Ui78p6qxbkgrdjpdqz5a

ビジネス

CATEGORY | ビジネス

ネクタイのオシャレな結び方!基本から応用編まで徹底解説!

2018.09.06

ビジネスにおいてホワイトカラーと呼ばれる方々の大半はスーツを仕事着としており、ネクタイひとつでも簡単な結び方以外のレパートリーを知ることでオシャレさは倍増します。そこで今回は、基本から応用編まで「ネクタイのオシャレな結び方」についてまとめています。

  1. 基本から応用編まで!ネクタイのオシャレな結び方を紹介
  2. オシャレなネクタイの結び方基本編1:プレーンノット
  3. オシャレなネクタイの結び方基本編2:ダブルノット
  4. オシャレなネクタイの結び方基本編3:スモールノット
  5. オシャレなネクタイの結び方基本編4:ウインザーノット
  6. オシャレなネクタイの結び方基本編5:クロスノット
  7. オシャレなネクタイの結び方基本編6:ブラインドフォールドノット
  8. オシャレなネクタイの結び方基本編7:ノンノット
  9. 基本編はマスターしよう!活用できる場面も多い
  10. オシャレに結ぶ!ネクタイの結び方応用編
  11. オシャレなネクタイの結び方応用編1:エルドリッジノット
  12. オシャレなネクタイの結び方応用編2:セミウインザーノット
  13. オシャレなネクタイの結び方応用編3:プレーンノット変形
  14. オシャレなネクタイの結び方応用編4:トリニティーノット
  15. オシャレなネクタイの結び方応用編5:ケープノット
  16. ワンランク上のスタイルに!ネクタイで印象は変わる
男性のスーツスタイルには欠かせないネクタイ。もちろんおしゃれに着こなす上で柄や色などのデザインも重要ですが、ネクタイは結び方で印象は大きく変わります。ここからはオシャレなネクタイの結び方を、簡単にできる基本編と、レパートリーを増やすための応用編に分けて解説していきます。

最も基本となる結び方

まずはじめになるオシャレなネクタイの結び方基本編はプレーンノットです。最もスタンダードな結び方で、ネクタイの結び方では基本となるものです。ビジネスの場では多くの人が行なっているもので、最初にならう基本形とも言えます。結び方は、まずネクタイのそれぞれを交差させます。

コツはきつめに締めること

そして太い方の周りに細い方の部分を一周させてそれぞれを横に交差するように持っていきます。あとは交差させた輪っかの中をくぐらせて、太い方を下方向に引っ張れば完成です。コツとしては結び目を作るときにはきつめに締めることで、形が綺麗に整い印象の良い結び方ができます。

ボリュームを出した結び方

そして続いてのオシャレなネクタイの結び方基本編はダブルノットです。ダブルノットは先ほどのプレーンノットよりも結び目が大きく縦長になったものです。様々なレパートリーを持つ方でもビジネスの場やパーティーで活用している結び方です。太めのネクタイをダブルノットで結ぶことで、スマートに見えて非常に相性が良いです。

基本となる結び方だがオシャレ

一番ベーシックなプレーンノットに慣れてきた方が次に行う結び方で、基本となる簡単さもありながらオシャレになります。結び方はプレーンノットと同じやり方で進めていき、一周多く細い方の部分を巻くだけです。すると縦長の形になりつつボリュームが出てダブルノットが完成します。

名前の通りコンパクトな結び方

そして続いてのオシャレなネクタイの結び方基本編はスモールノットです。名前の通り、非常に結び目が小さくなったもので、使われている素材によってはスモールノットにすることで非常にオシャレに仕上がります。基本となるものですが簡単に行うには多少の慣れが必要です。

パーティーにはぴったりなオシャレな結び方

結び方は、細い方の部分を首にかけてからネクタイを逆方向にねじります。そしてそれぞれを交差させて一周巻きます。一周させた時にできた輪にくぐらせ、結び目の部分をきつめに小さくなるように締めます。コンパクトな結び目になるため、パーティーにはぴったりなデザイン性のある結び方です。ビジネスにはあまり適さないものなので避けた方が良いです。

結び目部分が特徴的な形になる

そして続いてのオシャレなネクタイの結び方基本編はウインザーノットです。ウインザーノットはビジネスではなくパーティー用のネクタイの結び方で、イギリス発祥のオシャレなネクタイの結び方になります。結び目部分が特徴的な形になり、非常にふんわりとした雰囲気が出せるものです。

難しい結び方なので練習は必要

結び方は、まず太い方の部分を細い方の上からクロスさせ、襟元で後ろから前に回していきます。そして同じ要領でもう一度くぐらせて輪を二重に作ります。そのまま上に出てきている太い方の部分を胸の前でクロスさせて、前から見て裏の部分から輪の中をくぐらせます。少し難しい結び方なので練習は必要になります。

結び目に特徴があるためシンプルなネクタイを

そして続いてのオシャレなネクタイの結び方基本編はクロスノットです。クロスノットは結び目に斜めの線が入るような見た目になり、オシャレさが抜群の結び方です。クロスノットの結び方をするときはデザイン性のある結び方を活かしたいので、シンプルなものが適しています。

ビジネスの場ではなかなか使わない

ビジネスの場ではほぼ使うことがない結び方になりますので、パーティースタイルでの活用をおすすめします。結び方は細い部分を長めにまず取り、太い方の周りをクロスさせて一周巻きます。同じことを繰り返して二週させ、前から胸元に向かって通して行くと完成です。二週させたことによって結び目にラインが出来上がります。慣れれば簡単に行えるおすすめの結び方です。

レパートリーとして持っておけば活用できる

そして続いてのオシャレなネクタイの結び方基本編はブラインドフォールドノットです。簡単に個性を出せるおすすめの結び方で、パーティーでのスーツ姿には多く見られるものになります。オシャレなもので比較的簡単にできるので、レパートリーとして持っておけば非常に活用できます。

簡単なプレーンノットと出だしは同じ

結び方は、一番簡単で基本となるプレーンノットと同じ要領でスタートします。そして後ろから前にくぐらせてきたら、一度バランスを整えます。この時点で結び目が出来上がっていますので、あとは通常前に出ている部分を後ろから前へ一周させると完成です。個性的な結び方になりますので、変わり種の結び方としてレパートリーの一つにしておくことをおすすめします。

レパートリーとして持っておけば注目される

そして最後になる、オシャレなネクタイの結び方基本編はノンノットです。ノンノットは非常に特殊な結び方で、決して簡単ではない上級者向けのものです。レパートリーの一つとして持っておけば注目される結び方になります。オシャレな印象が強いので、ビジネスシーンには適さないものです。

華やかさ溢れる結び方

ノンノットはパーティーの時に結び方として用いる方が多くいます。結び方は、まず細い方を長めに取ります。そして胸元の方から喉元に向けてくぐらせます。そしてこの時できている輪っかに細い方を潜らせるように通し、太い方の前に出してきます。その後に細い方を外側から二回くぐらせると個性的な結び方が完成します。最後に結び目を整えながらある程度強めに締めると完成です。

実際に行なってみると意外に簡単

ここまでは、オシャレなネクタイの結び方の基本編を見てきました。結び方を聞いているだけだと難しい印象にも感じますが、実際に行なってみると意外に簡単にできるものが多くあります。ネクタイの結び方はレパートリーを多く持っておく方が確実に自分のためにもなります。

シーンによって使い分けをしよう

さらに多くのレパートリーがある方が、シーンによって使い分けもできますので男としての磨きもかかります。結び方に合ったデザインのネクタイを選ぶことで、良さをさらに引き出すことができますので、ネクタイを購入する際には一度結んだ時の感じを見てみるのも良い選択の仕方です。

ビジネスよりもパーティー仕様が多い

そしてここまでは基本編を見てきましたが、いよいよここからは応用編です。応用編になるとビジネス向けよりもパーティー仕様の結び方の方が多くなります。非常にデザインに凝ったものが多いです。

オシャレなネクタイの結び方応用編を紹介

では、結婚式などのパーティーで使えるオシャレなネクタイの結び方を応用編としていくつか挙げていきます。オシャレにスーツをきこなす上でもぜひ知っておきたいものですので注目です。

ビジネスシーンではまず使えない

そして続いてのオシャレなネクタイの結び方応用編はエルドリッジノットです。エルドリッジノットは非常に難しいネクタイの結び方で、非常に個性が出るためビジネスシーンではまず使えないものです。

オシャレだが最も難易度の高い結び方

派手な柄のネクタイよりも結び目の個性を出すため、比較的シンプルなものを選んだ方が相性が良いです。エルドリッジノットの結び方は、動画などで実際に行なっているシーンを見なければ難しいものになります。

応用してレパートリーを増やしたもの

続いてのオシャレなネクタイの結び方応用編はセミウインザーノットです。セミウインザーノットはウインザーノットから応用してレパートリーを増やしたものになり、ウインザーノットに比べるとスタイリッシュな見た目に仕上がる結び方です。セミウインザーノットはビジネスシーンにも対応できるもので、スーツスタイルが引き締まって見えるおすすめの結び方です。

セミウインザーノットの結び方は難しい

結び方は、細い部分を少し取り、太い部分をまず上に重ねます。そのあと細い方の部分の下から潜るような形でくぐらせます。その時点でできている輪にくぐらせていき、そこから細い方の上に太い方を通過させて喉元を通します。その時点でできている輪の中の一番外側に、太い方の部分を下方向へ向かって入れていけば完成です。

プレーンノット変形でレパートリーを増やす

そして続いてのオシャレなネクタイの結び方応用編はプレーンノット変形です。最も簡単な基本となる結び方のプレーンノットを応用した結び方で、ビジネスにも使うことができ、非常に使い勝手の良さがありつつオシャレな結び方です。

結び方はどうなる?

プレーンノット変形の結び方は、プレーンノットと同じ要領で進めていき、輪っか部分に細い方の部分を通した時に一回反対に向けます。そしてひねった細い部分を前まで回して持ってきた後に、結び目となる輪の部分に通します。あとは結び目をしっかりと締めて形を整えれば完成です。

三方向から真ん中に向かっているデザイン

そして続いてのオシャレなネクタイの結び方応用編はトリニティーノットです。トリニティーノットは結び目が綺麗に三方向から真ん中に向かっているデザインが特徴的で、パーティーにはぴったりなネクタイの結び方です。

太めデザインのネクタイがおすすめ

シャツに対して結び目が前に強調されるものになりますのでインパクトがあります。太めデザインのネクタイであれば非常に綺麗に結べますし、個性的な結び方をしているものは、基本的には無地のネクタイやシンプルなものを選ぶ傾向にありますが、トリニティーノットに関しては、柄が入っているものの方がかっこいい見た目に仕上がります。

パーティー向けの結び方

そして最後になるオシャレなネクタイの結び方応用編はケープノットです。ケープノットはビジネスでは使うことは避けた方が良い、デザイン性の高いネクタイの結び方になります。カジュアルなパーティースタイルにはケープノットはぴったりです。

結び方の難易度は高い

結び方の難易度も高いため、ケープノットを活用する方は少ないですが、マスターすれば簡単にオシャレな結び方がでいます。デザイン性の高いものよりもシンプルなネクタイの方が相性が良いです。
様々なネクタイの結び方があり、ビジネスで使えるものからパーティー向けのものまで幅広くあります。それぞれシーンに合わせて使い分けることができるように、レパートリーを持っておくとワンランク上のオシャレなスーツスタイルができます。