Vbfivcqg0ghmmdfwtlwv

お酒

CATEGORY | カテゴリー

赤ワインの美味しい飲み方は?自宅でも美味しく飲むコツ、アレンジまとめ!

2018.09.25

ワインを飲んでみたいけど、飲み方が分からない…という方は多いのではないでしょうか。赤ワインと白ワインで飲み方が違ったり、同じ赤ワインでも冷やすべきかそうでないか、ややこしいですよね。今回は赤ワインの最適な温度や簡単なアレンジ法を紹介します。

目次

  1. 赤ワインと白ワインの違い
  2. ワインの飲み方のコツ①温度をチェック
  3. ワインの飲み方のコツ②ワイングラスの持ち方
  4. ワインの飲み方のコツ③ワインの保存方法
  5. ワインの選び方のコツは品種をチェック
  6. 手軽に様々な飲み方が楽しめる、ワインの簡単アレンジ
  7. 普段の家飲みに!おすすめ安うまワイン
  8. 料理と合わせる飲み方
  9. 赤ワイン・白ワイン以外のワインとその飲み方
  10. まとめ・自宅でも実践できるワインの美味しい飲み方
Zs9nayryt08skiu0f0hb

まずは、赤ワインと白ワインの違いから見ていきましょう。その名の通り、赤ワインは真っ赤な色、白ワインは、白みがかった透明な色をしています。また、原材料となるブドウの種類や製造過程も大きく違うので、味や飲み方も大きく変わってきます。

赤ワインの特徴

Qcx3dnmdkgf6aweyoa6x

赤ワインは渋みと深い風味があるのが特徴です。黒ブドウから造られており、皮や種も一緒にして果汁を絞り発酵させています。白ワインよりもポリフェノールが多く含まれています。複雑な味や香りを楽しめるため、ワイン好きの方は赤ワインを好むことが多いです。

白ワインの特徴

Gwzgxmcdj9wmyzecg9k7

白ワインは、口当たりがよくフルーティなのが特徴です。白ブドウから造られており、皮や種は全て取り除き果汁のみを発酵させています。渋みが無いので、ワインを飲みなれていない方はまず白ワインから始めるのがおすすめです。

Qwcclozhbs8s47ydfxct

ワインを飲むにあたって重要なのが温度です。温度によって味の感じ方が違ってきますし、種類によって冷やす方が美味しいもの、そうでないものがあります。また、季節によって常温の温度が違うので、その点も注意が必要です。

赤ワインの最適な温度は?

「赤ワインは常温」というのが一般的だと言われていますが、これはヨーロッパの常温で、約18℃。また、先ほども述べたように、季節によって常温の温度が変わってきます。ですから、春~夏にかけては、家庭ではむしろ冷やす方が美味しく飲めます。

一般的に赤ワインの最適な温度は、こくのある赤ワインは15~18℃、軽めの赤ワインは10~14℃と言われています。

白ワインの最適な温度は?

白ワインは冷やすのが一般的で、甘口のものほど、冷やした方が甘さが抑えられ、味が引き締まります。辛口の白ワインは7~14℃、甘口の白ワインは5~8℃に冷やすのが最適と言われています。

1/5

続きを読む