Vsbxdayxbwerhp5xau7e

家事

CATEGORY | 家事

【帽子の正しい洗濯方法】つばの型崩れ防止・頻度・色落ち対策とは?

2018.09.02

帽子は汗も吸収しやすく洗濯もこまめにしたいもの。帽子の洗濯方法や頻度は謎な人も多いはず。つばの型崩れや色落ちを防ぐためにネットを使ったり、脱水が心配だったり、洗濯のりの使用など、洗濯の方法や悩みは様々。ニューエラの帽子も紹介しつつ、洗濯頻度も紹介します。

  1. 帽子の洗濯方法と頻度を知ってお気に入りの帽子を長持ちさせる
  2. 帽子を洗濯せずに外に干すだけだと清潔かどうかも謎!洗濯頻度も心配
  3. 帽子を洗濯する頻度はどれくらいがベストなの?
  4. 帽子の素材によっては型崩れしやすいものも。その場合は洗濯頻度は考えて!
  5. 帽子の洗濯方法を洗い方別に紹介!洗濯頻度や型崩れ、色落ちしないためにも方法をチェック!
  6. 型崩れや色落ちの心配なしの帽子の洗濯方法①:洗濯機で洗濯できる帽子の場合
  7. 型崩れや色落ちの心配なしの帽子の洗濯方法①-1:帽子を洗濯ネットに入れる
  8. 型崩れや色落ちの心配なしの帽子の洗濯方法①-2:ドライコースで洗濯をする
  9. 型崩れや色落ちの心配なしの帽子の洗濯方法①-3:帽子は日陰に干す
  10. 型崩れや色落ちの心配なしの帽子の洗濯方法②:手洗いで洗濯できる帽子の場合
  11. 型崩れや色落ちの心配なしの帽子の洗濯方法②-1:バケツに中性洗剤を入れて洗う
  12. 型崩れや色落ちの心配なしの帽子の洗濯方法②-2:付け置きをする
  13. 型崩れや色落ちの心配なしの帽子の洗濯方法②-3:脱水をする
  14. ニューエラの帽子の洗濯方法は少し特殊!頻度も考た洗濯方法は?
  15. ニューエラの帽子の洗濯方法は少し特殊!頻度も考えて洗濯①:ゴミを取り除く
  16. ニューエラの帽子の洗濯方法は少し特殊!頻度も考えて洗濯②:洗剤をタオルに付けてなじませる
  17. ニューエラの帽子の洗濯方法は少し特殊!頻度も考えて洗濯③:水気のあるタオルで洗剤を拭き取る
  18. 洗濯頻度にも影響する?帽子の洗濯から仕上げまでをスムーズにする便利グッズは?
  19. 帽子の洗濯から仕上げまでをスムーズにする便利グッズ①:洗濯頻度を減らしたいならスプレーのり
  20. 帽子の洗濯から仕上げまでをスムーズにする便利グッズ②:洗濯頻度を減らして型崩れ防止狙いにはアイロン用グローブ
  21. 帽子の洗濯方法は正しくマスターして綺麗な帽子をキープ
帽子を普段から洗濯しているという人はどれくらいいるでしょうか。そもそも、帽子を洗濯するという習慣が無い人も多いでしょう。何となく、帽子は型崩れしやすく色落ちもしやすいイメージを持っている人も多いです。特にキャップタイプのニューエラなどの帽子は、つばの部分が型崩れしやすいのも事実です。
今回は、帽子に合わせた適切な洗濯方法と頻度について分かりやすく紹介していきます。今まで、帽子の型崩れや色落ちが怖くて洗濯できずにいたという人はチェックしてみるといいでしょう。ニューエラなどのキャップタイプの帽子も例に挙げながら紹介していきます。
つばが広い帽子以外にも帽子の種類はたくさんあります。自分が持っている帽子の種類について、確認しながら洗濯方法をどうするのかも考えてみるといいでしょう。
帽子は何と言っても汗を吸水しやすく、何かと色んな汚れが付きやすいアイテムです。だからこそ、外に干しても完全に除菌できているかというと謎です。暑い時期は特に正しい洗濯方法で帽子を洗濯するようにしましょう。帽子の清潔さを重視しすぎて、こまめに洗濯して型崩れや色落ちをしないようにしましょう。
なかなか100%清潔な状態を維持しながら帽子をかぶることは難しいです。しかし、汗かきの人や小さな子どもがかぶる帽子の場合は頻度を高くして洗濯するように心掛けるのがいいでしょう。
気になるのが帽子を洗濯する頻度です。忙しくてこまめに洗濯できないという場合は、少なくともその帽子のシーズンが終わった時に1回は洗濯するようにしましょう。また、清潔かどうかをある程度重視したいという場合は、2週間に1回か1か月に1回の頻度にしましょう。
帽子の素材によっては、一度洗濯するだけで型崩れしやすいものもあります。その場合は洗濯頻度は考えるようにしましょう。できるだけ長く洗濯せずに帽子をかぶりたいという場合は、シーズンが終わった時に1回の頻度で洗濯するようにしましょう。
ここからは帽子の洗濯方法について洗い方別に紹介します。正しい方法をマスターして、帽子の型崩れや色落ちをしない方法を身に付けていきましょう。帽子の洗濯をする上で心配なのが、つばがある帽子の洗濯方法です。
ニューエラのようにウール素材でつばの部分が出来ている場合は初めから、洗濯自体が難しいです。型崩れや色落ちをしないためには、洗濯方法の全てのステップについて丁寧に取り組むようにするといいでしょう。
まずは、洗濯機で洗濯できる帽子の場合の洗濯方法について紹介します。まずは、洗濯表示を確認しましょう。洗濯機で洗濯する場合は、水洗い不可やドライ洗浄不可の表示どちらもある場合は自分での洗濯は止めましょう。素材で考えると、ポリエステルや綿そしてニットは洗濯機で洗えると判断して問題ありません。
まずは帽子についているホコリや汚れをガムテープなどで取りましょう。そして、帽子を洗濯ネットに入れます。次に、おしゃれ着用洗剤で洗濯をしていきます。ふんわりとした柔らかい綿などの素材は、安心して洗濯ネットに入れることができます。
洗濯機の洗濯コースにドライコースがあれば、ドライコースを選択しましょう。そしてじっくりと洗っていきます。一度、事前に台所用の中性洗剤などで洗っている場合は汚れも残ることなくそれなりに洗い落とせます。ドライコースは脱水力が弱いので、洗濯が終わった時点でたくさん水が含まれています。
水分を多く含んだまま帽子を干してしまうと、型崩れしてしまう可能性もあります。帽子を干す時は、柔らかい素材のタオルで包んで干すようにしましょう。そうすることで、ドライコースでの脱水不足もきちんとカバーすることができます。
ドライコースで洗濯をする場合も、洗濯のりはできれば入れた方がいいです。型崩れしやすいものの場合は、洗濯のりの分量もきちんと考えてから入れるようにしましょう。
ドライコースが終わり、脱水もきちんと終わればあとは帽子を日陰に干すだけです。できるだけ、帽子を干す時は洗濯ばさみの跡が付かないようにするといいでしょう。帽子に洗濯ばさみの跡が付いてしまうと、すぐに消すことはなかなか難しいということを覚えておきましょう。
手洗いで洗濯できる帽子の場合は、先ほどと同様まずは洗濯表示をチェックしましょう。そして、何となくこの帽子は型崩れしやすいかもというものは洗濯機ではなく手洗いをするようにしましょう。特に、帽子の形で言うとつばが広いキャップなどは手洗い向きだと言えます。
手洗いで帽子を洗濯する場合は、まずはバケツの中に中性洗剤を入れます。そして、ぬるま湯を入れて丁寧に帽子を洗っていきます。もちろん、バケツの中に帽子を入れる前は先ほどの洗濯方法と同様でホコリなどはガムテープなどで取っておくといいです。
帽子をバケツの中で洗ったら次に付け置きを20分くらいします。この時に洗濯のりも一緒に入れるようにしましょう。洗濯機で洗う時に比べると、ネットに入れてバケツに入れることもないので型崩れしないか心配という不安もあるでしょう。
この帽子は型崩れしそうだなと思ったら、洗濯のりを使う量は多めにしておくと安心です。つばの広いキャップを洗う時はぴったりのサイズのザルを用意しましょう。そしてキャップなどの帽子をザルの上に被せて付け置きすると、型崩れもしにくくなります。
次に、型崩れを防ぐにはとても大事な脱水のステップに入ります。これは、先ほど紹介した洗濯方法と同じ要領で行えば特に問題ありません。柔らかめの生地のタオルを準備して帽子を中に入れてクルっと脱水していきます。
洗濯機で脱水だけの工程を使用してもいいですが、生地が柔らかい場合はあまりおすすめできません。
ニューエラの帽子は、ベースボールキャップとしても世界的に有名です。しかし、素材の関係でニューエアの帽子は洗濯機での洗濯はもちろんですが手洗いもできません。ネットに入れて洗濯、洗濯のりを使って洗濯というのも現実的に難しい部分があります。
ニューエラのような帽子の場合はどんな洗濯方法を行えばいいのか、これから紹介していきます。
まずは、ニューエラの帽子の場合もゴミを取り除きます。素材が悪くならないように丁寧に取り除きましょう。ニューエラの帽子はネットに入れるわけでもないので、丁寧に扱いましょう。満足できる仕上がりにするためには、洗濯のりを使いたいところですがニューエラの場合は使えません。
ニューエラの帽子の洗濯方法はとてもシンプルです。洗濯機に入れるわけでもなく、バケツに入れるわけでもないので準備するものも非常に少ないです。まずは、おしゃれ着用の洗剤をタオルに付けてよくなじませます。そして、帽子に丁寧に付けながら汚れを取っていきます。
ネットに入れて洗濯しない分、型崩れするのではと心配しやすいです。つばが広い商品がニューエラには多いので、型崩れしないように気を付けましょう。洗濯のりも入れません。パリッとした仕上がりを防止の洗濯に求めている人も、ニューエラはそれができないことを覚えておきましょう。
洗剤で帽子を洗ったら、あとは水気のあるタオルで洗剤を拭き取れば終わりです。洗剤の拭き取り残しがあると後で大きなシミになってしまう場合もあるので、十分注意しましょう。脱水もこの時に行います。普通の洗濯方法と違ってネットに入れてとか、洗濯のりを使ってとかいうことはありません。
最後は日陰に帽子を型崩れしないように干せば終わりです。これを知らずにニューエラの帽子を洗濯機または、水洗いしてしまうと大きく縮んでしまう可能性もあります。脱水がきちんとできるか気になるという人は、タオルで念入りに脱水するようにするといいです。
帽子の洗濯から仕上げまでをスムーズにするのにあったら便利なグッズを紹介します。もちろん、それぞれ便利グッズを使うことでプラスの効果を期待することができます。たくさんグッズがある中でも、ネットなどの基本的なものではなく洗濯のりやアイロン時のパットを紹介します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71YIPmvbyWL._SL1500_.jpg
仕上がりをきっちりしたいという人におすすめなのが、こちらの洗濯のりのスプレータイプです。洗濯機に入れるのりのタイプと違って、使いやすさも抜群です。どうしても、洗濯機に洗濯のりを入れると掃除も大変という悩みを持っている人も多いです。
帽子の洗濯は脱水などにも気を使うので、洗濯のりくらいは楽したいという人にもおすすめです。つばのある帽子の場合は特に、型崩れも心配なところです。特に、ネットを入れて帽子を洗濯しないという場合にも安心の洗濯のりです。
いつも、使用している商品なので、安心して使ってます。 型崩れをとめてくれる優れモノです。 今回は、夏用の麦わら帽子の型付けに使いました。

ハマナカ エコアンダリヤ専用 スプレーのり 300ml H204-614
価格 ¥ 1,296
100均で手軽に購入できるのがこちらのアイロンパットです。帽子の仕上げのアイロンがけをする時にもおすすめですが、普段の洋服の手入れにもおすすめです。ネットを使って帽子の洗濯をしないという場合は、念入りにアイロンをするのがおすすめです。
帽子のもたくさん種類があってつばが広いものもあれば、ハット系のものもあります。それぞれの帽子の素材や洗濯方法も確認しながら、正しい方法をマスターしていくといいでしょう。つばが広い帽子が好きという人は、定期的に帽子の洗濯はした方が長期的に使用することも十分できます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.silhouette-illust.com/wp-content/uploads/2016/06/3362-300x300.jpg