みやすい体質になってしまいます。ストレスも抜けないので過食を招くことも…本気でダイエットをしたいなら睡眠も大切な要素です。

睡眠時間の注意点

本気のダイエットには良質な睡眠が必要です。寝る前にスマホやテレビを見ると脳が休むことが出来ず、質の悪い睡眠になってしまいます。綺麗に痩せたいならば、睡眠の前は静かな時間を過ごしましょう。
Jsarvy02p8h6uxdgogij
当然の事ですが、本気で5kg、10kgと痩せたい人は特に間食の習慣をやめましょう。また短期間で2㎏、3㎏と体重を落としたい場合も間食はやめた方がいいですね。3食きちんと食べる、食事の前はお腹が空いている状態というのがダイエットの基本です。

間食についての注意点

間食はやめよう!と言いましたが、長期戦で5㎏、10kgと落とす人はストレスが溜まらないように過ごす事もダイエット成功のポイントです。その為には週に1回などと好きなお菓子を食べる日を決めてもいいですね。その際の食べすぎには要注意です。
Nphsnyqqrrc0gkwyrxko
ダイエットは根性だけで成功するものではありません。何よりも大切なのはタイミングです。さらに本気で5kg~10kgと体重を落としたいのならば、家族などの協力も必要になるでしょう。

①ダイエットには向いている時期がある

ダイエットの成功率を上げるには必死に運動するだけでは厳しいでしょう。例えば生理前から生理中は体はため込む時期なので、いくら頑張っても体重は減らないのです。一方生理後は排出の時期なのでダイエットが最も成功する時期になります。
本気で5kg~10kgと体重を落としたい人、短期間でダイエットを成功させたい人は生理後を狙うといいのではないでしょうか。また月の満ち欠けにも影響を受けるという説もあるようです。月が満ちる時は太りやすく欠ける時期は痩せやすいのだとか。

②毎日体重を測る

本気のダイエットをするのならモチベーションを維持する事が大切ですよね。その為には毎日体重を測り記録を付ける事をおすすめします。短期間で集中して痩せたいのならば、朝と夜の体重を測りましょう。5kg~10kgと長期でのダイエットを計画しているのなら毎晩体重を測るようにします。
特に5kg~10kgのダイエットに挑戦する人は長期戦になるので、その間に体重の増減が起こります。小さな数字の増加はさほど気にしなくていいのですが、体重を測って置かないと油断につながり大きくリバウンドしてしまう事も!こまめな体重チェックは成功への鍵なのです。
I3jc2l4jhexeqhvhxqgh
本気でダイエットを成功させたいのなら、しっかりと注意点を守って健康的に痩せていきましょう。5kg~10kgと大きくダイエットをしたい人は1年ほどの期間を目安に無理をせず、ストレスを溜めないダイエット計画を立てましょう。綺麗に痩せた後はお気に入りの服を買うなど、ご褒美があってもいいですね。

関連記事