Vthusboco27ujv9hqjvn

グルメ

CATEGORY | グルメ

アメリカの食べ物はカロリーも量も規格外!おすすめの料理まとめ!

2018.09.25

アメリカはとにかくすべてがビッグサイズ!なかでも食べ物は、迫力もボリュームも規格外な料理がたくさんありますよね。そこで今回は、アメリカ旅行をしたら一度は食べてみたい食べ物、おすすめ5選をご紹介します。もちろんカロリーだって規格外ですよ!

  1. 広~いアメリカは食べ物だって企画外!
  2. アメリカ人が1日に接種する平均カロリーは世界一!
  3. アメリカのレストランは食べきれなかった料理は持ち帰りOK
  4. アメリカのおすすめ食べ物①ハンバーガー
  5. アメリカのおすすめ食べ物②ステーキ
  6. アメリカのおすすめ食べ物③シカゴ風ピザ
  7. アメリカのおすすめ食べ物④ホットドッグ
  8. アメリカのおすすめ食べ物⑤アイスクリーム
  9. 番外編!アメリカではこんなものまでビッグサイズ
  10. スケールが違うアメリカサイズ!ぜひ一度はチャレンジを
アメリカへ旅行すると驚くのが、どんなものもとにかくサイズが大きいこと!もちろん食べ物だって規格外のボリューム、日本の同じ料理と比較すると、倍ぐらいの大きさなんてことも当たり前です。ファーストフードからスイーツまで、とにかくなんでもボリューム満点!そこで今回は、アメリカに旅行したら一度は食べておきたい、おすすめの料理5選をご紹介いたします。どの食べ物も超ビックサイズ、もちろんカロリーなんて気にしちゃダメですよ!

星条旗をモチーフにしたケーキ、アメリカ独立記念日におすすめですね

引用: http://www.oishiiamerica.com/wp-content/uploads/2016/10/DSC03665-1080x720.jpg

肉もチーズもたっぷり、油を使った高カロリーな食べ物も多いです

引用: http://tabippo.net/wp-content/uploads/20170907211755/shutterstock_421470685.jpg
最初にひとつ豆知識。アメリカ人が1日に摂取する平均カロリーは約4000kcal、これに対して日本人の平均摂取カロリーは約2300kcalで、その差はなんと約1700kcal!日本人の成人男性が1日に必要とする摂取カロリーは、2000kcalから2200kcal程度とされているので、どのくらい違いがあるかがよくわかります。バスケットボールやバレーボールなどのスポーツを見ていても、アメリカ人選手と日本人選手の体格差には驚きますよね。ちなみにこれは摂取カロリーの差によるものではなく、元々の骨格に違いがあるというのが理由だといわれています。

アメリカ人は甘い食べ物も大好き!高カロリーでも食卓には欠かせません

引用: https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/jp/images/3589736/700/1a0b8d018b1a7b0359227a6ffe1f1d15725adcdd.jpeg

体格の差は食べ物の違いではなく、元々の骨格が違うため

引用: https://file.basket-count.com/images/articles/89a2d6dafeeccdaf9cbb2cde60e4db80.jpg
アメリカでは高級レストランやファーストフードなど一部をのぞいて、ほとんどのレストランで食べきれなかった料理を持ち帰ることができます。だいたいは様子を見てウェイターが声をかけてくれますが、こちらからお願いしてももちろん大丈夫です。容器をもらったら自分で料理を詰めますが、お店によってはウェイターが一度お皿を下げて、中身を詰め替えて持ってきてくれる店あります。持ち帰った食べ物は、夜食やちょっとしたおつまみにもおすすめ。容器は「bag」と言えば通じるので、覚えておくといいかもしれませんね。

ホテルに持ち帰っておつまみにするのもおすすめです

Ppvbbgkbrfquae5cufco

アメリカで人気の食べ物「バッファローウィング」は持ち帰っておつまみにも

引用: https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/jp/images/3589715/700/fabc1e66513055e1ce72c624565e6de0cc1936ba.jpeg

ロブスターもアメリカの定番食べ物、お肉に比べたらカロリーは控えめかも?

引用: https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/jp/images/3589720/700/cb1fca0ea302cc064ec0bca506ce7e4c6da66d44.jpeg
大統領も大好きなアメリカのソウルフードといえば「ハンバーガー」ですよね。その大きさは日本サイズの軽く2倍以上!ちょっと小腹が空いたから軽く食べようなんて気持ちでいると、あまりの大きさにびっくりすること間違いなしです。アメリカのハンバーガーは、肉厚でジューシーなお肉がはさんであり、口を大きく開けないと食べられないくらいの高さのものもあります。使用されているバンズは種類が選べる店も多く、好みに合わせて色々な組み合わせを楽しめますよ。日本未進出のハンバーガーショップも沢山あるので、出かける前にはチェックしておくことをおすすめします。

アメリカといったらハンバーガー、大人も子供も大好きな食べ物ですね

引用: http://www.unn.com.ua/uploads/news/2017/12/06/54ab6a88a1021099afe619c66d927436234a1775.jpg
引用: https://www.bigsize.co.jp/wp-content/uploads/2016/09/318e2848c9a9c0d63a356d86d4f80d85.jpg

アメリカと日本では同じサイズでもこんなに違います

引用: http://livedoor.blogimg.jp/netamichelin/imgs/0/1/01946961-s.jpg
アメリカの食べ物というと、分厚いステーキを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?日本ではステーキといえばごちそう料理のイメージもありますが、アメリカでは気軽に食べられるカジュアルのお店も多いです。肉の重さはグラムではなく「ポンド」か「オンス」で表記してあります。「1ポンドは約450グラム」「1オンスは約28グラム」なので、間違いないようにしないと予算もカロリーもかなりオーバーしてしまうので、気を付けてくださいね。ちなみにアメリカではサーロインが好まれますが、脂身も比較的少ないので食べやすいですよ。

ステーキはアメリカではポピュラーな食べ物、観光客におすすめのお店も多いです

引用: http://www.hobidas.com/blog/daytona/yoshi/20070518-021-thumb.jpg

厨房ではこんな風景が見れることも

引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201201/21/48/b0176448_22333074.jpg

1.5ポンドのサーロインステーキは、成人男子の1日分のカロリーに相当します

引用: https://kw-note.com/wp-content/uploads/2015/10/1-5lbs-beef-steak.jpg
アメリカの人気ドラマを見ていても、分厚いピザはよく登場しますよね。ピザのなかでも特に「シカゴ風ピザ」と呼ばれるものは、アメリカ国内のみならず世界中にもファンが多い人気の食べ物です。特徴的なのはなんといってもその厚み!横から見るとその高さは数センチにもなり、ボリュームもカロリーもド迫力のアメリカならではの料理です。アメリカのピザ生地はずっしり重いパン生地タイプが主流、イタリアのピザは薄めの生地でモッツァレラチーズを使用することも多いですが、アメリカのピザではナチュラルチーズを使ったものが多いです。宿泊先からデリバリーを頼むこともできるので、お好きな方はぜひトライしてみてくださいね。

高さのあるパン生地を使ったシカゴ風ピザは食べ応え十分

引用: https://i.gzn.jp/img/2017/06/19/united-airlines-deep-dish-pizza/01_m.jpg
Fmrdyy4th8goesfh8nna
ハンバーガーと並んで、アメリカで人気のファーストフードといえば、ホットドッグも有名ですね。日本のホットドッグは豚肉のソーセージを使っているものが多いですが、アメリカのホットドッグは牛肉のソーセージを使用しています。甘めのパンに大きなソーセージとたっぷりの玉ねぎ、お好みでピクルスやトマトなどを挟んで食べます。トッピングが色々選べるので、自分好みのホットドッグが作れるのも楽しいところですね!街を歩いているとたくさんのホットドッグのお店を見かけると思うので、ふらっと立ち寄ってみるのもおすすめですよ。

大人気のホットドッグ、アメリカの野球観戦では欠かせません

引用: http://la-pan.com/wp-content/uploads/2010/07/hotdog.jpg

街中ではこんなに可愛いホットドッグの屋台も見かけます

引用: https://nathansfamous.com/images/biz2.jpg
ちょっと甘いものが欲しい時やデザートにもおすすめしたいのはアイスクリーム、お好きな方はたくさんいると思います。これまで紹介した食べ物は全て規格外の大きさでしたが、アイスクリームだって例外ではありません!日本のアイスクリームと比較すると、甘さもボリュームも迫力満点です。とにかくビッグサイズなので、家族やお友達とシェアするのもいいですね。当然カロリーも高いですが、せっかく旅行に行ったのなら一度は食べておきたいところです。

デザートというよりもはや主食を超えるボリュームです

Vj0asusay0wzplgiitfc

こんなに大きくても1000円以下、スーパーで売っています

引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201105/08/84/d0221584_1428622.jpg
アメリカでビッグサイズなのは、食べ物に限ったことではありません。なんと市販のサプリメントも、一粒の大きさがかなり大きめです。手のひらにサプリメントを乗せた画像を見ると、その大きさがよくわかります。これがアメリカでは標準的な大きさですが、日本人からするとちょっと飲みづらいかなという気もしますよね。海外旅行のお土産にサプリメントを購入している人もいると思いますが、ほとんどのものは日本で未入荷のものなので、裏面の注意書きを読んでから購入するのがベターです。

サプリメントだってこの大きさ、とても飲みにくそうですね

引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/71/88/6faec443c3c538f45703e4bba3dace71.jpg
いかがでしたか?今回はアメリカ旅行をしたら、一度は食べてみたいおすすめの料理をご紹介しました。どれも規格外の大きさで迫力満点!もちろんカロリーも気になるところですが、せっかくアメリカ旅行に行ったのなら、ぜひともチャレンジしてみたいものですね。とはいっても食べ過ぎて具合が悪くなったりしないように、無理をしない程度に楽しんでください。

関連記事