Gcdhiztlh5glskt66ova

DIY・ハウツー

CATEGORY | DIY・ハウツー

DVDとCDレーベル印刷を自宅で簡単に印刷する方法を徹底解説!

2018.06.15

思い出の映像や音源を残したり友人などにdvdやCDでプレゼントしたいと思った時などディスクにレーベル印刷をしてこだわりたいものです。dvdやCDにレーベル印刷を自宅で簡単にする方法をマスターしセンス良く記録を残しておく方法を解説いたします。

  1. DVDにレーベル印刷するためには? 簡単にDVD やCDにレーベル印刷する為の準備
  2. DVDにレーベル印刷するためには? レーベル印刷の対応・非対応で失敗しないdvd・CDを選ぶ。
  3. DVDにレーベル印刷するためには? 気になるdvd・CDのお値段相場
  4. DVDにレーベル印刷するためには? 基本のレーベル印刷方法のすすめ方
  5. DVDにレーベル印刷するためには? 簡単なレーベル印刷を満足いくものにするには
引用: https://usercontent1.hubstatic.com/13866308_f1024.jpg
自宅で普段使用している家庭用のインクジェットプリンターでも簡単な操作で用紙以外のdvdやCDに直接文字やイラストや写真などを印刷することがレーベル印刷です。最初に準備品を揃え操作方法を覚えておくと気軽に簡単にレーベル印刷をすることが出来ます。まずはレーベル印刷に取り掛かる前の準備からはじめましょう。
Nmtfganmlkvgzdiuv7f2
引用: http://www.brother.co.jp/-/media/cojp/product/printer/inkjet/img/mfcj955dn/mfc-j955dn_side.ashx?h=500&la=ja-JP&w=620

対応dvdやCD であることを確認

まずはdvdやCDがレーベル印刷可能であるかを確認しておくことは大前提であります。レーベル面がインクジェット方式のプリンターに対応している製品が多くのメーカーから販売されています。対応ディスクであるかどうかは製品の外袋や説明書などに表記されていることがほとんどなので購入前に確認が可能です。あわせて自宅のプリンター機種もインクジェットプリンターでレーベル印刷対応の製品であることを確認してください。また、これから購入する方も同じように機種の確認が必要です。

レーベル印刷対応dvd・CDサイズ

引用: http://sound.jp/bestwave/image/bestwave/12cmlabel.gif
基本的なDVDやCDタイプの12cmタイプのものがよく流通しています。その他は12cmワイドタイプや8㎝ディスクなどがありますが最近では8㎝タイプのもほとんど見なくなりレーベル印刷に対応していないプリンターもあるため購入する製品サイズは要注意です。またdvd・CDのサイズによってレーベル印刷できる印刷の範囲が異なることもあるのでレーベル印刷したいデザインなどにも注意が必要です。
10枚くらいのセット売りされたものがお得で価格も安いかと思われます。10枚セットの分で1,000円前後の商品がメインのようです。安い製品では10枚セットで800円程度の製品もあります。枚数を使うようであれば50枚セットで2,600円程度の製品もあるので一枚当たりの単価で計算すると大量購入した方が断然お得ですね。まずはレーベル印刷対応かどうか不明で不安な方は電気屋さんや量販店でわかるスタッフの方に確認して購入することをおすすめ致します。ネットショッピングでの購入は値段比較ができるので対応dvdやCDであることが確認できればお得ですね。レーベル印刷をする点も重要ですが映像や音響を残す意味では高性能の製品か様々なタイプの機種で再生可能な標準タイプをおすすめします。
三菱ケミカルメディア Verbatim データ用DVD-RW くり返し記録 DHW47NM10V1 (5色レーベル/1-2倍速/10枚)
価格 ¥ 842
引用: http://blog-imgs-64.fc2.com/m/e/i/meitoku1210/sakuga-811.png

アプリケーションをダウンロードする

引用: http://support.brother.co.jp/j/b/img/faqend/faq00012304_000/jp/ja/110458/print_01.jpg
ここでは実際に印刷に取り掛かりたいと思います。製品によって多少の差はありますが流れをつかんでください。まずは好みのイラストや画像などをパソコンから取り入れる必要があります。付属のCD-ROMがパソコンやプリンターを購入時に付属されていることもありそちらをアップロードした上でテンプレートを使い作成していく方法がスムーズです。各メーカーソフトをインストールし起動させレーベル印刷をすすめていきます。無料のダウンロードアプリもありインターネットサイトから「無料レーベル印刷」「dvd・CDレーベル印刷」などの検索ワードで検索が可能です。各メーカーのデザインはもちろんのことオリジナルの絵や写真などを使ったデザインのレーベル印刷を作成することも可能です。印刷の範囲を細かく設定したり指定することもできます。当たり前のようですがヘルプを利用しながらアプリケーションの通り忠実に進めていく事が失敗を招かない秘策です。一つの手間をとばしてしまうと仕上がりも納得いかないものとなってしまいます。
引用: http://support.brother.co.jp/j/b/img/faqend/faq00012304_000/jp/ja/110935/01.jpg

プリンターにセットする際の注意事項

引用: http://image.yodobashi.com/product/100/000/001/003/680/432/100000001003680432_10204.jpg
CDやdvdはとても薄くて繊細です。ほとんどがポリカネードといわれるプラスチック製で残念ながら劣化するものです。プリンターに挿入する時もなるべく盤面に触れないように扱います。また、印刷後はインク面が乾いていないとにじんでしまいます。しっかりと乾くまで待ち積み重ねないようにしてください。一度印刷したディスクは拭いたり水で洗ったり消しゴムで消す事もできません。そうです失敗したらデザインがにじんだまま使用するか処分し新たに別のディスクにメディアからの録画などもやり直し再印刷するしかありません。多少の緊張感もありますが、印刷にに成功した時はインクのにじみなどを防ぐ為インクジェット用の保護スプレーなどで印刷面を保護することをおすすめします。また自宅では日陰や湿気のない所での保管をお願いします。
引用: http://paradisegraphics.in/images/offset_gallery.jpg
レーベル印刷は印刷方法を大きく分類すると特殊印刷に分類されるそうです。自宅にあるプリンターで簡単に特殊印刷出来る便利なシステムです。最初は手間かもしれませんが準備の段階から丁寧に作業すれば満足のいくレーベルに仕上がります。各メーカーがそれぞれ高性能なディスクを販売し複合機も合わせて商品化されています。キャノンはプリントコストが断然良く、本体価格が比較的安価なのはエプソンそしてブラザーは最近FAXやコピー機能を兼ね備えた複合機で新型が多くそれぞれにポイントがあります。これからレーベル印刷するためのプリンター購入時の参考にしてみてください。
引用: http://www.sagain.co.jp/know-how/part1/img/part1-1-2-1.gif

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/1d/1dbf8399824058c1d3b7be45976ecaed_t.jpeg