Kc4ib5xd8vum6hexebt6

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

お風呂の水道代を節約する方法は?シャワーと湯船はどっちがいい?

2018.08.17

一日一回はお風呂に入りたいものですが、水道代の節約にはシャワーと湯船はどちらがよいのか悩んだことはありませんか?シャワーと湯船の一日の水道代を計算すると、一人暮らしかどうかでも変わりそうです。今回は、お風呂の水道代を節約する方法やグッズなどについて紹介します。

目次

  1. 【お風呂の水道代を節約する方法は?一日でどのくらい違う?】①シャワーの水道代
  2. 【お風呂の水道代を節約する方法は?一日でどのくらい違う?】②湯船の水道代
  3. 【お風呂の水道代を節約する方法は?一日でどのくらい違う?】③一人暮らしの場合
  4. 【お風呂の水道代を節約する方法は?一日でどのくらい違う?】④二人以上の家庭の場合
  5. 【お風呂の水道代を節約する方法は?一日でどのくらい違う?】⑤シャワーの節約グッズ
  6. 【お風呂の水道代を節約する方法は?一日でどのくらい違う?】⑥湯船の節約グッズ
  7. 【お風呂の水道代を節約する方法は?一日でどのくらい違う?】まとめ

一人暮らしの場合は、湯船を使わずシャワーで済ます人が特に多いようですが、シャワーは、1分間で約6リットルほどの水を消費するそうです。では、湯船を使わずシャワーだけで済ます場合の水道代はいくらくらいになるのでしょうか。

一回で10分間シャワーを使ったとすると、約60リットル、水道代としては20円前後、という計算になります。

では、湯船を使った場合の水道代はいくらくらいになるのでしょうか。湯船には一回につき、約180~200リットルの水をためるため、一回で60円前後は水道代がかかっている計算になります。

一人暮らしの場合、どうしても湯船につかりたい場合はともかく、湯船に水をためるよりシャワーのみで済ます方が水道代は安くなります。水道代を節約することを優先するのではあれば、一日一回のシャワーのみの入浴がベターです。

二人以上の家庭の場合でも、水道代を優先するのであれば、シャワーのみの方が節約にはなりそうです。なぜなら、湯船に水をためてもシャンプーなどをすすぐ際にはシャワーを使うことがほとんどのため、さらに水道代がかかるからです。

シャワーは使わず、湯船にためた水のみで済ませられるのであれば、シャワーとそこまでかわらない水道代になります。また、湯船の残り湯を洗濯などに使用すれば、さらに節約になります。

湯船につかってゆっくりリラックスしつつ節約もしたい、というのであれば、二人以上の家庭の場合は、残り湯の再利用を徹底しましょう。

419othyjqxl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/419OThyjqXL.jpg

「水生活製作所/5WAYデカヘッドメタルシャワー SH208-5T SH208-5T」は、シャワーの水道代を節約するグッズです。「シャワー」・「マッサージ」・「シャワー+マッサージ」・「ミスト」の4つの水流に「一時ストップ」機能付です。

4117119w01l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4117119w01L.jpg

ヘッド構造と一時ストップ機能で水道代を節約します。節水効果は、1ヶ月あたりで1286リットル(お風呂6杯分)、1年間で4168円お得となる計算です。また、CO2は8.64kg削減で、環境にもやさしいグッズです。低水圧でも勢いがしっかりあります。

1 / 2